「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ジャズ de 盆踊り 2015@野毛

9月12日&13日の2日間、昨年に続き、今年も、野毛でジャズのお祭り、「ジャズ de 盆踊り in 野毛 2015」、通称「ジャズ盆」が開催されました。
a0122931_13245165.jpg

「ジャズ盆」とは、読んで字のごとく、スタンダードジャズの演奏に合わせて皆で盆踊りを踊りましょう!と言うムチャな企画ながら、これが結構評判が良くて、昨年は、10,000人以上の人が集まったらしいです。
a0122931_15342299.jpg
さすがは、日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」が」を擁するジャズの聖地野毛だけの事はあります。
a0122931_1311798.jpg

a0122931_13113332.jpg

会場は、野毛本通りを中心に、野毛地区全体。
メイン会場の野毛本通りは、約200メートルを歩行者天国にして、そこに特設ステージを設置。
通りに350席ものテーブルを並べ、野毛商店街の飲食店が出す屋台で売られるアルコールや料理を戴きながらジャズを楽しむ事が出来るようになっています。
a0122931_1312916.jpg

a0122931_13124370.jpg

ライブは、野毛本通りの特設ステージだけではなく、「ジャズ喫茶ちぐさ」、「Le Temps Perdu」、「野毛JUNK」、「Artistes yokohama」、「Jazz Spot DOLPHY」と言ったジャズスポットでも、横浜を中心に活躍するプロのジャズミュージシャンによるライブが繰り広げられています。
また、「Jazz Spot DOLPHY」では、野毛発のジャズ専門レーベル「CHIGUSA Records」による、優れた新人を発掘し表彰する「ちぐさ賞」の選考ライブも行われます。
a0122931_13152937.jpg

和菓子屋「もみじ」の向かいの建屋の屋上では、年配のアマチュアバンドが、緩い雰囲気で、しぶい演奏を繰り広げており、暫し、見学。
a0122931_1315870.jpg

プログラムは、ジャズだけではなく、サンバもあります。
a0122931_13133264.jpg

野毛出身のサンバ愛好者団体「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」。
a0122931_13135215.jpg

ど派手な衣装を身にまとったダンサーが楽団の叩き出す激しいリズムに合わせ、踊りながら、商店街を練り歩くパフォーマンスは迫力満点。
a0122931_13141245.jpg

a0122931_131432100.jpg

a0122931_13144493.jpg

17:00になると、「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」は、野毛本通りの特設ステージに移動。
a0122931_13155934.jpg

19:00からのライブに出演予定の梅津和時が飛び入り出演!
a0122931_13162114.jpg

ここでも、ど派手なパフォーマンを繰り広げ、観客は大盛り上がり!
a0122931_13163968.jpg

18:00になり、日も暮れ始めると、若手のジャズトリオ「遠藤定トリオ」が登場。
a0122931_13172388.jpg

2曲ほど、ジャズナンバーを演奏。
a0122931_1318515.jpg

ベースの遠藤定氏は、昨年のちぐさ賞を獲得した人物らしいです。
a0122931_13181941.jpg

そして、「ジャズ盆」が始まります。
a0122931_150138.jpg

1曲目は、横浜市歌を盆踊りにした「よこはまアラメヤ音頭」、2曲目は、「花笠音頭」と、盆踊りナンバーをジャズ風にアレンジした演奏を披露。
これに合わせて、観客が踊ります。
a0122931_1502820.jpg

a0122931_1505689.jpg

続いては、昨年のテーマ曲「Take the "A" Train(A列車で行こう)」と、今年のテーマ曲「In The Mood」。
こちらは、逆に、スタンダードジャズの名曲を盆踊り用にアレンジした演奏です。
a0122931_151138.jpg

19:00になると、「梅津和時カルテット」がステージに・・・。
a0122931_1563234.jpg

a0122931_1565162.jpg

こちらは、上品で優等生的な「遠藤定トリオ」の演奏とはうって変わり、グルーブ間溢れるファンキーな演奏で、観客を盛り上げます。
a0122931_1574537.jpg

a0122931_1583022.jpg

a0122931_1585410.jpg

演奏曲は、「遠藤定トリオ」と同様、「Take the "A" Train(A列車で行こう)」と「In The Mood」。
a0122931_159892.jpg

同じ曲でも、演奏するアーティストが変わると、全く別の曲になり楽しいです。
a0122931_1593591.jpg

a0122931_151166.jpg

文字通り、老若男女入り混じっての大盛り上がり状態。
ステージを囲んで、踊りまくります。
a0122931_1514032.jpg

天気予報では、「午後から雨、一時的に激しい雷雨も・・・」と言われており、午前中も空は暗く、今にも雨が降ってきそうな空模様でしたが、奇跡的にイベント終了時間の21:00まで持ちこたえてくれました。
a0122931_15113151.jpg

今年も大盛況のもとで幕が閉じられました。
関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。
a0122931_1515458.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2015-09-20 16:13 | フェスタ/イベント | Comments(0)

北陸新幹線に対する意外な評価にちょっとビックリ! だけど納得!

