<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

仙台なら何処でも旨いと言う訳ではないですな!かき鮮 海風土@仙台

仕事で仙台を訪れたこの日、仕事も無事終え、美味しい海の幸で一杯の時間となりました。
たまの事だから、ちょっとくらい高くても良いから、良い店で、仙台ならではの飛び切り美味しいものが食べたい!と気合十分なヲイラ。
a0122931_1218444.jpg

仙台をよく訪れる知人から、「仙台は街中の普通の居酒屋でも、海鮮ものはメチャ旨いよ・・・。」
と聞いていたので期待を膨らませて、いざ出陣!
a0122931_12163358.jpg

と行きたいところでしたが、昼から降り出した雨は、夕方には本降りとなり、傘を差しながらの街中散策は流石に気が重い。
てな訳で、全く能がないと思いつつも、昼に牛たんを食べた仙台駅構内3Fにある「すしストリート」に向かった我々。
「仙台はどこでも旨いと言うから、駅ビルでも大丈夫だろう」と言う安易な考えからの行動でした。
a0122931_12162987.jpg

「すしストリート」には、『すし職人 銀次郎』、『気仙沼 あさひ鮨』、『魚屋さんの鮨 北辰鮨』等の7店舗が出店していました。
何の情報もなく、どこが良いのか全く分からない中、我々が入ったのは、『かき鮮 海風土』と言うお店。
a0122931_12224370.jpg

理由は、他店に比べ、鮨メインと言う感じではなく、地の海鮮に拘った1品料理が豊富にありそうだった事。
そして、好物の「牡蠣」のMENUが充実していそうに見えたから。
a0122931_12153937.jpg

a0122931_1216083.jpg

a0122931_12165732.jpg

店内は、カウンター席、テーブル席、座敷とあり、スペース的にもゆったりしています。
他店に比べ、客の入りも良いように見えました。
a0122931_12243977.jpg

そして、地元のお酒、地元の食材を中心に色々戴きました。
どれも、それなりに美味しく、価格もそこそこリーズナブルでした。
a0122931_12164238.jpg

連れは、美味しいと満足していたようでした。
仕事帰りとかの普段使いには良い店だと思います。
a0122931_12173735.jpg

ただ、「仙台の食」に対して、かなり高い期待値を持って臨み、都内や横浜では味わえないレベルの感動を期待していたヲイラの欲張った満足度は、残念ながら満たされませんでした。
a0122931_12222891.jpg

「流石に、仙台は凄い! 都内じゃ、このレベルの料理を、この価格で味わう事は到底無理だよね!」と言う感動が欲しかったんですよ。
a0122931_12205953.jpg

特に、鮨は期待値を大きく下回っていたなぁ・・・。
a0122931_1222618.jpg

まあ、冷静に考えてみれば、駅ビルの商業施設に入居している飲食店で、そんな感動を味わえる店があると思う事自体が甘いですよね。
a0122931_12244038.jpg

やはり、何の情報も待たずに、アウェイの土地に乗り込んで、感動を味わえる店や料理に出逢えるなんて思ってはいけませんね。
これは、肝に銘じなければいけません。
次回、仙台を訪れる際は、きっちり予習して来ま~す。
a0122931_1230407.jpg

この日、戴いたお酒と料理は、こんな感じです。

■生ビール

<利き酒セット>・・・3種で1合
■海(1200円)・・・一の蔵(松山町)、浦霞(塩釜)、黄金澤(美里町)
■風(1300円)・・・金紋両国(気仙沼)、墨廼江(石巻市)、栗駒山(栗駒町)
■土(1500円)・・・蔵王(白石市)、夢幻(加美町)、錦屋(一迫町)

<牡蠣>
■宮城県産 生牡蠣3P食べ比べ(1200円×2)・・・松島、女川、志津川
■牡蠣のガーリック味噌焼き(450円×2)
■牡蠣の天麩羅(900円)

<その他>
■がぜうに
■ほや刺身
■アサリのバター炒め
■真子カレイの唐揚

<鮨>
■頑張ろう東北! 握りセット
a0122931_12152848.jpg

かき鮮 海風土 (うぶど)
仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅 3F
022-212-2340
10:00~22:30(L.O.22:00)
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2013-06-29 18:16 | 和食 | Comments(0)

