<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

たかがカレーパンだけど! パティスリーSATSUKI@ホテルニューオータニ

甘いものに、あまり興味がないヲイラでも知っている、此方のスーパーシリーズ。
スーパーメロンショートケーキなんかは、ちょっと食べてみたいなと思っちゃいます。
でも1個、1600円もするとね~。
a0122931_1275744.jpg

でも、今日のお話は、「スーパーシリーズ」ではなくて、「揚げパンシリーズ」の方です。

今回、購入したのは、カレー、ハヤシ、そして海老蟹グラタンの揚げパン3個。
お値段は、カレー(660円)、ハヤシ(800円)、海老蟹グラタン(840円)で、〆て2,300円也。
庶民的な菓子パン(表現が昭和的?)のお値段としては、かなり、ぶっ飛んでる価格です。
a0122931_1275082.jpg

でも、これが中途半端に高いのなら軽くスルーしてしまうところですが、ここまでの価格を付けられると,逆に、どれ程美味しいんだろうかと購入意欲を刺激されてしまいます。
そこが戦略なのでしょうね?笑
a0122931_1274285.jpg

そして、さすがは、お坊ちゃん育ち、お嬢さん育ちの揚げパン達。
扱われ方もセレブです。
a0122931_127588.jpg

お店の手提げ袋から彼らを取り出すと、1つ1つ、こんなに立派な袋に包装されています。
a0122931_128898.jpg

そして、袋を開けると、またまた、別の紙に丁寧に包まれています。
a0122931_1283634.jpg

やっと、パン全体が姿を見せました。
意外と普通?
a0122931_12124192.jpg

ナイフで2つに切ると、中はこんな感じ。

カレー(660円)
カレールーが塗り込まれた黄色いパン生地の色が鮮烈。
そして、この生地が甘くて美味しい。
中には、大きな角切りのビーフの塊がゴロ~ンと入っていて豪快です。
ここが、近所のパン屋さんで売っている普通のカレーパンとの違いですかな。
a0122931_1284716.jpg

エビカニグラタンの揚げパン(840円)
オマール海老とタラバ蟹の身を加えたホワイトソースとペンネのグラタンを生地に詰め込んで揚げてあります。
ホワイトソースに絡められたオマールとタラバのエキスの旨さが感じられますが、生地の大きさに対し、具の量が少し、物足りなく、価格を考えると、しょぼく感じました。
a0122931_12121563.jpg

ハヤシ(800円)
ルックスは、カレーパンと似ています。
こちらも中に、大きなビーフの塊がドカ~ン。
どこか懐かしい味わいを感じます。
a0122931_1212297.jpg


休日のブランチで戴きましたが、コーヒーやミルクでも良いですが、赤ワインに合わせても悪くない揚げパンでした。
話のネタには面白いですが、庶民のヲイラがリピーターになる事はないと思います。

パティスリー SATSUKI
千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ東京 ロビィ階
03-3221-7252
11:00~21:00
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-29 12:19 | カフェ/スウィーツ | Comments(0)

イタリアンレストランの絶品ベーコン・チーズ・バーガー! シャトン@盛岡

1月に仕事で盛岡を訪れた際、訪問が叶わなかった此方、シャトンさんに念願の初訪問。
イタリア系ブラジル人のジョアンさんがオーナーシェフを務めるイタリアンのお店ですが、何故かハンバーガーでも話題を集めているお店です。
a0122931_123912100.jpg

盛岡を訪れる機会は、そう多くはないので、セッティングされていた仕事関係者との駅前のホテルでの昼食会の料理にはあまり手を付けず、昼食会がお開きとなるや否や、1人こっそり、お店に電話し、予約を取って駆け付けたと言うかなり根性の入った行動を起こしたヲイラ。
a0122931_12433957.jpg

場所は、盛岡駅からタクシーで15分くらい、県庁や市役所が建ち並ぶ大きな通りを少し中に入ったところにありました。
お店に着いたのは、2時前とピークタイムを過ぎていましたが、それでも店内はほぼ満席で、さすが人気店です。
ちょうど、1つ空いていたカウンター席に通されました。
a0122931_12331139.jpg

