「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

海鮮丼だけが目的ならば、近江町市場に行くより良いかも!澤の屋@金沢

浅野川が流れる美しい街並が広がる橋場町の橋の麓に佇む海鮮丼の店、「澤の屋」。
a0122931_17315965.jpg

ひがし茶屋街を散策した後、近江町市場でランチをしようとタクシーを待っていた時に、道路の反対側に風になびく「丼」と書かれた幟が目に入りました。
a0122931_17315161.jpg

店の前まで歩き、外に表示されたMENUを見たら、良さそうなので、入ってみました。
a0122931_17435178.jpg

古都金沢の雰囲気を湛えた小粋な割烹店のような店内を想像して扉を開けると、想像に反して、金沢色皆無のカフェのような店内で、ちょっと拍子抜け。
テープルは小さく安定が悪いし、椅子はパイプ椅子でキャンプのセットみたいでした。
a0122931_1735387.jpg

店内は、津軽三味線のような音楽が結構大きめなボリュームで流れ、商売人の匂いが全く感じられない風貌の和服姿のご主人が、無表情にオーダーを取り、奥の調理場へと去って行きました。
a0122931_17351255.jpg

MENUは、海鮮丼(1200円)、特上海鮮丼(2000円)、特選海鮮丼(3000円)、中おちマグロ丼(2000円)、能登満喫丼(1600円)、かに三昧丼(1500円)、北海丼(1700円)と言った海鮮丼の他に、能登牛贅沢炙り丼(1800円)、特上うなぎ丼(2500円)なんて言うのもありました。
能登満喫丼(1600円)をオーダー。
a0122931_17303720.jpg

此方は、日本酒も能登の銘柄が多数揃えられており、価格は、1合単位で、650円から・・・。1000円前後が中心価格帯のようですが、1合、5000円なんて言うものもありました。
a0122931_17315436.jpg

a0122931_17314344.jpg

オーダーしてから、数10分、ご主人が現れ、無表情のまま注文の品を運び、奥に去って行きました。笑
目の前に置かれた丼は、豪快なMENUの写真とは異なり、上品さが漂う美しいルックス。
a0122931_1731496.jpg

やや小振りの器に、カニ、甘エビ、まぐろが、びっしりと、そして美しく盛られていました。
カニは足の他、ほぐした身がたっぷり盛られており、味も期待を上回る美味しさでした。
マグロや甘エビも然りで、鮮度が良い上質な素材を使用し、それを丁寧な仕事で提供していると感じました。
a0122931_17313523.jpg

近江町市場の海鮮丼も過去、何度か戴いた事がありますが、人気店は行列で、待ち時間が長いうえに、店内もざわざわして落ち着きません。
海鮮丼だけが目的ならば、近江町市場より、此方の方が、断然、お薦めだと思いました。
a0122931_17355480.jpg

澤ノ屋
金沢市東山3-2-21
076-255-0009
9:00~17:00
不定休
[PR]
by kansukenator1 | 2015-06-19 23:24 | 和食 | Comments(0)

全般的に、平均点は行っていると思いますが・・・!馨かおり@金沢

久しぶりの金沢。
「こいで」「志の輔」「いたる」、「とっくりや」と知っているお店に電話を掛けるも、ことごとく振られてしまい・・・(涙)
a0122931_1910409.jpg

それは、そうです。
いずれも人気店!
夕方6時前に電話して、すんなり入店出来ると思うのが甘いと言う事は十分わかっていましたけど・・・。
a0122931_19123518.jpg

片町の路上に立ちすくみ、スマホで今夜のお店探し!
魚が美味しい店を検索すると、片町交差点近くにある「川端鮮魚店」と言うお店が引っ掛かったので、電話しましたが、予約は取らないとの事。
それならばと、直接、お店に向かいましたが、既に、入店を待つ長い行列が出来ており、ここも断念。
a0122931_19292992.jpg

前置きが、やたら長くなってしまいましたが、うな垂れて、裏路地を歩いて、飛び込みで入ったのが、「川端鮮魚店」の程近くにあった「金澤美味酒肴 馨かおる」。
北陸の食材を使った創作料理の店です。
a0122931_17241482.jpg

