一体、何尾使っているのだろう?と思う程ののどぐろ尽くし!のどぐろ専門 銀座中俣@東銀座

ここ数年ののどぐろ人気は、一時期の熟成肉ブームと同様、猫も杓子もの感があり、ちょっとうんざりしていました。
そんなブームのさ中、こちらののどぐろ専門店が銀座にオープンした時は、「何でもブームに乗れば良いってもんじゃね~んだよ!」と揶揄する気持ちで斜めに見ていたものでした。
a0122931_13120578.jpg
ところが、あれから数年経過した先日、我家の奥様が、のどぐろなるもの、きちんと正面から向き合って食べた事がない!
とおっしゃるではあ~りませんかぁ。
その時、コチラの事を思い出し、HPを覗いてみると、結構良さそうで、当時の思いを反省しつつ、「それでは!」とばかり予約の電話を入れて伺って来た次第です。
a0122931_13114391.jpg
こちら「銀座中俣」は、 鹿児島県指宿市で100年以上の歴史を持つ「中俣酒造」と言う焼酎製造会社が経営する直営店。
こちら以外にも銀座界隈に数店舗の直営店を持っているようです。
a0122931_13112301.jpg
そして自分が注目したのは、HPの扱っているのどぐろの欄に、長崎県対馬沖の「紅瞳」の名が謳われていた事。
昨年、六本木の「鮨 由う」さんで、”のどぐろのねぎま焼き”を戴いた時、それが対馬産の”紅瞳”と言うブランドのどぐろだったんです。
a0122931_14402289.jpg
のどぐろと言えば一般的には石川県と言うイメージですが、実は、一流と言われているのは長崎県対馬産(紅瞳)であると言う事を、その時初めて知ったんです。
こちらでは、その対馬産を使用し、しかものどぐろは大きい程、味が良いと言う事で、500グラム以上のものしか使わないと言う拘りを持っているところに思わず心を持って行かれてしまったんです。
a0122931_13161364.jpg
場所は歌舞伎座のすぐ傍と言う好立地ながら、やや寂しい感じの雑居ビルの地下1階。
以前、この辺りを歩いていた時に、偶然、こちらの店を見掛けた時にも思った事ですが、店の看板が出ているビルの入口が結構雑然としていて、このビルの地下に高級のどぐろ専門店があるようには思えない外観です。
やや傾斜のキツイ階段を降り、店の扉を開けると、照明を落として薄暗い店内は結構手狭で、テーブル席の半個室と完全個室からなる造り。
半個室と言っても隣のテーブルとの境に布を垂らして仕切っているだけなので、顔は見えませんが声は筒抜けです。笑
a0122931_13121208.jpg
料理はアラカルトも用意されていますが、コースに比べ割高感があるようで、こちらでは殆んどの方がコースで注文しているようです。
主なコースは以下の4種。
a0122931_13203095.jpg
< 極 >・・・ のどぐろコース 全7品 (10000円)
< 醍醐 >・・ のどぐろコース + 蟹 全7品( 12000円)
< 尽くし >・ のどぐろコース + のどぐろ姿造り 全8品( 13000円)
< 頂 >・・・ のどぐろコース + 鮑 全7品 (15000円)

a0122931_13131142.jpg
今回はちょっと奮発して、予約時に鮑の付いた「頂」をオーダー。
「頂」の内容は以下の通りです。
   ↓
先付:炙りのどぐろの雲丹乗せ、珍味
造身:鮮魚5点盛合せ(のどぐろ刺身・薄造り)
焼物:のどぐろの塩焼き(姿半身)
揚物:のどぐろの自家製手ごねさつま揚げ
温物:のどぐろと鮑のしゃぶしゃぶ
食事:のどぐろ一尾丸ごと土鍋ご飯 鮑乗せ
甘味:自家製わらび餅

先ずはビールと日本酒で乾杯です。
a0122931_13131944.jpg
先付け

先付けは3種。
のどぐろ刺身の炙りwith雲丹、聖護院鏑の焚き物、鴨
a0122931_13162018.jpg
お造り:鮮魚5点盛り

2人分盛合せではなく、1人ずつ個々の皿に盛られてくるところが高ポイント。
内容は、のどぐろ(薄切り)×4、のどぐろ(厚切り)×2、大間の本マグロ、北海道瀬棚(せだな)のボタン海老、青森の白魚の5種。
用意された普通の醤油、九州の甘い醤油、自家製ポン酢、淡路の藻塩、酢橘、ワサビ、生姜、アサツキ、紫蘇を好みの組み合わせで戴きます。
a0122931_13163061.jpg
のどぐろを薄切りと厚切りの異なる切り方で、各々の食感や味わいの違いを比べながら戴けるなんて言うのも、専門店ならではの事。
薄切りは淡路の藻塩&ポン酢の2パターンで、厚切りは普通の葵醤油で戴きました。
切り方だけで印象が全く変わる事に驚きましたが、個人的には圧倒的に厚切りの方が旨みが強く感じられ、より美味しく戴けました。
a0122931_13173150.jpg
のどぐろ以外の刺身も、のどぐろに負けず劣らずレベルが高く、大間の本マグロの上品な味わい、瀬棚のボタン海老のねっとり感と甘みも素晴らしかったです。
ぼたん海老の頭と尾は素揚げして後で運ばれます。
a0122931_14520291.jpg
焼き物:のどぐろ塩焼き(半身