ランチMENUは、パスタ系、ハンバーガー系、1品料理系に大別されています。
パスタ系は、単品の他、カップスープ + ミニサラダ + パスタ + ドリンクのセット(960円)と、これにメイン(肉か魚を選択)とドルチェが付くコース(1500円)
パスタの選択肢は10種類程。
a0122931_12325946.jpg

ハンバーガー系は、スタンダードバーガー(945円)、チーズバーガー(1050円)、そしてベーコン・チーズバーガー(1150円)の3種類。
これだけの種類の料理を1人で切り盛りしているのが、髭を蓄えたお顔も、体もまん丸で愛嬌たっぷりのイタリア系ブラジル人シェフのジョアンさん。
a0122931_12332779.jpg

噂のベーコン・チーズ・バーガーにすべきか?、はたまた美味しいと評判の手打パスタを含んだセットにすべきか?タクシーの中でも迷っていましたが、テーブルに付いても、まだ迷っているヲイラ。

結局、美味しいパスタなら、都内に幾らでもあると自分に言い聞かせ、ハンバーガーを注文する事に・・・。
a0122931_12431987.jpg

昼食会で、ビールを飲んだばかりでしたが、此方でも先ずはビールをオーダー。(後は帰るだけなので安心して飲めます)
アサヒの熟撰でした。
a0122931_12375366.jpg

すぐに、カップスープ(コンソメ)とミニサラダが運ばれました。
サラダは、しゃきしゃきのレタス、ピーマン、パプリカ。
粒マスタードの酸味が効いた爽やかなドレッシングが掛けられています。

サラダをアテにビールを飲んでいると、程なくして、ベーコン・チーズ・バーガーが登場。
こんなに混んでいるのに、客を待たせない手際の良さを感じます。
a0122931_12382256.jpg

そして、そのハンバーガー。噂通り、デカイです。 
厚さ1センチはあろうかと思われる厚切りの自家製ベーコンが、バンズからドバーンとはみ出している姿は迫力満点。
例えは良くありませんが、貝殻からべろ~んと舌を出しているように見えるミル貝を連想してしまいました。
a0122931_12384499.jpg

バーガーの横に添えられているレタスとトマトは付け合せではなく、これもバーガーに挟んで食べるとの事。
こんなに挟んで、どうやって食べれば良いの?って感じです。(笑)

ヲイラは、先ずは、ベーコンのバンズからはみ出た部分とパテの一部をフォークとナイフでカットして、ツマミ(前菜?)としてビール(&赤ワイン)と共に楽しみ、
最後に、レタスとトマトを挟んで、手で潰して、全部一体で(メインとして?)かぶりついて戴きました。
a0122931_12324773.jpg

旨いです。 確かに旨いです。 
●岩手県産の南部小麦を使用していると言うこんもり丸いバンズは、小麦の良い香りが漂い、表面はカリっと焼かれ、中はもちもち。

●岩手県産の和牛と岩手町の大和豚の塊肉を包丁で叩いて作ると言うパテは、歯ごたえのあるジューシーな肉肉しさと言い、香ばしい焼き加減と言い、挽肉を小麦粉で繋いだ柔らかなパテとは異次元の美味しさです。

●そして、大和豚を使った自家製のベーコンも塩加減、食感、スモーキーさ共に言う事なしの美味しさ。
a0122931_1238359.jpg

このように、ハンバーガーを構成している各パーツ(バンズ、パテ、ベーコン、チーズ)各々の完成度が素晴らしく、個別に、その味わいを楽しみたいと思わせるレベルの高さなのですが、これらを一体化させて、口に頬張ると、各々が絶妙なハーモニーを奏で、これまた別の美味しい世界へ連れて行ってくれるんです。
a0122931_12392540.jpg

