<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「東京 HIKARI VISION」、人が押し寄せ過ぎて、急遽中止@丸の内

東京ミチテラス2012の「東京光ビジョン」を観ようと、イブの前日、12月23日に東京駅に出掛けてみたら、凄い事になってしまいました。
a0122931_18401451.jpg

a0122931_184042.jpg

ちなみに、『東京ミチテラス2012』とは、東京駅丸の内駅舎が復原完成し、益々脚光を浴びる丸の内エリアを舞台とした「歴史、未来、希望」を基本テーマとした光の祝典。
「東京光ビジョン」は、東京駅丸の内駅舎をスクリーンに見立て、「プロジェクションマッピング」と呼ばれる最新の映像技術を駆使して繰り広げられる光のショーです。
当初は、12月21日~28日までの8日間、午後6時頃から7時40分迄、1回10分程の映像を、1日3回、上映される事となっていました。
a0122931_18435461.jpg

混雑する外を避けて、新丸ビルの7Fのテラスから、このショーを観ようと、わき目も振らずに、新丸ビルに向かったヲイラ。
最初の上映が始まる1時間前くらいにと思い、5時前に7Fに辿り着きましたが、その時点で、既に誤算が生じていました。
a0122931_18394273.jpg

普段、自由に出入り出来るテラスが、イベント期間中は、入場許可証を持っている人以外、一切、入れない仕組みとなっていたんです。
その入場許可証は、7Fフロアにある飲食店で、食事券3000円以上を購入すると、戴けると言うシステム。
では、その食事券を購入しようとしましたが、23日の当日入場出来る券は、既に完売となっていました。
a0122931_18445516.jpg

仕方ないので、お茶でも飲んで、開演時間を待とうとしましたが、どの店も1~2時間待ちという状況。
諦めて、下に降りると、今度は、新丸ビルの東京駅側の出入口がクローズされています。(涙)
反対側の出入口から外へ出ると、歩道は、既に、身動きも出来ない程の人の群れで、ごった返していました。
a0122931_18403092.jpg

人混みを必死に掻き分け、何とか、駅舎を正面から観れる場所に辿り着き、最悪の環境の中ではありましたが、何とか、約10分間の映像ショーを観る事が出来ました。
a0122931_18434086.jpg

a0122931_18435057.jpg

しかし、10万人を超える人が、この狭いエリアに一挙に集まった為、車道まで人が溢れ、非常に危険な状況となっていました。
a0122931_18404949.jpg

a0122931_18413550.jpg

そして、1回目の上映を見終えて、駅に戻ろうとしても、人の群れが、波のうねりか竜巻のような状態となり、いつ、将棋倒しになり、怪我人が出ても、全く不思議でない様相を呈し、その凄まじさは尋常ではありませんでした。
a0122931_18422931.jpg

目の前の横断歩道を渡ろうにも、警察官により歩行禁止とされ、身動きが出来ない状況が続きます。
と、その時、丸の内警察より、「人が集まり過ぎて危険!」との判断により、この日の上映が急遽中止される旨のアナウンスがなされました。
a0122931_18395534.jpg

しかし、それを知らずに、更に、人が集まって来ます。
結局、我々は、東京駅に戻るのは諦め、有楽町まで歩いて帰る事にしました。
いやー、疲れました。
これ程までの混雑を体験した事はないです。
a0122931_18443166.jpg

でも我々は、一応、上映を観れたから、まだ良い方ですが、上映中止を知らずに東京駅までやって来て、このパニックに巻き込まれた人は、全くもって、気の毒です。
でも、もっと気の毒なのは、この「東京光ビジョン」に全く関係なく、ショッピングや食事を目的に丸の内にやって来た人達や、ただ単に、用事で東京駅を通過している人達ですね。
a0122931_18415395.jpg

幸い、大きな事故が起きたと言う話は聞いていないので良かったですが、もし起きていたら、これは人災として警察や主催者の責任が問われたでしょうね。
a0122931_1841451.jpg

映像ショーは、素晴らしく、感動的だったので、もっと落ち着いて、多くの人々が観れる場所で上映して貰いたいものだと思いましたね。
a0122931_18414377.jpg

翌日以降の展開がどうなるか注目されましたが、結局、翌日24日のイブから最終予定日の28日まで、全ての上映が中止となりました。
[PR]
by kansukenator1 | 2012-12-26 19:28 | MUSIC/アート | Comments(1)

息子からのBDプレゼント!