半身と言っても、かなりの大きさの立派なのどぐろです。
絶妙の塩加減で焼き上げられたふっくら柔らかで旨味が凝縮された身、そしてパリっと香ばしい皮目の旨みも素晴らしい。
酢橘を絞り、たっぷりの鬼下しと共に戴きます。
脂がメチャ乗っているのに、全く重くなく、上品でリッチな美味しさが口の中に広がり、気が付けば、お酒を飲むのも忘れてひたすら食べ続けていました。
a0122931_13173972.jpg
過去、金沢の居酒屋等で、何度か、のどぐろの塩焼きを戴き、美味しいと喜んでいましたが、全く霞んでしまいました。
この日、こちらで戴いたものは、上品な脂の乗りと言い、身のふくよかさ、柔らかさと言い、旨みと言い、それらとは全くの別次元のものでした。
また、この日、のどぐろを色々な調理法で戴きましたが、この塩焼きが一番美味しく感じました。
a0122931_13174460.jpg
揚物:のどぐろの自家製手ごねさつま揚げ

のどぐろの旨みがぎっしり詰まった自家製のさつま揚げ。
揚げたて熱々の状態で運ばれます。
食感がふわふわで、真丈のよう。
a0122931_13182522.jpg
温物:のどぐろと鮑のしゃぶしゃぶ

出汁はのどぐろのアラで採った出汁に、鰹と昆布の出汁を合わせたもの。
a0122931_13183952.jpg
具材は、のどぐろの切り身、鮑、のどぐろのミンチ、豆腐、白菜、水菜、椎茸等。
a0122931_13184753.jpg
のどぐろも鮑もたっぷりで、けちってないところが素晴らしい!
a0122931_13185713.jpg
先ずは、お店のスタッフがミンチ状ののどぐろをツミレ状に成型し出汁に投入してくれます。
a0122931_13192970.jpg
出汁の調整⇒食材を出汁に潜らせしゃぶしゃぶ⇒器への取り分け、と全てお店のスタッフがやってくれるので、我々は食べるだけで、楽ちんです。
a0122931_13191397.jpg
美味しい出汁にさっと潜らせたレアに近い状態ののどぐろをさっぱりポン酢で戴くのも、生とはまた違った美味しさ。
a0122931_13193955.jpg
食事:のどぐろ一尾丸ごと土鍋ご飯 鮑乗せ

コースの中で一番楽しみにしていたのが、この土鍋ご飯でした。
ちょうど、塩焼きを戴いていた頃に、火に掛ける前の状態でプレゼンされ、それが下の写真です。

a0122931_13355687.jpg
そして、炊きあがった状態で席に運ばれたのが、コチラ。
ツヤツヤのご飯とふっくら炊きあがったのどぐろの身の上には鮑がゴロゴロ。
何と贅沢な絵でしょうか!

a0122931_13195729.jpg
お茶碗によそって戴き、一口、口にほうばれば、出汁を吸ったのどぐろの旨みと、のどぐろの甘みが染み込んだご飯の何と美味しい事!
a0122931_13201124.jpg
とても全部は食べ切れませんが、残ったご飯はお握りにして持ち帰らせて戴けます。
a0122931_13201993.jpg
甘味:わらび餅

最後は、わらび餅&ほうじ茶。
a0122931_13203968.jpg
<ドリンク>

プレミアムモルツ(580)
楯野川 山形県純米大吟醸しぼりたて生(1300)
水府自慢10号 茨城県純米大吟醸(1500)
なかまた(中俣酒造780)
桐野(中俣酒造(830)
a0122931_13155124.jpg

