「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

良い店でしたが、残念な点も幾つか!創作和食 あおき@馬車道

ランチの評判が良く、以前から、ちょっと気になっていた「あおき」。
産地直送の鮮魚・野菜に拘った創作和食のお店です。
a0122931_18101347.jpg

場所は馬車道駅から2分、関内駅から5分程の相生通り沿いに建つビルの1階。
休日の夕方、開店と同時の5:30に伺いましたが、既に何人かの先客がグラスを傾けていました。
a0122931_18113612.jpg

店内は、入口付近にテーブル席、奥に進むと左手にオープンキッチンのカウンター席が6席、2人掛けのテーブル席が2つと言った縦長のコンパクトな造り。
キャパは20人くらいでしょうか?
a0122931_18103070.jpg

カウンター席からは勿論、奥のテーブル席からも料理に取り組むご主人の姿を見る事が出来ます。
ちなみに、ご主人は若く、とても温和な感じの方です。
内装もシックでお洒落、使われている器類にも拘りが感じられ、大人の雰囲気が漂う素敵なお店です。
a0122931_18104975.jpg

MENUは、単品料理と、3500円、5500円、7500円の3種類のコース。
単品料理は、種類豊富なグランドMENUの他に、”本日のお薦め料理”が黒板にびっしりと書かれていました。
その中には、ご主人が自ら釣って来た魚も・・・。
a0122931_1812694.jpg

アルコール類も、ビール、ワイン、日本酒、焼酎、カクテルと一通り揃えられており、日本酒や焼酎の中には希少な銘柄の名前も・・・。
a0122931_1811598.jpg

この日、戴いたのは、以下の5品。
a0122931_18582477.jpg

お通し

生ビールで喉を潤していると、程なくして、お通しが運ばれました。
お洒落な器に美しく盛り付けられていたのは、上品な出汁が掛けられた焼ナス、中をくり抜いて蒸して?裏漉しし再び戻したプッチーニと言うミニカボチャ、そして、燻製仕立ての鯖の3種。
a0122931_1811281.jpg

3種類共、非常に高いレベルの満足感が得られ、次の料理への期待が膨らみました。
しかし、その後が、ちょっと、”???” と残念に感じる事が続きました。
a0122931_18115794.jpg

刺身盛合わせ2人盛り(2520)

内容は、ヒラメの昆布〆、カツオ、イナダ、ミンク鯨の4種。
1人前1200~1300円と言う価格を考えると、質的にもボリューム的にも、かなり充実した内容です。
ただ、残念だったのは、黒板MENUからチョイスして盛合わせに加えて戴いた「ヒラメの昆布〆」が、”???” だった事。
ヒラメ自体は美味しいのですが、昆布の香りも味わいも殆ど感じられなかったのです。
これが、最初の???でした。
a0122931_18123060.jpg

大海老の天麩羅 海老味噌ソース(1580)

”大海老”と謳われるだけあり、本当に立派な海老が2本盛り付けられたお皿が運ばれました。
衣がカリッとしていて、天麩羅と言うよりフリットに近い食感でしたが、海老自体は甘みもあり、美味しい海老でした。
しかし、残念だったのは、”海老味噌ソース”。
このMENUをオーダーした理由は、海老味噌に惹かれたから・・・。
ところが、期待していた海老味噌のインパクトが弱く、マリナーラソースに近い味わいだったところが残念でした。
a0122931_18123910.jpg

鯛とハマグリのバター醤油蒸し(1420)

立派な鯛の御頭と胴の部分の半身がドーンと盛られた豪快な一皿。
鯛は良かったのですが、残念だったのが”ハマグリ”。
火が入り過ぎてしまって、折角の身が縮んで、カチカチになっており、お箸で実を剥がすのも一苦労でした。
そして、バター。
自分の舌の問題かも知れませんが、味がマーガリンバターのようで、今ひとつでした。
a0122931_18125158.jpg

黒毛和牛のステーキ(2300)

