<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

TILL BRÖNNER Live !ブルートート東京@南青山

4月23日~25日の3日間、ブルーノート東京で行われたティル・ブレナーなるドイツ出身のジャズ・トランペッターのライブ。
初日の1stステージを観て来ました。
ブルーノート東京へは、今の場所へ移転する以前から毎年数回は足を運んでいますが、それは全て、自分が好きで、レコードやCDを聞き込んでいるアーティストのライブばかりです。
しかし、今回のティル・ブレナーなるミュージシャンは、CDはおろか、名前も知りませんでしたが、友人から誘われ、「ドイツ人とジャズ? ピンと来ないな!」と思いながらも、たまには自分の知らない音楽に触れるのも良いだろうと、足を運んだ次第です。
a0122931_17485824.jpg

事前の下調べもせず、何となく、「オーソドックスな4ビートのアコースティックなジャズが演奏されるのだろうなぁ」ぐらいの気持ちで会場入りしましたが、その後、繰り広げられたライブの内容は想像と全く違っていました。

バックは、ベース、ドラムス、サックス、ギター、キーボード×2の編成。
「ドイツで昔から知っている仲間達」と紹介していた気がします。

■Till Brönner(tp,flh,vo)
■Mark Wyand(sax)
■Jasper Soffers(p)
■Jan Miserre(key)
■Bruno Müller(g)
■Christian von Kaphengst(b)
■David Haynes(ds)

初めに、バックメンバーのみがステージにあがり、演奏を始め、頃合を見計らって、スリムなスーツに身を包んだティル・ブレナーが笑顔を振り撒きながら颯爽と登場!
なかなかのイケメン&「ちゃら男」風で、渋いジャズ・トランペッターを想像していたヲイラの勝手な想像は大外れ。

曲目も、いきなり、デイブ・グルーシンを思わせるようなナンバーが演奏される等、全般的にフュージョンっぽいナンバーが中心。
想像していたような渋い4ビートのナンバーは、乗りの良い16ビートのナンバーの間に気分転換的に差し込まれていた程度でした。

とは言え、ミュートを多用した演奏、ギターで言うところの早弾きのような早いパッセージを奏でるテクニック、スローナンバーではサックスと間違えそうになる膨らみのある音色で、まるで人が歌っているようなフレーズを聞かせたりと、センスやテクニックはなかなかのものだと思いました。
a0122931_1749598.jpg

ただ、今ひとつ、魅力を感じられない。
フュージョンを聴きたかったら、もっと格好良いミュージシャンが一杯いますし、上手くもないのに何故、歌まで歌うのか理由も今ひとつ分かりませんでした。
ちなみに、ヴォーカルはマイケル・フランクスにちょっと似た雰囲気でしたが、マイケル・フランクスは歌は上手くないですが、シンガーソングライターとしての味がありますから・・・。
おそらく、ティル・ブレナーと言う人は、自身のジャズの世界を極めるクリエイター的なタイプのミュージシャンではなく、万人受けしそうな路線で攻めて、ジャズ界のスターとしてのビジネス的な成功を狙っている人のように感じられました。
まあ、年配者の愛好家が中心のジャズを広く一般に広めた功績は評価されるべきですけどね。
[PR]
by kansukenator1 | 2017-04-28 23:40 | MUSIC/アート | Comments(0)

ご主人の強い拘りが感じられる住宅街の上品系鰻店!うな平@鵠沼海岸

以前から行きたい店リストに乗せていながら、営業時間が午前/午後それぞれ2時間限定とか、店への到着時刻を執拗に確認される等で、勝手に、気難しい店のイメージを抱いてしまい、訪問の機会が後回しになっていたこちら、「うな平」さん。
a0122931_1273951.jpg

急に思い付き、駄目もとで当日の朝、9時頃に電話してみたところ、「昼ならば、ちょうど1件キャンセルが出たのでOK!」との返答。
もともと昼に伺おうと思っていたので、ラッキー!とばかり初訪を果たして参りました。
ちなみに、昼の営業時刻は12時からですが、自宅と店舗が一体化しているので、予約の電話は何時(早朝)に掛けてもOKだそうです。