仕事や旅行で金沢や富山を訪れた際は、回転寿司でも居酒屋でも、のどぐろは必須で注文します。
都内で食べる事もあります。
しかし、専門店で戴くものは違いますね。
a0122931_13115451.jpg
正直、質、量ともに、全てが期待値を超えており、非常に高い満足感が得られた食事でした。
量に関しては、このコースで一体何尾ののどぐろを使っているのだろう?と思う程、贅沢に惜しみない量ののどぐろが使われていました。
a0122931_13160742.jpg
また、今回はのどぐろに鮑の付いた「頂」のコースを戴きましたが、のどぐろのみ7品の基本コース「極」で十分な満足を得られると判断しました。
更に言えば、お昼限定のMENUですが、「のどぐろ特選コース(6500円)」は、土鍋ご飯がのどぐろ茶漬けに変わる以外は「極」と左程内容が変わらず、かなりのお得感があると思われます。
店のスタッフとの会話からも、皆さん、使用しているのどぐろに対する誇りと愛情がひしひしと感じられました。
また、作務衣姿できびきび動くホールスタッフの接客も素晴らしく、店の造りや佇まいは居酒屋っぽいですが、中身は一流店でした。
a0122931_13385886.jpg
のどぐろ専門 銀座中俣
050-5589-7377
中央区銀座4-10-12 銀座サマリアビル B1
[月~金]
17:00~24:00(L.O. 23:00)
[土日祝]
11:30~15:00(L.O. 14:00)
17:00~22:00


# by kansukenator1 | 2019-02-16 17:37 | 和食 | Comments(0)

遊び心、斬新さ、洗練、楽しさが同居した驚異の高CPイタリアン!セルサルサーレ@恵比寿

斬新で洗練された少量多皿のコースを驚異のCP価格で提供する人気のイタリアン「sel sal sale」。
店名の「セル(sel )サル(sal)サーレ( sale)」は、各々フランス語、スペイン語、イタリア語で「塩」を意味する単語で、その名の通り「塩」に拘りを持ったレストランです。
この店を率いるのは、イタリア本国のミシュラン☆付きレストランはじめ、名だたるレストランで経験を重ねて来た濱口昌大シェフ。
MENUは、シェフお任せの10品=5500円のコースのみ。
a0122931_15010471.jpg
場所は恵比寿駅西口から徒歩5分程の裏路地の静かなエリア。
通りに面したガラス窓から見える店内は、コンクリート打ちっ放しの造りながら、壁やテーブル、チェア等、随所に木を使った明るくカジュアルな雰囲気。
キャパは大きからず小さからずの20数席程。
a0122931_15011433.jpg
奥に細長く伸びた店内の向かって左側がテーブル席、右側奥がオープンキッチンの厨房とカウンター席と言う造り。
料理に取り組むシェフの一挙手一投足を目の前で見れるカウンター席に座りたかったところでしたが、「10年早い!」
と言う事で、通されたのは残念ながらテーブル席です。

ワインはグラス800円~、ボトル4000円位~。
ペアリングは3種(泡、白、赤)で2500円、9種(ワイン、日本酒)で4500円とワイン類も敷居の低いプライシング。
相方はグラスワインを、自分は9種のペアリングをお願いしました。

a0122931_15020181.jpg
そして、この日供された料理は下記の通り。
MENU、お品書きの類がないので、料理名は間違っているものもあると思いますが、悪しからず。
         ↓
①鹿児島産天然真鯛の冷製カッペリーニ
②鴨のロワイヤル
③白子のロワイヤル
④牡蠣&洋ナシのサラダ
⑤菊芋のポタージュ
⑥鰆のミキュイ
⑦セイコ蟹のリゾット
⑧フォアグラのブリュレ&エスプレッソの食パン
⑨白魚のパスタ
⑩フォカッチャ
⑪山形ポークのロースト
⑫わらび餅
⑬エスプレッソ

10品超えてるじゃん!!

a0122931_15274808.jpg
鹿児島産天然真鯛の冷製カッペリーニ

フォークに巻かれた一口サイズのカッペリーニの上に生の真鯛を乗せたお鮨のようなルックスの一皿。
これをお鮨のごとく一口で口に運ぶと、仄かな塩が引き出す鯛の甘みと冷たい麺を覆うオリーブオイルの芳醇な香りが鼻に抜けて、そのシンプルな美味しさに大袈裟でなく感動!
真鯛は塩を振る事により浮き出た魚のエキスとトマトウォーターを乳化させたソースでマリネしているとか?
a0122931_15021187.jpg
鴨のロワイヤル

冷たい一皿目に続く二皿目は暖かいお料理。
優しいコンソメ風味のロワイヤルです。
ローストしたネギの香ばしさ良い感じ!
a0122931_15022753.jpg
白子のロワイヤル

