息子の1番長い日!「お祈りメール」が来ちゃったぁ・・@就活

息子は、現在、某私立大学院(理系)の1年生。
理系と言う事だけは知っていますが、学部も学科も以前、聞きましたが忘れてしまいました。 
確か、制御が専攻とか言ってた気がします。
その息子にとって、この3月、4月は、今後の人生を大きく左右するといっても過言でない就活月間でした。
a0122931_1730769.jpg

ブラウンに染めパーマをかけていた髪を短めにカットし、こだわりのお洒落服をスーツに着替え、会社訪問に出かける姿を見た時は、いよいよ大変な時期が来たなぁと思いましたが、当人は、いたって呑気でマイペース。
日中は学校とバイト、バイトが終わると夜は遊びに行くと言う生活パターンは普段と変わらず、就活に出掛ける回数も極めて少ない。
a0122931_12144667.jpg

尋ねてみると、応募するのは6社に絞っているので、就活と言っても、それ程大変ではないのだそうだ。
まわりの知り合いの話を聞くと50~100社訪問する学生も珍しくないと言うご時世なのに大丈夫なのかと心配になりますが、もう子供ではないので、親が心配しても仕方がありません。
我家は、親も呑気なので、正直なところ、私も妻も、気にはなっているものの、それほど心配している訳でもありません。
a0122931_12145592.jpg

その6社はどこなのか?と応募企業を聞くと、「おいおい、本当かよ!」と言いたくなるような一流企業ばかり。
3つのカテゴリーで各2社ずつ、広告代理店(電通、博報堂)、IT&コンサルタント系(NRI(野村総研)、三菱UFJ)、メーカーのビジネス企画系(ソニー、キャノン)と言った具合。
滑り止めは無いのでしょうか?
電通に応募するようですが、実はヲイラも志望し夢破れた過去があり、文系と理系の違いはありますが、親子というのは、こうした指向も似るものなんですかね?
a0122931_12162738.jpg

それにしても、理系の学生がメーカーを避け、金融を初めとする文系の園への就職を望む傾向が顕著になったのは、いつ頃くらいからだったでしょうか?
理由は、メーカーは給料が相対的に低いからだと言います。
そう言う我が息子も同じ理由でメーカーへの就職には消極的です。
一応、ソニー、キャノンの2社に応募したとは言え、本命ではないようです。
この傾向が続く限り、日本の「もの作り」の先行きは、ますます暗いですな。
a0122931_12155436.jpg

話は変わりますが、就活の中で、試験に受かり次の試験に進める場合は、携帯に電話で合格の連絡があり、落ちた場合は、携帯にメールで連絡があるそうです。
そして、落ちた場合に、企業から届くメールを学生達は「お祈りメール」と呼んでいるそうです。
何故かと言うと、不合格を知らせる通知文章の最後が、「貴殿の今後一層のご活躍をお祈り申し上げます。」と言う1行で〆られているからだそうです。
a0122931_1216299.jpg

さて、就活の方ですが、さすがに運と要領だけは人より持っている息子は、応募した6社全てにおいて、筆記試験、論文、面接と、トントン拍子に進み、早々と内定を戴く企業もあり、親としては一安心。
そして、第1志望企業の最終面接を終え、後は合格の電話連絡が届くのを祈るばかりと言った運命の日、4月某日。
息子の携帯が鳴りました。
しかし、その音は、電話の通知音ではなく、メールの着信音!
例の「お祈りメール」でした。(笑)or(涙)

a0122931_17291855.jpg

親としては、第1志望には落ちたとは言え、既に内定を戴いている企業がある訳ですし、就職氷河期と言われるこの厳しい時代に、無事に就職(しかも一流企業に)が決まっただけでも、有難い事だと感謝の気持ちで一杯です。
そして、当然、息子も同じ気持ちだと思っていたのですが、実は、全然そうではなく、彼のショックは、かなりのもののようでした。

第1志望の企業に”入社出来なかった事”がショックなのではなく、”就職試験に落ちた事”が悔しいと言うプライドの問題のようです。
何故落ちたのか?、どこが悪かったのか?が知りたいようでした。
のんびりしているタイプと思っていましたが、意外と負けず嫌いな性格だった事に、ちょっと驚き!
a0122931_12143753.jpg

振り返ってみると、息子は非常に運が良く、子供の頃から、学校でも部活でも勝ちっぱなしで、全て、自分が望んだ通りの人生を歩んで来ました。
今回が、人生で初の挫折だと思います。
「挫折を味わった事のない人間は脆い。 そう言う人間が1度挫折を味わうと立ち上がるのが容易でない。」
と言う話をよく聞きます。
社会人になれば、試練の連続です。
ヲイラは挫折ばかりの人間なので、逆境にも強いですが、息子には、これに挫けずに力強く生きてほしいものです。
a0122931_12162558.jpg

そして、早々と内定を戴き、入社の意思表示をすべき期限がとっくに過ぎているにも拘わらず、息子の第1志望の企業の最終結果が出る迄、待ち続けて戴いた某社(一応、企業名は伏せます)の人事担当者には本当に感謝です。
有難うございました。
あとは、ちゃんと卒業出来るように、勉強頑張って貰わないとね。
これで、卒業出来なかったら、洒落になりませんから・・・。
a0122931_12151315.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2013-04-27 17:51 | その他 | Comments(0)


<< 築地春まつり@築地 驚異のCP!2時間制の為、気忙... >>