本場仙台で味わう迫力の牛たん定食!牛たん炭焼き 利久 仙台駅店

仕事で仙台に来ました。
仙台は美味しいものが沢山あり、1泊2日の旅(仕事)?で全てを制覇するのは難しく悩むところですが、戦闘前の昼食は「牛たん」、戦闘後の夕食は「鮨屋」か「居酒屋」の海の幸で一杯!と言うイメージで仙台駅を降りました。
a0122931_18501236.jpg

事前の簡単な予習の結果、「牛たん」は、『牛たん炭焼き 利休』の西口本店が良いのではないかと思っていましたが、外は生憎の雨、そして時間的にもあまり余裕がないと言う事で、仙台駅の駅ビル3Fにあると言う「牛たんストリート」なるところを覗いて見ました。
a0122931_18493674.jpg

そこは、「牛たんストリート」、「すしストリート」と呼ばれる牛たんと鮨の人気店が1つのフロアーに集結したコーナーとなっていました。
牛たん店は、『利休』、『喜助』、『伊達』、『善治郎』の4店が横一列に店を構えています。
さっと4店をチェックしましたが、牛たん定食に関しては、内容的に価格的にも、左程、差はない感じでした。
a0122931_1849654.jpg

調度、お昼の時間帯と言う事もあり、どの店も行列が出来ていましたが、その中でも、最も長い行列が出来ていたのが、『利休』。
やはり、『利休』か!!と納得して、その列に並びました。
本来ならば、街を歩いて、目当ての店を探し出すと言うプロセスも楽しく、こう言う安易なところ(駅ビル内の店)で済ますのは本意ではないのですが、観光ではなく仕事で来ている訳ですし、外は小雨だし、仕方ありません。
a0122931_18481097.jpg

店の外の通路の列に並んでいる場所からも、牛たんを焼いている様子が見えるので、気分が上がります。
a0122931_18503647.jpg

MENUは、炭焼きだけでなく、シチューやカレー、ハンバーグ等、バラエティ豊かな牛たんMENUが揃えられています。
客層は出張族や観光客だけでなく、地元の方と見受けられる人も多く、そう言う人達を飽きさせない為、色々、工夫しているのでしょう。
定番の「牛たん焼き定食」は、牛たん焼き + とろろ + 麦飯 + テールスープ + 漬物で、1575円。
同じ構成で、名称に、「極」の冠が付いた「牛たん焼き 極 定食」が、1995円。
ここは、ちょっと贅沢して「極」をオーダー。
a0122931_18493470.jpg

スタンダードの牛たん焼き定食と「極」の違いが、牛たんの量なのか質なのか分かりませんが、「極」の方が厚みは明らかに分厚いように見えました。

とろろ、テールスープ、漬物、麦飯と一品ずつ時間差で運ばれて来ますが、全部揃ったところを写真に収めたいので、最後の牛たん焼きが来るまで、じっと我慢です。
牛たんは、噂通り、かなりの厚さで、それが6ピースも盛られており、ボリューム満点。
これ程、分厚い牛たんを食べるのは初めてです。
a0122931_18494726.jpg

分厚いですが、肉に切れ目が入れられているので、さくっと噛み切れます。
それでも、その厚み故、肉に歯を当ててから噛み切れるまでのリードタイム「噛み切りタイム」は、まだっ?って位、長く感じます。
(ちょっと、大袈裟です!)

そして、お味の方も、炭火で焼いているからでしょうか、想像と違い、意外と脂っぽくなく、程良い香ばしさと共に、さっぱり戴けました。
それでも、6ピースは量的に多く、最後はちょっぴり飽きた感も・・・。
a0122931_1850585.jpg

テールスープにも、骨付きの大きなお肉がゴロリ。
スープは良い出汁が出ていて美味しいですが、もう少し、薄味だともっと良かった気がしました。
a0122931_1849690.jpg

また、牛たんの量から見て、麦ご飯とトロロは、もう少しボリュームアップしてもらえるとバランスが良かったかな。
この歳にして、本場仙台で戴く、初めての牛たん定食、満足しました。
a0122931_18484554.jpg

牛たん炭焼き 利久 仙台駅店 (ぎゅうたんすみやき りきゅう)
仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅 3F
022-214-3255
10:00~22:30(L.O.22:00)
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2013-06-28 23:05 | 和食 | Comments(0)