そして、こちら、予約時にうな重の種類と価格を告げられ、オーダーを済ませるシステム。
内容は、上特上うな重(4300円)、上うな重(3700円)、中うな重(2900円)、肝吸(200円)
真ん中の、上うな重×2、と肝吸×2をお願いしました。
a0122931_1282940.jpg

こちらでは、出来立てを食べて貰えるようにと、お客の入店時刻から逆算して、ご飯を炊き、鰻を調理するので、予約時刻10分前までに入店するように念を押されます。
これを「うざい!」と思ってはいけません。
これは、一番美味しい状態で食べて貰えるようにとの、お店からの愛情の証と理解しなければなりません。
そして、「ナビをちゃんと入れて来て下さいね!場所はちょっと分かり難いけど、ナビを入れて来れば、辿り着けなかったお客さんは1人もいないから大丈夫!」とおかみさん。
a0122931_127478.jpg

その分かり難い場所とは、最寄り駅の鵠沼海岸駅から歩いたら20分前後は掛かると思われる住宅街の中。
住宅街の隠れ家レストランとか言っても、結構分かり易い場所にあったりしますが、こちらは、土地勘のない人にとっては、かなり分かり難いと思います。
車道を降り、車が擦れ違えないような住宅街の細い道をどんどん奥に進み、「こんなところに本当にあるの?」と思った時に、店の看板が見えました。
確かに、カーナビがなかったら辿り着くのが難しかったと思います。
ただ、道程は複雑ではないので、1度知ってしまえば、次に迷う事はないと思います。
a0122931_1275437.jpg

遅れないように余裕を持って出掛けたので予約時刻の20分前に到着。
敷地内にある駐車場に車を留めると、開店前の時間でしたが、おかみさんが外へ出て来て、中へ招き入れてくれました。
駐車場に関しては、完全予約制なので留められなくなる心配はないようです。
a0122931_1291730.jpg

店中に足を踏み入れると、広い土間があり、その左手に、ご主人の仕事ぶりが全て見て取れるオープンキッチンさながらの広い厨房があります。
客席は、小上がり、掘り炬燵の座敷、テーブル席がゆったりと配されており、小上がりは鯉が泳ぐ池を配した中庭の景色を眺めながら食事が出来る造りとなっています。
「どこでもお好きな席にお座り下さい」と言われ、雰囲気的には庭の見える小上がりが良かったのですが、靴を脱ぐのが面倒なので、テーブル席に座りました。
a0122931_1275913.jpg

飲み物の注文を聞かれ、こちらのMENUは鰻重のみで、つまみ類はないと思っていたので、ビールのみを注文。
ビールと共に、ひじきが運ばれました。
a0122931_1281119.jpg

ビールを飲みながら、何気なくMENUを裏返すと、若干ですが、つまみ類もある事が分かり、その中に、「肝の佃煮(540円)」なる魅力的な1品を発見。
既に、ビールがかなりいってしまった後でしたが、慌ててオーダー。
すると、これが目茶美味しい!
新鮮で臭みや嫌な苦味は皆無。
甘さを抑えた上品ながらしっかりした味付けの逸品でした。
そして山椒を塗すと、美味しさは更に倍増!
a0122931_1281822.jpg

程なくして、うな重、肝吸、香の物が登場。
朱塗りの重箱の蓋をあけると、店名の「うな平」の文字と共に、えも言えぬ香ばしい香りが広がります。
そして、ご飯が全く見えないくらい、びっしり敷き詰められた鰻の美しいフォルム。
その色合いは上品で淡く、濃厚でぎとぎとしたタレを纏った鰻とは明らかに異なるルックス。
a0122931_128344.jpg

味わいも見た目と同様に、甘さを極限まで抑えた上品でさっぱりした薄味のタレと、鰻そのものが持つ美味しさが良い感じでバランスしており、これまで食べ慣れたうな重とは明らかに異なるタイプのものでした。
また、ご飯の炊き方も独特で、お米の芯を残したパスタで言うところのアルデンテ状態で炊き上げており、このご飯がとても美味しい。
そして、これが薄味のタレやふわとろの鰻と実に良く合っていました。 

