「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

絶品! イカスミのメロッソに感動! エルプルポ@神楽坂

魚貝系の料理が美味しいと評判のスペインバル「エルプルポ」。
人気のイタリアンやスペイン料理店がひしめく神楽坂界隈においても、ひときわ人気が高く、予約なしでは入れないと聞き、1週間前に予約して初訪問。
a0122931_17565928.jpg

場所は、JR飯田橋西口を出て、神楽坂通りをまっすぐ進み、善国寺(毘沙門天)が見えたら、その手前の路地(本多横丁)を右折すると左手にあります。徒歩3分程でしょうか。
a0122931_1752541.jpg

店内は、間口が狭く、奥に長い造りで、カウンター席と、2人掛のテーブル席、奥にグループ客向けのテーブル席がありますが、混んで来たら、人にぶつからないと歩けないくらいに狭いです。
a0122931_17551042.jpg

特に2人掛けのテーブルは、料理2皿載るのかなぁ? ってくらいの狭さなので、カウンター席を選択するのが正解かも・・・。
a0122931_17555186.jpg

店名の「プルポ」とは、スペイン語で蛸を意味するそうで、店内には、いたる所に、蛸のイラストや人形が飾られています。
a0122931_1756145.jpg

a0122931_17543233.jpg

a0122931_17563329.jpg

グラスにも可愛らしい蛸が描かれています。
a0122931_17572910.jpg

MENUは、グランドMENUの他に、黒板に書かれたMENU、そして、小さな白いボードに書かれた「この日のお奨めMENU」等々、料理の種類はとても豊富。
そして、価格も殆どが1000円未満とリーズナブル。
興味をそそるMENUが色々ありましたが、初訪問なので、評判の魚貝系を中心に攻めてみました。
a0122931_17552711.jpg

お通し
a0122931_17533243.jpg

a0122931_17534099.jpg

ミックスオリーブ(400円)
a0122931_17534913.jpg

真タコのフリット(800円)
a0122931_1754450.jpg

広島産カキのアヒージョ&バゲット(不明)
a0122931_17541436.jpg

釜揚げ白魚のニンニク炒め(900円)
a0122931_17551885.jpg

マッシュルームの生ハム詰め焼き(800円)
a0122931_17553358.jpg

a0122931_17554412.jpg

イカスミのメロッソ(2400円?)
これが、刺さりました。
a0122931_1756843.jpg

要は、お米を魚貝系のブロードで炊き上げた料理なのですが、パエジャより柔らかめに炊き上げられており、パエジャとリゾットの中間と言った感じのお料理です。
a0122931_1756162.jpg

a0122931_17575353.jpg

ただ、残念ながら、この日、満足したのは、このメロッソだけでした。
メロッソ以外の料理で、これと言って、印象に残るものはありませんでした。
a0122931_1913474.jpg

お奨めと言われてオーダーした広島産カキのアヒージョは、カキ自体にも、オイルにも、これほど旨みが感じられないアヒージョは初めてと言う感じでした。
あまり良いオリーブオイルを使っていないのでは・・・、と言う印象を持ちました。
a0122931_17541436.jpg

ドリンクに関しても、生ビールを1杯飲んだ後、ボードに書かれた「この日のお奨めグラスワイン」の中から3種類戴きましたが、どれも安いですが、美味しくない。
初めに、「きりっとして力強いタイプの白を・・」とお願いして出されたスペインの土着品種100%(名前は失念)のワインは、香りもなく、力強いどころかスカのような気の抜けた味わいで、温度も中途半端(800円)。
同じく、お奨めワインから2番目にお願いしたシャルドネ(700円)も、次にお願いしたカベルネ(700円)も同様にチープで締りのない味わい。
a0122931_1757983.jpg

「安いから・・・」と言ってしまえばそれまでですが、安くても、もっと美味しいワインを出す店はいくらでもあります。
こちらでは、ワインはボトルで銘柄を考慮してオーダーするのが正解なのかも知れません。
ワインは駄目だと思い、途中からカクテル系に路線変更しました。
a0122931_17571869.jpg

a0122931_17574085.jpg

そして、最も、残念だったのが、スタッフの接客。
MENUの説明にしても、オーダーや客の質問に対する受け答えにしても、下を向いて、笑顔もなく、無表情で・・・。
仕事したくない! 仕事つまらないオーラが漂っていました。
勿論、我々に対してだけではなく、他のお客に対しても同様です。
a0122931_1754423.jpg

最後に戴いたメロッタの美味しさが、これらのマイナスポイントを一掃してくれましたが、それが無かったら、こちらに訪れた事を後悔したと思います。
a0122931_17562611.jpg

この日は、たまたまが重なったのかも知れませんが、何故、そんなに人気が高い店なのか不思議な思いを感じながら店を後にしました。
a0122931_17531443.jpg