今回は、ハンバーガーをオーダーして大正解でしたが、半年以内にもう1回くらい、盛岡を訪れる機会があるかも知れないので、その時は、岩手の食材をふんだんに使ったジョアンさんのイタリア料理を是非体験してみたいです。
帰り際、挨拶に来てくれたジョアンさんに再訪を約束して店を後にしました。
a0122931_12432852.jpg

ジョアン ズ キッチン シャトン
盛岡市中ノ橋通1-3-20
019-653-0234
11:00~15:00
17:00~19:00
19:00~予約のみ
定休日 火曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-23 23:46 | イタリアン | Comments(0)

盛岡冷麺PART2! ぴょんぴょん舎@盛岡

1月に続き、2度目の盛岡出張。
a0122931_1914763.jpg

仕事関係者との宴席を終えた後、1人で訪問したのが、此方、ぴょんぴょん舎の盛岡駅前店。
前回の出張時に、「盛楼閣」で盛岡冷麺の初体験を果たしたヲイラでしたが、盛岡冷麺のもう一方の雄であるぴょんぴょん舎の冷麺も味わってみたいと思っての訪問です。
a0122931_191043.jpg

駅前の好立地な通りに面して建つ「ぴょんぴょん舎ジャーランビル」と言う自社ビルの1F~3Fまで、全250席と言う大型店です。
そして、4Fも、ぴょんぴょん舎直営のカフェバー?(死後ですか?)のような店があるようでした。
a0122931_1910131.jpg

入店したのは、PM11:00ちょっと前。
店内は、いかにも昔ながらの焼肉店風情の盛楼閣とは異なり、広々として明るくお洒落な雰囲気。
若い女性の姿も多いです。

1Fは、ほぼ満席、2Fに通されました。
1F、2F共、とても賑わっており、サラリーマンの1人客も、数多く見受けられました。
a0122931_19243934.jpg

ビールと冷麺だけを食べるつもりでやって来たのですが、焼肉のミニセットが付いた冷麺焼肉セット(1650円)と言うMENUが目に止まり、これをオーダー。
a0122931_1923650.jpg

焼肉は、ロース、カルビ、ハラミが各々2~3枚。
それにナムルが付くなかなかお手軽&お値打ちなセットで、これは1人客には良いですね。
a0122931_1924516.jpg

焼肉は、どれも、そこそこ美味しかったですが、タレが結構あっさりしていているように感じました。
a0122931_1925442.jpg

冷麺は、美味しかったです。
流れるような麺の美しい盛り付けも、ゆで卵、きゅうり、キムチ、牛肉、梨と言ったトッピングの類も、見た目は、盛楼閣と大きな差は感じられませんでした。
a0122931_1931925.jpg

牛骨から取った綺麗に澄んだスープは、さっぱりしていながらコクが感じられ、透明な麺もシコシコした噛みごたえがあり美味しかったです。
ただ、中辛を選んだせいもありますが、個人的には、もう少し、輪郭のはっきりした味の方が好みかも知れません。
a0122931_193101.jpg

そして、此方の冷麺と、盛楼閣の冷麺対決ですが、麺、スープ、トッピングを含めて、「どちらの方が、絶対旨い!」と言える程の違いは、残念ながら、ヲイラの舌では分かりませんでした。
両店共、美味しかったです。

無理に優劣を付けるとすれば、初めて食べたと言うインパクトが影響しているかも知れませんが、盛楼閣に軍配を揚げるかと・・・。
a0122931_19242842.jpg

でも次回、盛岡に来たらどちらに行くか?と尋ねられたら、ぴょんぴょん舎かも知れません。
それは、明るく居心地の良い店の雰囲気や、教育が行き届いているサービススタッフの質が盛楼閣を上回っている点。
そして、4Fにレストランバーなんぞも備えたこのビルの使い勝手の良さがポイントUPの要因となるからです。
a0122931_19241523.jpg

ぴょんぴょん舎盛岡駅前店
盛岡市盛岡駅前通9-3
019-606-1067
11:00~24:00(ラストオーダー23:00)
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-22 23:49 | 焼肉屋 | Comments(0)