今月、また1つ歳をとってしまいました。
「お誕生日おめでとう!」
と言われても、人生の曲がり角を過ぎた人間にとっては、頭や体の衰えが進むだけで、
正直、あまり、おめでたくはないんですけどね・・・。
a0122931_17292744.jpg

でも、そうは言いつつも、この歳まで、そこそこ健康で生きて来れた事に、感謝しなければならないと言う事も分かっていますよ。
それも、「親や、家族、友人に支えられて・・・」と言う言葉を添える事も忘れてはいけませんね。
a0122931_1729125.jpg

誕生日の翌日、帰宅したら、息子から、誕生日プレゼントを貰いました。
たぶん、初めての事だと思います。
(幼い時に貰った、クレヨンで描いた父親の似顔絵のプレゼントは除いて)
a0122931_17292362.jpg

せっかく、一生懸命、バイトしているのに、こんなプレゼント買ったら、バイト代が飛んで行ってしまうのにね・・・。
でも、息子も、そう言う年齢になったんですね。
自分が、歳をとるのも納得です。
a0122931_17291553.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2012-12-24 23:26 | その他 | Comments(0)

名古屋コーチン専門店 「鳥しげ」@名古屋

1泊2日の名古屋出張。久しぶりの名古屋です。
名古屋と言えば、味噌煮込みうどん、ひつまぶし、名古屋コーチン、きしめんと名産品が色々ありますが、考えてみると、ヲイラ、名古屋コーチンと言うものを意識して食べた記憶がない事に、はたと気付いたんです。
a0122931_1831537.jpg

もしかしたらですが、生まれてから一度も口にした事がないかも知れません。(たぶん、それはないと思いますが・・・)
と言う訳で、今回、是非、このブランド鶏を正面から味わってみたいと思い、新幹線の中で、お店を検索。
そして、琴線に響いたのが、「千亀」と言う焼鳥屋さんと、こちらの「鳥しげ」さん。

風俗街の雑居ビルの2Fに店を構える「千亀」さんと、東京第一ホテル錦に店を構える「鳥しげ」さん。
ロケーションが対極にある両店ですが、どちらも、なかなか良さげで、惹かれます。
迷った結果、選んだのは「鳥しげ」さん。
a0122931_18304758.jpg

此方は、鶏の卸会社が経営する直営店で、純系名古屋コーチンしか使用しないと言う「コーチン専門店」。
品質と鮮度に拘り、毎日、その日の朝引きのコーチンだけを使用していると言う点が、此方を選んだ理由です。
a0122931_1830535.jpg

時間帯が、早かったので、直前の予約でしたが、カウンター席をゲットする事が出来ました。
此方は、焼鳥(串焼き)は、カウンター席でしか注文する事が出来ず、テーブル席では、串を打っていない「炭火焼きの盛合わせ」になるとネットに書かれていたので、カウンター席が取れてラッキーでした。
a0122931_1831239.jpg

MENUには、魚介類のお造り等もありましたが、鮮魚はどこでも戴けますので、名古屋コーチンに絞ってオーダー。
a0122931_1834741.jpg

コーチンお造り(数量限定)

全く、臭みがなく、色々な種類の部位の味わいの違いが楽して楽しい。
どの部分も瑞々しく、コクのある美味しいお造りでした。
生の肉や内臓料理に対する規制が、どんどん厳しくなる昨今、こうした美味しいお造りが戴ける事に、ただただ感謝です。
a0122931_18312739.jpg