帰りの車中で、相方は、早川の「友栄」の方が断然美味しい!と言っていましたが、ヲイラは目指す方向性が異なっているように感じられ、比較出来ないと思いました。
確かに、一般的には「友栄」を支持する人の方が多いかも知れませんが、「うな平」の支持者も負けていないと思います。
若者や女性は「友栄」、やや歳のいった男性、なかでも酒飲みは「うな平」なんて構図に分かれるかも知れません。
a0122931_1284417.jpg

この日、我々と、ほぼ同時刻に店を訪れたにも拘わらず、入店出来ずに帰っていった家族連れがいました。
どうやら、予約なしで訪れたようです。
帰り際、ご主人と女将さんと少し会話をする機会があり、「席が一杯空いているのに、何故、入店を断ったのか?」尋ねてみました。

すると、「ご飯を炊く事から、うなぎの調理までの一工程、一工程を全て1人で、一食ずつ全霊を込めて仕事しているので、予定外のお客さんに対応する事が体力的に叶わなくなっているんです。」と言う答えが返ってきました。
どうやら、予約も満席になるまで取っていないようです。
a0122931_12851100.jpg

1959年から営業を続けている老舗のこちら。
高齢により体力が衰えても、調理プロセスには一切手を抜かず、客数を抑える事で乗り切ろうと頑張っているご主人。
いつまでも、ご主人の拘りが詰まった鰻が口に出来ると思ったら、大間違えかも知れません。
気になる方は、是非、早めに訪問したほうが良さそうです。
a0122931_1292632.jpg

うな平
藤沢市辻堂東海岸2-2-8
0466-36-7070
12:00~14:00
17:00~19:00
定休日 水曜、木曜
[PR]
by kansukenator1 | 2017-04-22 12:48 | 和食 | Comments(0)

料理もワインも本格的なのに肩肘張らない肉ビストロ!LOVAT@恵比寿

肉をフィーチャーした美味しい料理とセレクトされたワインを魅力的な価格で戴けると評判のコチラ、「Meat Restaurant LOVAT」。
何度か予約を試みるも、いつも満席でNG。
お店の方より、日曜の早い時間帯と月曜は比較的予約が取り易いと言うアドバイスを戴き、ちょっと早過ぎるなぁ!と思いつつ、日曜のオープン時刻16:00に予約を入れて初訪を果たして来ました。
a0122931_12442052.jpg

場所は、恵比寿駅西口から徒歩3分ほど。
渋谷橋交差点を明治通り沿いに渋谷方面に少し歩いた左手、リキッドルームの2軒先のビルの1階です。
a0122931_12443828.jpg

店内は、店名にもなっているロバット・グリーンとブラウンを基調にしながら、煉瓦の壁や古い窓枠を巧みに生かしたシックでありながらレトロチックで温もりを感じる造り。
キャパは、カウンター席、テーブル席、半個室で30席程でしょうか?
a0122931_1244484.jpg

半個室の席に通されました。
取り敢えず、グラスシャンパーニュをオーダーすると、何とマグナムボトルが登場。
これには、お店の気合が伝わりテンションがあがります。
銘柄は、DIDIER CHOPIN BRUT。
シャンパーニュでは比較的新しい家族経営の造り手ながら、手頃で高品質なシャンパーニュを世に送り出している事で、高い評価を得ている生産者らしいです。
ピノ・ノワール(60%)&ピノ・ムニエ(40%)で、シャルドネが入っていないので繊細さや華やかさ、シャープさに欠けるのではないかと思いながら戴きましたが、なんのなんの、きりっとシャープ且つボディーもしっかり力強くフルーティーさも備えた美味しいシャンパーニュでした。
a0122931_1245124.jpg

