<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スパイス使いにセンスが光る!四川豆花飯荘@新丸ビル

食文化の東西交流の地、シンガポールで育った新感覚の四川料理店。
a0122931_17485477.jpg

茶藝師の芸術的なパフォーマンスが見られる事でも有名で、一度、伺ってみたかった店です。
所用で、近くまで来たので、ランチに寄ってみました。
a0122931_17504921.jpg

伺ったのは休日の午後1時過ぎ。
ホテルのレストランのマネージャーのような出で立ちのスマートな接客の男性から、申し訳なさそうに、20分程待つ旨を告げられましたが、ここは、暫し待つ事に・・・。
a0122931_17552625.jpg

外からの見た目以上に、中は広く、個室も幾つかあるようです。
a0122931_17545480.jpg

奥のホールの窓際の席に案内されました。
ガラス窓の向こう側には、東京駅の新駅舎が間近に見えます。
a0122931_1754352.jpg

休日のお昼のセットMENUは、四川豆花ランチセット(2100円)、豆花飲茶セット(2310円)、楽山コース(2940円)、四川コース3675円)、成都コース(5775円)の5種類。
ちなみに、平日は、豊富な選択肢のランチセットが、1500円台から用意されているようです。
a0122931_17585517.jpg

MENUの内容を見て、一番魅力を感じた四川コースをお願いしました。

四川コースの内容は、こんな感じ。 
      ↓
a0122931_1752237.jpg

海の幸、山の恵みの四種冷菜盛合わせ

・・・バンバンジー、鰤の刺身、くらげの酢の物、蒸したさつま芋
   バンバンジーが絶品でした。
a0122931_17495441.jpg

フカヒレのサンラースープ

・・・フカヒレの存在はかすかでしたが、サンラースープがとても深い味わいで美味しかったです。
   具材は、店名にも謳われている豆花(トウファ)、椎茸、ニンジン、等。
a0122931_17494764.jpg

天然海老の四川風甘辛炒め

・・・この料理のスパイス使いが、この日、一番気に入りました。
   海老のぷりぷり感、野菜のしゃきしゃき感も良い感じ。
a0122931_17584045.jpg

もろみ豚の香り揚げと鮮野菜の山椒塩炒め

・・・「もろみ豚」初めて戴きましたが、ジューシーで、とても、あっさりした味わいの豚でした。
   メインディッシュなので、刺激の強いスパイスを効かせた料理が出て来るかと思っていましたが、肩透かし。
   でも、考えて見れば、この後に続く「麻婆豆腐」の前は、一旦、さっぱり目の料理で口を整えておかないと、被っちゃいますからね。
a0122931_17522225.jpg

四川豆花飯荘 麻婆豆腐とライス

・・・「麻婆豆腐」、又は「干し貝柱と湯葉のあんかけご飯」の2択です。
    麻辣(マーラー)の極み、看板MENUで、旨くないはずなし。
a0122931_17544997.jpg

ご飯に掛けて食べると、更に旨し。 

a0122931_1754653.jpg

デザート3種盛合わせ

・・・左から、豆花(トウファ)のプリン、バタークッキー、カカオのプリン
a0122931_17544793.jpg

一般的な四川料理の所謂、麻辣(マーラー)と言われる唐辛子の辛さと花山椒の痺れで、口の中がひりひりするような刺激的な味も好きなヲイラ。
ただ、此方の料理は、刺激が強いだけの単調な辛さではなく、四川を越えた柔軟な発想で、多様なスパイスをに組み合わせ、香り豊かで洗練された味付けの料理に仕上げているところが特徴のようです。
a0122931_17543581.jpg

料理と並んで、此方のもう1つの魅力が、八宝茶(294円)。
オーダーしなくても、必ず付いてくるシステムのようですが、風味が爽やかで、此方の料理にとても良く合います。
このヲイラがビールを飲みたいと思わなかった程ですから(笑)。
a0122931_17484789.jpg