新緑の森に包まれビールを飲む贅沢! 樹(いつき)ガーデン@鎌倉

「森林浴 & テラスBeer」をテーマに鎌倉駅から寿福寺~化粧坂切通し~銭洗弁財天~源氏山公園・・・、と新緑の山道を歩いて来たこの日
最終目的地は、此方,「樹(いつき)ガーデン」。
a0122931_1831537.jpg

テラスでビールを飲んだり、食事をしたりする事がこの上なく好きなヲイラですが、此方は都内に良くあるようなレストランの建物の前に、申し訳程度に造られたちんけな(失礼!)テラス席とはスケールが全く違います。
何たって、山そのものをカフェにしちゃったオープンテラスのお店ですから。
a0122931_184098.jpg

元々、オーナーの別荘だったこの場所を、オーナー自らが、何年も掛けて手作りで作ったカフェだそうです。
a0122931_1895215.jpg

此方のカフェ、山の中にあるとは言え、鎌倉駅西口から市役所通りを10数分歩けば、簡単に訪れる事が出来るのですが、(但し、そこから150段以上の階段を昇らなければなりませんが・・・)より気持ち良さを味わう為、より美味しくビールを飲む為、わざわざ遠周りして、山道を1時間以上、汗をかきながら歩いて来た訳なんざんす。

大仏に向かうハイキングコースを歩いていると、突如現れる店の看板。
a0122931_18105111.jpg
看板に記された矢印の方向に細い道を少し歩くと、目の前に美しい森のカフェが見えて来ます。
a0122931_19172388.jpg

a0122931_183381.jpg

途中の小道に咲く百合や紫陽花が綺麗。
a0122931_18667.jpg

石段を降り、受付の前で、注文と支払いを済ませ、番号札を持って好きな席に座ると、注文したものをスタッフが席に運んでくれるシステムです。
席がこんなに沢山あるのに、何故、すぐお客の居場所が分かるのか、ちょっと不思議。
手渡された番号札にGPSチップが埋め込まれているとも思えませんしねぇ・・・。
a0122931_1865775.jpg

風薫る緑鮮やかな森の樹々を背景に、煉瓦作りの回廊のオレンジ、赤白ツートンのパラソルのコントラストが何ともフォトジェニックです。
a0122931_1863147.jpg

山の中のレストランと言うと、山の斜面を切り開いて広い平地を造り、そこにお店をを建てると言うのがよくあるパターン。
しかし、此方は、山の斜面に沿って、木立の隙間をぬって席を造っているので、景観に立体感があり、自然との一体感がより強く感じられるところが魅力です。
a0122931_1858487.jpg

MENUはドリンクの他、サンドイッチ、ケーキ等の軽食が数種類ある程度で、種類は多くないです。
此方で戴く最高のご馳走は、何と言っても、この森の景観ですから・・・。
a0122931_1843252.jpg

この雄大な大自然に包まれ、ビールを飲む。
何と贅沢な時間でしょうか!
a0122931_1861710.jpg

相方は、アイスコーヒーとパンプキンケーキをオーダー。
スタッフの対応も丁寧で、好感が持てます。
a0122931_1841184.jpg

あー、それから此方、8人集まれば、1人4000円で、手ぶらのバーベキューも出来るそうです。こんな素晴らしいな環境でBBQやったら、盛り上がるだろうなぁ。
a0122931_1863831.jpg

ちなみに、市役所通りからのエントランスは此方。
長谷トンネルの先の入口から、150段以上の階段を上れば、お店に辿り着きます。
a0122931_18104043.jpg

a0122931_1893391.jpg

此方で、お茶、またはビールが飲みたいけど、山道を歩くのは勘弁と言う方は、此方からどうぞ。
入口の横に、お店の駐車場が5台程あるので、運が良ければ、ここまで車で来れば楽ちんです。
(但し、アルコールを飲まない方は・・・)
a0122931_18102171.jpg

a0122931_181047.jpg

森の空気をたっぷり吸った後は、此方の階段を下って帰路に着きました。
あ~、気持ちの良い1日でした。
a0122931_18102371.jpg

樹ガーデン
鎌倉市常盤917
0467-31-4869
10:30~日没
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2013-06-22 12:17 | カフェ/スウィーツ | Comments(0)

