<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「投汁(とうじ)そば」初体験!そばきり みよ田@松本

蕎麦通でも何でもないヲイラでも、信州に来たからには、蕎麦を食べずして帰る訳には行かないっしょ!
と言う事で、移動中、ネットで調べて、この日のお昼は、此方、「そばきり みよ田 松本店」に決定。
a0122931_12173791.jpg

場所は、JR松本駅東口(お城口)から5分程のビルの1階。
外観を見る限りでは、特に美味しそうな蕎麦屋さんには見えませんでした。
店内の雰囲気も、渋い蕎麦屋と言う感じではなく、どちらかと言えばモダンな感じ。
a0122931_12154450.jpg

しかし、テーブルに置かれた冊子を読むと、「信州木曽」に「玄蕎麦」を自ら買い付けに行き、松本の製粉所に依頼して「粉」にしたものを打っている。
秋の新そばシーズンには、奈川、開田高原、戸隠、八ヶ岳山麓の蕎麦を数量限定で提供している。
等々、なかなか拘りを持って経営されている蕎麦屋さんのようでした。
a0122931_1216331.jpg

そして、MENUをつらつら眺めると、蕎麦以外にも、四季折々の食材を使用した一品料理や郷土料理、酒のつまみ類も豊富。
信州の地酒やそば焼酎も揃えられており、ここで、腰を落ち着かせて、一杯やりたくなる誘惑に駆られます。
勿論、仕事中のランチタイム、誘惑に乗る訳には行きませんが・・・。
a0122931_12154094.jpg

そして、ここで、気になるMENUを発見。
それは、「投汁(とうじ)そば」と言う初めて聞くお蕎麦です。
3種類のセットが用意されていました。

シンプル(1600円)・・・とうじそば、セイロ、そば米雑炊
スペシャル(2100円)・・・シンプル+焼き味噌、塩いかと胡瓜、葉わさび漬け、馬刺し
デラックス(2500円)・・・スペシャル+天ぷら、そばの実アイス
a0122931_12144363.jpg

2人で、シンプル×2、一品料理から天麩羅×1をお願いしました。
a0122931_1216113.jpg

以下、お店による「投汁(とうじ)そば」に関する解説です。
         ↓
**************************

投汁そば」とは野麦峠で有名な旧奈川村(現松本市)に古くから伝わる郷土料理です。
フツフツと沸いているきのこや山菜などお野菜がいっぱい入ったお出しの中に、冷水でキリッと締めた冷たいそばを、まるでシャブシャブの様に温めてフーフーして食べる、
まさに寒い信州ならではの、おいしいそばの食べ方です。
汁の中に投じるということで「投汁そば」普通のかけそばと比べ、つゆに浸かっている時間が短いのでのびていません。
そしてなんといっても温まります。
なにせ摂氏100度のそばですから。

そば米(そばの実)雑炊は、投汁そばで残ったお出しでつくります。
そば米はルチン(血液をサラサラにする)と、良質なタンパク質を多く含み、消化も良いのが特徴です。
動脈硬化、高血圧にも良いらしいです。
セイロそばは当店自慢の手打ち二八そばです。
お食事の方にはシンプル、そば前にちょっと一杯の方にはスペシャル、今日はちょっと贅沢にの方にはデラックスがおすすめす。
冬のそば屋も良いものです。どうぞ。

**************************

解説に書かれている通り、蕎麦がつゆに浸かっている時間が短い為、蕎麦が延びないのも良いし、
柄杓の様な2本のざるで、一口分ずつ蕎麦をすくって、鍋に投じるプロセスも楽しいです。
キノコや野菜がたっぷりでヘルシーだし、冬場は、体がぽかぽかに温まるのもGood!
この価格で、「とうじそば」、「セイロ」、「そば米雑炊」と3種類の味を、同時に楽しめるのも嬉しいです。