八宝茶は、見た目も色鮮やかで、テーブルが華やかになります。
成分表を見ると、「ジャスミン茶、紅なつめ、クコ、菊花、氷砂糖、百合根、龍眼、クルミ」等が入っているようでした。
a0122931_18324879.jpg

2杯目を飲んだ時、砂糖のような甘みを感じたのですが、成分表を見て、氷砂糖が溶けたんだと分かりました。
お茶がなくなったら、茶器の蓋を開けておけば、茶藝師が何度でも、お湯を注ぎに来てくれます。
a0122931_17505377.jpg

八宝茶は、コレステロールを下げ、血行を良くし、免疫力を高めてくれるそうす。
このお茶を飲みながら、化学調味料一切使用していないと言う此方のスパイシーなお料理を戴いていると、汚れたヲイラの体が、徐々にキレイになって行くような気になりました。
たぶん、気のせいだと思いますが・・・(笑)。
a0122931_17512685.jpg

料理も美味しく、雰囲気も落ち着けますし、色々なシーンで使えそうな良いお店でした。
a0122931_17482157.jpg

四川豆花飯荘 東京店 (シセントウファハンソウ)
050-5868-4495 (予約専用番号)
03-3211-4000 (お問い合わせ専用番号)
千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 6F
11:00~15:00
17:00~23:00 [土・日・祝] 17:00~22:00
不定休
[PR]
by kansukenator1 | 2013-08-31 12:07 | 中華/台湾料理 | Comments(0)

ベイエリアの夜景と潮風!夏の夜を楽しむ大人のスポット!マンハッタンテラス@浜松町

インターコンチ東京ベイの6Fバンケットルームに併設されているテラスが、「バー&ダイニング・マンハッタンテラス」として一般客向けにオープンされました。
バー&ダイニング・マンハッタンテラス! 店名からして、いけてますよね。
a0122931_18515144.jpg

正面にレインボーブリッジ、左手にリトル・マンハッタンと称される隅田川の高層ビル群とスカイツリー、右手に東京タワーと言う、ベイエリアのパノラマが一望出来る最高のロケーション。
女性ならずとも、おじさんだって、テンションがあがります。
a0122931_18511299.jpg

テラスには、スタイリッシュな照明、ソファ、テーブル等がゆったりと配され、開放感も抜群。
そして、極め付けは、テラス左手に設置された日本初上陸と言われる7色に変化するイタリア製のバーカウンターの存在。
この7色の光が、テラス全体に幻想的な雰囲気と、都会の大人の夜を華やかに演出してくれちゃうんですよね。
ちょっと、バブル時代を想い起してしまいますが・・・。
a0122931_1855546.jpg

海が見えるロケーション、風を感じるテラス席、都会的でスタイリッシュなインテリア、BOSEから放たれるグルーブ感溢れるサウンド、そして、お子ちゃまが居ない大人の客層、ホテルならではの丁寧且つフレンドリーな接客と、種類豊富なお酒と料理の数々・・・。
ヲイラが好きな要素テンコ盛りと言う感じで、こう言うスポットが出来て、嬉しい!
おまけに価格もリーズナブルと来れば、言う事なしです。
a0122931_18581560.jpg

営業時間は、18:30からの部と20:30からの部があり、90分の時間制限付きと言うところだけが、ちょっと不満が残るところです。
a0122931_18555474.jpg

でも、そんなに大箱の店ではないので、店のキャパシティよりニーズの方が遥かに大きいと考えると、少しでも多くの人に、この雰囲気を楽しんで貰いたいと言う店側の思いもあるだろうから仕方ないですね。
a0122931_18574466.jpg

出来れば、夕暮れ前後のトワイライトな景色と、完全な夜景の2つのシーンを楽しみたいと言う欲張りなヲイラは、18:30の予約で伺いました。
a0122931_18484061.jpg

想定通り、入店時の風景は、まだほんのり明るく、午後の解放感を残した雰囲気。
案内された席は、レインボーブリッジを真正面に臨める最高の席。
黒い籐を編んだゆったりとしたスクェアのソファーに、身を沈めます。
a0122931_1849081.jpg

