<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

元祖 近江肉寿司の店! 坐空 za-ku@草津

仕事で草津へ。
草津と言っても温泉で有名な群馬県の草津ではなく、滋賀県の草津市です。
そして、滋賀県の名産と言えば、言わずもがなの近江牛でしょう。
a0122931_16554379.jpg

と言う事で近江牛を戴けるお店を検索すると、あるわ、あるわ・・・!
その中で伺ったのは、元祖 近江肉寿司を謳う「 坐空 za-ku」と言う居酒屋さんです。
場所は、JR草津駅から徒歩5分ほどの商店街にありました。
a0122931_12491818.jpg
店内は外から見たイメージより広く、照明をかなり抑えたちょっとこ洒落た雰囲気。
ただ、席は掘り炬燵のカウンター席と座敷と言った具合に、地方都市らしい温もりも併せ持った演出。
a0122931_12490089.jpg
コチラで提供される料理は、近江牛、バームクーヘン豚、近江地鶏等、地元滋賀県の食材を中心に、洋食、中華などのエッセンスを取り入れた創作和食。
地元食材以外にも鹿児島の馬肉を使ったMENUもあり、MENUは実に豊富。
種類豊富なMENUから、この日戴いたのは、こんな感じです。
   ↓
お通し

・・・ゴマ豆腐&ナスのお浸し
a0122931_12473589.jpg
和牛すじ肉の味噌煮 (800円)

・・・肉の柔らかさ、沁みる味わい、ビールに合います。
a0122931_12474644.jpg
坐空名物 近江牛の焼きしゃぶ寿司

牛肉の握り寿司は、ステーキレストラン等のコース料理の中の1皿として差し込まれたものは何度か食べた事がありますが、牛肉の、しかも近江牛の全部位が寿司ネタとしてMENU化されている店は初めてです。
そして最初に戴いたこの寿司は、生でも食べられる新鮮で上質な近江牛を軽く炙ってシャリに乗せて戴く”焼きしゃぶ寿司”です。
a0122931_12475941.jpg
面白かったのは、コチラでは普通のお寿司のようにワサビ醤油で戴くのではなく、醤油をエスプーマ状に泡立てた泡醤油なるものが器に注がれた状態で運ばれ、これをスプーンですくってお肉に乗せて食べると言うスタイルなところ。
ワサビ醤油で戴くよりも、味わいが柔らかく、素材の風味を引き立てる感じで、これは正解!
良いアイデアだと思いました。
a0122931_12480881.jpg
究極の肉寿司 『近江肉寿司 食べ比べ3種』(2000円)

近江牛の中でも希少部位である、シャトーブリアン、サーロイン、中落ちカルビの3種類を食べ比べすると言う贅沢MENUです。
価格も3貫で2000円と少々リッチですが、この先、再び草津を訪れる機会はそうそうないだろうと思い、いっちゃいました!
a0122931_12481907.jpg
コチラでは、近江牛はあえて一頭買いせずに部位ごとに厳選して購入することで、常に最高の素材を提供出来るようにしているそうです。
向かって左から右へと順に脂が多い部位なので、その順番で戴きました。
いや~、口の中でとろけるとは正にこの事でしょう!と言う感じ。
こちらは、ワサビ醤油と泡醤油で食べ比べてみましたがやはり、泡醤油に軍配。
a0122931_12482997.jpg
バームクーヘン豚の石焼き(1800円)

コチラの看板食材の1つでもある「バームクーヘン豚(蔵尾ポーク)」とは、滋賀県彦根にあるあの「クラブハリエ」のバームクーヘンを食べて育った贅沢な豚だそうで、臭みが全くなく上品な甘みと旨みを持った豚なんだそうです。
そして、この料理は、そのバームクーヘン豚のロースの石焼きで、300度に熱した石の器に乗せて運び、客の目の前でフランベして提供すると言うパフォーマンス付きです。
a0122931_12483887.jpg
ただ、これ、おそらく調理ミスだと思うのですが、肉が炭のように黒焦げで水分が飛んでいて、美味しさが分かりませんでした。
a0122931_12484581.jpg
この他にも,「近江牛 極上サーロインのとろとろ牛カツ (2800円)」や、「近江牛の超レアステーキ ~タタキ風(2500円)」なる料理も試してみたかったところでしたが、連れが小食で、もうこれ以上食べられないと言うので、さすがに1人では無理と諦めざるを得なかったのが少々心残りでした。
a0122931_12490928.jpg
ビール&滋賀の地酒もたらふく呑んで2人で18000円程。
サービススタッフ(若い女性)の接客も素人感が抜けないながらも明るく爽やかで高評価。
近くにあったら、今回、食べ損ねた料理を戴きに再訪したいところでした。
a0122931_12491818.jpg

坐空 za-ku
滋賀県草津市大路1-4-12 大丸ソイビル 1F
050-5225-1451
17:30~24:00
定休日:火曜日(祝前日除く)

[PR]
by kansukenator1 | 2018-01-26 23:31 | 和食 | Comments(0)