*「とうじそば」
a0122931_12151770.jpg

*「そば米雑炊」
a0122931_1217263.jpg

*「セイロ」
a0122931_12153450.jpg

「投汁(とうじ)そば」気に入りました。
a0122931_12152745.jpg

みよ田 松本店
050-5868-1787 (予約専用番号)
0263-37-1434 (お問い合わせ専用番号)
長野県松本市中央2-1-24 五幸本町ビル 1F
「月曜~土曜」
11:30〜15:00(LO)
17:00〜22:00(LO)
「日曜 又は 連休最終日」
11:30〜15:00(LO)
定休日 日曜日の夜
[PR]
by kansukenator1 | 2014-01-30 12:20 | 和食 | Comments(0)

この1軒で長野の味が色々体験出来ます!今日の響@長野

地方を訪れた際、ヲイラが食事の場所を選ぶ基準は、その地方ならではの食材や郷土料理がリーズナブルな価格で戴ける店。
その地方の数ある名産品を1軒の店で全て味わえる店があれば、それがベストです。
長野県の名産と言われて思い浮かぶのは?
蕎麦、信州牛、馬刺し、野沢菜、リンゴ、信州味噌・・・。
a0122931_18224454.jpg

昨年の11月、仕事で長野を訪れた夜、これらが全て揃っている店を探し求めて、長野駅周辺を徘徊。
そして、見つけたのが、此方、「今日の響(きょう)」。
店の前に立てられた看板を見て、この1軒で長野の名産が全て食せる店である事が判明。
価格もリーズナブルで、迷わず、GO!です。
a0122931_12465716.jpg

1点、気になったのは、長野食材に拘った店に思われるのですが、その一方、金沢直送の鮮魚もMENUとして強力にPR(プッシュ)されていたところ。
後で、店員さんに、その点を尋ねたところ、県外からの来訪客だけでなく、地元の固定客も結構いるそうで、そうしたお客さんの要望で地元以外のMENUも提供しているとの事でした。
a0122931_12463875.jpg

部屋は個室を中心とした造りになっているようですが、ほぼ満席で、厨房の前のカウンター席に通されました。
ちょっとばかり、狭く窮屈でしたが、アットホームな雰囲気で悪く無かったです。
a0122931_12391665.jpg

そして、我々がチョイスしたのは、長野の食材に拘ったこれらのMENU。

お通し(鮭の味噌鍋)
お通しとは思えないボリュームにビックリ!
a0122931_12375972.jpg

馬刺し
「赤身」と「たてがみ」が彩り豊かな付け合せと共に盛り付けられて登場です。
新鮮で癖が無く美味!
a0122931_12383327.jpg

蕎麦のサラダ
インパクト抜群のルックスを持ったこの料理。
種類豊富な野菜と茹でた蕎麦を蕎麦のガレットで包み込んだ一品。
冗談と乗りで考案されたようなMENUですが、これがとても美味しいかった。
a0122931_12382434.jpg

大岩魚の刺身
岩魚の刺身なんて、初めて見たのでオーダーしました。
養殖の岩魚なので刺身で食べる事が出来るのだそうです。
a0122931_1238259.jpg

信州産ハーブ鶏の串焼き
a0122931_12384725.jpg

牛タンと地場きのこの朴葉焼き
a0122931_12384851.jpg

信州牛の陶板焼き
a0122931_12462189.jpg

アルコール類も、焼酎、日本酒、ワインと全て長野産のものをチョイス。
食事で美味しかったのは、大岩魚の刺身、馬刺し、蕎麦サラダ。
信州牛の陶板焼きは、肉がちょっと硬く、今一つでしたが、まぁ、値段がそれなりだったので、仕方ありません。
全般的に価格もリーズナブル、更に、どの店員さんも、明るく感じが良く、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
a0122931_12452752.jpg

今日の饗
長野市南長野南石堂町1367
026-226-8080
月~木:17:00~24:00 
金~土:17:00~25:00時 
日  :16:00~23:00
不定休
[PR]
by kansukenator1 | 2014-01-22 12:18 | 和食 | Comments(0)