シャンパーニュの次は、グラスの白をお願いしました。
グラスワインの選択肢は白・赤共に3種類(800~1000円位)で、そのシステムは非常に分かりやすくて親切。
ボトルをテーブルに並べてくれ、各々のボトルの首には、産地、セパージュ、重さ軽さのチャート、香りや味わいの特徴についてのコメント、価格等が記載されたタグがぶら下げられており、各々のワインの特徴が誰にでも容易にイメージ出来るシステムになっています。
a0122931_1245399.jpg

この日は、ロワール、ラングドック、ワシントン州の3種が用意されていました。
1本目のロワールはグロ・ブランと言うマイナー品種100%のワインで、酸味が特徴のガブガブ飲めるタイプ(800円)。
2本目のラングドックはシャルドネ85%&モーザック15%で飲みやすいがしっかりしたボディーもあるタイプ(1000円)。
3本目はスノークォルミー・ヴィンヤーズと言うワイナリーが造るゲバルツトラミネール100%の甘口ワイン(1000円)。
と言う補足説明を戴き、2本目のラングドックのワイン、Limoux Peyre Jac Chateau Antugnac 2014をお願いしました。
a0122931_12485110.jpg

料理に関しては、「2人でしたら、取敢えず前菜2皿、メイン2皿ぐらいをオーダーして、まだ行けそうだったら追加するのが良いと思います。」
と言うアドバイスを戴き、MENUに目を通しますが、前菜も肉も魅力的なMENUが多数あり、各々2皿に絞るのに苦労しました。
すると、「ザ・ミートルズ」と言う洒落っ気たっぷりのネーミングのMENUに目が留まります。
これは、和牛の部位4種類を少量ずつ盛り合わせた少人数向けのMENU。
事前予約が必要を言う注意書きが書かれていましたが、特別に対応して戴けるとの事でラッキーでした。
てな訳で、取敢えずこちらの3皿をオーダー。
ブラータチーズと色色トマト(1600円)

ブッラータに色とりどりのフルーツトマトを添え、オリーブオイルを掛けただけのシンプルな一皿。
カプレーゼの変化球バージョンとも言えなくないMENUなので、それ程カプレーゼ好きでもない自分にはどうかな?とも思いましたが、これが見事に嵌ってしまいました。
ブッラータとオリーブオイルのみで戴いても美味しいですし、トマトも色によって味が違うので、異なるトマトとブッラータの組み合わせで色々な味の変化も楽しめました。
勿論、シャンパーニュとの相性もばっちり。
a0122931_12455025.jpg

北海道産白いんげん豆とカラスミ(1100円)

これは白いんげん豆好きの相方のオーダー。
缶詰の白いんげん豆とヲイラ自家製のカラスミを使って家でも作っているMENUなので、わざわざ外で食べなくても・・・、とも思いましたが黙認。
まあ、自分も好きですし、きりっと冷えたシャンパーニュや白ワインに合うんですよね。
a0122931_12455822.jpg

ザ・ミートルズ(和牛4種)(6500円)

肉ビストロとも言えるコチラですから、当然、肉MENUの種類は豊富で、MENUを見ていると、あれも食べたい、これも食べたい!と目移りし、絞り込むのに相当悩まされます。
a0122931_1246850.jpg

それでも、好きな部位を選ぶだけなら、まだ少しは絞りやすいのでしょうが、部位毎に変化を付けているソースとの相性にまた興味がそそられてしまい、更に絞込みが難しくなってしまいます。
a0122931_12493614.jpg

そんな中で、目に留まった「ザ・ミートルズ」なる少人数で来店したお客向けに用意された和牛4種盛りのMENUは非常に有難い存在でした。
a0122931_18161935.jpg

内容は、日によって異なるようですが、この日は、黒毛和牛ハツ(燻製醤油と刻み山葵のソース)、A5黒毛和牛イチボ(タプナードソース)、厚切り和牛黒タン(アンチョビとケイパーのバターソース)、黒毛和牛カイノミ(タスマニア産粒マスタード)の4種。
a0122931_12492057.jpg