梅雨の合間のミニ・ハイキング! 源氏山公園@鎌倉

梅雨の谷間の晴れた休日、日頃のなまった体と心をリフレッシュしようと、源氏山公園周辺をハイキング。
この日のテーマは、「森林浴 & テラスBeer 」です。
a0122931_19114867.jpg

鎌倉には、「天園コース」、「六国見山コース」、「大仏コース」等、お馴染みのハイキングコースが色々ありますが、この日は、もっとショートカットしたライトなハイキング。
時刻はちょうど正午、腹がへっては戦が出来ぬと、まずは「DADA」でピッツァ・ランチを済ませて、いざ出陣です。
a0122931_1910331.jpg

小町通りの脇道から横須賀線の線路を渡り、最初に立ち寄ったのは寿福寺。
a0122931_195556.jpg

この季節、ここは外せません。
新緑がホント綺麗!
人がごった返す小町通りの喧騒からは信じられない静寂の世界。
a0122931_196330.jpg

寿福寺は、1200年に北条政子が建てた鎌倉五山第3位の寺院。
境内の中は、正月など一部の時期を除き、一般公開はされていませんが、本堂の裏にある五輪塔(北条政子や源実朝の墓)や高浜虚子、大佛次郎らの墓は見る事が出来ます。
a0122931_1962968.jpg

前述の通り、境内には入れませんが、門の外から見た境内はこんな感じ。
a0122931_197520.jpg

しかし、この寺院の最大の魅力は、総門から本堂へまっすぐに続く石畳の参道の美しさです。
この参道を歩くだけでも十分訪れる価値がある寺院だと思います。
a0122931_1965996.jpg

特に、今の新緑の時期の美しさは格別で、派手さこそありませんが、緑鮮やかな木立に囲まれた石畳の参道は清楚な美しさが満ち溢れており、いつまでも、ここにずっと身を置いて居たい気持ちになります。
しかし、この日はお寺巡りが目的ではないので、後ろ髪を引かれながら、先に足を進めます。
a0122931_1962076.jpg

寿福寺からちょっと歩くと、英勝寺が現れます。
a0122931_1991095.jpg

英勝寺は、大田道灌邸に建てられた鎌倉に残る唯一の尼寺。
総門は閉鎖されていますが、裏手の通用門から境内に入る事が出来ます。
しかし、外からチラ見だけして、歩を進めます。
a0122931_1992351.jpg

アジサイと太田道灌邸旧跡の碑のツーショット。
a0122931_1992685.jpg

浄光明寺、海蔵寺も立ち寄りたいお寺ですが、この日はパスです。
a0122931_191002.jpg

化粧坂(ケワイザカ)へ向かう途中の住宅街の坂道。
途中にある大きな岩石。
a0122931_19105540.jpg

「化粧坂(ケワイザカ)切通し」を登って源氏山公園を目指します。
a0122931_19111878.jpg

険しい切り通しの坂。
a0122931_19121696.jpg

化粧坂(ケワイザカ)は、鎌倉七口と呼ばれる切通しの1つで、新田義貞の鎌倉攻めの際に激戦地となった古戦場。
三方を山に囲まれた鎌倉には、外との往来の為に、「鎌倉七口」と呼ばれる山を切り崩して作った道(切通し)が7つあり、化粧坂切通しはその1つ。
a0122931_19121556.jpg

日頃の運動不足で鈍った足腰には多少ハードな坂道ですが、住宅街のアスファルトの坂と違い、山の坂道は意外とすいすい行けちゃうものです。
a0122931_19123681.jpg

昔の人達も、今、自分が歩いているこの同じ道をワラジで歩いたのだなぁ、等と遥か遠い昔に思いを馳せながら、坂を登ります。
a0122931_19123625.jpg

化粧坂を登り切り、源氏山公園の頼朝像を見る前に、銭洗い弁財天にちょっと寄り道です。
銭洗い弁天、超久しぶり!
a0122931_19142756.jpg

アベノミクス効果で大分戻したとは言え、まだまだリーマンショックで受けた傷跡の完治には程遠い我家のバランスシート改善を宇賀神と弁財天にお祈りしました。
a0122931_19145872.jpg