ヲイラは、エキストラゴールド、相方は、お店オリジナルのカクテルを飲みながら、目の前を行き来する貨物船や遊覧船の姿をぼんやり眺めます。
a0122931_18505014.jpg

そして、空の色が少しずつ変わってゆく様を楽しみます。
潮風が気持ち良く、懸念していた蒸し暑さは全く感じませんでした。
a0122931_18492488.jpg

ドリンクは、カクテルを中心に、ビール、シャンパン、ワイン等、20~30種類、ノンアルコールドリンクも充実。
料理もアジアン、スパニッシュ、イタリアンとインターナショナルで種類も豊富。
ホテル専属のシェフが作る料理は、小皿料理800円、大皿料理1600円と料金体系もリーズナブル、且つシンプルで分かり易いところも高ポイント。
a0122931_1957787.jpg

そうこうしているうちに、空も完全に暮れ、レインボーブリッジやお台場の観覧車のイルミネーションが東京湾に鮮やかに浮び上がります。
a0122931_18554569.jpg

そして、この時間帯になると、先ほどの7色に変化するイタリア製のバーカウンターが、威力を発揮し始めます。
a0122931_1854885.jpg

7色の光のバックで鳴っていたBGMは、たぶん、「The Philadelphia Experiment」、家にあるCDとは別ものですが、サウンドがそっくりだから、たぶんそうだと思います。
店名にちなんで、「Manhattan Jazz Quintet」とかではなく、お隣のペンシルベニア州フィラデルフィアと言うのも、粋な外し方です。
a0122931_18573721.jpg

「生ハムとサラミの盛合わせ」、「シーフードのセビーチェ」、「鴨手羽のコンフィ」等、小皿料理4皿と、エキストラコールド、オリジナルカクテル、グラスワイン等、ドリンク5杯戴き、お札1枚でおつりが来ました。
a0122931_18505934.jpg

夏限定のオープンなのか、真冬は無理としても、その他の季節も営業するのか分かりませんが、大人のナイトシーンを彩るこのような素敵なスポットが出来た事は、本当に喜ばしい事です。
a0122931_18573712.jpg

興味のある方は、予約をしてから伺う事をお薦めします。
a0122931_18562743.jpg

バー&ダイニング・マンハッタンテラス
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
港区海岸1-16-2
03-5404-3921
18:30~23:00 
[PR]
by kansukenator1 | 2013-08-20 22:30 | BAR | Comments(0)

相模湾が一望! ロケーション抜群のインド料理店 SAGAR@二宮

息子は2週間の東南アジア、バックパッカーの旅から帰って来たと思いきや、すぐさま、北欧へ10日間の旅と、学生最後の夏休みをエンジョイしています。
そんな中、オヤジの方はと言うと、連日、朝も普段通りに早く起きて、パソコンと資料を広げて、夕方迄、お仕事と言う「とほほ・・・」な夏休みを過ごしています。
a0122931_1965796.jpg

そんな中、唯一の気分転換が、お昼ご飯と、夜一杯やる事くらい。
此方は、そんな夏休みのお昼に伺った相模湾が一望出来るインド料理店です。
a0122931_197738.jpg

場所は、二宮ICの真上で、国道1号線と西湘バイパスの間にある住宅街にあるので、地元の人以外には、ちと分かり辛いかも知れません。
国道1号線から行く場合、西湘バイパスの二宮ICに入り、途中、すぐに右手に入る側道があるので、その先の坂を少し登ります。
突き当りを左に短い橋を渡り、最初の路地を右に入って、真っ直ぐ進むと、そのどん詰まりにお店はあります。
「指帆亭」を目指す標識が出ている路地の1つ手前の路地を曲がれば無事辿り着けます。
海辺の別荘と言った佇まいの白い大きな一軒家です。
a0122931_1973496.jpg

