<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Bob James LIVE@ブルーノート東京

某大手IT企業が毎年ブルーノート東京で主催しているLIVEにご招待戴き、行って参りました。
今年は、ジャズ・フージョン界の大御所 Bob Jamesと言う事で、とても楽しみにしていました。
自分にとって、Bob James と言うと、昔は、割とよく聴いていたアーティストで、彼のソロアルバムやフォープレイのDVDも何枚か持っています。
最近は全く聴く機会がなくなりましたけど・・・。
a0122931_1956381.jpg

今回は、ウッドベース、ドラムス、ギターを従えた、その名も「ボブ・ジェームス・カルテット」としての来日です。
ボブ・ジェームスと言うと、フェンダー・ローズと言うイメージが強いですが、このカルテットでは、殆どアコースティックピアノを弾いていました。

それもあってか、編成は、フォープレイと同じでありながら、サウンドは随分異なったものでした。
フォープレイでの隅々まで計算し尽くされたスタイリッシュな音作りとは違い、カルテットでは、リラックスした雰囲気で、ブルースフィーリング溢れるファンキーな演奏を繰り広げていました。
腕利きの若手ミュージシャン達との息もぴったりで、ボブも楽しそうに演奏していました。
やはり、こう言う小さなライブハウスでは、こう言ったスタイルの演奏が合いますね。
a0122931_19564838.jpg

そんな具合で、演奏はとても素晴らしかったのですが、こうしたビジネスのツールとして扱われるライブの限界も感じられました。
演奏を聴かずに、お喋りに興じる客!
拍手すべきところで、拍手をしない!
ボブに限らず、ミュージシャン達は、観客の為に、最高の演奏を捧げようと努めているのに・・・、
その辺が、少し、残念でした。
a0122931_19573295.jpg

とは言え、このイベント、夕方に会場入りし、ビール、ワイン、カクテル等をぐびぐび戴きながら、フレンチのフルコースを食し・・・。
食事を終えると、ウィスキーグラス片手にライブを楽しみ、お土産を戴いて帰宅!と言うもの。
これが仕事なんですから、役得としか言えませんよねぇ。
世間には、こう言う「お仕事」がしょっちゅう!と言う羨ましい人達もたくさん居られると思いましが、ヲイラの場合は、本当に、たま~に!です。
だから、許してちょーだい!と言う感じです。

9月には、パット・メセニーのライブを観に、再び、コチラへ伺う事になっています。
今度は、プライベート(自腹)です。笑
あ~、パット・メセニーも楽しみ!
a0122931_2014463.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2016-07-20 23:29 | MUSIC/アート | Comments(0)

それぞれの寺院とそれぞれの紫陽花@オヤジ達の鎌倉散策

■円覚寺
a0122931_18474715.jpg

a0122931_8214976.jpg

a0122931_18475651.jpg

a0122931_18504266.jpg

明月院
a0122931_18481710.jpg
a0122931_18483639.jpg

a0122931_1851786.jpg

a0122931_18484935.jpg
a0122931_18485813.jpg

a0122931_18524250.jpg

a0122931_8211140.jpg

a0122931_18534773.jpg

a0122931_18525435.jpg

建長寺
a0122931_1854638.jpg
a0122931_18541454.jpg

a0122931_1854275.jpg

a0122931_18542055.jpg

杉本寺
a0122931_18552841.jpg

a0122931_18553660.jpg

報国寺
a0122931_1855696.jpg
a0122931_18551325.jpg

a0122931_18552081.jpg

銭洗弁天
a0122931_18554255.jpg
a0122931_18555032.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2016-07-16 12:50 | 散歩/旅行 | Comments(0)

美し過ぎます!報国寺@オヤジ達の鎌倉散策

報国寺は、鎌倉市浄明寺の住宅街に佇む臨済宗建長寺派の寺院。
境内に美しい竹の庭がある事で、「竹の寺」と呼ばれ、親しまれている人気のお寺ですね。
北鎌倉で待ち合わせし、円覚寺、明月院、建長寺と回り、段葛沿いのピッツェリア「DaDa」でランチ休憩した後、歩いてやって来ました。
a0122931_17574615.jpg

八幡宮から報国寺までは、徒歩20分くらいでしょうか。
バスも出ていますが、散歩が目的なので、いつも、バスは使わず、歩いて訪れます。
報国寺入口の標識が見えたら、右に折れて少し歩くと山門が見えて来ます。
いつ来ても、この凛として、洗練された山門の美しい佇まいには、感動を覚えます。
a0122931_17575431.jpg

山門を潜ると、これまた、苔に覆われた美しい庭が広がり・・・。
歳をとると、こう言うのに痺れるんですよ。
a0122931_17581911.jpg

竹林が有名な報国寺ですが、境内はどこも手入れが行き届いており、美しい緑や花々に包まれ、竹林以外でも十分心洗われる癒しの空間を味わう事が出来ます。
a0122931_17582739.jpg

