念願の森伊蔵! だったのに・・・。

a0122931_16351562.jpg

とあるお鮨屋さんにて。
まだ外も明るい6時前に入店し、友人とぐたぐた、5時間も呑んだくれていた5月の週末。
お客さんも少なくなってきた11時頃、大将が「これ呑みます?」
と言ってカウンターの上にドカンと置いた一升瓶は、
何と前から1度は呑んでみたいと思っていた幻の焼酎「森伊蔵」じゃあーりませんか。

勿論、断る理由など、ある訳ないでしょ。

お酒が好きな人なら、知らない人はいない幻の焼酎です。
鹿児島の紫芋を使い、昔ながらのかめ壺でじっくり熟成発酵させ、
上品で深みのある芳醇さと柔らかな旨みを備えた絶妙のバランスを持った名品と言われています。

しかし、生産量は限定されている上に、店頭販売は殆んどしてない為、
そう簡単に手に入れられる代物ではありません。

購入方法は大きく3つ。

1)蔵元に直接電話
  ・・・・電話で申し込み、月1回の抽選で当選すれば購入できます。
     但し、倍率は数百倍に上るそうです。 商品の発送は2ヵ月後。

2)日本橋高島屋、玉川高島屋での購入
  ・・・来店し、申込み用紙で応募し、月1回の抽選会。 倍率は10数倍程度。

3)オ-クションでの購入
  ・・・但し、取引価格は定価の10倍以上とも。

隣に映っているのは、森伊蔵、村尾と並んで「3M」と言われている「魔王」ですが、
こちらは何度か呑んでいるので興味なし。
a0122931_13284284.jpg

そして、念願の森伊蔵を、とうとう口にする幸せの瞬間を迎えました。
なのに、なのに、、既にビール、焼酎、日本酒と飲み倒し、
へべれけになっていたヲイラ。
どんな香りだったか、どんな味わいだったか、殆ど記憶が残っていません。
ただ、呑んだと言う記憶と、2枚の写真が残っているだけです。

あ~、何て惜しいことをしたのか・・・。
後悔しても、時、既に遅しです。
やっぱ、酔っ払いは、本当に駄目ですなぁ!
[PR]
# by kansukenator1 | 2009-05-24 16:33 | お酒 | Comments(0)

呑んべぇに最高! Grill Dining Biz & Vin@六本木

国立新美術館へ知り合いの絵を観に行った帰りに寄りました。
お店は、六本木駅から2~3分。 瀬里奈の向かいのビルの2階にあります。

ほんの1時間程前に電話を入れたばかりなのに、
店内に入ると、案内されたガラスのテーブル席には、
ヲイラの名前が入ったウェルカム・メッセージが白いペンで書かれていました。
a0122931_17343478.jpg

店内は、ややこじんまりとしていますが、テラス席もあります。
この季節はテラス席の方が気持ち良かったかも。
a0122931_1735897.jpg

カウンター席の奥には生ハムが鎮座。
a0122931_10183590.jpg

壁にずらっと並んだワイン達。
フランス産、イタリア産を中心に、カリフォルニア産など含めて、常時100種類以上あるとの事。
a0122931_1736785.jpg

中央には、野菜や魚介類が入ったガラスのショーケースが置かれ、
お客の目の前で新鮮食材をグリルしてくれます。
この写真では、鮮度が悪そうに映ってしまっていますが、実際はそんな事ありません。
a0122931_17363851.jpg

まずはビールで乾杯。喉が渇いていたのでうっまい。
じきに、お通しとして、バスケットに入った3種類のパケットが出てきました。
これ旨いです。
a0122931_17372969.jpg

そして、この日、戴いたのは、こちら!