どんなに上質な肉でも、そのポテンシャルをどれだけ引き出せるかは焼き手のスキル次第と言う事を最近やっと実感出来るようになった自分ですが、この日戴いた部位はどれも、肉質の良さ、素材の持つ旨み、遠火の火入れの妙、余韻全てが素晴らしいと感じました。
お店一押しのカイノミも素晴らしかったですが、黒タンがそれ以上に美味しく感じました。
a0122931_12494731.jpg

黒毛和牛のボロネーゼ(1800円)

既に、お腹は良い感じになっていましたが、あとは食い意地の問題で、肉自慢のコチラが提供する「ボロネーゼ」を試してみたくなり、追加でオーダー。
大きめにカットし、コロコロした食感を残した頬肉のボロネーゼで、太目の麺とソースの絡みもばっちり。
肉ビストロらしく、食べ応えのあるガッツリ系のボロネーゼでした。
a0122931_12463674.jpg


お肉が運ばれたところで、赤に移ります。
赤はボトルで戴くことに・・・。
大して分かっている訳ではないのですが、ボトルワインのラインナップや値付けは非常に魅力的に映りました。
高価なグラン・ヴァンをこれみよがしに並べ立てているような在りがちな下品さはなく、手に届く価格帯でお値打ちのワインを紹介し、喜んで貰いたいと言う気持ちが伝わって来ます。
そうした中に、メオ・カミュゼやドミニク・ローランと言ったビッグネームのワインを相当頑張った価格で差し込んでいるところに、この店のワインに対する愛情と気合が感じられました。
a0122931_12505246.jpg

モレ・サン・ドニ・モン・リュイザンやシャンボール・ミュジニー・レ・シャルム等がお値打ち価格でリストに乗っているのを見ると、思わず、「飲みたい!」と思ってしまうのですが、ここは我慢。
何故なら、ヲイラの場合、値の張る高級ワインは特別な日に家で飲み、外飲みの場合はソムリエ等お店のプロにお手頃でCPの良いお勧めの銘柄を教えて戴き、それを飲むと言うスタイルを基本としているからです。
この方が、保存方法の問題等による多少のクオリティの差はあるかも知れませんが、もともと高価なワインを更に2倍、3倍の価格で戴く不経済性も避けられますし、何より、自分の手の出せる価格帯で自分の知らない素敵なワインに巡り合える出逢いが楽しいですから。
a0122931_12465851.jpg

そして、この日、相方の「味わいはしっかりしているけれど、タンニンが強過ぎず、フルーティーさの感じられるワインを・・」
と言う希望を酌んで推奨戴いたのが、ラングドックの自然派ワイン。
Chateau de Gaile(シャトー・ド・ゴール)と言う生産者が作るPour Mon Pere(プール モン ペール)と言うキュベの2015年のワイン(6000円)です。
セパージュ(カリニャン40%、グルナッシュ20%、シラー20%、ムーンヴェードル20%)はこれぞ南仏!と言った感じで、色も濃く、味わいも濃密で、熟した果実のニュアンスながら、エレガントさもあり、濃厚だけどジューシーで飲み疲れしない美味しいワインでした。
相方も、香り、味わい共にイメージ通りだったようで、とても気に入ったようでした。
a0122931_12464512.jpg

コチラ、初訪ですが、クォリティーの高い料理、心意気を感じるワインのラインナップと価格、程よい距離感のサービス等々、本格派でありながら肩肘張らない雰囲気がとても心地よく、一発でお気に入りのお店になってしまいました。
1つだけ、ちょっと拍子抜けしたのが、グラスワインで、選択肢も3種類と少なく、白のみの体験でしたが、ラインナップ的にも面白みに掛けていました。
しかし、その分、ボトルのラインナップやCPが素晴らしいので、コチラではボトルを選択するのが断然お勧めです。
a0122931_12445746.jpg

それと、あとで知りましたが、コチラ、「それがし」の系列店なんですね。
そう言えば、ジャンルは違えど、居心地の良い雰囲気造りや、料理/アルコールのクオリティと価格のゾーニング等に共通点が感じられ、お客の心の掴み方の上手さに、「なるほどねぇ!」と妙に納得してしまいました。
a0122931_1248156.jpg