塩とブラックペッパーのみでシンプルに焼き上げ、山葵くらいが添えられた料理を想像して、オーダーしました。
しかし、運ばれた料理は、エノキやシメジ等たっぷりの野菜と共に、バターソースで味付けされたひたひたの甘いソースが掛けられたステーキでした。
これは、これでアリ!の料理だと思いますが、普通のステーキが食べたかったので、ちょっと残念でした。
こう言う料理ならば、MENUの名称を「黒毛和牛とキノコのバターソテー」とかにして貰えると、どんな料理であるかを想像し易かったと思います。
結果的に、”バター醤油味”の料理を2皿被ってオーダーすると言うミスを犯してしまいました。
a0122931_1813017.jpg

梅のお握り(280)
a0122931_18421428.jpg

上記の料理に、生ビール(500)×2、伯楽星(890)×1合、〆張り(980)×1合、ハイボール(680)×1を戴いて、13,500円也。
a0122931_18153473.jpg

P.S
シックで落ち着いた雰囲気なのに肩肘張らない居心地の良さ!
一皿一皿、丁寧に料理に向き合う若きご主人の真摯な姿!
応援したいタイプのお店ですが、ネガティブなコメントばかり記してしまいました。
食の趣向は、人それぞれ全く異なるものと言う事でお許し下さい。
今、気付きましたが、「創作和食」の「創作」の部分が、自分には合わなかったのかも知れません。
好きなタイプのお店ですし、もう一度、伺って、今回と異なるMENUを戴いてみたいと思います。
a0122931_18132097.jpg

創作和食 あおき
浜市中区相生町4-65 高岡ビル 1F
045-228-9011 (お問い合わせ専用番号)
[月~金] 11:30~13:30 、17:30~23:30 
[土] 17:30~23:30
定休日 日曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2015-07-28 23:40 | 和食 | Comments(0)

海が見えるテラス席で美味しいワッフルは如何?カフェギャラリー ジタン@茅ケ崎

7月3日に海開きした茅ケ崎サザンビーチ。
しかし、梅雨の雨や台風の影響で、連日、遊泳禁止で、「海の家」もお気の毒です。
a0122931_1240689.jpg

「カフェギャラリー ジタン」は、そんな茅ケ崎サザンビーチヒルズの1階にあるカフェ。
a0122931_12401615.jpg

お店は、まさに海に向かって建てられているので、Root 134側からは見えません。
サザンビーチヒルズ脇の坂を少し下ってビーチに出ると姿を現すと言う感じです。
a0122931_12352961.jpg

目の前に広がる海。
a0122931_12342835.jpg

a0122931_1235202.jpg

海を臨むテラス席が印象的ですが、その奥には、ビーチサイドにある店には不釣合いな程、シックで落ち着いた雰囲気の室内席があります。
a0122931_12322223.jpg

a0122931_1274924.jpg

この相反する2つの個性を併せ持っているところがコチラの特徴。
テラス席は、ウッドデッキに、白いパラソル、白いテーブル&チェア、そして椰子と言う具合に、べたなくらい海辺のリゾートカフェそのもの。
a0122931_12344516.jpg

a0122931_1235113.jpg

奥の室内スペースは、シックで上品な落ち着いた空間が広がり、カウンター席あり、革張りのソファー席ありと言うスペース。
イメージ的には、夜は奥の室内で、日中はテラス席で、と言う使い方が良い気がしますが、残念ながら、まだ、夜にお邪魔した事はありません。
a0122931_12324766.jpg

a0122931_128248.jpg

大体、昼過ぎに来て、ビール飲んで、ぼけーっとしている事が多いのですが、この日は、ちょっと遅めの朝食を取りに伺いました。
コチラのモーニング、とても、お得なんです。
a0122931_12312577.jpg

ヲイラは、フォカッチャのサンドウィッチセット&ビールを、相方は、ワッフルのセットをオーダー。
どちらも、サラダ、ドリンクが付いて、650円。
a0122931_12313510.jpg