たっぷりの白子とピューレ状の根セロリ。
柚子が爽やか。
a0122931_15022066.jpg
2種のロワイヤルに合わされたのは、「つるかめ農園」と言うところで育てられた無農薬の自然栽培米で造られたと『源』と言う自然酒。
ワインのようにフルーティーなお酒でした。

a0122931_15024430.jpg
牡蠣&洋ナシのサラダ

豊かな磯の香りを纏った牡蠣が持つしっかりとした塩みを洋ナシの爽やかな甘さで包んだ一皿。
生ハムメロンと同じ発想と言ったら失礼かな?
グリーンオリーブ、春菊のペースト、ハーブ等が香りと味わいのアクセントに・・・。
a0122931_15025191.jpg
こちらの料理に合わされたのは、青森産のドライ・シードル。

a0122931_15025849.jpg
菊芋のポタージュ

菊芋を皮ごと摩り下ろして作られた暖かく優しい味わいのポタージュ。
とろとろのスープの上には菊芋を揚げたチップと黒トリュフがトッピング。
スープの中にはブッラータチーズがこっそり隠されていました。
a0122931_16450256.jpg
菊芋の甘い香りとトリュフのちょっとヤバイ香り。
スープのとろみと揚げチップのカリカリ感とブッラータのもっちり感。
多様な香り、多様な食感、多様な味わいが一つのお皿で楽しめる1品でした。
この料理に塩みは殆ど感じられませんでしたが、この料理における塩の役割は、全体の求め役、所謂、影の存在として使用されているのでしょうかね?
a0122931_15033178.jpg
これには、「ブレッド&バター」と言うナパのシャルドネが合わされました。

a0122931_15033946.jpg
鰆のミキュイ

完璧な火通しで仕上げられた鰆のミキュイを包み込むソースは、ほんのり鶏の和風出汁の風味が効いた大根の擦りおろしスープ。
スープには薄くスライスした空芯大根、ナスチュームと言う辛みのあるハーブ等が添えられ、鰆の表面にはパウダー状のカラスミがトッピング。
濱口シェフの料理は、兎に角、一皿に、実に多種多様な食材やハーブ、調味料が使われますが、それが見事に1つに調和しているところが凄いです。
a0122931_15035120.jpg
この料理に合わせたのは、モーゼルのリースリング。

a0122931_15035887.jpg
セイコ蟹のリゾット

セイコ蟹、石川県で言うところの香箱蟹が泡を吹いているいるようなユーモラスな演出で登場。
a0122931_15043025.jpg
甲羅を外すと、中にはとろみ掛かった色鮮やかなリゾットが敷き詰められています。
アルデンテに炊き上げられた米の食感、甘く柔らかな蟹の身、内子のねっとり感、外子のぷちぷち感、生ハムの塩味、イタリアンパセリや胡椒の香り・・・。
こちらの料理も様々な食感や味わい、香りのハーモニーが楽しめます。
a0122931_15044942.jpg
そして、こちらの料理に合わされたのは、京都の向井酒造と言うところで造られている「伊根満開」と言う赤米酒。
赤米酒と言うものを初めて戴きましたが、マイルドな甘酢っぱい味わいで、日本酒と言うよりワインに近く、アルコールが苦手の人でも飲みやすそうなお酒です。
ただ、自分には甘過ぎました。

a0122931_15051118.jpg

フォアグラのブリュレとエスプレッソの食パン

冷たく柔らかなフォアグラと暖かくカリッと焼かれた食パン。
フォアグラの濃厚な甘さと、エスプレッソの食パンの香ばしい苦み。
フォアグラの柔らかな食感や旨みと、キャラメリゼされた部分のざらざら感と香ばしい苦み。
こちらの料理も両極にある食感や味わいのコントラストが楽しめる一品です。
a0122931_15052326.jpg
コチラの料理に合わせられたのはイケム!
な訳なく、「MISAKI BEAD」と言う愛媛県佐田岬産の希少な「はちみつ酒」。

a0122931_15053536.jpg
白魚のパスタ
 
素揚げした白魚。
白菜を発酵させたイタリア版のキムチ。
これらと、クミン、コリアンダー、フェンネル等のスパイスやハーブ類が一体化したソースが癖になりそうなエスニック色強めの独創的なパスタ。
a0122931_15071849.jpg
こちらに合わされたのは、「FERRANDO」と言うロゼのランブルスコ。
フレッシュな酸味と程良い甘さを持った飲みやすいロゼのスパークリングワインで、エスニックっぽいソースとベスト・マッチング。

a0122931_15072749.jpg
フォカッチャ

a0122931_15075049.jpg
山形ポークのロースト

ポークのローストは、コース終盤での満腹感も影響してか、やや脂が重く感じました。
ポークの脇を固めるのは、ハーブを練り込んだチーズ、燻したインカの目覚めのマッシュポテト。
そして、グリルした茄子、蕪、ブロッコリー、ニンジン等の野菜達。
a0122931_12032034.jpg