エルプルポ (El Pulpo)
新宿区神楽坂4-3 宮崎ビル 1F
03-3269-6088
[月~金]
18:00~翌1:00(L.O)
[土・日・祝]
18:00~23:00(L.O)
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2011-10-31 23:51 | スペイン料理、バル | Comments(0)

今年最後のテラスタイム? BVLGARI La Terrazza Lounge@銀座

このところ、暑かったり、寒かったりと気温が定まらない日々が続いていますが、10月も半ばを過ぎ、テラス席でビールを飲んだり、軽い食事を楽しんだり出来るのも、季節的にそろそろラストチャンスとなりつつありますね。
a0122931_13143170.jpg

この日は温かく天気も良かったので、先日オープンした阪急メンズ館をチェックしつつ、おそらく、今年最後となるであろうテラス席でのランチを楽しもうと、こちらへ伺いました。
a0122931_12295576.jpg

考えてみると、6月は梅雨だし、7&8月は湿度&気温が高過ぎだし、テラス席を楽しめるシーズンって、意外に少ないんですよね。
a0122931_12294091.jpg

a0122931_12294625.jpg

さて、松屋側の入口のエレベータでブルガリ銀座タワーの11階へ。
平日と言う事もあり、お客の入りは6~7割程度。
a0122931_12322712.jpg

左側のテーブル席に通されます。
陽射しが強くなり、パラソルがない席だった為、席の移動をお願いすると、快く、対応して頂けました。
a0122931_18335382.jpg

相方は、モエのロゼ、ヲイラはビール(メッシーナ)をオーダー。
a0122931_1835779.jpg

本当は、カルトMENUから好きな料理をチョイスして、泡を1杯グビっといき~の、それからワインに移り~のと行きたいところですが、こちらで、このスタイルをやっちゃうと、会計時に汗をかく事になるので、ここは、つましく、定番のアフタヌーンティーボックスで我慢です。
a0122931_12312150.jpg

ドリンクも、この後、買物で歩き回らなければならない事を理由にビール2杯で打ち止めです。
こちら、シャンパーニュもスティルワインもグラスで2000円以上するので、ヲイラみたいながぶ飲み人間には辛い場所です。
a0122931_1230750.jpg

青く澄み亘る空、鉢植えの緑、そして爽やかな風、茶のソファにベージュのパラソル・・・・。
リゾート地に来ているようで、気持ち良いっす。
a0122931_18473396.jpg

左手には東京タワーが見えます。
a0122931_12361013.jpg

右手には東京スカイツリーも見えます。
a0122931_12325621.jpg

a0122931_1233548.jpg

こちらのテラスは、今よくある簡単な柵を建てただけのテラスではなく、ガラスで周りを囲んでいる為、街の雑踏や騒音が遮断され、静かで落ち付きます。
都会の真ん中で、こうしたシチュエーションに身を置けることに小さな幸せを感じます。
このまま、昼寝を決め込みたい気分です。
a0122931_12323768.jpg

それにしても、屋外での食事は良いですなぁ。
それだけで、何でも美味しく感じます。
a0122931_12333874.jpg

あー、気持ちよいなぁ~!と空を仰いでいると、3段重ねのランチボックスが登場です。
ランチボックスの構成は、オードブル類のBOX、パン類のBOX、デザートBOXの3種類。
これに、紅茶、またはコーヒーのポットが付きます。
a0122931_12304326.jpg

I Salati(1段目)
トマトソースのアランチーニ
茄子のパルミジャーナ
スモークサーモン ツナのリピエーノ
和牛のミニチーズバーガー
ロースハムとオリーブ きゅうりのサンドウィッチ
a0122931_12305261.jpg

La Pasticceria(2段目)
スコーン
モルタデッラとカボチャのキッシュ
ライムとココナッツのビスコッティ
a0122931_1231038.jpg

Pasticceria(3段目)
ティラミス
マカロン ジャスミンノワール
モンテビアンコ
ピスタチオのババロア ブラックベリーのジャム シナモンのクレーマ
チョコレート ブルガリ ブルガリ
a0122931_12311123.jpg

個人的な趣向の違いはありますが、こちらでは、コーヒーより紅茶を選択した方が正解だと思います。
味わいの面でも、量的な面でも。
a0122931_12344688.jpg

紅茶は、グランドMENUにある数種類の銘柄からの選択が可能な上、紅茶のポットは、カップ3杯分程の量があり、更に途中で足し湯もしてくれるので長居する人には有り難いです。
ちなみに、コーヒーポットは2杯分くらいです。
a0122931_12342313.jpg