<串焼き>
せせり

せせりは首の部分。 
食べる順番を迷ったら、体の上から順に戴くと良いそうです。
と言う訳で、まずはせせりから。 柔らかな弾力が感じられ美味しい。
a0122931_1832368.jpg

ささみ(写真、手前)
皮(写真、奥)

ささみは、梅かワサビかを選択。我々はワサビをお願いしました。
ワサビは茎の部分を細かく刻んであり歯ごたえがある
a0122931_18321236.jpg

砂肝(写真、手前)
レバー(写真、奥)
大好物の砂肝。 レバーはタレで戴きました。
a0122931_18322267.jpg

親鶏もも(写真、手前)・・・数量限定

子供を生んだ親鳥は、若鳥に比べ、身が硬くて食べにくいので、あまり人気がなく、商品として使われる事が少なかったそうですが、近年、にわかに、人気が出ているそうです。
もともと、数量が、若鶏の何分の一しか存在しないので、今は、品薄で、此方でも数量限定MENUとなっていました。
柔らかくジューシな若鶏も勿論美味しいですが、弾力ある歯ごたえと言い、滋味深い風味と言い、濃厚な旨みと言い、ヲイラはこの親鶏がとても気に入りました。
a0122931_18323175.jpg

ソリレス(上の写真、奥)

それって、何ですか? 初めて聞く名前ですけど・・・。
聞くと、もも肉の一部、家禽類の腰骨の付け根の窪みについた肉で、1羽にたった2個しか取れない希少部位だそうです。
ちなみに、ソリレスとはフランス語で「愚か者はそれを残す」という意味だとか・・・。
身が締まっていて美味です。これも、とても気に入りました。

月見つくね(コーチン卵)

是非とも、食べてくださいと店長に勧められて、戴きました。
(勧められなくても、注文していたと思いますが・・・)
炭火焼の香ばしさと、ミンチの中に混ぜられた鶏皮?が、歯ごたえにアクセントを付けています。
付けて食べる卵も、勿論、名古屋コーチン。
こちらの卵も、表面がプリンプリンの凄い弾力で、味も濃厚。
a0122931_18324329.jpg

コーチン親子丼(ハーフ)

ご飯の上にコーチンを乗せ、その上にスクランブルエッグを乗せ、甘いタレを掛けられたちょっと変わった親子丼。
コーチンのオムレツ?と言うか、オムライス?のような感じ。
親子丼には、スープと漬物が付きます。
ん~む、ヲイラは、卵とろとろの普通の親子丼の方が好みです。
a0122931_18325027.jpg

親子丼だけは、「???・・・」と言う感じでしたが、お造りと串焼きは、どの部位も、全て、とても美味しかったです。
純系名古屋コーチンは、さすがの美味しさでした。
此方は、その中でも、身が柔らかな雌鶏のみを使っているそうです。
お店の雰囲気も落ち着いていてGOODでした。
でも、ヲイラは、比内地鶏とどちらが美味しいかと尋ねられれば、比内地鶏と答えるかも知れません。
a0122931_18335835.jpg

2人で、ビール6杯、そしてグラスワインを覚えてないくらい飲んでしまったので、1人、1万円くらい行ってしまいましたが、普通に飲めば、5~6千円くらいで、落ち着いた雰囲気の中、美味しいコーチンが味わえるお店です。
a0122931_18335018.jpg

名古屋コーチン 鳥しげ
名古屋市中区錦3-18-21 東京第一ホテル錦 1F
052-972-1331
定休日 日曜日
a0122931_18334090.jpg

上の写真は、「とり重」さんを出て、名古屋駅に戻り、宿泊先のホテルの近くのデニーズで撮ったものです。
この日は、愛知・豊田スタジアムで、クラブW杯の南米代表コリンチャンスとアフリカ代表アルアハリの試合が行われた日。

どうりで、新幹線の中も、はしゃぎまくる外国人で埋め尽くされていていたし、名古屋に着いても、街中は歌い吼える外国人軍団の群れが闊歩しているし、ホテルも、ファミレスも同様。
ブラジルからやって来たコリンチャンスのサポーターに町が占領されてしまった1日でした。
[PR]
by kansukenator1 | 2012-12-20 18:30 | 和食 | Comments(0)

自民党政権復活! 日本沈没させんよう、冗談抜きで、ひとつ頼みまっせ!