ホールを担当しているのは、インド人の青年。(スタッフ全員、インド人)
日本語が50%位しか通じない事もあり、愛想は全くありませんが、感じ悪さもなく、緩い雰囲気で居心地もまあまあ良いです。
店の雰囲気も庶民的で、可愛らしいカレー屋さんと言った感じです。
a0122931_1964885.jpg

室内は、4人掛けテーブルが5つ位と、海に面したカウンター席が3席くらい。
一部の席を除いて、基本的には、どのテーブルに座っても海が見える造りになっています。
a0122931_1955286.jpg

そして、玄関の脇から下に降りると、西湘バイパスに沿って造られたテラス席があります。
a0122931_1955697.jpg

秋口くらいになれば、涼しくて気持ち良いでしょうが、流石に、くそ暑い真夏のランチタイムに、テラス席で食事をしている人は居ないようでした。
a0122931_1974715.jpg

MENUの種類は少なそうで、ランチセット3種類の他は、カレー3種を含んだターリーセット(2000円)くらいしか無さそう。
アラカルトもナンが数種類あるくらいのようです。
a0122931_1963084.jpg

ランチセットは、この3種類。

Aセット(1000円)
・・・カレー2種(チキン&ダール) + ナン + 小ライス + サラダ + ドリンク(コーヒー or チャイ)

Bセット(1300円)・・・カレー2種(キーマ&ベジタブル) + シ-クカバブ、あとはAセットと同様。

Cセット(1600円)
・・・カレー2種(ポーク&シーフード) + タンドリーチキン + デザート、あとはAセットと同様。

AセットとCセット、そして単品でチーズのナンをオーダー。
カレーは、A&Cセット共に、辛口でお願いしました。
a0122931_1963986.jpg

そして、美しい海に乾杯しなくちゃいけないので?、ビールも・・・。
でも、家に戻って、また仕事しなくちゃいけないので、ノン・アルコールで我慢。
テーブルに運ばれたのは、アサヒのドライゼロ。
やはり、インド料理に、アサヒビールのラベルは、絵的にアンマッチですな。
タイガービールとかに、ノンアルコールって無いんですかね?
a0122931_1954630.jpg

さて、カレーのお味の方ですが、ロケーションが売りの店で、カレー自体には、正直、全く期待していませんでしたが、そこそこ美味しく戴きました。
ただ、ナンは、粉に甘い味付けが施されているようで、個人的にはプレーンなナンの方が良かったです。
また、タンドリーチキンは、味自体は良かったのですが、焼きたて感は全くなく、随分前に作り置きしてあったものが運ばれたという感じだったのが残念でした。
a0122931_1951088.jpg

<総評>

カレーを食べ終えて、目の前の相模湾をぼーと眺めていると、さっきまで溢れ出ていた汗が徐々にひいてゆき、それと同時に、日頃の疲れも体から抜けて行くような気がして、とても癒されました。

店名は、インドレストランを名乗っていますが、カレー以外のMENUは、僅かしかなく、店の雰囲気から言っても、「インド人がやっているカレー店」と言った方が適切かも。
海を一望出来るロケーションは素晴らしいし、雰囲気も緩くてのんびり出来るので、機会があれば、また訪れても良いかなと言う印象。
a0122931_1953756.jpg

ただ、次回からは、Aセット(1000円)で十分。
こちらのCセット(1600円)と同価格の京橋のカイバルのセット(カイバルスペシャルタリー)の内容を比べると、あまりの違いに、次に、此方でCセットをオーダーする気になりません。

「お米はバティマスライスでない、ピリヤニもない、タンドリー料理も種類が少ない」と言うように、本格的なインド料理を求めている人や、インド料理でビールやワインを楽しみたい向きには向いていないと思いますが、友達や家族と、海を眺めながら、のんびりとカレーランチを楽しみたい方には一度訪れてみる価値ありだと思います。