新鮮な蛤を、安く、タップリ食べられる店! むらた@岩本町

以前から、ちょこちょこ通わさせて戴いている此方「むらた」。
看板には、すき焼き、とんかつ、季節料理と書かれていますが、「蛤鍋」が有名なお店です。
蛤大好き小僧のヲイラにとって、新鮮な蛤をたっぷり、しかも財布に優しい価格で食べさせて戴ける此方は、とても有難い存在。
a0122931_12324755.jpg

創業は昭和初期(と看板に記されています)。
確かに立派な老舗ではありますが、失礼ながら、決して名店と呼ばれる類の店ではないと思います。
庶民に愛されている地元の人気店と言った表現がぴったりかと・・・。
a0122931_12403694.jpg

このところすっかりご無沙汰で、前回、伺ったのはいつ頃だったかな?とデジカメの記録を見たら、2007年10月でした。
a0122931_12335584.jpg

場所は、小伝馬町駅と岩本町駅の間ぐらい。 岩本町駅(5分くらい)からの方が若干近いかも。
昭和通りを少し中に入った地味なエリアで、店の近くにこれと言った目印になるものがない場所なので、初めての方には少々分かり難いかも知れません。
店は、ロケーションも、佇まいも、料理の内容も、昭和の時代にタイムスリップしたような雰囲気です。
a0122931_12314382.jpg

3階まである大きな店ですし、予約などしなくても、楽勝で入れるとは思いましたが、念の為、事前に予約し、平日の6時に伺いました。
1階のテーブル席に通されましたが、既にサラリーマンのグループが盛り上がっている他、他のテーブルも全て予約席となっていました。

予約の電話を入れる際、年配のご夫婦が営まれている店だし、店のスタイルも今風ではないので、もしかして無くなっているかも(失礼)なんて心配していたのですが、どうして、どうして、今でもかなり繁盛しているようです。
予約していなかったら、入れませんでした。
a0122931_12311017.jpg

蛤鍋は単品でも頼めますが、お通しや、とんかつ等が付いた定番のコース(3900円くらい)を注文。
値段が昔のまま据え置かれている事にビックリ。お店の心意気に感動です!
a0122931_12315677.jpg

しかし、サイドMENUはとんかつよりも、刺身が付く方が自然だと思うのですが、何故、とんかつなの?といつも不思議に思ってしまいます。
と言う事で、本マグロ刺身(1600円)を追加。
a0122931_12325558.jpg

とんかつも、蛤鍋も、「巧みの技」とか、「秘伝の何やら」みたいなものは全くありません。
とんかつは、見た目も黒くて、衣も硬そうで、とても揚げたてには見えないルックスなのですが、食べると、肉も柔らかく、意外と美味しい。
けれど、とんかつ専門店の味はしません。
a0122931_12313615.jpg

蛤鍋にしても、味噌仕立ての出汁に蛤と野菜を投入して食べるだけの極めてシンプルなもの。
味噌の出汁自体に旨みは殆どなく、蛤から出るエキスで美味しくするスタイルなので、最初の頃は出汁の美味しさは感じられません。
出汁の美味しさが感じられるのは、後半からです。
a0122931_1232397.jpg

a0122931_12322613.jpg

サービスに関しても、この店の店員さんにサービスなんて言う概念はありません。
オーダーしても、すぐ忘れられちゃうんです・・・。(笑)
a0122931_12351025.jpg

この日も、ビール1本貰う為に、3回も催促して、やっと冷蔵庫から取り出したと思ったら、他の客から声が掛かったら、ヲイラのビールをストーブの傍の暖かい配膳台の上に置いたまま、どっかに行っちゃった。(笑)
お陰で、ヲイラのビールはほんのり温かなビールになっていました。(涙)
a0122931_12342337.jpg

料理の運び方も、客の食べるペースなんて、お構いなしに、狭いテーブルの上に、どんどん料理を並べて行くとか思えば、店が混んで来ると、今度は、何10分も放置状態・・・。
a0122931_1231710.jpg