これが、今朝の新聞。
予想通りと言うか、予想以上の自民圧勝、そして民主の大敗となりましたね。
a0122931_1254074.jpg

そして、こちらが、3年半程前の2009年8月31日と、1年ちょっと前の2011年9月3日の新聞の一面です。
a0122931_1265839.jpg

今更ですが、政治は、やる気や、真面目さだけで、出来る程、甘い世界ではないですからね。
それにしても、変われば、変わるものです。
守りは難しく、攻める方は、いつも、勢いがありますね。
a0122931_1252917.jpg

そして、「もう、ウンザリ! 誰がやっても同じ。 政治には何も期待していないよ!」
と言った声が巷に広がっていますが、ヲイラは、多少、楽観的に考えています。

民主党も、野党の立場で、理想論ばかり唱えていましたが、実際に政権政党となってみて、多くの壁の存在に直面し、改革の難しさを思い知ったでしょうし、与党に返り咲いた自民党も、昔の自民党と同じ事を繰り返せば、またすぐに、引き摺り降ろされる事は十分に学習している筈です。

今回の選挙が、これからは、与党、野党共に、党利だけに目を奪われず、世界の中での日本の国益と、国民の幸福の実現を第一優先に考えて行動する、一皮向けた大人の政治が始まるターニングポイントになってくれると信じています。

そうならなければ、本当に、日本は沈没してしまいますから・・・。

ただ、首相となる安倍氏の発言が、かつて、首相だった当時に比べ、かなり攻撃的で強引になっている点が気になります。
側近の意見も無視して、「黙って、やれ!」的な言動が目立つとも聞きますしね・・・。

政治の世界もも経済も、世界規模で、大きな潮流の変化が起こり出している感じがしますね。
時代の変わり目でしょうか?
これから、様々な面で、本当の意味での試練が始まるのでしょう。
ヲイラも、もう少し、真面目にやらんといかんかなぁ!
[PR]
by kansukenator1 | 2012-12-17 23:56 | その他 | Comments(0)

我家にスピーカーが戻って来た! B&WのCM5

1年半ぶりに、我家にオーディオスピーカーが戻って来ました。
何百万円もするシステムを持っている友人にも相談に乗ってもらい、迷った挙句に選んだのは、B&W(Bowers & Wilkins)社の2ウェイ・バスレフ型のスピーカー「CM5」。
選んだ色は、光沢が美しい「ピアノブラック」。
a0122931_12155434.jpg

外形寸法が、(W)200×(H)340×(D)301mmと、過去に使ったスピーカーの中も、最も小ぶりのスピーカーですが、こやつ、音質もパワーもなかなかのものなんです。
ルックスも可愛くて気に入っています。
リビングに置くので、インテリア的にも部屋にマッチしたデザインであると言う事が、選択の重要なポジションを占めていました。

専用スタンドもスパイクも付けず、ラックにじか置きと言う、かなり乱暴と言うか、手抜きのセッティングなので、本来の音が鳴ってくれるか心配でしたが、ただ、ケーブルを繋げただけで、何のチューニングもしない状態でも、結構、ご機嫌なサウンドを鳴らせてくれ、びっくり。

記念すべき最初にかけた音源は、「ダイアナ・クラール」のパリでのライブのDVD。
続いて、ウェザー・リポート、ブレッカー・ブラザース、マーカス・ミラー、コルトレーン、ツェッペリン、ダニー・ハザウェイ、山下達郎・・・、と言う具合に、女性ヴォーカル、男性ヴォーカル、ジャズ・フュージョン、R&B、ロック、ジャパニーズ・ポップスと色々試してみましたが、どれも及第点。