現に、この日も、家族連れのお客さんが、途切れなく来店し、人気の程が覗えました。
a0122931_1952032.jpg

SAGAR (サーガー)
神奈川県中郡二宮町二宮75-22
0463-73-4837
11:00~22:00(L.O.21:30)
月曜休み
[PR]
by kansukenator1 | 2013-08-14 23:16 | エスニック | Comments(0)

サービス精神とホスピタリティーに支えられた拘りのフレンチレストラン!ラ マティエール@小田原

ネットを見ていた時、偶然、此方のレストランのHPに辿り着きました。
HPにあるシェフのブログを読んで、是非、シェフの造られる料理を食べて見たいと思い、数日後、ランチで伺いました。
a0122931_11564493.jpg

場所は小田原。
小田原城址公園近くにある二宮神社のちょっと先の一軒家レストランです。
車で行きましたが、小田原駅から歩くと10分くらい掛かると思います。
a0122931_11561266.jpg

店内は、テーブル席12人、カウンター席4人くらいの上品で落ち着いた大人の雰囲気。
ランチタイムはサービスチャージが掛からないにも拘わらず、各テーブルには可愛らしい花が飾られ、テーブルクロス、ナプキン共にリネンが使われていました。
a0122931_11505883.jpg

ランチ(4,725円)、ディナー(8,400円)共に、シェフお任せのコース1本のみで、テールブに運ばれるまで、何が出てくるのか分かりません。
そして、面白いのは、予約時間がランチは12:00、ディナーは19:00の1本しかなく、全てのお客に同じタイミングで、同じ皿が運ばれ、
同時に食事を終えるシステムです。
このシステムを聞いた時は違和感を感じましたが、実際に体験したら、全く問題ありませんでした。
a0122931_1154148.jpg

ランチは、12:00に席に着き、12:30から食事がスタートされます。
その間に、出された冷たいハーブティー。
a0122931_115172.jpg

グラスワインは、アラカルト以外に、コースの各皿毎に合わせたペアリングコースがあります。
レギュラーコースは、5種:6000円、量少なめのコースは5種:3500円でした。
量少なめのコースをオーダー。
a0122931_11495756.jpg

ノンアルコールのカクテル類も充実しています。
a0122931_11501256.jpg

コースの内容は、こんな感じでした。(料理の名称は適当です。)
          ↓
焼き茄子のラタトゥーユ

一般的なラタトゥーユとは、ちょっとイメージが異なるルックス、そして味わい。
冷たい焼き茄子の上には、細かく刻んだズッキーニ、トマト、パプリカ、更に、その上には、コンテチーズとバジルがトッピング。
良い味わいです。
a0122931_1151756.jpg

此方に合わせてセレクトされたワインは、「ジン キャスターズ」と言うシャンパーニュ。
しっかりした酸とシャープな味わいの力強いシャンパーニュで、料理との相性もぴったりでした。
しかし、昼間飲む泡って、本当に旨いっす。
a0122931_11512717.jpg

吉野川の稚鮎の焼きリゾット

四角く成型された焼きリゾット。
トッピングされているのは、スダチ。
白い泡は、ナンプラー。 
この組み合わせに驚かされますが、
お米が喉を通った後、稚鮎の仄かな苦味が口の中にフワッ~と広がり(感じられ)、2皿目もGoodです。
稚鮎の仄かな苦味と、青草のニュアンスのソーヴィニョン.がベストマッチング。
a0122931_11521814.jpg

パン

パンは、バゲット、ナッツ入り、ライ麦の3種類運ばれました。
バターは、発酵バターに岩塩がまぶされていました。
a0122931_11525279.jpg

とうもろこしのスープ

鮮やかなターコイズブルーの信楽焼きの器に注がれたとうもろこしの冷たいスープ。
添えられているのは、フォアグラと、リコッタチーズを一度凍らせてからアイスパウダー状にしたもの。
夏らしく、ひんやり、それでいてコクのあるボリューミーなスープです。
そして、このフォアグラがメチャ旨でした! 
「イス・アルジオラス」と言う仄かな甘みを感じるワインがフォアグラと良く合っていました。
a0122931_11524115.jpg