①世界一長い海老の春巻
   ・・・胡麻のペースト?をベースにピリ辛風味を仄かに感じるソースが美味しかった。
      ビールに良く合います。
      しかし、間違いなく世界一長い海老ではなかったです。(笑)
a0122931_10194720.jpg

②焼き春キャベツの黒トリュフ掛け
   ・・・グリルされたキャベツだけ盛られた皿が運ばれ、トリュフは目の前で削ってくれます。
      官能的な香りが広がります。
a0122931_10202552.jpg

③炭焼き野菜(小)
   ・・・甘みが凝縮された野菜たち、塩で戴くと、更に甘みが増します。これも美味しい。
     スモールポーションをオーダーしましたが量は十分、大にしなくて良かった。
a0122931_1021365.jpg

④たいら貝のグリル
   ・・・火入れの感じが好みでした。貝の旨みと甘みを引き出しています。
a0122931_10213565.jpg

・・・・4種のソースで異なった味わいを楽しみます。
a0122931_1022234.jpg

⑤雛鳥まるごとグリル、トリュフライス詰め
   ・・・雛鳥を1羽丸ごと目の前でグリルしているのを見ていると涎が出てきます。
    
a0122931_10243510.jpg

  ・・・カットし皿に盛り合わせてくれます。部位ごとの味や食感の違いを楽しめます。
     トリュフライスもうっまいっす。
a0122931_10251324.jpg

お会計は、2人で生ビール2杯、グラスワイン6杯飲んで15,000円ちょい(財布に優しいです)。
a0122931_1025492.jpg

お店は、カジュアルさとシックさのバランスが良く、スタッフもフレンドリーでありながら、
適度な距離感を保った非常に気持ちの良い応対。
お料理やドリンクのプライシングも極めて良心的です。
カップルだけでなく、男同士でも違和感なく楽しめる使い勝手の良いお店だと思います。

何より良かったのは、若いスタッフ達が、「自分達のお店を良い店にしたい。
お客さんに喜んでもらいたい」と言う強いスピリッツが感じられ、
客としても応援したくなる店の空気感です。

帰りの際は、2Fから階段を駆け降り、外へ出て、我々が通りの角を回る迄、見送ってくださいました。
こういう光景は、オーナーシェフ系のフレンチやイタリアンの店では良くありますが、
ワインバーとかではあまり経験した事はありません。

他にも興味をそそるMENUがいっぱいあったし、是非、また、リピりたいお店でした。

Grill Dining Biz&Vin
港区六本木3-10-4 六本木パークビル 2F
03-5786-3045
[月~土] 18:00~翌5:00 [祝] 18:00~24:00
[PR]
# by kansukenator1 | 2009-05-23 23:52 | フレンチ | Comments(0)

出刃包丁で初仕事! アンチョビ作り

の筈でしたが・・・・。
a0122931_15455482.jpg

今月はじめに、合羽橋で購入した自慢の「My 出刃包丁」での初仕事。
近所の魚屋さんで、しこいわし(ひこいわし?)が安く売っているとの情報を聞きつけ、
「それじゃ、アンチョビでも作るか!」と言う事で魚屋さんにダッシュ。
と言う事は、待ちに待った「My 出刃君」の登場です。
そして、出刃君の初仕事が上の写真。
・・・・のはずだったのですが、しこいわしは柔らかく、指で簡単に裁けちゃうんです。
と言う事で念願のMy 出刃君の出番はお預けとなってしまいました。

指で3枚におろした後は、タッパーに鰯、塩、鰯、塩と、ミルフィーユ状に重ねて冷蔵庫へ。
1ヶ月程経ったら、塩を洗い流し、オリーブ油に浸す工程に移りますが、
それまでは、ただ放っておくだけ。
熟成を待ちます。
a0122931_15462255.jpg


あまりに新鮮で美味しそうなんで、我慢できず、数片、オリーブ油を垂らし、
カマルグ塩をぱらぱらとふり掛け、生のまま摘み食い。
a0122931_15465175.jpg


「ん~、う~まい!」
冷えた白も、ぐびぐび。

オイルサーディンは作った事あるけど、アンチョビ作りは初めてなので、
その後の展開が楽しみです。
[PR]
# by kansukenator1 | 2009-05-17 23:38 | 男の料理 | Comments(0)