美味しい水炊きがリーズナブルに戴ける老舗割烹!四季膳 山喜志@博多

博多は西中洲に店を構える創業50余年の老舗割烹「四季膳 山喜志(しきぜん やまぎし)」。
水炊きならぬスープ炊きをはじめとする鍋料理が人気の店との事。
a0122931_15254794.jpg

わたくし、日本人としては珍しく、鍋料理があまり好きではなく、家でも外でも滅多に口にする事はありません。
しかし、博多に来たら、水炊きを食べない訳にはいきませんよね・・・。
てな感じで、友人に教えて貰った此方にお邪魔しました。
a0122931_15232582.jpg

最寄り駅は中洲川端駅、出会い橋のふもとにあり、橋の上から見ると、店の建物が川に浮かんでいるように見えます。
a0122931_15255468.jpg

川面の景色と夜景を眺めながら食事が出来る窓側の席を希望しましたが、残念ながら予約で埋まっていました。
老舗と聞いていたので、もう少し高級感のある佇まいを想像していましたが、意外と雑然としていて庶民的な雰囲気。
a0122931_15202894.jpg

MENUは、スープ炊きの鍋料理、豚しゃぶ、鯛しゃぶの他、要予約で季節の懐石料理も戴けるようです。
どの鍋のコースも、小鉢、刺身、雑炊、香の物、デザートが付いて5,000円と、場所柄から見てかなり良心的な価格設定。
名物と言うスープ炊きのコースをお願いしました。
白和えの小鉢
枝豆、つくね、マテ貝、きす、煮ゴボウ
a0122931_15253380.jpg

a0122931_1526173.jpg

鯛とサーモンの刺身
a0122931_15251140.jpg

スープ炊き
大きなお皿に盛られた肉は、ミンチ状にしたもの、スライス状にカットしたもの、レバーの3種類。
ミンチの上には卵がトッピング。
a0122931_15233489.jpg

a0122931_15205822.jpg

肉や野菜に手を付ける前に、仲居さんが湯飲み茶碗に入れてくれるスープを味わうのが、こちらの作法のようです。
鶏の旨みを吸った上品で優しい味わいのスープでした。
a0122931_15223836.jpg

そして、いよいよメインの鍋に移ります。
トッピングされた卵をミンチに塗って団子状にします。
a0122931_15231484.jpg

全て、仲居さんが料理してくれるので楽ちんです。
a0122931_15225688.jpg

ミンチ、スライス肉、レバー共、新鮮で、臭みが全くなく、美味しく戴きました。
そしてボリュームも十分。
a0122931_15224686.jpg

野菜もたっぷり戴き、この段階で、かなりお腹が一杯になりました。
a0122931_15213489.jpg

しかし、雑炊は別腹。無理しても戴きます。
a0122931_15205953.jpg

デザートはちょっとチープ。
a0122931_15204214.jpg

庶民的な雰囲気で、料理も美味しく、価格も良心的で、知っていて損の無いお店だと思います。
窓際の席で夜景を眺めながら食事を楽しみたい方は、予約の際にお願いしておくと良いかと思います。
a0122931_15465715.jpg

四季膳 山喜志
092-771-5050
福岡市中央区西中洲4-17
中洲川端駅から302m
17:30~22:00
[PR]
by kansukenator1 | 2014-01-21 23:08 | 和食 | Comments(0)

Xmasの夜に1人酒!とみ助@広島

昨年のXmasは、24日広島、25日高松の出張が入ってしまい、過去に経験した事のない!そして今後も経験したくない!オヤジ達だけの素敵な?Xmasを2夜連続で過ごしてしまいました。
a0122931_1339599.jpg

翌日朝からの仕事に備え、イブの夕方に広島入り。
1人にしてくれたほうが嬉しいのですが、7時に宴席を設けて戴いているとの事で、お断りする訳にも行かず、かと言って自分の好きな店にも行きたいし・・・。
「せめて1時間だけでも・・・」との思いで、すばやくホテルのチェックインを済ませ、流川の薬研堀を目指しました。
a0122931_13464943.jpg