鐘楼の茅葺屋根と、ツツジのコントラスト。
a0122931_17584013.jpg

入場料無料のエリアだけでも、結構楽しめます。
それでは、友人達に体験して欲しい竹の庭に入るとしましょう。
本殿の左手にある受付で竹の庭の拝観券(200円)と抹茶券(500円)を購入し、中に足を進めます。
a0122931_17584812.jpg

密度の濃い竹林を歩きます。
a0122931_17595547.jpg

幻想的で静寂な空間。
風に揺れる竹の葉の音や鳥のさえずりが聞こえます。
a0122931_1802923.jpg

竹だけではなく、苔も美しい!
a0122931_17593136.jpg

マイナスイオンを体一杯に浴びて、超気持ち良い~!
a0122931_17594030.jpg

緑の中に突如として現れる洞穴は、足利一族の墓。
a0122931_17591276.jpg

報国寺本来の静けさを楽しむ為には、本当は、人が少ない平日の午前中に訪れるのがベストです。
この日は、午後の早めの時間帯に訪れましたが、幸い、それ程の人出ではなかったので、ラッキーでした。
それ程、広くないお寺なので、観光客が大挙して訪れる場面に鉢合わせにでもなったら、静寂な雰囲気も何も、あったものではないですからね・・・。
a0122931_17592093.jpg

そして、竹の庭の一番奥には、「休耕庵」と言う茶席があります。
最後は、ここで、お抹茶を戴きながら、竹林鑑賞と致しましょうか。
a0122931_1804461.jpg

鎌倉彫のお盆に載せて運ばれる抹茶と小さなお菓子。
a0122931_1805251.jpg
a0122931_181376.jpg

ここで、もう暫く、ぼーっとして居たいところでしたが、オヤジ達は次の目的地を目指し、ここを後にします。
いやー、報国寺はいつ来ても、本当に癒されますね。
a0122931_1811141.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2016-07-15 23:56 | 散歩/旅行 | Comments(0)

押し寿司も美味しいですが、やっぱ穴子丼だね!左可井@鎌倉

鎌倉市浄明寺の住宅地に佇む穴子丼が人気のお店、「左可井」。 と言うより、自分の住んでいる家の一部を改装して営業しているお店と言うのが正しいと思います。
a0122931_1836944.jpg

初めて伺ったのは、5年前、報国寺を参拝した日のランチで伺いました。
今回は、2年ぶり、3回目の訪問です。
a0122931_18355865.jpg

こちら、ふわふわの穴子が名物のお店ですが、MENUには押し寿司なんかもあって、以前から、ちょっと気になっていました。
ただ。過去2回共、売り切れと言う事で、未だ、未体験。
3度目の正直で、今回、初めて、口にする事が出来ました。

連れは、全く、迷う事なく、「穴子丼セット(1550)」をオーダー。
a0122931_18343713.jpg

a0122931_18344580.jpg

そして、これが、ヲイラが注文した「押し寿司セット」
押し寿司は、[穴子の押し寿司」と、「季節の魚限定の押し寿司」の2種類あり、ヲイラが選んだのは、「季節の魚限定の押し寿司セット(1500)」と言うもの。
a0122931_18345381.jpg

「季節の魚限定の押し寿司」は、魚の押し寿司が3種と、何故か、野菜の押し寿司が2種。
魚限定!と謳っていながら、何故、野菜が含まれているのかが、謎です、笑
でも、自分的には、この野菜の押し寿司がツボでした。
a0122931_1835169.jpg

<魚の押し寿司>3種×2

こはだ
ひらめ

<野菜の押し寿司>2種×1
水なす
  ・・・シャリとネタの間にオクラが挟まれていました。
万願寺唐辛子
  ・・・シャリとネタの間に甘く味付けした鰹節が挟まれていました。
a0122931_18351854.jpg

セットなので、これに、こんなものが付いてきます。
セットの内容は、穴子丼セットと同一です。
おから
おたふく豆
きゅうりとシラスの酢の物
卵焼き
味噌汁
a0122931_18352838.jpg

押し寿司は、金沢?富山?の笹寿司のように、これでもかっ!ってくらいの圧力で押したタイプではなく、押し具合は軽めで、ふわっと空気を含んでいるくらいの感じで、上品な味わいで、美味しかったです。
でも、こちらに来たら、やっぱ、穴子丼ですかね!