いい店発見! 焼肉「よろにく」@南青山

a0122931_1363817.jpg

GWのとある一日、学生時代の友人と一杯飲もうと言うことになり、
以前からちょっと気になっていた南青山の焼肉店「よろにく」を訪問。

場所は、骨董通りを高樹町方面に歩いて、MiniStopの脇を左に入ってすぐのビルの地下。
入口は焼肉店とは思えない料亭のような佇まい。

階段を下り、店内に入ると、正面には、オーセンティックバーを思わすカウンター席があり、
右手にテーブル席を配したホール、左手には、個室が3室程あります。

店内は照明が落とされ、インテリアや雰囲気は、ヲイラが普段行っている煙モクモクの
街場の焼肉店とは、一線を介した青山らしいお洒落なお店です。
a0122931_1316344.jpg

シックで落ち行いた雰囲気の中で、厳選された特選A5和牛を、アイデア溢れる色々な調理法で食べさせる、と言うのがこのお店のコンセプトなのでしょうね。

我々(オヤジ3人)が伺ったのは、6時過ぎ、我々以外は、すべてカップルです。

18:00限定、4人以上、2時間迄と言う制限付きの5000円のコースがあって、
「これが良いんじゃね~の!」と思っていましたが、我々は3人だし、コースは無理かと諦めかけていたところ、人数制限、時間制限のないお店独自のコース(5000円~)もあると言う事で、
我々は7000円のコースをチョイス。
a0122931_13111919.jpg

コースの内容は、つきだし→キムチ→ナムル→サラダ→お肉の刺身盛合わせ→焼き(塩)3種
→焼き(たれ)3種→お吸い物→焼き(メイン)2種→素麺→デザート、ってな感じ。

お店として自信のあるアラカルトMENUから少しずつ、沢山の種類をいただける、
まさに食いしん坊の心のつぼを押さえた魅力的なコースです。

アラカルトメニューも惹かれるものが満載ですが、焼肉経験度の低い人や、少人数の場合は、
コースで頼むのが、断然Betterだと思います。
a0122931_13121928.jpg

ヲイラの焼肉知識ってば、ロース、カルビ、ハラミ、タンくらいまでが精々で、
最近耳にする、いちぼ?、ざぶとん?、みすじ?、何たら、かんたら、それ何?って感じだし。

お店スタッフの方が、お肉の部位の説明や、美味しい焼き加減等を親切に説明してくれます。
どれも3秒ほど軽く炙る程度でOK。 生で食べてもOKと言うことでした。
a0122931_13212124.jpg

結局、我々は全て、お店の方に焼いていただいちゃいました。
これでサービスチャージ無しです。(驚き!)
 (これでサービスチャージ10%も取るのかよ。ふざけるな!と言うお店も少なくないのに・・・)
a0122931_13215325.jpg

デザートは珍しいほうじ茶のカキ氷でしたが、更に「しろくま」なるフルーツに練乳を掛けたカキ氷も
サービスしていただきました。
a0122931_13193581.jpg

コースで物足りなかったら、気に入ったMENUを単品で追加オーダーするつもりでしたが、もう十分でした。
a0122931_13202172.jpg

ビール、焼酎を数杯ずつ飲んで、PH1万円でおつりが来ました。

お料理の満足度は勿論、お店のスタッフも皆フレンドリーながら適度な距離感を保ち好感度、
落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりお酒や食事を楽しめるとても良いお店だと思います。
帰り際、個室も案内してくださいました。
a0122931_13243171.jpg

デート使い良し、男同士でもOK,接待にも使えるオールマイティな焼肉屋さん(焼肉レストラン)です。
難点は、暗くて、写真がほぼ全滅状態だったことくらい(泣)・・・。

当日のコース(うる覚え)
 ①つきだし・・・サーモン、チーズ、数種の野菜を細かく切ったサラダのような一品
 ②キムチ盛合わせ
 ③ナムル盛合わせ
 ④お刺身盛り合わせ3種(イチボ、ユッケ、センマイ)
 ⑤グリーンサラダ
 ⑥焼肉3種(塩)・・・カルビ、ハツ、タン(ねぎを載せて食べます)
 ⑦焼肉3種(たれ)・・・カルビ、赤ミスジ、ロース
 ⑧ハチノスのお吸い物
 ⑨仕上げの焼肉2種・・・ミスジ、サーロイン2ピース(おろしポン酢他、2種類のたれで食べます)
 ⑩手延べそうめん・・・薬味なし、のり佃煮、ねぎと薬味の3段活用でいただきます
 ⑪デザート・・・ほうじ茶のカキ氷、
 ⑫デザート(サービス) ・・・・しろくま(いちご、キュウイ、パイン等の練乳掛けカキ氷)