クリアでありながら、パワフルで膨らみのある重厚な低音域、透明で繊細な表現力を持った広がりのある中高音域。
音の分解能も良く、このままでも十分OKですが、ゆっくりと、色々、いじくって行きます。
まずは、スパイクを付けるのと、ケーブルをもう少し高級なヤツに交換してみようと思います。

でも、かなり正直なスピーカーなようで、元の音源が悪いものは聴けないかも知れません。
[PR]
by kansukenator1 | 2012-12-15 12:39 | MUSIC/アート | Comments(2)

2012年紅葉散策PART③・・・中尊寺@平泉

2012年みちのく紅葉散策、最後の訪問先は中尊寺。
中尊寺は紅葉目当てと言うより、金色堂が最大目的。
別に、金箔モノ好きと言う訳ではありませんが、この金色堂は、ほんと、素晴らしかったです。
痺れました。

<金色堂> 
a0122931_1940024.jpg

特に、夜光貝の螺鈿細工、透かし彫りの金具、漆の蒔絵などが施された4本の巻柱、須弥壇、天井等の豪華さと美しさは感動モノでした。
まさに、平安美術の粋を結集した芸術作品です。
これは、入館料800円支払っても、観る価値は十分あります。

写真撮影が禁止なので記録に残せないのが残念ですが、心のハードディスクに、しっかりと焼き付けました。
(下の写真は、ネット上の写真のコピーです。悪さはしていません。)
a0122931_1843081.jpg

<経堂>
・・・金色堂と共に、900年前の中尊寺建立当時から残る貴重な建物。
a0122931_18581948.jpg

a0122931_18584392.jpg

a0122931_1859584.jpg

・・・堂の中は、こんな感じ。
a0122931_1923897.jpg

<????>
・・・経堂の近くにあったスポット。 
a0122931_1913100.jpg

・・・何と言う施設か名前が分かりませんが、この日、一番、紅葉が綺麗だったスポットでした。
a0122931_19393445.jpg

a0122931_1901115.jpg

a0122931_1903215.jpg

a0122931_19392397.jpg

a0122931_19395172.jpg

<鐘堂>
・・・県指定文化財の梵鐘。 良い味出してますなぁ。
a0122931_1923899.jpg

<本堂>
・・・中尊寺一山の根本道場であり、最も大きな建物。
   ここの表門は、薬医門の様式を残した貴重なもので、伊達兵部宗且勝の屋敷を移築したものと伝えられているそうです。
a0122931_191243100.jpg

a0122931_1912441.jpg

a0122931_1913490.jpg

<薬師堂>
・・・こちらも、枯れてますなぁ!
a0122931_19233565.jpg

a0122931_19231741.jpg

a0122931_18544555.jpg

<月見坂>
・・・道の両側には、江戸時代に平泉を治めていた伊達藩によって植樹された樹齢300~400年と言う杉の並木が続き、歴史の長さを物語っています。
a0122931_19234437.jpg

a0122931_19171120.jpg

・・・眼下には、北上川を望める雄大な景色が広がっています。
a0122931_19171986.jpg

<弁慶堂>
・・・1828年に再建された茅葺のお堂で、弁慶の立ち往生の木像が安置されています。
a0122931_19174411.jpg

a0122931_19235311.jpg

<弁慶の墓>
・・・参道入口に隣接するロータリーの向こうに見える緑のこんもりした山は、弁慶の墓と伝えられているそうです。
a0122931_19175812.jpg

藤原家が、100余年にも亘って、この地を統治し続けられたのは、人々の平和を守ると言う強いポリシーが貫かれていたからなんでしょうね。
だから、住民も藤原家に従ったのだと思います。
今の政府と比較しちゃ駄目ですよね。
a0122931_19181294.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2012-12-04 22:56 | 散歩/旅行 | Comments(0)