コチラの料理に合わされたのは、ヴァルポリツェッラ のリパッソ。
さすがにアマローネのような濃厚さはないものの、リパッソならではの凝縮された甘苦さが感じられる美味しいワインでローストポークとの相性もGood!でした。

a0122931_15080690.jpg
わらび餅

わらび餅を覆っている白い物体は絹ごし豆腐とホワイトチョコのムース。
下には黒蜜とバルサミコのソースが・・・。
a0122931_15081763.jpg
エスプレッソ

a0122931_15082480.jpg

*************************************************

10品のコースと思っていましたが、この日供されたのは、食後のコーヒーを加えれば、何と13品。
決して小食ではない自分でも後半戦は結構きつかったです。
少量多皿の和テイストなイタリアンと言う事前の認識で伺いましたが、イタリアンと言うより、むしろフレンチに近い印象を受けました。
スコープを広げ過ぎかも知れませんが、南欧&和のフュージョン創作料理と言うのが一番言い当てているかも知れません。
a0122931_12033883.jpg
店名にあるように、コチラは塩に拘ったお店と言う事なので、普段より「塩」を意識しながら食事を進めました。
来店する前は、さまざまな種類の塩を用いて、塩の個性で味わいの変化を付ける、もっと塩が主張する料理を想像していたのですが、どのお皿も優しい味わいで素材の美味しさを存分に引き出した料理でした。
濱口シェフが拘る塩使いとは、塩で味の変化を付けると言うより、塩の使い分けによって多種多様な食材が持つ独自の旨みを如何に引き出すか!
また、多種多様な食材を調和させる纏め役としての塩!
と言う事である気がしました。
つまり、塩は影の主役であると・・・。

a0122931_15014837.jpg

そして、とにかく驚いたのは、皿数もそうですが、一皿ごとに使われている食材やスパイス、調理料の種類と数の多さ。
そして、それらの組み合わせの発想が豊かで独創的で、遊び心や驚きがあって・・・。
それでいて、ちゃんと1つに調和させているところが凄いです。
(ただ、個人的には、もう少し骨太の料理の方が好みですが・・・)
MENUはひと月度に替わると聞きましたが、シェフの頭の中には、一体どれだけのストックがあるのよ?と言う感じです。
まあ、とにかく、これだけの質と量を誇るコースを5500円で提供するシェフの心意気に脱帽です。
a0122931_15013240.jpg
唯一、気になったのは、あくまで自分の個人的な思いですが、料理が運ばれるスピード(間隔)がやや早過ぎる事。
アルコールを飲むせいもありますが、一皿毎、ゆっくり味わい、ゆっくり飲みたい。
そして会話を楽しみながら戴きたいのですが、前の皿が食べ終わる前に、次の皿が運ばれてくる感じで、慌てて食べなければならず、少々、気ぜわしさを感じました。
2時間30分で退席するルールが謳われていましたが、我々の滞在時間は2時間に至りませんでした。
まあ、飲まない人は、この位のスピードでないと、間延びしてしまうかもしれませんけどね。
こんな自分勝手な我儘を言ったら罰が当たるような素晴らしいCPのお店でした。
a0122931_15014265.jpg
セルサルサーレ (sel sal sale)
03-6416-5230
渋谷区恵比寿西1-16-7 ハギワラビル 1F
17:30~23:00
定休日:基本月曜、月により変化


# by kansukenator1 | 2019-02-12 23:29 | イタリアン | Comments(0)

仕事帰りに!新幹線出張の前後に!東京駅ナカ、穴場の大衆居酒屋!酒場シナトラ東京駅店

ぶれない町場の大衆居酒屋の雰囲気に加え、ひねりの効いた旨い一品料理、ドリンクの品揃え、スタッフの接客の良さ、と3拍子揃った目黒の人気居酒屋「酒場シナトラ」。
そして、昨年6月、そんな「酒場シナトラ」の東京駅構内に出来た姉妹店がコチラ、「酒場シナトラ東京駅店」です。
a0122931_18175136.jpg
今や、駅構内だけで何でも揃い、全て事足りてしまう一大ショッピング&グルメタウンと化した東京駅ですが、コチラが店を構えるのは八重洲地下中央口至近、東京駅一番街の2Fにある東京グルメゾンと言う穴場的エリアの一角。
念の為、当日、電話を入れ、席を確保したうえで伺って来ました。
a0122931_18180237.jpg