よろにく
港区南青山6-6-22 ルナロッサ B1F
03-3498-4629
18:00~24:00
[PR]
# by kansukenator1 | 2009-05-09 23:55 | 焼肉屋 | Comments(0)

MY 出刃包丁を求め、いざ合羽橋道具街へ!

a0122931_14432310.jpg

My 出刃包丁を求めて、合羽橋道具街へ出陣。
テレビでよく見るこのオジサンとご対面。

合羽橋は初めてだし、散歩がてら、端から端まで全部の店を覗いて回ろうと思っていましたが、
ネットで下調べしてたら、商店街は意外と広く、それはとても無理と言う事が判明。
それじゃあ、と言う事で、目的の「出刃包丁」を扱っているお店を数店ピックアップして、
メモを持って、出向きました。

合羽橋に着いたのはお昼過ぎ。
折角だから、下町らしい店を選ぼうと、周りをきょろきょろ。
店の前に行列が出来ている天麩羅屋さんを発見。
もしかしたら、人気店かも、などと期待しつつ、我々もこの列に並ぶ。
a0122931_154592.jpg

店の外に置かれたMENUの看板を見て、あなご、車海老、めごちが入っている江戸前天丼にしようと決意。
ところが、待てど暮せど、全然列が縮まらない。
しかも、並んでいる間に、店内から何度もおばさんが出て来て、お目当てのMENUに次々と売り切れの貼り紙を貼って行く。
a0122931_16271629.jpg

20分も並べば入店出きるだろうと思って並んだはいいけれど、
店内に入れたのは1時間強並んだ後。
途中何度、他の店に変えようかと思ったことか。
結局注文出来たのは、第3候補の海老3種天丼(車海老、柴海老、ブラクタイガー)&ビール。
a0122931_16302062.jpg

そして、感想は? んー、普通においしかったです。

買物に向かう前に疲れてしまいましたが、気を取り直していざ出陣。
a0122931_16313581.jpg

最初に立ち寄ったのは、創業1908年、包丁と南部鉄器の「釜浅商店」。
a0122931_16353853.jpg

店内の棚にずらっと並んだ包丁たち。
a0122931_16403450.jpg

何せ、包丁に対する知識など全くないヲイラ。
どれを買ったら良いのか、全く分からず、ただ呆然と立ちすくむだけ。
まず、鋼製とステンレス製の2つがあるけど、どっちを買えば良いのよ?
値段の違いは?、使い勝手の違いは?・・・・??
値段もピンからキリまであるけど、いくら位のものを買えば良いの??

でも、心配ご無用、お店の方が親切、丁寧に教えてくれます。
こちらの商品は全てオリジナルだそうで、自社の商品に対する並々ならぬ愛着と自信が伝わって来ます。
色々、説明を聞いて吟味した結果、メンテナンスはちょっと面倒臭そうだけど、プロっぽいし(ミーハーなもんで)、鋼製にすることに。
価格は、素人なら1万円前後で十分との事でした。
あとは、サイズ。
実際、手にとってみると思っていた以上に重い。
普段使っている普通の包丁に比べ格段に重いです。
そして選んだ出刃はこちら。
サイズは4.5寸、価格は約8千円です。
ネームも入れてくれて、何だか嬉しい!!
a0122931_10141565.jpg

包丁購入後、夕暮れ時の商店街をぷらぷら歩いて、キッチン雑貨やお皿なんぞを数点買って、
合羽橋を後にしました。
a0122931_1723965.jpg

帰り際、こちらもよく目にするお馴染みの景色。
a0122931_1741728.jpg

夜は新宿で、ビール&点心、ほろ酔い気分で帰宅。
合羽橋デビューを果たせ、念願のMy 出刃包丁を手に入れ、満足な1日でした。
[PR]
# by kansukenator1 | 2009-05-06 23:02 | 買物 | Comments(0)