1周年アニバーサリー! シルク・ドゥ・ソレイユ ZED@舞浜

今年10月で一周年を迎えたシルク・ドゥ・ソレイユ ZED(ゼッド)の公演を観て来ました。
会場は、東京ディズニー・リゾート内に建つ「シルク・ドゥ・ソレイユシアター東京」。
シルク・ドゥ・ソレイユの日本オリジナル作品「ZED(ゼッド)」の講演だけの為に造られた常設シアターです。
a0122931_1448446.jpg

a0122931_14525636.jpg

最寄り駅は、京葉線舞浜駅。
改札を出て、イクスピアリの中を抜けて徒歩10分ほどのところ、
TDR内ディズニー・アンバサダー・ホテルの隣です。
a0122931_1449536.jpg

a0122931_14522734.jpg

シアターの外観は、サーカス・テントをモチーフにしたと言うユニークで近未来的なデザイン。
屋根は多面体で作られており、あらゆる向きから太陽の光が差し込む構造になっているそうです。
「太陽のサーカス(Cirque du Soleil)」にふさわしい外観を表現していると言う事ですかね。
a0122931_14523727.jpg

a0122931_14493369.jpg

シルク・ドゥ・ソレイユは、カナダに本部を置く、「ヌーヴォー・シルク(新サーカス)」と呼ばれる国際的エンターテイメント集団です。
a0122931_14531516.jpg

ショーのスタイルは、我々が通常、「サーカス」と言って思い浮かべるものとは、相当次元が違います。
a0122931_1453686.jpg

所謂サーカスの伝統様式を取り入れながらも、そこにストーリー性を持ち込み、演劇の要素が取り入れられている他、オペラ、ロック等の音楽的要素、ダンス、ミュジカル、舞踏の世界、更に衣装デザイン、照明、舞台芸術等のアート性、等等、様々な要素がふんだんに盛込まれ、融合された総合エンターテイメント、総合芸術と言えるパフォーマンス・ショーです。
a0122931_1451503.jpg

そして、そのどれもが、究極の完成度による最高峰のレベルで、我々観客の脳や視覚、そして聴覚に凄まじいパワーで、シャワーのように迫って来ます。
ZEDは、鍛えぬかた人間の肉体と運動能力の極限を、芸術性を伴った美しさで見せるアクロバット・ショーです。
観客を全く飽きさせないどころか、片時も目が放せない緊張感が会場を包み込みます。
a0122931_145247.jpg

ZEDのストーリーは、ZEDという名前の少年の「冒険の旅」をテーマとしています。
a0122931_14502486.jpg

彼が旅する世界は、2つの全く相容れない世界「天と地」です。
この異なる世界で、女神達や愚か者達等、あらゆる生命と出会います。
ZEDはこの旅で、様々な経験を重ね、彼自身が成長すると同時に、この旅を通して、相反する世界である「天と地」が出会い、互いを理解し、調和し、ひとつに結ばれて行く様が描かれています。
これは同時に、「西洋と東洋」がひとつになることをも表しているそうです。
a0122931_14535391.jpga0122931_14554143.jpga0122931_14542775.jpg
















こうしたストーリーの中で、世界中から選び抜かれた数十名のトップ・アーティスト達が、バンジー、ラッソ(輪縄)、バンキン、ポール&トランポリン、ハイワイヤー(綱渡り)、ハンド・トゥー・ハンド、フライング・トラピス(空中ブランコ)等等の、アクロバットと芸術を融合させたスリルと美しさを伴った素晴らしいパフォーマンスの数々を繰り広げて行きます。
また、こうしたパフォーマンスも舞台の上の1人の主役だけではなく、その背後に居る者、テントの壁面、天井等、あらゆる場所に位置する様々なキャラクターが目を離せない動きををしている為、2つの目ではとても全てを捉え切れず、それが悩みとなるほどです。
a0122931_1454408.jpga0122931_14545571.jpga0122931_14541193.jpg















ZEDの見所は、こうした音楽やダンス、スリリングなアクロバットだけでなく、色彩豊かで美しい衣装や、
独創的なメーク、壮大な舞台装置、華麗なライティング等、どれもが創造的で、観客を楽しませてくれます。
音楽も、あまりに完璧なサウンドの為、てっきり録音済みのものを流しているものだと思っていましたが、
全て生演奏で、びっくりしました。
a0122931_14513455.jpg