地下にある店内は、赤いカーペットを敷き詰めた長い廊下があり、その両側に半個室的な部屋が並ぶ静かで落ち着ける雰囲気。
石川や富山など地元の食材を使ったMENUは海の幸、山の幸共に豊富で、基本、和食ながらイタリアン風のMENUもありますし、日本酒も地元のお酒が揃えられています。
a0122931_17271672.jpg

戴いたお料理は、どれも及第点は付けられるレベルにあり、料金もそこそこリーズナブル。
特に、悪い点は見当たりませんが、かと言って、すごく惹かれる点も特にない!と言った平均的レベルのお店。
これに、この店ならではの個性があれば、もう少し魅力のあるお店になると思うのですが・・・。
お目当ての店に振られた時の保険として知っていても良いかと・・・。
a0122931_19295513.jpg

この日、戴いたものは、こちら。
a0122931_17242720.jpg

お通し
a0122931_1724352.jpg

刺身7点盛(3200円)
a0122931_17253646.jpg

加賀蓮根と白エビの挟み揚げ(800円)
a0122931_1724444.jpg

鯖へしこ(530円)
a0122931_17254435.jpg

氷見牛のサンチュ巻き(980円)
a0122931_1727254.jpg

a0122931_17255878.jpg

自家製能登豚チャーシューのタコス風(680円)
a0122931_1726999.jpg

生ビール×2
石川県 濃口 純米酒(800円)
富山県 太刀山 純米酒(850円)
石川県 遊穂 純米酒(800円)
ハイボール×2

予算は、13.000円程。
ご馳走様でした。
a0122931_17272326.jpg

P.S.
この後、当てもなく歩いていて、遭遇した「木倉町商店街」と言うエリアが、とても良い感じのエリアで、良さそうなお店が一杯建ち並んでいました。
「ゲデレー木倉町」と言う店でベルギービールを・・・、
a0122931_18203125.jpg

a0122931_18205138.jpg

そして、「葡萄酒街道」と言う店でワインを、とはしご・・・。
a0122931_18212128.jpg

a0122931_18213374.jpg

初めから、この通りにくれば良かったと後悔。
次に金沢に来た時は、初めから、この辺りで飲む事、確定!
a0122931_17273148.jpg

金澤美味酒肴 馨かおる
金沢市片町2-3-2 味ビルB1F
076-255-6411
17:30〜翌1:00
定休日 日曜
[PR]
by kansukenator1 | 2015-06-18 23:31 | 和食 | Comments(0)

虜になりそう!SATOブリアン@阿佐ヶ谷

「SATOブリアン!」店名からして、ふざけていて、良いですね。
ただ、仕事ぶりは、全くふざけていない九州和牛に特化した焼肉の人気店です。
その存在を知って以来、どんな店なのか? 早く伺いたくて、うすうずしていたのですが、何せ、予約が取れません。
2~3ヶ月ほど前に、「うしごろ銀座店」に伺ったのですが、その日も第一候補は此方だったのですが、ふられてしまったから・・・、と言うのが理由でした。
a0122931_18355457.jpg

お店があるのは阿佐ヶ谷。
中央線沿線の街は、学生時代には、地方出身の友人が結構住んでいたので、ちょこちょこ遊びに来ていましたが、社会人になってからは、全く縁のないエリアになっています。
しかし、久しぶりに訪れてみると、下町っぽい雰囲気が残る暖かそうで住みやすそうな町ですね。
a0122931_18365220.jpg

お店は、駅南口から線路沿いに荻窪方面に2~3分程歩いた路地にありました。
周辺は、飲み屋、飲み屋で埋め尽くされた昭和の香り漂う、まさにオジサン天国のようなエリア。
想像していたより、こじんまりした店でしたが、「九州和牛専門 焼肉」の看板が目立つのですぐ分かりました。
a0122931_1836343.jpg

入口から手前にはボックス席が並び、奥は個室になっているようです。
壁には、著名人のサインが一杯!
2人で伺いましたが、4人掛けのボックスシートに通して戴いたので、ゆったりと食事が出来ました。
a0122931_18321643.jpg