LOVAT (ロバット)
渋谷区東3-16-6 1F
03-6427-9490
[月~金]18:00~26:00
[土]17:00~25:00
[日.祝]16:00~24:00
[PR]
by kansukenator1 | 2017-04-13 12:07 | イタリアン | Comments(0)

お花見2017@新宿御苑

今日の雨で、桜も散ってしまい、今年の花見も終わりですかね?
今年の東京の桜の開花宣言は3月21日でした。
平年より5日早く、沖縄を除いて都心では2008年以来、9年ぶりに全国で最も早い開花宣言だったのだとか。
a0122931_12374170.jpg

そして、4月2日(日)に満開の発表が出ました。
ただ、その後は気温がぐーんと上がり、あっと言う間にピークを向かえると言う予報でした。
a0122931_12242217.jpg

なので、後で悔やむ事がないようにと、満開宣言から間髪おかず、新宿伊勢丹で開催中だったパン祭り「ISEPAN」に出掛けがてら、新宿御苑で花見をして来ました。
そして、結果として、これが正解だったようです。
a0122931_12243633.jpg

「ISEPAN」は予想していたとは言え、人気店はどこも想像を超える混雑ぶりで、お目当ての「ブーランジュリーパリゴ」に至っては1時間以上待っても順番が回って来そうもない程の列。
諦めて、それでも30分ほど並び、「ブレッドプラントオズ」でバゲット、クロワッサン等数種類購入し、新宿御苑に向かいました。
途中、コンビニでノンアルコールビールを買う事も忘れずにね。
a0122931_12251956.jpg

新宿御苑に入るのは本当に久しぶり。
数年前、入場料をきちって門の外からチラ見した事はありますが・・・。
a0122931_12235954.jpg

ここで花見をするのも、たぶん初めてです。
驚いたのは新宿御苑はアルコールの持込みが禁止で、入門前に手荷物検査があったりと上野公園なんかと比べると規制が厳しい事。
夜にまた飲む事を考え、ノンアルコールビールにしておいて正解でした。
a0122931_123813100.jpg

若い頃は花見なんか興味がなかったですが、歳をとるにつれ足を運ぶようになりましたね。
家族が、仲間同士が、カップルが、思い思いに桜を楽しんでいます。
a0122931_12272265.jpg

みんな、とても楽しそう。
a0122931_12273175.jpg

喉かな時間が流れて行きます。
a0122931_12274459.jpg

花見の何が良いかって、大袈裟に言えば、花見をしていると平和の尊さと言うか、普通に平和に生きていられる事の有難さや幸せを実感出来るところ。
a0122931_1228344.jpg

世界のあちこちで紛争やらテロやらが起きていている中で、我々日本人は本当に幸せだと思いますね。
そうした世の中が長くは続かないような潮目の変化を感じる今日この頃ではありますが・・・。
a0122931_12281628.jpg

お寺など古い建物と桜のコントラストも好きですが、都心の高層ビルと桜のコントラストも良いですね。
a0122931_12245426.jpg

それと、花見と言えば日本特有の慣習かも知れませんが、最近は外国人の花見客も多いですね。
国内で生活している外国人だけでなく、わざわざ花見を目的に日本を訪れる海外からの旅行客も増えているそうです。
現に、この日も外国人の姿が多く、桜の前で自撮り棒で記念撮影したり、騒いだり、日本人よりもはしゃいでいる姿が目立ちました。
a0122931_12372697.jpg

新宿御苑って、こんなに広かったでしたっけ?
a0122931_12293596.jpg

a0122931_12294596.jpg

a0122931_1230031.jpg

こんな奥まで歩いたのは初めてだと思います。
池と桜、合いますね。
a0122931_12303439.jpg
a0122931_12302787.jpg

a0122931_12301550.jpg

立派な枝垂れ桜。
a0122931_1235678.jpg
a0122931_12351954.jpg

あと1回くらい、どこかに花見に行きたいけど、もう無理だろうなあ・・・。
a0122931_12371675.jpg

a0122931_12382735.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2017-04-11 23:45 | 散歩/旅行 | Comments(0)