でも、それでも良いんです。
蛤が美味しいから。
寒い季節になったら来ます。
a0122931_12353825.jpg

a0122931_12352896.jpg

この日、食べた蛤鍋のコース(3900円くらい)の内容は、
お通し(もずく酢)+ フライ盛合わせ(ひれかつ×2、海老フライ)+ 蛤鍋+雑炊(又はうどん)
a0122931_12404372.jpg

むらた
千代田区岩本町2-7-2
03-3866-3012
17:00~21:00(LO)
定休日 土、日、祝
[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-12 19:26 | 和食 | Comments(0)

体に良くて、美味しい薬膳カレーのお店! 香食楽(カクラ)@中目黒

化学調味料を一切使わず、漢方やスパイスを使った体を元気にしてくれる薬膳カレーを提供する此方。
栄養士、野菜ソムリエ等、多くの資格を持つ女性オーナー(兼シェフ)が、美味しくて、体の中から元気になるカレーを作りたくて、長年の研究の末に作り上げたカレーだそうです。
美味しいものは体に悪い! 体に良いものが不味い! と言われますが、こちらのカレーは、体に良くて、美味しいです。
a0122931_17504158.jpg

場所は、目黒銀座商店街を祐天寺方面に5分程歩いた左手にあります。
外観も店内も、いかにも女性が好みそうなカフェのような柔らかな雰囲気。
店員さんの対応も非常に柔らかで感じが良いです。
a0122931_17492353.jpg

1時過ぎに伺いましたが、一階は満席で、2階に通されました。

体に良い薬膳カレーと言うコンセプトと言い、カフェのような店の雰囲気と言い、女性客メインのお店かと思っていましたが、店の雰囲気に似合わない男性サラりーマン客やガタイの良い外国人男性客が体を小さく丸めて一人でカレーを食べている姿も見られました。
a0122931_18192550.jpg

カレーは、次の4種類、この他に、日替わりのランチプレート(850円)がありました。
かくらカレー(甘口)・・・とりだし、1000円
黒カレー(甘口)・・・とり、豚Wだし、1200円
美肌カレー(中辛)・・・とりだし、1200円
ベジカレー(辛口)・・・こんぶ、干し椎茸だし、1300円

ハーフ&ハーフ(1200円)、トリプル(1300円)って感じで、好きなカレーの組み合わせも出来ます。
a0122931_175089.jpg

ご飯は、白ごはん、薬飯(8穀米)+100円、の他、自家製の全粒粉パンから選べます。

トッピングも、チキン、豚肉、野菜が100円から用意されています。

また、ランチタイム時は、ドリンク飲み放題、ご飯は大盛、お替り自由!(太っ腹)
a0122931_18191958.jpg

ヲイラは、かくらカレーと黒カレーのハーフ&ハーフを、連れはベジカレーをオーダー。
共に、薬飯(8穀米)+100円をお願いしました。

ベジカレー
化学調味料は勿論、砂糖も一切使わず、野菜だけで作られたと言う食物繊維たっぷりの究極の優しいカレー。
ルーの甘さは、野菜の甘さだそうです。
これを薬飯で戴けば、これ以上、体に良いカレーはないっすね。
a0122931_17495964.jpg

かくらカレーと黒カレーのハーフ&ハーフ
かくらカレーと店名を名乗ったカレーは、脾(腎)の働きを良くする食材と生薬を使って作られたカレー。
脾(腎)が弱っていると、体に良いもの、美味しいものをいくら食べても、元気になれないそうです。
ルーに含まれているのは、朝鮮人参、シナモン、陳皮、なつめ、鶏肉(ダシとして)、にんにく、生姜、唐辛子、アーモンド、玉葱、ニンジン、りんご、長イモ・・・
a0122931_17493345.jpg

一方の黒カレーは、腎の働きを良くする食材と生薬を使って作られたカレー
腎が弱くなると、成長発達が遅くなったり、老化や記憶力の低下が早まったり、不妊症、不育、生理不順や呼吸、尿などに異常が表れるそうです。
健康の源として重要な役割を果たす腎を強くする為のカレーが黒カレーです。
ルーに含まれているのは、杜仲茶、シナモン、鶏肉、豚肉(ダシとして)、黒ゴマ、黒豆、イカ、ピーナッツ・・・。
a0122931_17501845.jpg