今年3月、北陸新幹線が金沢まで延伸開業してから、9月14日で半年が経ちました。
この間、新幹線を利用して金沢を訪れた乗客数は、前年の在来線特急を利用した乗客数の約3倍に達した一方、羽田⇔小松、羽田⇔富山の航空便の乗客数は3~4割減っているのだそうです。
a0122931_18105731.jpg

と、まあ、ここまでは誰もがある程度、想定していた範囲内だと思いますが、興味深いのは、北陸新幹線利用客(東京⇔金沢)に対するアンケート結果。
どのようなアンケートかと言いますと、「あなたは、東京⇔金沢で、再び、北陸新幹線を利用しますか?」と言う問いです。
結果は、「再び、北陸新幹線を利用したいが、僅か15%しか居らず、残りの85%は、「飛行機を利用する」と答えたそうです。
a0122931_18104528.jpg

北陸新幹線に駄目ダシした理由は、以下の通りです。

1)乗っている時間が長い。 
 ①かがやき(東京⇔金沢が2時間半)の運行が、ビジネス利用客に絞っているのか、早朝と夕方に集中し、間の時間帯は殆ど走っていない。
 ②はくたか(東京⇔金沢が3時間)は、殆ど各駅停車状態で、疲れる。

2)ネット環境が悪い。 
 ①トンネル比率が44%で、携帯が繋がらない。 
 ②Wi-Fi 環境がなく、ネットが使えない為、ビジネスマンにとって、仕事に支障をきたす。
a0122931_18121168.jpg

「再び、北陸新幹線を利用したいと答えた人が、僅か15%」と言うアンケート結果には、正直、非常にビックリしましたが、その理由を聞くと、全く、同感!で、100%納得です。
私も、この間、東京⇔金沢を2往復しましたが、長野⇔金沢は、殆どトンネルで、ネットが繋がらない事を差し引いても、非常にストレスを感じました。
a0122931_18142238.jpg

さて、JRさんは、このアンケート結果に対して、今後、どう対応して行くのか?
そして、北陸新幹線と飛行機の戦いの行方は、今後、どうなるのでしょうかね?
a0122931_18103777.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2015-09-16 23:06 | その他 | Comments(0)

刺身だけで腹一杯になったの、初めてです!とっくりや@金沢

3ヶ月ぶりの金沢。
前回、2軒目の店を探して、ふらふらしている時に、たまたま足を踏み入れ、すっかり気に入ってしまった「木倉町」の飲食街。
その時、2軒目に入ったのが、「ゲデレー木倉町」と言うベルギービールとワインの店。
料理も美味しそうなので、この日は、一軒目から伺おうと思って、17時頃、予約の電話を入れたところ、19時オープンとの事。
仕方なく、「ゲデレー」のオープン時間迄の繋ぎで伺ったのが、此方、「とっくりや」と言う居酒屋さん。
前回、予約で満席!と断られた店です。
今回は、大雨と言う事もあってか、6時から2時間限定と言う条件で、滑り込む事が出来ました。
a0122931_1750456.jpg

場所は、金沢駅東口から徒歩10分程のところ。
外観は、どこにでもありそうな普通の居酒屋。
a0122931_17503391.jpg

店内は、8席程のカウンター席と、4人掛けのテーブル席が2つと言う小じんまりした造りで、昭和初期?大正?をイメージした調度品が並べられ、レトロ感を漂わす演出が施されていました。
ご主人は強面で、一見怖い感じですが、お客に対する対応は非常に丁寧です。
a0122931_17504138.jpg

MENUはグランドMENUの他に、本日のお薦めが黒板に記載されていました。
金沢の居酒屋と言う事で、当然、魚貝がメインですが、ステーキやカツと言った肉系のMENUもあるようです。
その時、ふと気付いたのが、料理もアルコールも価格の記載が一切ないと言う事。汗
a0122931_17505156.jpg

ちょっと、びびりながらも、1時間で切り上げるつもりだったので、ビールと、「ばい貝煮」と「刺身盛合わせ」だけをオーダー。
a0122931_1751319.jpg

お通し(まぐろ山掛け)

