<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

都内最大級のルーフトップテラスが併設されたスタイリッシュなステーキハウス!NoMad Grill |Lounge@紀尾井町

赤坂見附の新スポット、昨年7月、旧赤坂プリンスホテル跡地にオープンした「東京ガーデンテラス紀尾井町」。
ノマド・グリルは、その4Fにあるニューヨークスタイルのステーキハウスです。
a0122931_12515816.jpg
そして、赤プリと言えば、若かりし頃の色々な想い出が詰まった場所。
そのすっかり生まれ変わった近代的な容姿の中に、色褪せたセピア色の情景が甦ります。
懐かしさとちょっぴり感傷的な思いに包まれながら、エスカレータで4Fを目指します。
a0122931_13050806.jpg
そして、今、世はまさに熟成肉ブーム。
石を投げれば、熟成肉を謳った店にぶち当たる程ですが、人気を博しているのはウルフ・ギャングやBLT 等、アメリカンビーフの日本上陸店ばかり。
そんな中にあって、此方、ノマド・グリルは上質な国産牛に拘るだけでなく、発酵熟成方法やサービススタイルに至るまで、「日本らしさ」に拘り、日本の食材の素晴らしさを発信しているところが特徴のレストランです。
a0122931_13053032.jpg
そんなノマド・グルルが選んだ牛が、北海道大雪山の麓でストレス無く地産の資料によって肥育された「北大雪牛」と言う銘柄の牛。
ホルスタインと黒毛和牛の交雑牛で、赤身主体の旨みと厳寒の環境によってもたらされる適度のサシのバランスが、コチラが考える熟成ステーキに理想の肉質なんだとか・・・。
また、此方では、「北大雪牛」だけでなく、赤牛、短角牛、神戸牛、松坂牛等日本各地のブランド牛をラインナップし、その日最高の状態の肉を提供している点も大きな魅力です。
a0122931_13070232.jpg
店は総ガラス張りで、エントランス右手にBar。

a0122931_13065209.jpg
黒とゴールドを基調とした牛のオブジェや熟成庫が並ぶ廊下を奥へ進むとキッチン&メインダイニングが現れます。
a0122931_13064050.jpg
雰囲気も設えも、スタイリッシュ&ラグジュアリー。
ダイニングには個室も完備。
a0122931_13052006.jpg
そして、ダイニングとガラス1枚隔てた向こう側には、此方の売りの1つでもある都内最大級と言われる広々としたルーフトップのテラスが広がります。
a0122931_13071153.jpg
このテラスにもバーカウンターがあり、テーブル席やソファー席がゆったりと配置されており、ラグジュアリー感満載。
会社帰りに、このバーカウンターに立ち寄って、ビール一杯だけ飲んで帰る外国人ビジネスマンも多いと言っていました。
テラスのテーブル席やソファー席を利用の場合、ダイニングチャージと別に、テラス席のチャージが加算されますが、バーカウンターはチャージフリーだそうです。
a0122931_13062389.jpg
伺ったのは5月半ば、テラス席が気持ち良く感じる季節でした。
しかし、昼間は晴れていたにも拘らず、地下鉄を降り、地上に上がったその瞬間、突然の稲光と共に激しい雨が降り出し、その雨は夜中まで降り止みませんでした。
と言う訳で、当初は食事はダイニングで、デザート&食後酒はテラス席で・・・、と考えていましたが、最後まで、雨で誰も居ないテラスとその向こうのビル群を眺めながらのディナーとなりました。
a0122931_19022362.jpg
MENUはアラカルトとコースがありますが、アラカルトのステーキはテーブルの上に置かれたipadにて説明を受けます。
アラカルトのステーキは、1オーダーのボリュームが2人でシェアするには大き過ぎるので、他の料理も色々味わいたいのなら、コースがお勧めです!
とのアドバイスを戴き、初訪と言う事もあり、色々試す事が出来るコースで参戦する事に・・・。
a0122931_13060722.jpg
コースMENUの選択肢も豊富でしたが、熟成で旨味を引き出した「骨付きの熟成牛」と「黒毛和牛フィレ」を一緒に味わう事が出来る「エイジングビーフコース 」をチョイスしました。
先ずは、モエシャンで乾杯です!
a0122931_12504045.jpg
その「エイジングビーフコース 」の内容は、コチラ!
      ↓
フレッシュオイスター&シュリンプ

この日の牡蠣は、陸前高田より直送されたぷりぷりで旨みたっぷりの「米崎牡蠣」。
ステーキハウスなのに海鮮も上質なんだ!と思ったら、それもその筈、コチラは汐留のフィッシュバンク東京の系列店なんだそうですね。
a0122931_12473532.jpg
6ヶ月熟成 北海道産どろ豚の生ハムのサラダ

北海道十勝の大自然の中で、のびのびと育てられた放牧豚、「どろ豚」を6ヶ月間熟成させた生ハムと三浦野菜のサラダ。
a0122931_12482426.jpg
パン

店名の焼印が押された四角いパンと丸いパン。
デュラムセモリナ粉とたっぷりのオリーブオイルを練り込んだと言うこの丸いパンが美味しくて、思わず、おかわりしてしまいました。
a0122931_12372177.jpg
a0122931_12490133.jpg
北海あさりのクラムチャウダー

濃厚なアサリのエキスがクリーミーなスープに溶け込んだ旨みたっぷりのクラムチャウダーでした。
a0122931_12363102.jpg
熟成牛の骨付きリブロース&黒毛和牛フィレのグリル

