元祖 近江肉寿司の店! 坐空 za-ku@草津

仕事で草津へ。
草津と言っても温泉で有名な群馬県の草津ではなく、滋賀県の草津市です。
そして、滋賀県の名産と言えば、言わずもがなの近江牛でしょう。
a0122931_16554379.jpg

と言う事で近江牛を戴けるお店を検索すると、あるわ、あるわ・・・!
その中で伺ったのは、元祖 近江肉寿司を謳う「 坐空 za-ku」と言う居酒屋さんです。
場所は、JR草津駅から徒歩5分ほどの商店街にありました。
a0122931_12491818.jpg
店内は外から見たイメージより広く、照明をかなり抑えたちょっとこ洒落た雰囲気。
ただ、席は掘り炬燵のカウンター席と座敷と言った具合に、地方都市らしい温もりも併せ持った演出。
a0122931_12490089.jpg
コチラで提供される料理は、近江牛、バームクーヘン豚、近江地鶏等、地元滋賀県の食材を中心に、洋食、中華などのエッセンスを取り入れた創作和食。
地元食材以外にも鹿児島の馬肉を使ったMENUもあり、MENUは実に豊富。
種類豊富なMENUから、この日戴いたのは、こんな感じです。
   ↓
お通し

・・・ゴマ豆腐&ナスのお浸し
a0122931_12473589.jpg
和牛すじ肉の味噌煮 (800円)

・・・肉の柔らかさ、沁みる味わい、ビールに合います。
a0122931_12474644.jpg
坐空名物 近江牛の焼きしゃぶ寿司

牛肉の握り寿司は、ステーキレストラン等のコース料理の中の1皿として差し込まれたものは何度か食べた事がありますが、牛肉の、しかも近江牛の全部位が寿司ネタとしてMENU化されている店は初めてです。
そして最初に戴いたこの寿司は、生でも食べられる新鮮で上質な近江牛を軽く炙ってシャリに乗せて戴く”焼きしゃぶ寿司”です。
a0122931_12475941.jpg
面白かったのは、コチラでは普通のお寿司のようにワサビ醤油で戴くのではなく、醤油をエスプーマ状に泡立てた泡醤油なるものが器に注がれた状態で運ばれ、これをスプーンですくってお肉に乗せて食べると言うスタイルなところ。
ワサビ醤油で戴くよりも、味わいが柔らかく、素材の風味を引き立てる感じで、これは正解!
良いアイデアだと思いました。
a0122931_12480881.jpg
究極の肉寿司 『近江肉寿司 食べ比べ3種』(2000円)

近江牛の中でも希少部位である、シャトーブリアン、サーロイン、中落ちカルビの3種類を食べ比べすると言う贅沢MENUです。
価格も3貫で2000円と少々リッチですが、この先、再び草津を訪れる機会はそうそうないだろうと思い、いっちゃいました!
a0122931_12481907.jpg
コチラでは、近江牛はあえて一頭買いせずに部位ごとに厳選して購入することで、常に最高の素材を提供出来るようにしているそうです。
向かって左から右へと順に脂が多い部位なので、その順番で戴きました。
いや~、口の中でとろけるとは正にこの事でしょう!と言う感じ。
こちらは、ワサビ醤油と泡醤油で食べ比べてみましたがやはり、泡醤油に軍配。
a0122931_12482997.jpg
バームクーヘン豚の石焼き(1800円)

コチラの看板食材の1つでもある「バームクーヘン豚(蔵尾ポーク)」とは、滋賀県彦根にあるあの「クラブハリエ」のバームクーヘンを食べて育った贅沢な豚だそうで、臭みが全くなく上品な甘みと旨みを持った豚なんだそうです。
そして、この料理は、そのバームクーヘン豚のロースの石焼きで、300度に熱した石の器に乗せて運び、客の目の前でフランベして提供すると言うパフォーマンス付きです。
a0122931_12483887.jpg
ただ、これ、おそらく調理ミスだと思うのですが、肉が炭のように黒焦げで水分が飛んでいて、美味しさが分かりませんでした。
a0122931_12484581.jpg
この他にも,「近江牛 極上サーロインのとろとろ牛カツ (2800円)」や、「近江牛の超レアステーキ ~タタキ風(2500円)」なる料理も試してみたかったところでしたが、連れが小食で、もうこれ以上食べられないと言うので、さすがに1人では無理と諦めざるを得なかったのが少々心残りでした。
a0122931_12490928.jpg
ビール&滋賀の地酒もたらふく呑んで2人で18000円程。
サービススタッフ(若い女性)の接客も素人感が抜けないながらも明るく爽やかで高評価。
近くにあったら、今回、食べ損ねた料理を戴きに再訪したいところでした。
a0122931_12491818.jpg

坐空 za-ku
滋賀県草津市大路1-4-12 大丸ソイビル 1F
050-5225-1451
17:30~24:00
定休日:火曜日(祝前日除く)

[PR]
by kansukenator1 | 2018-01-26 23:31 | 和食 | Comments(0)


<< ラリー・カールトン “The ... ”椀子そば”ならぬ”椀子はまぐ... >>