境内の洞窟内の様子。
a0122931_1915790.jpg

備え付けのざるに紙幣や硬貨を入れ、鎌倉五名水に数えられる清水(銭洗水)で洗い、株価の上昇をお祈りします。
a0122931_19153120.jpg

しかし、お祈りも空しく、週明けの日経平均株価は「異次元の金融緩和」発表以前の水準まで下げてしまいました。 トホホ・・・です。
a0122931_19161151.jpg

再び、上り坂に引き返し、階段を登った先は・・・。
a0122931_19172055.jpg

源氏山公園の広場と源頼朝像にご対面。
a0122931_19191450.jpg

頼朝の鎌倉入り800年を祈念して建てられた高さ2メートルの坐像です。
歴史が今に息づく源氏山公園のシンボル。
今も、鎌倉の街を見守っています。
a0122931_19301196.jpg

更に歩きます。
a0122931_19203419.jpg

遠く海が見えて来ました。
厨子マリーナが見えます。
a0122931_19195194.jpg

ここからは下り坂。
a0122931_19214558.jpg

普段、あまり使わない足腰の筋肉をいっぱい使って、気持ち良いです。
a0122931_1921236.jpg

住所表示からも街に近付いて来たことが分かります。
a0122931_1922794.jpg

テラスBeer が戴けるカフェの看板が現れました。
時計を見ると、途中、寄り道をしながら、約1時間半程歩きました。
この日の山歩きは、ここでお終い。
癒しの「Beer Time 」の模様は次回のご報告と言う事で、本日はここまでです。
a0122931_19265220.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2013-06-15 18:38 | 散歩/旅行 | Comments(0)

Buono じゃん!ランプレドット! ピッツァ DADA@鎌倉

鎌倉、若宮大路沿いにある人気のピッツァ専門店「ピッツァ・ダダ」。
ピッツァが美味しい事は言う迄もありませんが、ピッツァ専門店としてはサイドMENUが充実している点も、個人的には高ポイントのお店です。
a0122931_18172357.jpg

源氏山へハイキングに行く前にランチで訪問。
開店を待つ10人ほどの列が出来ていましたが、すんなり入店出来ました。
a0122931_18115441.jpg

最近、テレビで取り上げられたとかで、更に混み合っているそうです。
a0122931_18121311.jpg

前菜に蛸とジャガイモのサラダ、ランプレドット、ピッツァはマリナーラとサルシッチャをオーダー。
まずはハートランドで喉を潤します。泡のキメが細かくて旨い。
a0122931_18173429.jpg

蛸とジャガイモのサラダ

蛸は茹でた後に酢漬けしてあるようで、酸味が効いた味付け。
他にもオリーブやケイパー等、酸味の効いた食材満載ですが、ジャガイモが入る事で酸味が中和され、調度良い味わいになっています。
a0122931_181227100.jpg

ランプレドット

ランプレドットはフィレンツェの伝統料理で、要はモツの煮込み。
トリッパは、今やどこのイタリア料理店でも普通に食べられるようになりましたが、ランプレドットがMENUにある店は少ない気がします。

フィレンツェでは、ランプレドットをパニーニで挟んだものが屋台で売られており、市民に親しまれていると言う事をテレビで観た事があり、興味があったので、即オーダーしました。

味付けは、塩とニンニクのみ? 内臓は丁寧に下処理されていると思われ、臭みは全く感じられず、とても美味しかったです。
唐辛子の辛さを効かせた赤いソースと、清涼感溢れる緑鮮やかなバジルソースの2種類のソースが添えられており、これを付けていただく事で、モツの脂こっさが中和させると共に、味わいに程好いアクセントを与えていました。
a0122931_18123598.jpg

この後、山道歩くし、1杯で止めておこうと思っていましたが、意志が弱く、お替り!
a0122931_18124547.jpg

マリナーラ

マリナーラは、ナマのニンニクがこれでもかっ!ってくらい乗せられていて、刺激十分。
a0122931_18131042.jpg

サルシッチャ

サルシッチャは必ずオーダーするお気に入りのピッツァ。

こちらのピッツァは、粉の風味、生地のもちもち感、薪釜ならではの香ばしいさ、等々、その美味しさは勿論ですが、サイズが通常のナポリピッツァよりやや小ぶりなところもお気に入りのポイントです。
a0122931_18133744.jpg