”椀子そば”ならぬ”椀子はまぐり”?焼きハマグリルAoyama@南青山

産地直送の新鮮なハマグリを炭火でアツアツに焼いて、”椀子そば”のように、1個いくらで好きなだけ食べさせるスタイルを売りにしているレストラングループです。
大門、市谷、青山等、都内に5~6店舗を構えていますが、同じハマグリでも和食店、洋風店、和洋ミックス店と言う具合に店舗ごとの特色を出しているようです。
a0122931_12320158.jpg
我々が伺ったのはイタリアン/スペイン料理仕様の店舗でしたが、青山地区では同じ外苑東通り沿いの狭いエリアに3店舗も集中して出店しているのが何故なのか?ちょっと不思議な気がします。
店舗の外観は居酒屋かラーメン店のよう。
a0122931_12313653.jpg
店内はオープンキッチンで、6~7人程のカウンター席とテーブル席、そして気が付きませんでしたがボックス席や個室もあるようです。
我々はカウンター席の一番奥に通されました。
a0122931_12310941.jpg
横の壁に目をやると、過去、最も多くの焼ハマグリを食べた歴代1位と2位のお客さんのニックネームと食べた蛤の数を記した貼紙が壁に貼られていました。
1位、2位ともに、食べた数は3桁でした。
自分も無類のハマグリ好きですが、さすがに3桁は食べれませんと言うか、そこまでは食べたくないですね。
a0122931_12314851.jpg
夜の部はアラカルトの他、レギュラーコース3500円(8品)、プレミアムコース4500円(11品)、そしてちょっと美味しいものを食べて帰りたいと言うお1人様用のシェフのお任せコース(7品:2700円)の3種類のコースが用意されています。
ただ、3500円と4500円のコースは、事前予約でのみ受付けるルールのようですので、ご注意ください。
我々もこのルールを知らずに入店したのですが、特別に対応して戴き、3500円のコースをオーダー。
コースの内容はこんな感じでした。
     ↓
焼ハマグリ(4ピース)
・・・和風出汁とオリーブオイルの2種類のソースで戴きます。
・・・ハマグリ自体は小ぶりですが味は美味しかったです。
a0122931_12322315.jpg
前菜3種盛合せ
・・・ウニと黒トリュフのブルスケッタ、ブリのカルパッチョ、プロシュートと生湯葉
a0122931_12323384.jpg
白子、ブロッコリ、青海苔のアヒージョ
a0122931_12324798.jpg
バゲット(追加オーダー)
a0122931_12325599.jpg
真鱈白子と百合根のグラタン
a0122931_12330579.jpg
イカのフリット(追加オーダー)
a0122931_12331231.jpg
鴨のグリル
・・・ソースはバルサミコ酢を煮詰めたもの、付け合せは芽キャベツ、しめじ
a0122931_12332375.jpg
a0122931_12332972.jpg
ティラミス
a0122931_12333989.jpg
<ドリンク>
*生ビール×1
*白ワイン(スペイン Miedes)

「焼ハマグリル」と言う店名なので、ハマグリを使った創作MENUが色々あるのかと想像していましたが、そうでもなく、MENUは豊富ですがオーソドックスなものが中心でした。
ワインを初めとするドリンク類もリーズナブル。
戴いたスペイン産の”Miedes”と言う白ワインも、確か2000円台ながらも、テーブルワインとしては十分でした。
洋風居酒屋のような感じで、気楽に行きたい時に向いている店だと思います。
a0122931_12320849.jpg
焼ハマグリル Aoyama
050-5592-6229
港区南青山1-10-2 MA南青山 1F
[月~金]
11:30~14:00
17:30~23:30(L.O.23:00) 
[土]
17:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日:日・祝 


[PR]
by kansukenator1 | 2018-01-20 17:49 | イタリアン | Comments(0)

誠実な仕事ぶりが好印象の鮨店!たかやま@平塚

平塚駅南口から徒歩10分ほどの県道沿いにある寿司店です。
京都祇園や和歌山の割烹、鮨店等で修行を積んだご主人が、2年前に地元平塚で開業したお店だそうです。
a0122931_17364460.jpg
店内は6席程の小さなカウンター席とテーブル席。
まだ、新築感が残る、明るく清潔感の漂う店内です。
a0122931_17365628.jpg
少々手狭なカウンター席には先客の4人の家族連れが座っていましたが、空いている2席に滑り込ませて戴きました。
a0122931_17371346.jpg
カウンター席の前には、本日のお勧めMENUが価格と共に表記されています。
鮨店の認識で伺いましたが、さすがに有名割烹での修行経験を持つご主人だけあり、1品料理のMENUも充実しています。
a0122931_17372148.jpg
と言うか、鮨店だと勝手に思っていましたが、店名には鮨店とは謳われていませんし、看板MENUが「あなご重」だったりなので、鮨も提供する和食料理店と理解したほうが正解なのかも知れません。