P.S. 前記事の友人との鎌倉散策のランチで、こちらに連れて来たかったのですが、夜も和食の予定だったので、こちらではなく、八幡宮近くのピッツェリアDaDAに行きました。
a0122931_1835378.jpg

左可井 (さかい)
鎌倉市浄明寺2-1-31
0467-24-7759
11:30~15:00 
17:30~20:00(夜は予約営業のみ)
定休日 火曜日、第1,3水曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2016-07-05 23:35 | 和食 | Comments(0)

「苔むした階段」以外にも色々と見所があります!鎌倉最古のお寺!杉本寺@鎌倉

杉本寺(すぎもとでら)は十一面観音を祀る鎌倉市二階堂にある、行基が創建した天台宗の寺院。
坂東三十三箇所・鎌倉三十三箇所の第一番札所で、奈良時代より続く鎌倉最古のお寺として有名です。
「苔むした階段」を目当てに訪れる人が多いかと思いますが、茅葺屋根の山門や本堂など、他にも、色々と見所がある魅力的なお寺です。
ちなみに、鎌倉で杉本寺に次いで古い寺院は、長谷寺。
鎌倉で、天台宗のお寺は、杉本寺と宝戒寺の2つのみだそうです。
a0122931_1201518.jpg

この日は、都内から鎌倉散策に訪れた友人に誘われて寺院巡り。
円覚寺、明月院、建長寺と超定番のお寺を巡った後、昼食を挟み、報国寺を参拝し、その帰りの道すがら、是非、紹介したくて訪れたのが、こちらの杉本寺でした。
円覚寺や建長寺のような荘厳さや雄大さはありませんが、独特の趣と存在感)感じさせる古刹です。
a0122931_1202647.jpg

場所は、鶴岡八幡宮から、金沢街道を金沢八景方面に1キロほど歩いた街道沿いにあります。
歩くのが嫌な方は、鎌倉駅からバスが出ているので、それに乗り、「杉本寺バス停」で降りれば、目の前が杉本寺です、所要時間15分ほど。
お寺自体も、入口も小さく目立たないので、歩いて訪れる場合は、注意していないと、うっかり通り過ぎてしまう事がありますので、ご注意を・・・。
街道を歩き、左手に風に靡く「十一面杉本観音」と書かれた幟が見えたら、そこが杉本寺です。
a0122931_1203531.jpg

急勾配の石段を昇ると、料金所(拝観料200円)があり、更に昇ると長い年月の流れを感じさせる山門(仁王門)があります。
この石段が、急勾配の上、長い歴史の中で、結構すり減っていたり、角が欠けていたりするので、ぼけっと歩いていると、足を滑べらせて、階段を踏み外しそうになるので、雨の日などは注意が必要です。
a0122931_120468.jpg

山門は、茅葺屋根で、左右には、凛々しい姿の金剛力士像が安置されています。 
作者は、鎌倉時代の仏師、かの運慶だとか・・・。
a0122931_1211542.jpg

江戸時代、18世紀半ば頃の建立と言う事ですが、山門、仁王像共に、長い歳月を経て来た歴史の重みから来るオーラが漂います。
a0122931_1212781.jpg

仁王門を抜けると、本堂に続く、有名な「苔むした石段」が現れます。
すり減った石段が歩行に危険だからなのか、保全の為なのか分かりませんが、現在は通行禁止となっており、本堂へは、左脇の別の石段を昇って向かいます。
苔の優しい緑が何とも美しく、心が洗われます。
これを目当てに、ここを訪れる人が多いのも頷けます。
a0122931_1213885.jpg

「苔むした石段」の脇の石段を昇ると、緑の木々に囲まれた本堂が現れます。
大きくはありませんが、茅葺屋根の趣のある本堂で、延宝6年(1678年)の建立だそうです。
a0122931_1223274.jpg

また、珍しいと思うのですが、こちらのお寺は、本堂に自由に上がる事が出来ます。
靴を脱いで、本堂内に入ると、薄明かりと静寂な雰囲気の中、観音像、毘沙門天、菩薩像が安置されており、その奥には、本尊として3体の十一面観音像の姿を見る事が出来ます。
この十一面観世音菩薩は源頼朝が寄進したのだとか・・・。
a0122931_1223939.jpg

天皇陛下や、美智子様がこちらを参拝された時の写真も見る事が出来ます。
この空間に身を置いていると、数100年前にタイムスリップしたような、神聖で厳かな気持ちになります。
a0122931_817159.jpg

ところで、仁王門や本堂の茅葺屋根に使われている茅葺ですが、昔は20年くらいはもったそうですが、近年は温暖化などの影響で、10年もつかもたないかに寿命が短くなっているのだそうで、維持費が大変なんだそうです。
a0122931_1224919.jpg

これは、本堂の近くにある、五輪塔。
a0122931_123928.jpg

そして、地蔵尊。
a0122931_1231856.jpg

鐘楼堂と梵鐘。
a0122931_1232811.jpg

これも、風格があります。
a0122931_1233491.jpg

これは、本堂から更に少し石段を上ったところから見下ろす町の様子。
a0122931_1234518.jpg

今回、浄明寺はパスしましたが、杉本寺、報国寺、浄明寺は距離的にとても近いので、セットで散策するのも良いかもです。
a0122931_1235332.jpg

その時のランチは 左可井がお勧めです。
ふわふわの絶品あなご定食が戴けますよ。
a0122931_12410100.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2016-07-02 12:56 | 散歩/旅行 | Comments(0)