そう言えば、前回の広島出張の時も、今回と同じようなシチュエーションで、宴席の前に、1時間だけ、自分の行きたかった店「瀬戸内料理 くにさだ」で飲んでましたっけね・・・。
その「くにさだ」か、初訪の「とみ助」のどちらかに入れればとの思いで、予約なし、駄目元のトライでした。
場所は、市電の胡町駅(えびすちょう)周辺、迷うかと思いましたが、すんなり第一候補の「とみ助」が見つかりました。
a0122931_13405458.jpg

両店とも人気店ですが、さすがにXmasは和食店より洋風の店に流れるのか、しかも早い時間帯と言う事もあり、運良く席を確保出来ました。
先客は中年男性の1人客と若いカップルの3人だけでしたが、他の席には「予約席」となっておりました。
a0122931_13402139.jpg

L字型の白木のカウンター席を中心に据えた明るく落ち着いた空間。
さほど、広い店内ではないものの、隣席との距離感が保たれ、ゆったり食事が出来る佇まい。
ガラスケースには、新鮮で美味しそうな地魚が整然と並べられ、
カウンターの向こう側では若きご主人の包丁捌きが見える。
店に一歩足を踏み入れただけで、「美味しいものを食べさせてくれそうな店」のオーラが感じられました。
a0122931_13463286.jpg

お通しは、優しい味付けの高野豆腐、柚子の香りが効いています。
a0122931_1340311.jpg

お造りは、この日のお薦めを尋ねたところ、かわはぎ、鰤、天然車海老、蛸、等々の名前が挙がったので、それらをお願いしました。
小鰯を食べたかったのですが、この日は残念ながら無いとの事。
煮付けも、1人なので、小振りのメバルが良いのではと言うお勧めに従い、それをお願いしました。
a0122931_1342143.jpg

かわはぎは、1人と言う事で少なめに調整してくれる気配りが嬉しいです。
鮮度、歯ごたえ、脂の乗り、身の甘さ共、申し分のない美味しさ。
a0122931_13412762.jpg

そして、肝が圧巻。
別の小鉢に、これでもかっ!と盛られた肝は、ぷりぷりでお箸で取り分けられない程の凄い弾力と濃厚な味わい。
刺身の横に、ちょこんと添えられ、刺身より先に無くならないように気を付けながら食べなくてはならない一般の店の肝とは質量共に雲泥の違いです。
間違いなく今まで食べたカワハギの中で最高ランクのカワハギでした。
a0122931_13413938.jpg

他のお造りも、しめ鯖は身が締まって脂が乗っているし、蛸はこりこり、車海老はぷりぷり、期待を裏切らない美味しさでした。
a0122931_13453730.jpg

そして、メバル煮つけ、
ほんのり甘く優しい味付け、
この美味い出汁の味が浸みた椎茸、ごぼう、ねぎ、豆腐も旨い。
子もまた旨し!
a0122931_13455252.jpg

隣客が食べていた生牡蠣も美味しそうだったし、他にも食べたいものが色々ありましたが、1時間では、これが限界。
これだけでも、時間を気にしながら、かなり焦って食べました。
a0122931_1346562.jpg

此方は、料理が美味しいだけでなく、心配りも素晴らしかったです。
「1時間で食べ終わるよう、早めに用意して欲しい」と言ったヲイラの我儘な要望にも快く応じて頂いたり、カワハギのお造りについては、お願いした訳でもないのに、1人客との事で、量を調整して頂いたりと・・・。
それから、此方、1人客でも違和感なく楽しめるのも高ポイントです。
a0122931_13403981.jpg

前述のお料理と、生ビール×1、獺祭(だっさい)×1で7,000円ほど。
また、広島を訪れる機会があれば、是非、再訪したいです。
その時は、時間を気にせず、ゆっくりと・・・。
a0122931_13401140.jpg