どれもこれも素晴らしいですが、特に衝撃を受け、興奮したのが、とても人間業とは思えないハイワイヤー(綱渡り)の究極のパフォーマンス。
地上数メートルの高さで繰り広げられる神業以外の何者とも思えない演技の数々、そして肉体から、床に滴り落ちる汗が、物凄いリアルでした。
a0122931_14482261.jpg

そして、もうひとつは、唯一の日本人出演者である稲垣正司が演じるバトンの演技も目が釘付けになるほど、素晴らしかったです。
こうした素晴らしい芸術が、日本の常設会場で鑑賞出来る言うのが、信じられない感じです。
a0122931_14501537.jpg

また、面白いと思ったのが、開演とか休憩時間とかがきっちり決まっておらず、いつの間にか始まり、いつの間にか休憩時間になり、またいつの間にか始まる、と言った緩さ。 スリルと緊張感溢れる演技とは好対照で面白かったです。
a0122931_1450860.jpg

a0122931_14512310.jpg

1万5000円のチケットはやや高額ではありますが、ステージの中央、前から3列目の席で、アーティスト達の肉体や表情、そしてほとばしる汗までをリアルに見る事が出来、十分にもとが取れる内容で、満足しました。
a0122931_14521886.jpg

会場の入口付近には、石井竜也氏のオブジェが置かれ、こちらにも人々の視線が注がれていました。
a0122931_14511539.jpg

お隣は、ディズニー・アンバサダー・ホテル。
a0122931_14483475.jpg

[PR]
# by kansukenator1 | 2009-10-06 00:47 | MUSIC/アート | Comments(0)

ちょっと肩透かし? マルシェ・ジャポン@横浜

以前、表参道のジャイルビルで偶然見掛けて以来、興味を抱いていた日本版のマルシェ。
それが、マルシェ・ジャポンの運営の1つだったのか否かは分かりませんが、
ジャイルの他にも,赤坂サカスや六本木ヒルズ等、都内の会場で定期的に開催されている他、
札幌や大阪、福岡、そして横浜、川崎でも開催されている事を知り、ちょっと偵察に行って来ました。
a0122931_18541583.jpg

ヲイラが出向いたのは、相鉄線平沼橋駅に程近いTVKハウジンプラザ内の一角に設けられた特設会場。
横浜の会場は、ここの他、みなとみらいにもあるそうです。
パリのマルシェとは行かないものの、ちょっぴり、それっぽい雰囲気を期待?して行きましたが、
いやー、予想通りと言いますか、予想以下の地味なマルシェで、少々がっかり。
出品している店舗の数も10軒程度、お客さんの数もまばらでした。
開店間もない午前10時過ぎに窺ったので、午後からは人出も増えていたかも知れませんが・・・。
a0122931_18543598.jpg

でも、このマルシェの運営の考え方には、大いに共感するものがあるので、これからも応援して行きたいと思っています。
つまり、消費者は、どんな人が、どんな場所で、どんな思いで作っているのかを知った上で、その食材を購入し、作ってくれた人の思いを感じながら、敬意と感謝の気持ちを込めて、それを食べる。
それにより、その食材の美味しさは倍増するはず
一方、生産者も、自分の拘りや様々な思いに共感してくれた人が、それを購入し、喜んで食べてくれる事でこの上ない幸せを感じる。
こうした生産者と消費者の心の繋がり生み出す出会いの場がマルシェなのです。
時に、クールな都市生活に田舎における人々交流の暖かさみたいなものを生み出す。
これを通して、心豊かかな生活を送る。 良いじゃないですか。
a0122931_1854444.jpga0122931_18545527.jpg












a0122931_18564521.jpga0122931_1855927.jpg
















まだ、始まって間もない取組みですが、この企画は、じきに多くの人々の共感を呼び、大きな輪になって行くだろうと期待しています。
マルシェ会場で、何か珍しくて、美味しいものが食べられるんじゃないかと淡い期待を抱いていましたが、
そうしたコーナーはなかったので、横浜西口の一風堂まで歩き、ここと本店のみでしか食べられないと言う「本店かさね味」を食べた後、リニューアルしたルミネの1階を軽く偵察、キルフェボンと迷った末、キハチロールを家族への3時のおやつに買って家路に着きました。
[PR]
# by kansukenator1 | 2009-10-04 11:55 | フェスタ/イベント | Comments(0)

界隈では貴重な大人の呑み処「四季旬菜 まんま」@本厚木

小田急線本厚木駅東口から徒歩1分の場所に、最近オープンした呑み処「四季旬菜 まんま」。
「まんま」とは「飯 」の事らしいです。
本厚木で長く営業しているステーキハウス「西洋懐石 じょ里ぃ」の姉妹店
場所は、駅から徒歩1分と好立地ながら、繁華街から外れた路地にあり、初めてだとちょっと迷ってしまうかも知れません。
a0122931_1114525.jpg