目黒店は店内はモダンながら、入居しているビル自体が昭和の香り満載のシャビーなビルなので、かろうじて大衆酒場を名乗れるかも知れませんが、東京駅店は入居しているフロアも店内も昭和のレトロ感漂う酒場の雰囲気は皆無。
明るく小綺麗で活気ある普通の居酒屋さんです。
a0122931_18181327.jpg
とは言え、一ひねりある料理の旨さ、ドリンクの品揃え、スタッフの接客の良さ、と言う目黒の「酒場シナトラ」の良さは全て備わっていました。
a0122931_18184115.jpg
「肉刺し」がMENUから消えてしまった事は残念ですが、それ以外の目黒店の人気MENUは殆ど網羅。
無農薬・ノンワックスの国産レモンを丸ごと絞って作る白濁のレモンサワーも健在。
と言う事で、この日も、味知ったるMENUばかり頼んでしまいましたが、お味の方はどれも折り紙付きの美味しさ。
a0122931_18185830.jpg
鴨と水菜のハリハリサラダ(680)
a0122931_18191440.jpg
肉豆腐(780)

牛骨や牛スネから採った出汁の旨みが染み込んだ滑らかでぷるんぷるんの絹ごし豆腐。
そして、しっかりと煮込まれたゴロンゴロンのスネ肉。
しみじみ、旨いです。
a0122931_18192297.jpg
宇和島産お造り(980)

この日のお造りは、宇和島産のマコガレイ&鯛。
肉系だけでなく、魚系も旨し!
a0122931_18192820.jpg
蛍烏賊沖漬けのポテトサラダ(580)

ジャガイモの形が完全に無くなるまでマッシュしたポテサラをホタルイカの沖漬けですっぽり覆った一品。
a0122931_18193963.jpg
鴨のメンツカツ(780)

鴨のひき肉がぎっしり詰まった肉汁たっぷりのメンチカツ。
そのまま食べても十分美味しいですが、もろみ味噌とバルサミコ酢を合わせたソースを付けて味わうのも、また良しです。
a0122931_18194507.jpg
秋田牛の焼きシャブ(1280)

A4ランクの秋田牛の焼きしゃぶ。
a0122931_18195273.jpg
野沢菜を巻いて、さっぱりと・・・。
a0122931_18200106.jpg
秋田牛のすき焼き(1280)

同じ秋田牛を、今度はすき焼き風に・・・。
柔らかくてジューシー、肉系の安定感とレベルの高さは流石です。
a0122931_18200763.jpg
海老そば(580)

濃厚な海老の出汁が効いた海老そばは、〆にぴったり。
a0122931_18201398.jpg
<ドリンク>

黒ラベル生(580)
白穂乃香(680)
百十郎 黒面 純米大吟醸(880)
レモンサワー(580)×3
a0122931_18190560.jpg
目黒店の良さはそのまま継承し、これに東京駅構内と言う抜群の利便性までを備えてしまった「酒場シナトラ東京駅店」に、もはや死角はありません。
飲み会の会場としての利用のし易さは勿論ですが、仕事帰りや新幹線出張の前後のちょい飲み&ちょい食べにメチャ便利な店が出来た事が、ひっじょ~に嬉しいです。
a0122931_18182638.jpg
酒場シナトラ 東京駅店
03-6551-2070
東京都千代田区丸の内1-9-1
東京駅一番街 2F 東京グルメゾン H-4
[月~土]11:00~23:00
[日曜祝日]11:00~22:00
無休


# by kansukenator1 | 2019-01-26 12:27 | 和食 | Comments(0)

老舗の誇りと余裕が感じられる良心的な黒毛和牛レストラン!黒毛WAGYU RESTAURANT HACHI@南青山

肉の品質に定評のある代官山の老舗焼肉店「鉢山」直営の黒毛和牛専門のステーキレストラン&バルです。
場所は、骨董通り沿いのスタバの脇の細い小径を入った奥。
a0122931_16282822.jpg
通りから店が見えないので、その存在を知らなければ分かり難いですが、スタバの奥にある事さえ押さえておけば、看板も出ていますし、迷う事はないと思います。
a0122931_16282166.jpg

店内はカウンター席とテーブル席×3のこじんまりした造りながら、シックでスタイリッシュな雰囲気を持った素敵なお店です。
そして、コチラの魅力は何と言っても、そのお肉のクオリティの高さと丁寧な仕事ぶりです。
港区みなと保健所認可の黒毛和牛の刺身、ユッケ、タルタルステーキ等の生肉が常時オンリストされているところも嬉しいポイントの1つ。
a0122931_16290826.jpg
流行りに乗る訳でもなく、派手なパフォーマンスをする訳でもなく、オーソドックスに丁寧に仕事をし、最良のお肉を色々な料理法で提供して戴けます。
そして、何を戴いても外れなしの安定感、安心感もこの店ならです。
a0122931_16293675.jpg
そして、プライシングも良心的。
これらは全て、母体である「鉢山」の老舗の誇りと余裕から来るものでしょうか? 
こんな良い店なのに、予約もストレスなく取れるので、もしかしたら穴場かも知れません。
a0122931_16294913.jpg
さて、お料理の方ですが、コチラのMENUには、黒毛和牛A5ランクのステーキをメインに据えたとってもお得なコースも用意されているのですが、この日はアラカルトで、以下の料理を戴きました。
a0122931_16570697.jpg
フルーツトマトのサラダ(1200円)