ばい貝煮

小鉢の中に、大きなサイズのばい貝が、ごろごろ。
貝の食感良し、味付け良しで、美味しい1品でした。
a0122931_17513198.jpg

刺身盛合わせ

此方の看板MENUと言うだけあり、凄い迫力の刺身盛り!
10種類は優に超えているであろうと思われる刺身が積み木のように盛られた独特のルックス。
a0122931_17525490.jpg

a0122931_1753265.jpg

ネタは、覚えているだけで、大トロ、中トロ、カジキマグロ、ブリ、ヒラメ、ヒラメエンガワ、甘エビ、赤イカ、水タコ、サザエ、ホタテ、それに鰻蒲焼まで・・・・。
a0122931_17534051.jpg

a0122931_17574922.jpg

ネタの大きさを売りにしている店はよくありますが、そう言う路線で売る事自体、あまりセンスが良いとは思えませんし、大体、そう言う店の刺身って、大味で美味しくない事が多い気がします。
a0122931_17535846.jpg

ただ、此方はそうした店とは全く違い、確かに、どのネタも大ぶりですが、味わいはメチャ繊細だったり、力強かったり、新鮮で、味が濃く、とても美味しい刺身でした。
a0122931_175486.jpg

のどぐろ塩焼き

お目当ての店のオープン時間までの繋ぎで、此方を訪れた我々。
お刺身で軽く飲んで、退席するつもりでした。
しかも、そのお刺身だけで、既に満腹になっていた我々。
なのに、目の前でオーラを放つその魚に視線が釘付けになってしまい、席を立とうとする気配のない我々。
過去、金沢を訪れた際、のどぐろの塩焼きは何度となく戴いていますが、こんなに大きなのどぐろは戴いた事がありません。
そして、思わず、叫んでしまいました。
「大将、のどぐろ塩焼き、お願いしま~す!」
「それと、手取川 山廃純米、2つ」
a0122931_17512098.jpg

この時点で、「ゲデレー木倉町」で食事をしながらゆっくり飲むと言う当初の計画は、脆くも頓挫したのでありました。
そして、そののどぐろですが、最高でした。
身はふっくら、上品な脂が乗り、味わいは繊細、塩打ちも、焼きもばっちり・・・。
これまで戴いた中で、断トツTOPののどぐろでした。
この店、侮れません。
そして、此方の大将、相当の拘りとプライドで、この店やっていると思いました。
a0122931_17514192.jpg

この後、カウンターのお隣で飲まれていたお客さん、鎌倉から来たと言うご夫婦から「わらじカツ」のお裾分けを戴き、パクパク。
このカツも、ジューシーで、さくっと揚がっていて、美味。
魚貝だけでなく、肉系も良しです。
a0122931_1751498.jpg

上記の料理の他に、ビール×2、日本酒×4、を飲んで、13,000円。
知っておいて損のない居酒屋さんだと思います。
ただ、我々が飲んでいる間も、予約の電話が引っ切り無しに掛かっていましたが、全て断られていました。
訪れる際は、早めの予約が必須のようです。
a0122931_17502115.jpg

とっくりや
金沢市本町2丁目3-6
076-221-7822
18:00~不明
定休日日曜
[PR]
by kansukenator1 | 2015-09-13 16:08 | 和食 | Comments(0)

穴場的な良い居酒屋!桜エビのかき揚げが絶品!味どころ 遊@品川

夏休みのとある1日、どこかへ旅行に行く訳でもなく、ダラダラ過ごしている学生時代の仲間達と品川で飲み会。
お店は、仲間の1人がよく使っていて、安くて、旨いと言う「味どころ 遊」と言う居酒屋さん。
場所は品川駅港南口から目と鼻の先にある雑居ビルの3階と言う至極便利な場所にありました。
a0122931_18435443.jpg

しかし、このビル、駅の目の前とは言え、結構古びたビルで、知らなければ、ここに入居している店を訪れる事はないと思います。
しかし、店の佇まいや雰囲気は下町の老舗居酒屋風で、酒飲みの直感で、美味しいものを食べさせてくれそうな匂いを感じました。
料理は、友人のお薦めに従い、色々オーダー。
a0122931_1844402.jpg