Pizza dada (ピッツァダダ)
鎌倉市雪ノ下1-11-2 雪ノ下ビル 1F
080-2338-1127
【平日】
12時~15時
17時~22時
【土日祝日】
12時~21時
定休日 水曜
[PR]
by kansukenator1 | 2013-06-14 22:54 | イタリアン | Comments(1)

危うし! 成就寺の紫陽花@鎌倉

小高い丘の上に建つ本堂に向かって石段を登って行くと、参道の両側に咲き誇る色とりどりの美しい紫陽花の向こうに、遠く、由比が浜の海と大空が広がるまるで絵画のような絶景が望めた成就寺。
a0122931_1803951.jpg

まだ、ちょっと早いかな?と思いつつも、ピークを狙っているうちに、雨が降ったり、用事が出来たりで、結局、時期を逃して季節が終わってしまうと言う失敗が多いので、思った時が吉日と、天気が良かった6月の最初の休日に出掛けて来ました。
a0122931_1862452.jpg

長谷駅近くのコインパーキングに車を停めて、裏道から成就寺を目指します。
a0122931_182540.jpg

a0122931_1815692.jpg

長谷駅から成就寺までは僅か6~7分程の距離ですが、初夏の爽やかな風と、柔らかな陽射しと浴びながらの散歩は、やたら気持ち良いです。
a0122931_1831583.jpg

そして、成就寺に着くと、やはりと言いますか、紫陽花の咲き揃い具合は、まだまだと言う状況でした。
やっぱり、時期がちょっと早過ぎたか!と思いましたが、どうも、それだけでは無さそうな感じ。
a0122931_1825533.jpg

a0122931_182527.jpg

参道の片側、相模湾に向かって左側の花の数がやたら少ない。
よく見ると、株(苗床)が死んでしまっているように見えます。
a0122931_1841034.jpg

ちゃんと手入れをしているのだろうか?と一瞬、思ってしまいました。
此方は、最近、パワースポットとして注目を浴びているので、紫陽花は手を抜いていると言う訳ではないと思いますが・・・・。
a0122931_1842642.jpg

拝観料も取らないし、キツイ事は言えませんが、多くの人達が、この時期を楽しみにしている名所なのですから、何とか紫陽花の方も復活させて欲しいと願うばかりです。
a0122931_183447.jpg

<おまけ>
長谷駅近くの商店街に立つアジサイに囲まれた赤いポストが可愛らしい。
a0122931_1863799.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2013-06-04 18:28 | 散歩/旅行 | Comments(0)

やっぱり、旨んめーすっ!ラスカル@大磯

雰囲気も料理も大好きなお店。
最近、ランチ営業を止めているらしく、ちょっと残念。
まー、昼に行く事は少ないんですけど・・・。
a0122931_11593418.jpg

この日も、全部、美味しくて、大満足!
いつも、今日は何を食べようかと、色々迷っている割には、振り返ってみると、同じようなMENUばかり戴いている気がします。
この日も、そうでした。
a0122931_1159132.jpg

この日は、この3皿で、お酒を飲みーの・・・、
■チベタンモモ(ネパールの揚げ餃子)
a0122931_11572773.jpg

a0122931_11572993.jpg

■ヤムウンセン(タイ風はるさめサラダ)
a0122931_11582631.jpg

■豚バラのミルフィーユみたいな料理(名前失念)
a0122931_11583591.jpg

そして〆は、この2皿。
■ラオスチャーハン
a0122931_1158687.jpg

■カオマンガイ
a0122931_11585660.jpg

この5品のうち、初めて戴いたのは、「豚バラのナンチャラ」と「ラオスチャーハン」の2皿。
そして、これが両方共、旨いの何のって・・・。
a0122931_11592054.jpg

エスニックなスパイスが効いたラオスチャーハンは大ヒット!
ヲイラの中で、〆のMENUとして不動の地位を誇っていたカオマンガイに勝るとも劣りません。
a0122931_11592567.jpg

初めて、ヤムウンセンを戴いた時、家で真似して作り、それ以来、我家の人気MENUの1つになりましたが、今回、このラオスチャーハンも真似っこして作ってみました。

結構、近い味が出せて、良い感じでしたが、何かが足りない!
また食べに行って、研究しなくっちゃ・・・。
a0122931_11593951.jpg

アジア食堂RASCAL
中郡大磯町高麗2-11-46
0463-61-8783
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 月曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2013-06-01 11:48 | エスニック | Comments(0)