此方は、同じ阿佐ヶ谷に姉妹店があるそうですが、本店のMENUはコースが基本となっているようです。
10,000円以上のコースもあるそうですが、初訪問なら、6,000円か7,000円のコースがお薦め!と言う店主のサトウさんの助言に従い、7,000円(税込み7,560円)のコースをお願いしました。
a0122931_18353655.jpg

スタッフは、サトウさんを中心に、若いイケメン君2~3名で切り盛りしており、肉は全てスタッフが焼いてくれるシステムのようです。
我々のテーブルは、全て店主のサトウさんが焼きを担当して下さったので、とてもラッキーでした。
だって、良い肉ほど、焼きの技術によって、美味しさに格段の差が出ますからね・・・。
a0122931_1914222.jpg

サトウさんは、焼肉店で何年間か働いていた時から、今のような店をオープンしたいと考えていたそうです。
お店をオープン後も、時間がある時は、フレンチ、イタリアン等、色々なお店を食べ歩きしているそうで、互いのお気に入りのお店の情報交換をしたり、色々なお話が出来て、とても楽しかったです。
a0122931_19141591.jpg

サトウさんもスタッフも、気さくでありながら、非常にホスピタリティーの高い接客をして下さるので、とても楽しく、そして気持ち良く食事をする事が出来ます。
自分が、これまで、良いなぁ!と思って、足を運んでいた訪れていた焼肉店と此方の違いは、此方は、あくまで個人経営の店(個人商店)であり、「オーナーの顔が見える店!」だと言う点。
良くも悪くも(悪い点は全く感じられませんでしたが・・・)、サトウさんの個性が支配している店だと言う事です。
a0122931_18315237.jpg

自分が気に入っていた他の焼肉店が共通して持っている魅力(上質な肉、メリハリが効いたコースの流れ、安定したサービス)に加え、それらの店にはない魅力(サトウさんの色)がプラスされている点が、此方の魅力を最強なものにしているように感じました。
マニアなお客だけでなく、自分のように、部位の名称を聞いても、それが牛のどの部分のお肉なのか、完全に分かっている訳ではない客でも、気楽に訪れられる敷居の低さも、此方の魅力。
a0122931_18312748.jpg

コースの内容は、こんな感じでした。
      ↓
お通し(ビーフシチュー)

お通しが、なんと、ビーフシチュー!
九州和牛の柔らかなお肉と大きくカットされたエリンギがごろごろ。
和風出汁のニュアンスが仄かに感じられる、甘さを抑えた大人の味で、これ、旨っ!
a0122931_1825146.jpg

キムチ(白菜、カクテキ)
a0122931_18243527.jpg

海苔サラダ
a0122931_18251552.jpg

厚切りタン&厚切りハラミ

最初に登場したタン(左)とハラミ(右)は共に鹿児島産。
度肝を抜くようなぶ厚いカットに、気持ちの昂ぶりを抑えられません。
そして、これをサトウさんがプロの技で丁寧に焼いてくれます。
a0122931_18253995.jpg

共に、表面こんがり、中はぷりぷりのレア。
タンは特製スパイス(このスパイスがメチャ旨でした!)&カラシ醤油で、そしてハラミはたまり醤油で戴きます。
a0122931_18261733.jpg

タンって、こんなに美味しかったっけ?
勿論、ハラミも旨々です。
a0122931_18263854.jpg

シンシン(左)&カメノコウ(右)

シンシンとカメノコウは共に熊本産。
シンシンは長野産茎ワサビで、カメノコウはタレ(やや甘め)で戴きます。
a0122931_18265132.jpg

フィレスキ
a0122931_1827438.jpg

コースの半ばで、すき焼き風の食べ方を差し込んで来る流れは、珍しくはありませんが、それを、こんな厚切りのフィレでやるところが凄いです。
a0122931_18272544.jpg

卵も長崎産と、九州もんに拘ります。
a0122931_18273420.jpg

ブリカツ 

シャトーブリアンに衣をまぶして油で揚げちゃうと言うバチが当たりそうな一品、通称ブリカツ。
ビーフカツが組み込まれたコースは初めての体験です!
と言うか、焼肉屋さんでビーフカツが提供される事に、ちょっとビックリ!
(自分が知らないだけで、他店でもやっているんでしょうか?)
a0122931_18285639.jpg