どれも美味しかったですが、特に気に入ったのは、「シラスとホウレン草のアンチョビサラダ」、「桜エビのかき揚」、「鶏のたたき」の3品。
「シラスとホウレン草のアンチョビサラダ」
は、食べ易い大きさにカットしたホウレン草の上に、刻んだアンチョビ、その上に釜揚げシラスをトッピングし、粉チーズを塗しただけの超シンプルなサラダながら、これが実に美味しい!
ビールにも、日本酒にも、ワインにも合う事間違いなしで、簡単だし、家でも是非作ってみようと思った1品。
a0122931_18442850.jpg

「桜エビのかき揚げ」は珍しい料理ではありませんが、此方のものは、他店で戴くものとは全然別物でした。
とにかく、エビの味が濃くて、例えが適切ではないかも知れませんが、「坂角総本舗のえびせんべいゆかり」のような味わい。
そして、個人的な事ですが、かき揚げを食べると、必ず胸焼けを起こすので、普段は、進んで食べる事はないのですが、此方のものは全く大丈夫でした。
a0122931_1845392.jpg

そして、「鶏のたたき」
これまた何処の店にもある定番料理ですが、鶏の味わいがピュアである事に加えて、他店より、やや強めに火入れがされており肉の表面の香ばしさが
半端なく、独特の美味しさを生み出していました。
a0122931_18453124.jpg


上記の3品を含めて、この日、戴いたのは、コチラ。
        ↓

シラスとホウレン草の刺身5点盛
桜エビのかき揚
銀だら西京焼
鮎塩焼き
牛タン味噌付け焼き
鶏のたたき
焼きおにぎり&味噌汁
a0122931_18445069.jpg

<アルコール>
生ビール×4
真澄純米(長野)
四万十川(純米)(高知)
極上吉乃川純米(吟醸)(新潟)
酔鯨特別純米(高知)
上撰会津宮泉本醸造(福島)
浦霞本醸造(宮城)
a0122931_18451161.jpg

この日は、刺身に、インドマグロ、金目と言った高級魚を頼んだので、ちょっと高めになりましたが、普通は、散々、飲んで食べても、1人5000円を超える事は先ずないと友人が言っていました。
美味しい料理をリーズナブルに気取らずに戴ける良い居酒屋さんでした。
機会があったら、また訪れたいです。
a0122931_18452247.jpg

P.S. 
此方、ランチもやっていて、しっかりした定食が800円程度で戴けるようで、昼も良さそうです。
a0122931_1845397.jpg

味どころ 遊 (あじどころ ゆう)
港区港南2-2-16 谷田企画ビル 3F
03-3474-7963
[月~金]11:30~14:00、17:00~23:30
[土]17:00~23:30
定休日 日曜・祝日
[PR]
by kansukenator1 | 2015-09-12 18:21 | 和食 | Comments(0)

ユニークな飲食店が平塚に出来ました!代官町フィッシュ ファクトリー@平塚

8月21日、JR平塚駅南口、代官町交差点傍に、面白い飲食店がオープンしました。
店の名前は、「代官町 フィッシュ ファクトリー」。
a0122931_1822821.jpg

経営は、「紅谷町BQバル」や「平塚食堂」等を出店している企業だそうです。
その異彩を放つ店舗外観のデザインは、以前、業務向け精肉鮮魚の卸店だった建物を、「NYにある古い食品工場」風に改装したものだそうです。
a0122931_1841145.jpg

さて、この店のどこがユニークで面白いのかと言うと、それは、1つの店でありながら、幾つもの顔を持った新しいスタイルの店である点です。
店舗の外壁に大きく描かれた、Pizzeria + Delicatessen + Fresh Fish!の文字がそれを表しています。
a0122931_18175141.jpg

1つは、イタリアから取り寄せた本格的な石窯で焼き上げるナポリピッツァや、イタリアンをベースとした地魚料理を提供する「ピッツェリア&バル」の顔
a0122931_1893718.jpg

1つは、店舗のバックヤードに備えられた魚加工場で朝獲れ地魚を使って作られた惣菜類を(ショーケースに並べて)販売する「デリカテッセン」の顔
a0122931_185473.jpg

もう1つは、平塚漁港で水揚げされた鮮魚を販売する「鮮魚の直売店」の顔、等々・・・。
(店舗の外では、地元野菜や果物を販売する「青果の直売コーナー」もありました。)
ちなみに、鮮魚コーナーで販売している魚は、用途に応じた下処理をしてくれるだけでなく、刺身、塩焼き、煮付け等の料理にも応じてくれるそうです。
この日の内容は、かな~り、しょぼかったですが、今後、充実して行くそうです。
a0122931_18101734.jpg

そして、店で提供する料理は、ほぼ全てテイクアウトOK!と言う事なので、ピザやデリ、調理してもらった魚等を買って帰り、家でゆっくり楽しむなんて使い方も出来ますね。
a0122931_1852123.jpg