フォカッチャのサンドウィッチセット

フォカッチャの中は、卵とチーズ。
付け合せは、サラダ、ポテト。
a0122931_12314628.jpg


ワッフルのセット

ワッフルの付け合せは、ソーセージ、ベーコン、サラダ、ポテトと、ボリュームもマンテン。
コチラのワッフルは、マダムが小麦粉の種類、配合など、研究を重ね、試行錯誤の上、完成したスペシャリティ的存在のMENU。
a0122931_12315494.jpg

食感が軽くて、サクサクで本当に美味しいですよ。
スウィーツに関心が薄いヲイラでも美味しいと思います。
a0122931_1232169.jpg

この日は、台風接近の影響で風が強かったせいか、空いていました。
ダニエル君も、心なしか、ちょっぴり寂しそうです。
a0122931_12402945.jpg

他の季節ならば、テラス席からは、目の前に広がる青い海の絶景を独り占めに出来るのですが、この季節は、「海の家」が建ち並ぶ為、視界が閉ざされてしまうところが、ちょっと残念。
でも、それは仕方ありません。
a0122931_1231057.jpg

こちらは、お洒落なカフェですが、全く気取ったところがなくて、ビーチで泳いでいた後、砂を払って、そのまま、ここで食事をするのもOKですし、結構、何でもありなとてもオープンなカフェです。
a0122931_12405069.jpg

そして、ギャラリーカフェを名乗るだけあり、ライブを初め、色々なイベント企画を催す等、アーティスティックな活動も活発に行なっています。
a0122931_12404068.jpg

カフェギャラリー ジタン
茅ヶ崎市中海岸4丁目12986-52  サザンビーチヒルズ1F
0467-84-7176
平日 10:00 〜 19:00
土・日 8:00 〜 20:00
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2015-07-21 23:58 | カフェ/スウィーツ | Comments(0)

「エンサイマーダ 」は売り切れ御免!パステレリア マヨルカ @二子玉川ライズ

実家で両親とお昼を食べた後、夕方のブルーノート東京ライブまで結構時間があったので、どうしようかと・・・。
そこで、まだ訪れた事がなかった二子玉川のテラスモール(ライズ)で暇を潰す事に・・・。
この日は、1日中、雨でしたが、こちらは雨に濡れる事なく、ぷらぷら出来るので良いですね。
a0122931_18304924.jpg

駅に近いエリアは、他の大型商業施設との大きな違いは、さほど感じませんでしたが、奥のエリアに進むにつれて、景観もお洒落になって来るし、面白いショップが結構並んでいて、良い感じでした。
その中でも、一際、長い行列が出来ているお店があり、何の店かと近付いてみると、スペイン王室御用達のグルメストア「パステレリア マヨルカ」と言うお店でした。
a0122931_18311851.jpg

店の中を遠巻きに覗いていると、中から女性スタッフが出て来て、「 ????」は売り切れました!と告げると、さっきまでの長い行列から人がさっと引いて行きました。
どうやら、皆さん、「????」と言うものがお目当てで並んでいたようです。
(ちなみに、家に帰ってから、調べてみたら、「????」とは、”エンサイマーダ”と言うマヨルカ島の伝統菓子の事だと言う事が分かりました。)
a0122931_18314673.jpg

行列が無くなったので、店内に入り、そんなに人気のベーカリーならばと、ハード系を中心に、幾つか購入して、翌日に食べました。
購入したのは、商品名は忘れましたが、①黒オリーブが入ったパン、②オレンジピールが入ったパン、③フィグ(いちじく)が入ったパン、④バゲット(小)、⑤カンパーニュっぽいパン、の5種類。
上に記載した順番が、気に入ったパンの順番です。
a0122931_18313044.jpg

もともと黒オリーブ好きだと言う事もありますが、この黒オリーブのパンは、香りも食感も好きなタイプのパンでした。
バゲットは、クラストのパリパリ感が今ひとつの印象でしたが、サラダや惣菜を挟んで食べたら、パン単独で食べるより、このパンの良さが感じられました。
この日、購入した商品に限ってですが、どれも美味しい事は美味しかったですが、あんなに長い行列に並んでまで食べたいか?と言えば、「ウーム?」と言うのが個人的な感想です。
他にも、美味しいベーカリーは沢山ありますからね・・・。
(向かって左から好きな順に並べてみました。)
a0122931_18313987.jpg