お通し
・・・3種のお通しの中の1品「みずの実」のお浸しは秋田ではポピュラーらしいですが、初めて食べました。
  歯ごたえが合って、なかなか美味しかったです。
a0122931_11152674.jpg

カワハギの肝和え・・・・予め、肝と合えて盛り付けられています。 
a0122931_11162087.jpg

スルメイカのお造り・・・こりこりの歯ごたえ、とろっと甘い味わい
a0122931_11163681.jpg

カウンター8席?とテーブル席2つのこじんまりした店ながら、店内は上品で清潔、シックで落ち着いた佇まい。
大人が落ち着いて、ゆっくり、静かに飲める、なかなか良いお店です。
居酒屋を初めとするチェーン店ばかりの本厚木駅界隈では、貴重なお店だと思います。
a0122931_1116292.jpga0122931_11181136.jpg











MENUは、料理長の出身地である秋田から直送された旬の食材を使った秋田郷土料理が中心ですが、
それ以外のMENUも色々あります。
旬の野菜、魚、比内地鶏等が、色々な料理法で提供されます。
価格帯も、500円~1000円未満が中心帯と、良心的な設定となっています。
a0122931_11162835.jpg

料理長のお勧めで、秋田名物の「いぶりがっこ」と言う燻した漬物を試してみましたが、これがお酒によく合う。
チーズのような香りがし、日本酒だけでなく、ワインにも合う事、間違いなしです。
a0122931_11173853.jpga0122931_11174594.jpg











a0122931_11182481.jpga0122931_11183277.jpg










比内地鶏手羽先の塩焼き・・・身がギュッと締まって深い旨みの手羽先
a0122931_11175366.jpg

比内地鶏 もつ いろいろの陶板焼き・・・こちらもお酒に合います。
a0122931_1118240.jpg

そして、この店の名物が、比内地鶏を使った親子丼
ご飯は、注文を受けてから、地元のあきたこまちを土鍋で炊き上げて提供されます。
a0122931_111840100.jpg

1400円と親子丼にしては少々お高めの価格設定ですが、食べてみると納得のお味です。
〆の一品ですから、1人前を2~3人でシェアして食べる位で、量的には調度良いでしょう。
a0122931_11184989.jpg

食事関係では、比内地鶏の親子丼の他にも、10食限定の手打ち蕎麦や、稲庭うどん等、
酒飲みには嬉しいMENUもあります。
a0122931_11185871.jpg

アルコール類も、日本酒、焼酎共に、種類は多くはないものの、間違いのない銘柄を揃えており、
こちらも良心的な価格で提供されています。
a0122931_1115074.jpg

これから、寒くなると、自慢のきりたんぽ鍋も登場するらしいですよ。

四季旬菜 まんま
厚木市泉町11-3 水島ビル1F
046-229-2910
17:30~02:00
11:30~17:00(惣菜販売)
定休日日曜日 
[PR]
# by kansukenator1 | 2009-10-04 00:13 | 和食 | Comments(0)

緩~い時間が流れます!Lon Cafeでリフレッシュ@江ノ島

この日は、蒸し暑く、風が通らず、居心地が今一だった江ノ島小屋のデッキ席を早々に退散して、江ノ島の頂上にあるLon Cafeに移動。
a0122931_1232985.jpg

ここLon Cafeは、植物園や展望台があるサムエル・コッキング苑の中にあるので、
入場券200円を購入しないと、お店に辿り着けないのです。
植物園や展望台には用がない、Lon Cafeだけに用がある人達にはちょっと納得出来ないシステムざんす。
Lon Cafeに行く人には、入場料を免除してくれー!
民主党に掛け合うか!
a0122931_11511935.jpg

大の大人が、200円くらいで、ガタガタ言うな!って? はい分かりました。
でも細かい事ついでに言わせてもらうと、島の頂上まで行くのにエスターに乗ると350円かかります。
Lon Cafeでお茶するだけなのに、その前段階で、1人550円もかかるんですよ。
せこい話ですみません。
a0122931_1150185.jpg