「刺身盛合せ」と、季節的にそろそろ終わりを向かえる「香箱蟹」を摘みにビールをグビッと・・・。
a0122931_17373871.jpg
「香箱蟹(1800円)」は、鮮度、味わい共に、まあまあと言ったところ。
価格がリーズナブルなので仕方ありませんが、同じ平塚の天麩羅店「天一坊」で提供される香箱蟹には遠く及ばないものでした。
a0122931_17375793.jpg
お任せでお願いした「刺身盛合せ(4000円)」は、しめ鯖、鮪、鰤、鰹、カワハギ(肝付き)、ホッキ貝、さより等、8種。
非常に美味しいネタとまあまあのネタが半々。
a0122931_17380401.jpg
続いて、「アナゴの白焼き(2000円)」。
これは正解でした。
香ばしく焼き上げられたアナゴは味わい、食感共に素晴らしく、思わず、旨っ!
a0122931_17381093.jpg
これは、ご主人からサービスで戴いた鮟肝ポンズ。
a0122931_17382245.jpg
ここから、お鮨タイムへ移行です。
相方は「特上握り」を、ヲイラは”お好み”で参戦。
ここで、お酒は、ビールから日本酒へ・・・。
a0122931_17383041.jpg
特上握り(4200円)は、2~3貫ずつ、笹の上に提供され、握り&軍艦巻き9貫&巻物2種。
ネタは、中トロ、数の子、車えび、
a0122931_17384105.jpg
ひらめ?、赤貝、あおりいか、
a0122931_17384836.jpg
 ウニ、いくら、カッパ巻き、鉄火巻き&タマゴ焼き(写真なし)。
a0122931_17385787.jpg
こちらは、ヲイラが戴いた、こはだ、たいら貝、ひらめ昆布締め、あおりイカ、芽ネギ・・・・。
鮨も一品料理も、MENUには価格が明記されているので、安心して戴けます。

こはだ(400)
a0122931_17390544.jpg
タイラ貝(500)、ひらめ昆布〆(700)
a0122931_17391340.jpg
アオリイカ(500)
a0122931_17392339.jpg
芽ねぎ(300)
a0122931_17393072.jpg
最後は、青さの味噌汁で締めです。

a0122931_17504367.jpg
初訪でしたが、ご主人、奥様、お2人の丁寧な接客で楽しい時間を過ごさせて戴きました。
特に奥様のきめ細かく気配りの効いた丁寧且つ暖かい接客は、とても素晴らしかったです。
次回は、昼に、名物の「あなご重」を戴きに伺います。
ご馳走様でした。
a0122931_17405891.jpg
たかやま
0463-74-6070
平塚市黒部丘2-2-101
11:30~14:30
17:00~21:30
定休日:水曜日


[PR]
by kansukenator1 | 2018-01-17 23:34 | 和食 | Comments(0)

マイナス2、プラス1@2018年迎春

昨年は、5月に母親が、6月に父親が相次いで他界。
葬儀×2、49日法要×2、相続手続き×2に追われ、悲しみに浸る暇もないくらい、忙しい1年でした。
と言う事で、現在、我家は喪中であります。
a0122931_17422136.jpg
なので、松飾りもなく、「明けましておめでとう」の挨拶も慎しみ、初詣にも行けない正月でありました。
お酒を飲んで、だらだら過ごすだけの正月でありました。
ちなみに、初詣解禁は、両親の喪中の場合は6ヶ月が目安だそうです。
a0122931_18411914.jpg
ところで、お正月と言えば年賀状。
図案を考え、プリントし、手書きで一言書き添えて、12月25日までに投函。
住所は年賀ソフトに保存してあるとは言え、年末の忙しい時期に、この作業に多くの時間を費やさなければならない事に負担を感じている方も少なくないと思います。
ましてや、1週間も経てば、すぐまた顔を合わす職場の上司や関係者にまで、何故年賀状を出さなければならないのか?
疑問を持っていらっしゃる方も少なくないと思います。
a0122931_18180844.jpg
自分も、かな~り昔の事ですが、無礼を承知で、仲人夫妻や一部の恩師を除いて、年賀状を出すのを全て止めていた時期がありました。
しかし、日本の社会、特に仕事関係で、これを続けて行く事は相当の勇気と覚悟が必要な事でして、数年で挫折し、元に戻ってしまいました。
年末に喪中の葉書を出したので、今年の元旦、我家には1枚の年賀状も届きませんでした。
すると、人間とは勝手なもので、これはこれで寂しいと感じるものなんですね。
a0122931_18175024.jpg
昨年、両親が亡くなり親族が2人減ってしまいましたが、
今春、息子が結婚する事になり、年末からフィアンセを連れて我家に遊びに来ていました。
てな訳で、元旦は4人で向かえました。
昨年はマイナス2でしたが、今年はプラス1!
今年は良い年にしたいものです。
本年も宜しくお願い致します。
a0122931_17423557.jpg
しかし、ちょっと飲み過ぎました。



[PR]
by kansukenator1 | 2018-01-05 23:36 | その他 | Comments(0)