しかも、それをシャトーブリアンでやっちゃうんだから、恐れを知らないとしか言いようがありません。
しかし、カツを挟んで来る事で、コースの流れに大きなバリエーションが生まれ、これが大正解!
衣がとても肌理細かく、火入れも素晴らしく、極旨のビーフカツでした!
a0122931_1829161.jpg

トマト & キュウリ
出て来るタイミングが、ドンピシャ!
トマトは冷たくて、甘~い! キュウリもさっぱりしていて旨~い。
最高の箸休めです!
a0122931_18292735.jpg

シャトーブリアン(ブリ飯)
a0122931_18293564.jpg

肉質は非常に肌理細かで柔らか、味わいは軽めでさっぱりしていながらも、上質で気品ある旨みが凝縮しており、ニンニクバターを溶かしたやや辛めの特製醤油ダレとの相性も抜群でした。
a0122931_1829432.jpg

これをご飯の上に乗せて、どんぶり飯として食べちゃうなんて、何と言う贅沢なんでしょう。
これ、「ブリ飯」と言って、此方の名物らしいです。
もっと、食べたかったです。
a0122931_18295630.jpg

冷麺

最後はサッパリと冷麺で締めます。
この冷麺も手抜きなく、旨し!
a0122931_18301196.jpg

シャーベット & ほうじ茶
a0122931_18301935.jpg

生ビール(580)×2、赤ワイン(ボトル)×1、コース(7,000)×2を戴いて、約20,000円。
これだけの質とボリュームを、この価格で戴けちゃうのは素晴らしいの一言。

此方、飲み物で儲ける気がないようで、アルコール類は総じてリーズナブル。
ワインも、うるさい事を言わなければ、3,000円程度で十分行けちゃうのも有難いっす。
ご馳走様でした。
リピート間違いなし!です。
a0122931_1832863.jpg

SATO ブリアン
杉並区阿佐谷南3-44-2 新井ビル 1F
03-6915-1638
[日~木]17:00~23:30(23:00L.O.)
[金・土]17:00~24時 ( 23 : 30L.O.)
不定休
[PR]
by kansukenator1 | 2015-06-06 23:13 | 焼肉屋 | Comments(0)

紫陽花は3年間お休みだそうです!成就院@鎌倉

鎌倉でアジサイの名所と言えば、明月院、長谷寺、成就院が三大名所と言われていますが、個人的には成就院が一番好き!
a0122931_12201864.jpg

眼下に広がる由比ケ浜と、参道の両側に咲き誇るアジサイが一枚の絵画のような一体感を持って迫って来るあの眺望は素晴らしいの一言!でした。
a0122931_122043.jpg

植えられているアジサイの株数は、「般若心経」の文字数と同じ262株と言われていますが、数年前から、その数は明らかに減っており、かつての華やかさは完全に失われてしまった!と感じていました。
a0122931_12191457.jpg

そんな折、今年、5月初めに、「成就院参道工事とアジサイの植え替えについて」と言うお知らせが発表されました。
a0122931_12195445.jpg

成就院は2019年に創建800年を迎えるそうです。
そして、此方のアジサイは植樹から50年も経っており、株が相当古くなっているとの事。
そこで、3年後の創建800年に向けて、「アジサイの植え替え」と「参道の改修工事」に着手するとの事です。
従い、「3年間は、アジサイを観る事が出来ない」と言うお知らせです。
a0122931_12192392.jpg

工事期間は3年ですが、以前のような見事なアジサイを観る事が出来るようになるには、5、6年は掛かるようです。
a0122931_12193017.jpg

この間は寂しくなりますが、アジサイが元気に復活して、また、かつてのような由比ケ浜とアジサイの素晴らしいコントラストが観られるようになるので、暫くは我慢ですね。
a0122931_12194513.jpg

その間は、何の面倒も見ていないのに、毎年、この時期になると、元気に綺麗な花を咲かしてくれる我家の健気なアジサイ君のお世話になりましょう。
a0122931_12504077.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2015-06-04 23:33 | その他 | Comments(0)