とみ助
広島市中区堀川町1-31 ABプラザビル 1F
082-247-9903
17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 日祝日
[PR]
by kansukenator1 | 2014-01-19 13:38 | 和食 | Comments(2)

生誕100年! 植田正治のつくりかた@東京ステーションギャラリー

東京駅構内にある東京ステーションギャラリーで公開中の「生誕100年!植田正治のつくりかた」を観て来ました。
植田正治(1913~2000年)は故郷の山陰を拠点に活動した世界的な写真家。
鳥取砂丘を舞台に家族や近所の子供達を平面的な構図に配した作品等、素朴で懐かしいのですが、どこかシュールさが漂う彼の写真が持つ独特な世界感が好きでした。     
a0122931_212437.jpg

しかし、好きと言っても、ヲイラの植田正治についての知識は、その程度しかなく、今回、生誕100年を記念した彼の回顧展がある事を知り、絶好の機会とばかり、足を運んで来ました。
a0122931_2122140.jpg

今回の回顧展は、150点余りの彼の代表作を4つの時代別に並べ、更に、各々について、植田正治自身の言葉による解説が添えられており、時代ごとの彼の創作活動や作品に対する哲学、思いに触れる事が出来る配慮がなされていたところが、彼をの作品を体系的に理解する上で非常に良かったです。
a0122931_2104288.jpg

Ⅰ.1950年代~1970年・・・「童暦」、ディスカバー植田正治
Ⅱ.1931~1950年・・・演出の発明、出発からスタイルの確立まで
Ⅲ.1970年代~1980年代・・・「小さい伝記」、回帰と反復
Ⅳ.1990年代‐2000年・・・植田正治劇場、ボクのスタジオ
a0122931_20595854.jpg

カメラの中に残された亡くなる直前に撮った作品が3点展示されていた事や、カラー写真の作品も多数あった事も驚きでした。
a0122931_2104929.jpg

興味深かったのは、彼は自分自身を「アマチュア写真家」であると言い切っているところ。
勿論、謙遜に決まっていますが、「好きなものしか撮らない」とか、既存の常識にとらわれない自由な発想等、アマチュアの良さも併せ持ったプロの写真家だったのだと思います。
a0122931_2105773.jpg

東京ステーションギャラリーでの回顧展は1月5日で終わってしまいましたが、東京都写真美術館で、「植田正治ジャック・アンリ・ラルティーグ」の2人展が、1月26日までやっているので、興味のある方は、そちらを訪れては如何でしょうか・・・。
a0122931_2114451.jpg

ところで、東京ステーションギャラリーへは、2003年に「安藤忠雄建築展 再生-環境と建築」を観て以来、10年ぶりの訪問。
勿論、駅舎の復元工事前の事で、当時はギャラリーのエントランスは外だったので、今回も外側を探してしまいました。
リニューアル後のエントランスは、駅の構内にあるので利便性もアップ。
a0122931_2123111.jpg

2&3Fの展示フロアへはエレベータで昇りますが、鑑賞後は、八角形の回廊をつたって降りて行く事が出来、この回廊がとても素敵なんです。
a0122931_2103021.jpg

そして回廊の周りの壁は、竣工当時の煉瓦をそのまま使用しており、歴史を感じるスペースとなっていました。
a0122931_2112135.jpg

a0122931_2113445.jpg

3Fの休憩所からは、駅前広場を、こんな角度からも眺める事が出来ます。
a0122931_2115936.jpg

なかなか、素敵な美術館だと思いませんか?
a0122931_2121036.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2014-01-06 23:59 | MUSIC/アート | Comments(0)