店内は、全ての椅子が、オーシャン・ビュー。 
窓際の席は、全ての椅子が、海に向かって横一列に配置されています。
窓際と言っても、天気の良い日は、窓が取り払われ、オープンテラス状態になる為、凄い開放感ある空間となります。
室内とデッキと広場が繋がっており、その奥には相模湾の絶景と明るい湘南の空が広がっていると言う訳です。
室内からデッキ、そして外へと自由に出入りも出来ます。
室内の奥のテーブル席も、椅子の配置は、同様に、海に向かって横一列です。
a0122931_11503273.jpg

でも、こんな心配もあるでしょう。
この店を求めて、わざわざ、頂上まで登って、更に入場料まで払って(しつこい!)やって来たのに、
満席で入れないんじゃ、泣くに泣けないじゃんと・・・。
でも、心配ご無用。 携帯番号を控えてくれて、席が空いた時点で、連絡してくれるシステムとなっています。
その間、それこそ植物園をお散歩して暇を潰していましょう。
a0122931_11504745.jpg

この店は、フレンチトーストの専門店。
種類豊富なMENUがあります。
a0122931_1151012.jpg

景色が売りのお店と思われがちですが、フレンチトーストも飲み物もとても美味しいです。
a0122931_115194.jpg

湘南には、海を眺めながら食事やお酒を戴けるお店は沢山ありますが、海を見下ろす抜群の眺望、陽光を浴び、風を感じる自然との一体感、店内の雰囲気やセンスの良さ、スタッフの柔らかな接客、それらが一体となって生み出される何とも言えない緩~い雰囲気と居心地の良さは、湘南でも指折りのお店と言えるでしょう。
a0122931_1243062.jpga0122931_12225051.jpg











ここで、1時間ほど、ぼ~とした時間を過ごしたら、1週間の疲れが飛んで行きました。
気持ち良かったぁー。
a0122931_1151375.jpg

店を出て、江ノ島を下って行く途中、眼下に広がるヨットハーバーと相模湾の絶景。
a0122931_1150895.jpg

Lon Cafe
藤沢市江の島2-3-38 江の島サムエルコッキング苑内
0466-28-3636
12:00~19:30
不定休 
[PR]
# by kansukenator1 | 2009-09-29 00:16 | カフェ/スウィーツ | Comments(0)

江ノ島小屋で魚ランチ@片瀬海岸

仙石原のすすきでも見に行こうかと思っていたのだけど、夕方、横浜の実家に行かなければならない事を思い出し、仙石原まで行って、帰って来るには出発時間的に無理と判断。
江ノ島小屋で魚ランチ&Lon Cafeでお茶のコースに予定変更。
a0122931_17159100.jpg

場所は、片瀬漁港のすぐ傍。
ここで水揚げされた新鮮な地魚を色々な調理法で戴く事が出来ます。
国道134の新江ノ島水族館と片瀬橋の間の階段を下りたところに入口があります。
a0122931_17151811.jpg

席は室内の他に、江ノ島を一望出来る海に面したデッキ席があります。
当然、デッキ席を選択。
ただ、この日は、風がなく、湿度も高く、デッキ席の居心地は今一だった為、食事を終えた時点で、すぐ店を出て、江ノ島のLon Cafeに移動。
a0122931_17154239.jpg

ヲイラがオーダーしたのは、胡麻ダレ鯵の刺身(1050円)+ ご飯・味噌汁(420円)
値段の割には、量的にちょっとさびしい内容。
a0122931_17155517.jpg

夜は、実家で飲む為、帰りの運転は奥さんにお願いする事になるので、行きはヲイラが運転。
従い、ビールは我慢です。
a0122931_17161888.jpg

相方は、地魚のなめろう冷汁(1360円)をオーダー。
なめろう冷汁以外に、いろいろな小皿が付いていて、こっちの方がお得感あり。
a0122931_1716257.jpg

a0122931_1722561.jpg

サイドディッシュとして、「マグロほほ肉の竜田揚げ(840円)を注文。
a0122931_17161073.jpg

冬になると、デッキ席はビニールシートで覆い、寒さはしのげるけど、
どうせこの店に来るなら、やっぱり季節の良い時期の方がBetterでしょう。
a0122931_17163051.jpg

そして、どうせこの店に来るのならば、昼より夜に一杯飲りに来た方がよりこの店の良さを味わえるでしょう。
お酒に合う美味しそうな料理が沢山ありますしね・・・。
a0122931_171656100.jpg

江ノ島小屋
藤沢市片瀬海岸2-20-12
0466-29-5875
ランチ 11:30~14:30
ディナー 17:30~22:30(L.O.21:30)
ディナー 土 17:30~23:00(L.O.22:00)
休日: 無休
[PR]
# by kansukenator1 | 2009-09-28 23:13 | Comments(0)