スコーン用にクロテッドクリームとコンフィチュールが付きます。
コンフィチュールは、ハチミツ、イチゴのジャム、アプリコットのジャム、チョコレートクリーム、ブルーベリーのジャムの中から1種類を選択します。
我々は、チョコレートクリームとクロテッドクリームとの相性が好きな蜂蜜をチョイス。
a0122931_12315679.jpg

a0122931_123272.jpg

オードブルの類は、所謂、「普通に美味しい」と言うレベルですが、これで良いんです。
もともと、こちらへは、この雰囲気の良さを味わいに来ているので、料理のレベルはこれで十分です。
a0122931_12321573.jpg

敢えて、希望を言わせてもらえれば、デザートに興味はないお客さんの為に、デザートBOXではなく、おつまみBOXをもう1つ付けてクレルコースがあると、尚、嬉しいんですけどね・・。
女性の皆さんは、このデザートが最も重要なのでしょうけどね。
a0122931_12303214.jpg

こちらは、雰囲気の良さだけでなく、エレベータのお姉さん、ホールスタッフ等、全てのスタッフのホスピタリティーがとても高い事も大きな魅力です。

アフタヌーンティーボックス(3,600円)×2、グラスシャンパーニュ(2,600円)×1、ビール(1,100円)×2に、サービスチャージ10%で、2人で13,000円。
その価値はあると思います。
a0122931_12324622.jpg

ブルガリ ラ・テラッツァ・ラウンジ (BVLGARI La Terrazza Lounge)
中央区銀座2-7-12 ブルガリ銀座タワー 11F
03-6362-0555
12:00~24:00
[11月~]
12:00~18:00
不定休(雨天休業)
[PR]
by kansukenator1 | 2011-10-25 23:25 | カフェ/スウィーツ | Comments(0)

オクトーバーフェスト横浜2011@赤レンガ倉庫

10月と言えば、オクトーバーフェスト。
毎年(今年で4年連続)、ビール好きの仲間達とつるんで出掛け、騒いでいます。
オープン時間の1時間前位から並んで、良い席を確保して、昼間から飲みまくり、食べまくり、騒ぎまくりです。
a0122931_1241362.jpg

一昨年のオクトーバーフェストの様子
昨年のオクトーバーフェストの様子
「オクトーバーフェスト」は、ドイツ・ミュンヘンで開催される世界最大級のビール祭。
1810年から毎年開催されており、昨年200周年を迎えた歴史あるお祭です。
日本では、東京、仙台、福岡等でも開催されていますが、ここ横浜赤レンガ倉庫でのオクトバーフェストは今年で9年目。
a0122931_12412677.jpg

今年は、日独交流150周年、横浜赤レンガ倉庫創建100周年と言う事で、例年にも増して内容の充実が図られているそうです。
例えば、テントの内装は、本場ミュンヘンに限りなく近い内容を再現したり・・・。
ビールの種類も、ミュンヘンのオクトーバーフェストの公式ビールを揃える等、ドイツ産、国産併せて、70種類ものビールを楽しむ事が出来る。てな具合にね・・・。
a0122931_12404810.jpg

開催期間は、9月30日(金)~10月16日(日)の17日間。
a0122931_12411347.jpg

今年は、親の介護生活に一応の区切りが付き、自由な時間が取れるようになった妻も初参戦。
元来、お祭り好きの彼女は、初参加ながら、本領発揮で、ドイツの楽団メンバーから促されると、
何の躊躇いも無く、ステージに上がり、踊りまくっていました。
a0122931_12271352.jpg

みなとみらい駅から赤レンガ倉庫を目指して歩いていると、長い行列が出来ているブラウンとグリーンの鮮やかやコントラストのモダンなビルが目に飛び込んで来ました。
a0122931_18284958.jpg

あぁ、そうかっ!
これが、先月に完成、オープンした日清食品のカップヌードル・ミュージアムですかぁ・・・。
a0122931_12385355.jpg

近いうちに覗いてみたいと思っていましたが、こんなに混んでいるなら,もう少し、様子見た方が良いかもです。
a0122931_12391917.jpg

さて、オクトーバーフェストの会場に着きました。
今年は、オープン時刻を大分過ぎての到着でしたが、さほど待たされずに入場する事が出来ました。
それでも、会場は、外も中も満席。 人で溢れかえっていました。
a0122931_12381481.jpg

a0122931_12404048.jpg

テントの中に入ると、確かに、レイアウトが、例年とは変わっていました。
昨年までのステージは、どこの席からも見える最前列に設けられていましたが、今年は客席の中央に、六角形のやぐらのような形のステージが組み立てられていました。
a0122931_12401510.jpg

a0122931_12395323.jpg

a0122931_1242573.jpg

このレイアウトが、ミュンヘン方式なのか分かりませんが、これだと、ステージを正面から見る事が出来る席は限られるし、場内全体が見渡しにくく、開放感と言う点でも、ヲイラには昨年までのレイアウトの方が良かったように思えました。
a0122931_12413338.jpg