フルーツトマトの甘さと、春菊のほろ苦さが良い塩梅の爽やかなサラダです。
a0122931_16572409.jpg
漆の和な取り皿がお洒落です。
a0122931_16572927.jpg
和牛タルタルステーキ(1800円)

港区みなと保健所の認可を取得した黒毛和牛を使用したタルタルステーキです。
一口、口に入れた途端、その新鮮さが伝わって来ます。
a0122931_16575341.jpg
口溶けの良さ、そして瑞々しい肉の甘みと旨み。
ケイパー、アンチョビ、ハーブのアクセントが効いた本格的な味わいに、余は満足じゃ!
a0122931_16580155.jpg
フライドポテト(900円)

皮付きのフライドポテトは表面がサクサク、中はホクホク。
添えられたポルチーニ茸とトリュフバターのソースをたっぷり付けて戴きます。

a0122931_16581947.jpg
普通のフライドポテトが、このソースでリッチなMENUに変身します。
フライドポテトのこんな食べ方があったとは・・・。
a0122931_16583109.jpg
黒毛和牛フィレのビーフカツ(4500円)

ビーフカツって、自分的にはとても贅沢感を感じてしまう料理なんです。
ただ、お店によって美味しさにかなりの差があるのも事実。
そして、コチラのビーフカツはと言うと、これが自分の好みとドンピシャ。
a0122931_16584348.jpg
先ず、衣が薄いところが良い。
そしてバターを加えた油で揚げているので、衣が香ばしくクリスピーなところも良い。
それでいて軽やか。
そして、絶妙なミディアムレアで揚げられたフィレ肉の柔らかさと極みの旨さは上質の肉と確かな技術の賜物。
a0122931_16585239.jpg

黒毛和牛フィレ&サーロインステーキ(7300円)

続いて、メインのステーキです。
ぶ厚く豪快にカットされた仙台牛のフィレ肉とサーロインのブロック肉が火を通す前の状態でお目見えです。
赤身が美しいフィレ、そして綺麗なサシが入ったサーロイン。
どちらも丁寧なトリミングが施された端正な顔立ちをしたお肉です。
a0122931_16590157.jpg
そして、程なくして運ばれて来たのが、コチラ。
ローズ色の断面が美しくも艶めかしいです。
絶妙のミディアムレアに火通しされた柔らかな食感と適度な弾力感。
きめ細やかで上質な肉の旨みがじゅわーっと口の中に広がります。
a0122931_16591935.jpg
タレは、ネギ醤油、すき焼きタレ、ペッパーソース、キノコが入った出汁の4種類。
a0122931_16593380.jpg
a0122931_17063189.jpg
個人的には、ねぎ醤油とキノコが入った出汁が良かったかな。
ねぎ醤油は色々な料理に合いそうですし、ステーキにキノコの入った出汁と言う組み合わせも面白かったです。
a0122931_16592601.jpg
牛テールのカレーうどん(1000円)

〆はHACHI特製黒毛和牛テール肉のカレーうどんです。
和牛ピラフとどちらにしようか迷いましたが、カレーうどんを選びました。
スープはとても良い出汁が利いていて、うどんもコシがしっかりあって、正解でした。
a0122931_16594113.jpg
別皿で添えられた煮凝り状に成型されたテール肉をスープに加えれば、味の変化も楽しめます。
a0122931_16594735.jpg
<ドリンク>

●スパークリングワイン(700円)×2
●白穂乃香(700円)×1
●ボトル赤ワイン(4000円)×1
a0122931_16571628.jpg
a0122931_16581278.jpg

**************************

黒毛和牛専門のステーキレストランですが、おつまみ系のサイドMENUも充実しており、バル感覚で使うにも良い店だと思います。
a0122931_16294220.jpg
この日は、しっかり腰を落ち着けての食事でしたが、カウンター席もありますし、ドリンク類もビール、ワインだけでなく、カクテル、スピリッツ、ウイスキー類も揃えられているので、軽いサイドMENUと共に1人でちょい飲みなんて使い方や、メンバーと食事の前後に軽く立ち寄るなんて使い方も出来ると思います。
立地も良いですし、予約なしでも入店出来る事が多いので、知っておいて損のないお店だと思います。
a0122931_16292177.jpg