2つのカレー共に、いかにも体に良さそうな優しい味わいながら、深みがあるとても美味しいカレーでした。
ただ、ヲイラは辛いカレーが好きなので、テーブルに置かれた「スパイスマー油」「かくらー油(辛ダレ)」を加えた味も試してみました。
a0122931_17491525.jpg

これらも漢方が入った店オリジナルの調味料。

スパイスマー油は、味にアクセントを付けたい時に使用するものだそうですが、漢方とスパイスで作られており、冷え性の方にお勧めと標記されていました。
漢方とスパイスの内訳は、温裏効果が期待される生姜、肉桂、丁香、乾姜、消化器運動を調整する陳皮、体力回復に役立つニンニク。
a0122931_1749531.jpg

一方、かくらー油(辛ダレ)の方は、スリランカ産唐辛子、超激辛唐辛子、韓国産唐辛子、カイエンヌペッパー、クラッシュペッパー等、各々、異なる辛さを持つスパイスをミックスして過熱して作られたものだそうです。
a0122931_1748481.jpg

ドリンクは、コーヒー(ホット&アイス)と杜仲茶。
セルフサービスで、お替り自由です。
a0122931_1748353.jpg

MENUには、6種類ものビールが用意されていました。
ランチでも、ほぼ100%の確立でビールかワインを飲んでしまうヲイラですが、流石に健康志向の此方では、コーヒーだけで終わらせました。

体に良い薬膳カレーのお店ですが、味の美味しさだけでも十分勝負出来るカレー屋さんでした。
a0122931_1751622.jpg

香食楽 (カクラ)
目黒区上目黒2-42-13
03-3710-0299
定休日 火曜日(祝日の場合営業)
[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-11 19:01 | エスニック | Comments(0)

桜探索2012@大岡川

飲兵衛オヤジ3人で、大岡川の桜祭りに出掛けて来ました。
a0122931_1793972.jpg

桜の名所と一口で言っても、色々なパターンがありますよね。
千鳥が淵や目黒川のようなオシャレ系のスポットもあれば、ご近所さんが家族でビニールシートを敷いて桜を楽しむ下町っぽいスポットもあります。
a0122931_1794779.jpg

大岡川の桜祭りが行われているこの界隈は、京浜急行の日ノ出町、黄金町と言った歓楽街を抱えた横浜でもかなりディープなエリアにあたります。
クレイジーケンバンドの出身地の長者町もこの界隈です。
a0122931_17121045.jpg

a0122931_17123081.jpg

桜木町から至近距離にあるエリアでも、みなとみらいエリアと、此方では雰囲気が全く違い、そこがとても面白いところです。
a0122931_17125859.jpg

今年の桜祭りは、4月7日&8日。
桜祭の期間中は、川沿いの桜並木に多くの露天や屋台が出店する他、町内会や商店会の催しが行われ、多くの花見客で賑わいます。
a0122931_1710288.jpg

普段は、一人でふらっと1時間くらい歩いて雰囲気を楽しんで帰って来るパターンが多いのですが、
今年は、仲間と缶ビール片手に闊歩しました。
a0122931_1710938.jpg

大岡川プロムナードと呼ばれる川を挟んで両側に広がる約1.7キロの散歩道には、800本のソメイヨシノが植えられています。
大岡川に向かって垂れ下がる桜は見事で、うっとり。
a0122931_17131985.jpg

屋形船のクルーズもあります。
a0122931_17141811.jpg

川の両岸に咲き誇る桜の向こうに見えるランドマークタワーも良い眺めです。
a0122931_17145922.jpg

京急のレトロティックな赤い車両と、ピンクの桜のコラボが観れるのも、ここの大きな魅力。
a0122931_17143933.jpg

いつか、この赤い車両も、ステンレスに統一されてしまうんでしょうね。
そしたら、この良い感じの桜とのコラボも楽しめなくなりますな。
a0122931_17145262.jpg