鶏のテリーヌ

シェフよりのサービスとして出された1品です。
牡蠣のエキスとホウレン草のジュレ、そして香味野菜のチャツネの2種類のソースで戴きます。
お料理をサービス戴いた上に、これに合うワイン(La Tosaのソーヴィニョン)までサービスして戴いちゃって、嬉しさ爆発です。
a0122931_11501511.jpg

ムール貝と鱸のポワレ

モンサンミッシェル産のムール貝は小粒ですが美味しいですね。
主役の鱸も美味しかったですが、それ以上に美味しく感じました。
そして、オマール海老のビスクソースも美味でした。
このワイン(シャルドネでしたが、銘柄は失念)が、華やかな香りと言い、味わいと言い、メチャ旨で、買って帰りたいくらいでした。
a0122931_11534454.jpg

北海道産黒牛のフィレステーキ

柔らかな肉質、程よい脂と赤身の旨み、そして絶妙な火入れ、美味しゅうございました。
赤ワインと黒オリーブの酸味の効いたソースも絶品!
付け合せはシャンピニオンワイン。
6皿の料理の中で、唯一の赤が供されました。
「ロッセーゼ」と言う品種のワインで、軽からず、重からずで、肉質に上手く合わせて来ますねぇ。
a0122931_11561481.jpg

この料理の為に運ばれた「ル・ティエール」のナイフ達。
ステーキを食べるに際して、テーブルにナイフのセットが運ばれ、お客に自分の好きなナイフを選んでもらうと言う演出が用意されていました。
a0122931_11551270.jpg

一見して、「ラギヨール」だと思いましたが、「ル・ティエール」と言うブランドのナイフだそうです。
実は、「ラギヨール」のナイフもティエール市で作られており、同市に行けば、どちらのブランドのナイフも売られているそうです。
どうりで、形状が似ている訳ですが、よく見ると、ティエールの方が男性的な感じで人目惚れしちゃいました。
a0122931_11551530.jpg

家にも1セット欲しところですが、高いんでしょうね・・・。
そして、切れ味も抜群で、ステーキをカットした時の感触が、柵のマグロをスライスする時のような感じでした。
a0122931_11504155.jpg

デザート

デザートは、桃、キャラメルアイス、桃のジュースにリコッタチーズを混ぜたブランマンジェの3種盛合わせ。
a0122931_11554236.jpg

ドリンク

ドリンクの選択肢は紅茶とコーヒー。
紅茶(マイティー リーフ)には、6種類の選択肢があり、ここでも、お客に、各々の茶葉を見せ、香りを嗅いでもらった上で選択してもらうと言う演出が用意されていました。
a0122931_11547100.jpg

ヲイラはコーヒーを、相方はボンベイ チャイ(シナモン、カルダモン、ジンジャー、ペッパー、クローブ等のブレンド)をお願いしました。
砂糖は、和三盆と甜菜糖の2種類が用意され、拘りが感じられます。
a0122931_1155535.jpg

此方は、料理はシェフ、サービスは奥様の2人で運営しているようですが、食材、調理法、食器、カトラリー、ワインから、客に対するプレゼンスタイルまで、その全てに対し、2人が並々ならぬ拘りを持って運営している事が感じ取れました。
そして、お2人のベースにあるのは、「お客様を喜ばせたい。 お客様に上質な時間を過ごして貰いたい」と言うサービス精神、ホスピタリティーだと感じました。
a0122931_11564345.jpg

ディナーもランチ同様、シェフのお任せコースのみですが、より上質な食材を使った多皿スタイルとなるそうで、そちらもそそられますねぇ。
ご馳走様でした。
a0122931_11571997.jpg

ラ マティエール (La Matiere)
小田原市城山4-1-11
0465-24-5512
昼 12:00
夜 19:00
定休日 火曜日 水曜日(不定休)
[PR]
by kansukenator1 | 2013-08-09 12:28 | フレンチ | Comments(0)