国産牛に拘っている此方。
この日の銘柄は、コチラの看板である北大雪牛の熟成肉と茨城産の黒毛和牛。
a0122931_12360143.jpg
熟成肉は、30日熟成後、更に10日間ドライエイジングされた肉を900℃の高温オーブンで外側を一気に焼き上げた後、余熱で仕上げるのだそうです。
これにより肉の旨みを最高の状態で閉じ込め、表面はカリッと中はジューシ-に仕上がるのだそうです。
a0122931_12492606.jpg

a0122931_12495146.jpg
a0122931_12494168.jpg
お好みで、ラングドックの岩塩、茎わさび、柚子胡椒、カンズリ、トリュフ塩等を合わせて戴きます。
ナスや紫ニンジン等、添えられた野菜類も美味!
a0122931_12491501.jpg
ビーフカレー(ミニ)

おそらくサービスだと思います。
優しい味わいのカレーでした。
a0122931_12500178.jpg
パティシエ特製デザート

デザートは、グレープフルーツのソルベ、イチゴ、ブルーベリー、パイナップル、エスプレッソ、メロンと、フルーツ系で助けられました。
これが重いケーキ系だとしんどかったと思います。
a0122931_12501110.jpg
コーヒー
a0122931_12464602.jpg
<ワイン>

Chalk Hill Chardonnay Sonoma coast 2014(1550)

家でも結構な頻度で登場するC.P.の良いワインです。
色は美しい黄金色。
エレガントで清涼感のある爽やかな味わいながら樽由来の香りと豊かなボディも感じられるとてもバランスの良い白ワインです。
a0122931_12382830.jpg
Nine Hats Syrah 2014(1800円)

その名の通り、9個の帽子が描かれた可愛いエチケット。
ナインハッツは、ワシントン州コロンビア・ヴァレーでワイン造りに成功した一人の人物が、この地のワイン造りの可能性を世界に示すために、世界中からワイン造りのプロを集め、立ち上げたワインブランド。
そこで選ばれた9人のワイン造りのプロを象徴したワイン名となっています。
ちなみに、社名のロングシャドウズも日が傾くまで畑で働く人達に敬意を示したものだそうです。
セパージュはシラー86%、カベルネソーヴィニヨン12%、プティヴェルド2%
味わいはスパイシーで複雑味のある力強い赤です。
自分は好きですが、好みは分かれるかも・・・。
a0122931_12391215.jpg
Clos Badon Thunevin SaintEmilion 2010(2400円)

シャトー・ヴァランドローのオーナー、ジャン・リュック・チュヌヴァン氏が手掛けるサン・テミリオンのワイン。
中でも、この2010年は過去最高の評価を得ているヴィンテージだそうです。
メルロー90、CF10。
ブラックベリー等の黒系果実の香り、凝縮感がありながら滑らかな飲み口のバランスの良いワインでした。
a0122931_12385424.jpg

食事を終えた後は、ルーフトップデッキをちらっと見学。
晴れていたら、ここで夜風を感じながら食後酒でも戴きたいところでした。
こちらは、同フロアに建つ「赤坂プリンスクラシックハウス」。
a0122931_12532075.jpg
感想ですが、戴いた全ての料理が美味しかったです。
そして、改めて国産牛の素晴らしさを再認識させられました。
料理だけでなく、永田町駅直結、赤坂見附駅から3分と言う立地、スタイリッシュでラグジュアリーな雰囲気、ホスピタリティ溢れる心地良いサービス・・・。
ある程度、期待はしていましたが、期待以上の満足感が得られました。
気になるMENUが幾つかあったので、次回はそれらを目当てにアラカルトで臨みたいと思います。

お会計は、「エイジングビーフコース(13,000)×2、モエシャン(1,900)×2、Chalk Hill:Ch(1,550)、Nine Hats:Syrah(1,800)、Cols Badon:Mer/CF(2400)、チャージ10%で39,000円也。
ご馳走様でした。
a0122931_18261351.jpg
NoMad Grill Lounge
050-5592-2699
千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 4F
ランチ  11:30-15:00 L.O 14:00
カフェ  15:00-17:00 L.O 16:30
ディナー 17:30-23:30 L.O 22:00
バー   17:30-23:30 Food L.O 22:00 Drink L.O 23:00



[PR]
by kansukenator1 | 2017-08-26 12:26 | イタリアン | Comments(0)

迎え火・送り火@2017お盆

いい歳をして非常に恥ずかしい話ですが、これまで、お盆を迎えても、「あ~、お盆休みかぁ!」くらいしか意識したことがなかった自分です。
お盆には故人や先祖の霊が帰ってくると言われ、ですから、故郷を離れて暮らしている親族達も、この時期には故郷に帰り、自宅でお供えや提灯を置いてお迎えしたり、お墓参りをするなどの供養をする訳なんですよね。

そんな事は小学生でも知っている事でしょうけど、本当にそう言う意識を持ってお盆を迎えた事はありませんでした。
しかし、今年5月と6月に両親を相次いで亡くし、葬儀や49日の法要等でお坊さんの説教を聞くにつれ、ほんの少しだけですが、仏の世界、仏教の考え方に興味を持つようになりました。
「迎え火・送り火」 なんていう行事も素晴らしい慣習ですね。
※「迎え火」・・・お盆に戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として、13日夕方に火を焚く風習。
※「送り火」・・・16日夕方に、お盆の期間に一緒に過ごした先祖の霊を送り出す行事。

京都五山の「大文字焼き」や、京都や広島の灯篭流し、長崎の精霊流し等は地域の伝統行事として故人の霊を送り出す「送り火」なんですね。
今年は、これまでとは違った気持ちで、テレビで放映されるこれらの行事を観ていました。
自宅でこじんまりやるも良し、地域行事として大々的に行うも良し、要は故人や先祖を思うこうした慣習を続けていく事が大事と言うことですな。


a0122931_17423436.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2017-08-16 17:41 | その他 | Comments(0)