MCは、例年の男性MCに変わり、今年は可愛らしい日本人女性。
民族衣装がとても似合っていて、カ・ワ・ユ・イ!(完全にオヤジなヲイラ)
a0122931_12394216.jpg

皆さん、盛り上がっています。
a0122931_12415472.jpg

a0122931_12414381.jpg

今年は、中華街でのディナーをメインに据えている為、オクトーバーフェストは、軽く流して退散するつもりで臨んだのですが、そこが、飲兵衛の悲しい性でしょうか、一度、飲み出すと、もう1杯、もう1杯となり、結局6杯飲んでしまいました。
a0122931_12423039.jpg

ヤードグラスで飲むギネス。
このグラスで飲むだけで、気分があがります。
a0122931_12421470.jpg

結局、4時間以上も滞在してしまい、ようやく、会場を後にします。
a0122931_1857054.jpg

そして、夜の部に備え、腹ごなしに、周辺を散歩。
a0122931_12424857.jpg

休日の横浜は、平和で幸せな時間だけが流れています。
a0122931_12425896.jpg

皆さん、思い思いのスタイルで幸福を満喫してます。
a0122931_12431984.jpg

今尚、先行きが見えず、日々、不安と苦痛の中で暮らしている被災地の人々の事が頭を過ぎります。
a0122931_12424152.jpg

a0122931_1243684.jpg

でも、人生、いつ、誰に、何が起こるか分かりません。
今、楽しめる幸福の下に居る人達は、その幸福に感謝しつつ、楽しまなくてはいけないのではないか?とも思います。
a0122931_12393313.jpg

世田谷の住宅地で、高い放射線量が検出されたと言うニュースが報道され驚きましたが、
それから数日後、ヲイラの実家がある港北区大倉山でも放射能検出のニュース報道が出ました。
a0122931_12383856.jpg

国内、海外含め、経済、自然環境、諸々において、これ程、不安材料に囲まれた事って、あまり記憶にありません。
我々が暮らしている地球は、確実に転換点を迎えていますね。
勿論、悪い方向に・・・・。
[PR]
by kansukenator1 | 2011-10-14 23:02 | フェスタ/イベント | Comments(0)

巨星が堕ちた@Steve Jobs

10月5日、Steve Jobs氏が膵臓癌で亡くなりました。
病気療養を理由にCEOを辞任して、ひと月ちょっと後の逝去でした。
a0122931_1295283.jpg

ヲイラもその昔、Macに魂を奪われた若者の1人でした。
若者と言っても、今、アップルに魅了されている人達よりも何世代か昔の若者ですが・・・。

周りに熱心なMacファンの友人が多く居た影響で、Macintosh ClassicⅡと言うパソコンに出会い、その可愛らしいルックスに一目惚れしたのが、Macファンになったきっかけでした。

その後、新品、中古品含め、数台のMacと付き合って来ましたが、Windowsが台頭し出し、Macの勢いが失速して来た頃、Macを裏切り、Windowsに転向してしまいました。

その後、Jobs氏が復帰し、i-Macを皮切りに、i-Pod、i-Phone,そしてi-Padと、矢継ぎ早にヒット商品を世に送り続けて来たアップル。

今更、ヲイラが言うまでもなく、アップルの魅力と言うか功績は、コンピュータと言う難しく、一部の人にしか使いこなせなかったツールを、あたかも家電製品のように、身近で、簡単に操作出来るものへと、その概念を覆し、人々の生活を楽しく、豊かに、そして便利にした事でしょう。
そして、デザインの美しさも人々を魅了させる大きな要素ですね。

Jobs氏の死は、世界中の多くのメディアで大きく取り上げられ、その功績が称えられたと同時に、惜しまれました。

ワイドショーで、こんなに大きく取り上げられる実業家は、他に居ないのではないでしょうか?
それだけ、世界中の人々の生活に大きな影響を与え続けた経営者であり、クリエータだったと言う事でしょう。
ビル・ゲイツ氏が亡くなっても、Jobs氏とは違った取り上げられ方をされたと思います。

誰もが、Jobs氏を天才として疑わないと思いますが、彼は、ビジネスで成功する秘訣は、「諦めないで続ける事である」と言っています。
並外れた執念と努力の結果として、あのようなイノベーションを実現し続けて来たのですね。

今、我家にあるパソコンは4台。
そのうち、Macは、1台だけ。
長い間、作編曲用に使っていましたが、もう古いし、最近は出番も少なくなっています。
けれど、Jobs氏の魂が宿っているこのパソコンをヲイラは一生、傍に置いておくつもりです。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by kansukenator1 | 2011-10-06 23:17 | その他 | Comments(0)