さらに、営業時間も現在は、ランチ(11:30~)、カフェ(15:00~)、ディナー(17:00~)ですが、秋からはモーニング(8:00~)も始めるとの事ですので、更に、多様な利用が出来るようになりそうです。
a0122931_185337.jpg

伺ったのは、オープン3日目の日曜のランチタイム。
お店のキャパは結構大きく、60席程と聞きましたが、開店と同時に席は全て埋まり、入店出来ない人達が暑い中、外で並んでいました。
また、60席のうち、20数席がテラス席の為、店内は、それ程、広いと言った感じはしませんでした。
そして、テーブル間の距離もかなり狭め。
a0122931_18391820.jpg

ランチタイムのMENUは、こんな感じです。
      ↓
<フード>
コースA(1000円)、コースB(1280円)、コースC(1480円)の3種
内容・・・3コース共、「本日のカルパッチョ」 + 「本日のピッツァ」
価格の違いは、「ピッツァ」の種類によるもの。 「本日のカルパッチョ」は3コース共、同じ。
 ピッツァの選択肢は、各コース毎に、数種類ずつ用意されています。

a0122931_18113365.jpg

<追加のチョイス >
ノンアルコール・ドリンク(150円)・・・コーヒー(アイス/ホット)、コーラ、トマトジュース、グレープフルーツジュース等、選択肢多数
アルコール(250円)・・・グラスビール、グラスワイン(赤/白)から選択
スウィーツ各種(250円)
デリ一皿(280円)・・・選択肢は数種類限定

Cコースを2つオーダー。
ドリンクは、ランチMENUから「ブラッドオレンジ」、通常MENUから「カールスバーグ」をチョイス。
a0122931_18111930.jpg

「本日のカルパッチョ」、この日は「鯵」でした。
結構なボリュームがあり、カリフラワー、トマト、カボチャ、インゲン、マッシュルーム等、野菜のマリネもたっぷり。
添えられた山葵をソースに溶かすと清涼感がアップ。
a0122931_1811163.jpg

「ピッツァ」は、「クワトロ」と「ディアブロ」をチョイス。
粉の香りや、焦げ目の香ばしさがもう少しあるものが好みですが、普通に美味しく戴きました。
a0122931_18115158.jpg

一昔前なら、「メチャ美味しい!」なんて言っていたかも知れませんが、ナポリピッツァを提供する店がこれだけ普及し、全般的にレベルアップしているので、余程でなければ、お客さんを唸らす事は難しい状況になっているのでしょうね。
a0122931_1812087.jpg


******************

本当は、ショーケースからデリ系のアラカルト数品選んで、白ワインぐびぐびやってから、〆にピザ1枚を2人でシェアすると言う流れで行きたかったんです。
a0122931_1851335.jpg

ところが、アルバイト(たぶん)のお姉さんの説明が、ランチタイムは、「本日のカルパッチョ」+ 「本日のピッツァ」のセットMENUしか選択肢がないように聞こえたので、それをオーダーしたんです。
他のお客さんも、皆さん、そのセットをオーダーしていましたしね・・・。
ところが、ランチセットに限らず、何でもオーダー出来たらしいんです。
そんなこんなで、勝手が分からない為に、ピザで腹は苦しくなるわ、他の料理は味わえないわで、店のポテンシャルを十分引き出せずに終ってしまった点がちょっと残念でした。
アラカルトを色々味わってみたいので、オープン時の混乱が収まった頃を見計らって、今度は、夜に伺ってみたいと思います。
a0122931_18102668.jpg

最後に一言。
オープンしたばかりで、色々な面で、オペレーションがスムーズに行かない部分が見受けられましたが、徐々に良くなって行くと思います。
ただ1点、あのテーブルサイズの小ささは何とかならないでしょうかねぇ?
コーヒーショップのテーブルザイズ程しかなく、ピザのお皿を2つ置いたら、他に何も置けず、ピザを食べ終えるまで他の料理をオーダー出来きない状況です。
アルバイトのお姉さんも困って、ピザと入替えに、ナプキンが入れられたケースをテーブルから下げてしまった程です。笑
こんなに小さなテーブルだと、落ち着いて食事する気分も殺がれますしね・・・。
a0122931_1824962.jpg

代官町 フィッシュ ファクトリー
平塚市代官町20-3
0463-86-6700
11:30~22:00
月曜定休、火曜不定休
[PR]
by kansukenator1 | 2015-09-05 18:02 | イタリアン | Comments(0)