初詣2014@靖国神社

安倍総理の参拝で大騒ぎになっている靖国神社。
a0122931_20505520.jpg

何も、こんな時にわざわざ行かなくてもと思いつつ、何となく、成行きで、今年の初詣の場所になってしまいました。
a0122931_20443184.jpg

a0122931_20444310.jpg

少々、物々しい空気に包まれているのかと思いきや、そんな気配は全くなく、他の神社と同様、新年を祝う家族連れや若者達で溢れる平和で穏やかな光景が広がっていました。
a0122931_20455081.jpg

a0122931_204663.jpg

まあ、それはそうですよね、政治の問題と一般市民の参拝は全く別物ですからね。
a0122931_20461940.jpg

参道には屋台がずらーっと並び、参拝に来ていると言うより、お祭りに来ている雰囲気。
a0122931_20525765.jpg

海外から厳しい視線が注がれている場所と言う感じは皆無です。
a0122931_20463263.jpg

ただ、他の神社と違うのは、黒いシーツ姿の強面の男性の姿が多い事。
a0122931_20483225.jpg

振る舞い酒が行なわれていたり・・・・。
a0122931_20491274.jpg

お獅子が出ていたり・・・・。
a0122931_2047337.jpg

a0122931_2047492.jpg

参拝客の表情も、気のせいか例年より明るく見えます。
a0122931_2047086.jpg

アベノミクス効果で、株価は6割アップ、ドル・円相場も2割近く円安となった昨年。
a0122931_20464824.jpg

期待先行と言われた景気動向ですが、実体経済も良い感じで改善の動きが出始めており、このまま一気に成長路線に向かって欲しいものです。
a0122931_20503048.jpg

その為には、3本の矢のうちの最後の矢である成長戦略と大胆な規制緩和をどーんとやって貰わなきゃね・・・。
a0122931_20484597.jpg

ここで、もたついた事やっていたら、株価も為替も、すぐ1年前の水準に戻ってしまいますから・・・。
a0122931_2049165.jpg

今年は、憲法問題、原発問題、TPP、特定秘密保全法案、等々、政治決着しなければならない難問が山積みです。
a0122931_20523518.jpg

しかし、何でもかんでも政府頼みじゃいけません。
企業も個人も自己変革して行かなければね。
a0122931_2055524.jpg

お正月気分からも、そろそろ抜け出して、頭と体に仕事モードのスイッチを入れて行きます。
a0122931_20524716.jpg

そう言えば、靖国神社の入り口付近に出ていた屋台の燻製屋さん。
a0122931_20445385.jpg

ここの燻製、美味しかったなぁ。
a0122931_204523.jpg

「全部入って1,200円」と言うがお得みたい。
やっぱり、今年も食い気先行ですかぁ・・・。
a0122931_20453336.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2014-01-05 22:42 | その他 | Comments(0)

謹賀新年@2014

明けましておめでとうございます。
a0122931_1631484.jpg

年末12月29日から元日までの4日間、全く外へ出ず、家に引き篭もり状態でした。
a0122931_16334041.jpg

年末の3日間は、一応?忙しそうに働いている奥様の目を気にしつつ、ソファーの花と化し、だらだら・・・。
a0122931_16322389.jpg

元日も、何か動く気にならず、まただらだら・・・。
a0122931_16315096.jpg

昨年の元日は、早起きしてサザンビーチに初日の出を見に行ったりアクティブに動いていたのにねぇ。
a0122931_16312526.jpg

これではいかんと、やっと動き出したのが、1月2日。
a0122931_16321189.jpg

天気も良く、風も穏やかで、やっぱり外は気持ち良かったぁ~。
a0122931_16314291.jpg

そろそろ始動しなくてはと、この日は、夜、友人と飲みに行きましたが、良い店はどこも休みで、チェーン店しか開いておらず、満足感なく帰宅。
a0122931_16332993.jpg

どうも今年は調子が出ない年の初めです。
明日は両親の元へ年始の挨拶に行くし、そろそろペース上げて行かなくちゃ・・・。
a0122931_1632325.jpg

本年も宜しくお願い致しますです。
a0122931_16331861.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2014-01-03 17:01 | その他 | Comments(0)