黒毛WAGYU RESTAURANT HACHI
050-5593-3523
港区南青山5-4-27 バルビゾンビル 1F
不定休


# by kansukenator1 | 2019-01-19 17:54 | フレンチ | Comments(0)

縁結びで人気の神社とは知らずに!2019初詣@東京大神宮

例年、初詣は混雑を避ける為、1月の第2週以降に参拝する事が多いのですが、今年は何故か3日に出掛けたんです。
特に意味なないのですが・・・。
以前、友人に「東京大神宮、結構良いよ!」と言う話を聞いた事を思い出し、これまた特に意味もなく、一度も行った事がないしと言う事で、東京大神宮へ伺う事に・・・。
a0122931_18203421.jpg
飯田橋駅西口に着いたのは14:00過ぎ。
駅前の地図を見て、最短ルートで現地に向かおうとしたところ、交通整理のオジサンに、参拝客指定ルートの列に付くよう誘導されます。
a0122931_18193802.jpg
しぶしぶ誘導されたルートを歩くと、駅からちょっと脇道に入った駅前広場から、既にとんでもない行列が出来ており、境内に入るだけで1時間前後は掛かりそうな気配に思わず唖然!
やはり、三が日に来るべきではなかったと後悔しましたが、時既に遅しでした。
a0122931_18204394.jpg
参拝時間は最大30分の想定でこの日のスケジュールを組んでいたので、予定を変更して近くの靖国神社で参拝するかとも思いましたが、やはり一度も伺った事のない東京大神宮でお参りしたいと思い、結局そのまま並ぶ事に・・・。
境内に入る事が出来たのは、それから1時間15分後でした。
a0122931_18221989.jpg
境内の前まで辿り着いて分かった事ですが、行列に並ばずに手っ取り早く境内に入りたければ、最初に駅前の地図を見て最短と思ったルートを歩き、そのまま境内に入り、ご祈祷受付に並べば良かったと言う事。
多少、料金は掛かりますが、この方法なら、待ち時間があったとしても、暖房の効いた暖かい室内で椅子に座って待てるので正解ではないか!と・・・。
a0122931_18474678.jpg
さて、やっと辿り着いた東京大神宮ですが、町の喧騒から離れた静かな一画にあり、名前は「大神宮」と立派ですが、境内も社殿もこじんまりした神社でした。
a0122931_18202109.jpg

a0122931_18192658.jpg
しかし、手入れが行き届いた美しく厳かな神社で、境内からは高層ビルが見えるいかにも都会の神社と言った風情。
飯田橋駅近くにこんなに雰囲気の良い神社があったんんですね。
a0122931_18224377.jpg
まあ、このような小規模の神社にあれだけ大勢の人達が押し寄せるのですから、長い行列が出来るのは当たり前だと言う事は分かりました。
しかし、このような小さな神社に、何故これほど多くの人が集まるのだろうか?
と言う疑問が湧いてきます。
a0122931_18212438.jpg
その理由の1つは、伊勢神宮の東京五山の1つで天照皇大神と豊受大神が奉られている由緒ある神社であると言う事。
そして、もう1つは、都内からのアクセスの良さ。
この2つくらいしか思い浮かびませんでした。
a0122931_18213082.jpg
しかし、そういう事ではなく、後で知ったのですが、コチラは恋愛成就が叶う縁結びの神様が奉られた東京1の人気スポットだと言う事。
それと、神前結婚式を最初に始めた神社でもあるとの事。
a0122931_18225638.jpg
そう言えば、若い女性の参拝客がやけに多いなとは思っていましたが、そう言う事だったのですね。
それを考えると、自分は全く場違いの神社に来てしまったと言う事です。
1時間以上も並んで、おじさんが恋愛成就、縁結びの神様の前で、健康と家内安全をお願いしてしまった訳ですから、笑。
新年早々、大ボケをかましてしまいました。
a0122931_18213960.jpg
まあ、それはともかく、そうした事情を知れば、お守りやおみくじが可愛かったり、赤福やおしるこが無料で配られていたりするところも若い女性からの人気が高い理由の1つかもです。
a0122931_18215914.jpg
あと、珍しかったのは、コチラの手水舎にはひしゃくが置かれておらず、木製の筒を伝って流れてくるお湯に手を差し伸べてお清めする方式だった事。
その為、お清めの時間が短縮され、手水舎で渋滞が発生する事がなかったところが良かったです。
こう言う形式には賛否が分かれると思いますが、合理的だし、寒い冬に水ではなく暖かいお湯が出るところは有難かったです。
a0122931_18211613.jpg
参拝を終えて神社を出たのが、17:00ちょっと前。
参拝の行列は、この時刻になっても、まだ駅前まで続いていました。
a0122931_18231079.jpg
新年早々、大ボケをかましてしまいましたが、前途多難な1年にならないように、今度は事前にちゃんとご利益を調べた上で、改めて別の神社にお参りに行こうと思っております。
a0122931_18214715.jpg


# by kansukenator1 | 2019-01-09 23:10 | Comments(0)