でも、焼きたてのパンとドリンクを購入して、隣接されたテラス席で、のんびりランチ!
なんて言うのも気持ち良さそうです。
しかし、待てよ!狭いスペースにびっちりテーブル並べているので、激混みの休日のランチタイムなんぞは、まったり寛ぐどころではなく、窒息状態に陥るかもです。汗
a0122931_1831913.jpg

ここ、マヨルカは、ベーカリーの他、店内加工の総菜コーナー、パテ、ジャム、調味料、ワイン等の加工食品販売コーナー、スウィーツ販売コーザー、そしてカフェ等が併設されていて、いかにも女性に好まれそうなお店でした。
人気の”エンサイマーダ ”とやらも、どんな味わいなのか食べてはみたいですが、あの行列に並ぶのは、ちょっと・・・・ですな!
a0122931_1831147.jpg

パステレリア マヨルカ
世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズS.C.テラスマーケット 2F
03-6432-7220
8:00~23:00
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2015-07-14 23:55 | スペイン料理、バル | Comments(0)

お手軽なタイ料理の店!ヒジョビンタン@西新宿

カオマンガイやヤムウンセン、ガパオライスは大好きで、ヤムウンセンやガパオライスは家でもよく作ります。
先日は、カオマンガイも初めて作ってみました。(結構、美味しく出来ました)
ただ、ココナッツミルクが大の苦手なので、これまで、所謂、タイ料理店と言うところに足を踏み入れた事はありませんでした。
a0122931_18475318.jpg

そんな折、タイ料理のコースに飲み放題が付いて、2500円と言う、やたらリーズナブルなコースに誘われて行って参りました。
その店とは、マハラジャグループが経営するタイ&アジアンレストランの「ヒジョビンタン」と言うチェーン店。
伺ったのは、その西新宿店で、場所はヒルトンホテルの裏にある住友不動産オークタワーの2階。
a0122931_18484080.jpg

2階への入口が分からず、病院のフロアに迷い込んだりと、うろうろした後、辿り着いたその店は、タイの雰囲気は殆ど無く、普通のファミレスのような佇まいで、お客さんもまばら。
あまり流行っている店のようには見えませんでした。
ただ、本場のタイ人(だと思います)が料理している姿が見えるところは雰囲気作りに一役かっていました。
a0122931_18532272.jpg

<コースの内容>
ジャガイモの生春巻き
a0122931_1849867.jpg

タイ風さつま揚げ
a0122931_18491714.jpg

豚トロの炙り焼き
a0122931_18492687.jpg

牛焼肉のスパイシーサラダ
a0122931_18493460.jpg

空芯菜炒め
a0122931_18494391.jpg

渡り蟹と卵のカレー炒め
a0122931_18495287.jpg

豚肉と野菜の春雨スープ
a0122931_18584972.jpg

タイ海老チャーハン
a0122931_18504100.jpg

ヨーグルト
a0122931_18501397.jpg


<飲み放題1時間半>
●ビール×4
カシスオレンジ×1
白ワイン×1
ハイボール×1
a0122931_18484912.jpg

ラッキーな事にココナッツミルクを使った料理がなかったので、違和感無く食事をする事が出来ました。
(「渡り蟹と卵のカレー炒め」には、若干のココナツミルクが使われていたかも知れませんが・・・)
しかし、逆に言えば、これぞ、タイ料理!と言う程の強いインパクトはなく、日本人向けに食べ易くアレンジしたタイ料理なんでしょうね。
何せ、本当のタイ料理の経験値が無いものですから・・・。
a0122931_18482714.jpg

ヒジョビンタン 西新宿店 (Hijau Bintang)
03-5909-7082
新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー 2F
11:00~22:00
定休日 日曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2015-07-07 23:45 | エスニック | Comments(0)