夜桜も見たかったのですが、「花より団子」ならぬ「花よりお酒」の仲間に押されて、中華街に繰り出しました。
行き先は、お馴染み(我々だけ?)の天龍彩館です。
a0122931_17123632.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-09 17:07 | 散歩/旅行 | Comments(0)

桜散策2012@みなとみらい

週末、大岡川の桜祭りに行く前に、ちら見。
a0122931_1221590.jpg
a0122931_12193791.jpg

寒い日が続いていましたが、この日は、天気が良くて、お花見日和。
a0122931_12201439.jpg

a0122931_12203419.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-08 23:17 | 散歩/旅行 | Comments(0)

桜散策2012@目黒川

ランチの後のちら見桜!
a0122931_18583777.jpg

a0122931_1858340.jpg

a0122931_18581690.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-05 22:58 | 散歩/旅行 | Comments(0)

桜散策2012 @六義園

造園当時から、小石川後楽園と共に、江戸の二大庭園に数えられていたと言う六義園。
ツツジの季節に訪れた事はありますが、桜の季節は初めてです。
a0122931_1728327.jpg
a0122931_17284065.jpg
以前より一度、ライトアップされた枝垂桜を観たいと思っていました。
a0122931_1728556.jpg

a0122931_17302676.jpg
a0122931_17302762.jpg

六義園は、元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保が、自ら設計を指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げたそうです。
a0122931_17304432.jpg

夜桜が目当てでしたが、昼の顔も観たいと、ちょっと早めに訪問。
昼の枝垂桜も素晴らしいです。
a0122931_1732364.jpg

a0122931_17315385.jpg

a0122931_17274612.jpg

六義園は、明治時代に入り、岩崎弥太郎氏(三菱創設者)の所有となり、昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されることになったそうです。
公園の広さは28,700平方メートル、樹木の数は、約6,000本との事。
a0122931_17352234.jpg

a0122931_17353188.jpg

a0122931_17354638.jpg

暗くなるまで、お抹茶を戴いて一休み。
a0122931_17275482.jpg

a0122931_17275336.jpg

手入れの行き届いた庭園は、「これぞ、日本の美!」と言う感じで、外国人に受けるだろうなって感じ。
また、時間のある時に訪れて、ゆっくり鑑賞してみたいです。
a0122931_17272057.jpg

a0122931_1728335.jpg
a0122931_17282112.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-04 20:25 | 散歩/旅行 | Comments(0)

桜散策2012@墨田公園

3月31日、東京に桜の開花宣言が出た。横浜も、4月2日に開花宣言をした。
平年より7日程遅く、開花宣言が4月にずれ込んだのは7年ぶりだそうだ。
a0122931_18244813.jpg

a0122931_1825140.jpg

東京や神奈川にもお花見スポットは沢山ありますが、ベタと言われようが、何と言われ様が、
今年は、スカイツリーと桜のコエアボが楽しめる此処は外せないでしょう。
と言う事で、墨田公園に向かいました。
浅草駅に着くと、水上バスの乗場付近には、大きな人だかりが出来ていました。
a0122931_18243440.jpg

隅田川沿いを吾妻橋から言問橋辺りを歩きましたが、桜の咲き具合は、未だ蕾の状態だったり、3分咲き、5分咲きだったりと、場所によって、また樹によってかなり差があると言った状況でした。
a0122931_18235368.jpg

a0122931_18241363.jpg

a0122931_18232899.jpg

これも観たかった絵。
アサヒビールの本社ビルに映った黄金色のスカイツリー
a0122931_18234114.jpg

花見と言うと、ビニールシートを敷いて、大勢で飲み食いして大騒ぎするイメージがありますが、昨年の3・11による自粛ムードが今年も続いているのか、皆さん、静かに、桜を楽しんでいる姿が印象的でした。
a0122931_18234457.jpg

a0122931_18492349.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-03 12:51 | 散歩/旅行 | Comments(0)