「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

年末の光景@アメ横

今年は、25日が仕事収めと言う事で、例年に比べ、年末の休みが少し長い。
だからと言う訳でもないけれど、連日、飲み歩いています。
この日の宴は、京橋で5:00からのスタート。
ちょっと、早めに繰り出して、年末の活気ある雰囲気を味わうべく、アメ横を散歩。
a0122931_18213344.jpg

訪れた頃の人出は想像していた程でもなかったですが、帰る頃には、もう、イモ洗い状態になり、
買物どころか、前に進むのも大変な状況になっていました。
a0122931_18233199.jpg

鮪の中トロと赤身が2柵で4000円のところを2000円とか、立派なたらば蟹の脚が2500円とか、
お買い得品に手が伸びそうになりますが、遠方から電車で訪れている者にとっては、持って帰るのは難しく、諦めざるを得ません。
a0122931_18214327.jpg

まして、これから飲んだくれて、帰宅するのは深夜になる訳ですし・・・。
a0122931_18215472.jpg

歩いて喉が渇いたのと、ちょっと小腹がすいたので、夜に差し支えない程度に、アメ横内にあるリーズナブルなお鮨屋で、握り&ビールでブレイクタイム。
a0122931_18215945.jpg

a0122931_18222686.jpg

a0122931_1822167.jpg

鮨職人と世間話をしていたら、彼の口からこんな話が飛び出しました。
「アメ横で売っているものは、全部、そこの吉池に行けば揃っているよ!」
「しかも、露天で売っているものより、鮮度も良いし、地元の人達は、皆、吉池に買出しに行くんだよ」
だってさ・・・。
a0122931_18225058.jpg

この話を聞いて、俄然、吉池に興味が沸き、そこを覗いてみることに・・・。
a0122931_182379.jpg

なるほど、鮨屋のオッサンが言う通り、凄い品揃えで、見ているだけでも楽しい。
a0122931_18231444.jpg

a0122931_18231823.jpg

でも、俺らお登りさんは、買物の効率を求めている訳ではなく、この雰囲気を味わうのも楽しみだからね・・・。
魚貝系の生ものは購入出来なかったので、乾燥ものを少々購入し、アメ横を後にすることに・・・。
a0122931_18234177.jpg

その後、不忍池をぷらっと歩き・・・・。
a0122931_18235392.jpg

うさぎやに寄って、家族へのお土産にと、どら焼きと最中を購入し・・・・。
a0122931_18235995.jpg

地下鉄に乗り込み、飲み会の会場へ向かったのでありました。
a0122931_18232783.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-29 18:20 | 散歩/旅行 | Comments(0)

独り言! 人を批判するのは簡単なんだけど・・・。

今日は、クリスマス。
子供の頃から、クリスマスが近づく時期の街の賑わいや華やいだ雰囲気が大好きで、
それは、いい歳のオヤジになった今でも変わりません。
恐らく、一年間の色々なイベントの中でも、最も好きなのがクリスマスかも・・・。

今年も、ちょこちょこ、街に出て、クリスマスの雰囲気を味わっていますが、何故か、例年ほど、気分が盛り上がりません。
何か、この華やかな雰囲気に、虚しさのようなものを感じている自分に気付く事があります。

何故、そんな気持になるのか?
日本が元気を失っているからなのか?

今の日本が置かれている現実と今後の不安。
今年ほど、日本と言う国の弱体化と、将来に対する不安を強く感じた事はありません。

それは、今年始まった事ではなく、もう10年も20年も前から始まっていたことが、今年、一気に国民の目の前に噴出したのだとは思いますが・・・。
だからでしょうか、華やか部分に触れれば触れる程、逆に真実の姿と言うか、陰の部分を感じてしまうのか知れません。

日本は、完全に、勝組と負け組みの2極化構造に入りましたね。
本当に、クリスマスを心の底から楽しめる心境に戻れる日は来るのでしょうか?

民主党がぶりぶり言わせて、日本列島に旋風を巻き起こしていたのは、まだほんの1年ちょっと前の事なんですよね。

政権交代!政治主導!官から民へ!
流行語大賞にもなったあのスローガンを掲げて、凄い勢いでした。

当時、国民は期待しました。 日本の政治が変わるかも知れないと・・・。

それが、今はどうでしょう。
国民は、もう完全にしらけ切ってしまっています。
外交にしても、経済政策にしても、その迷走ぶりには、Oh!My God!と言う感じです。
ヲイラも、もう十分長く生きていますが、日本の将来について、これ程の危機感を感じたのは初めてです。

政治主導は、一体どこへ行ってしまったのでしょうかねぇ?
今の民主党を見ていると、一体、何を目指しているのか、何をしたいのかが、全く伝わって来ません。
あれだけ、政権を取りたがっていたのは何だったのかと・・・。
やりたい事をやれる権限を獲得する為の政権奪還だったのではなかったのでしょうか?
何もやりたい事がないのなら、野党のままでいれば良かったのです。

内容の稚拙さは別として、鳩山首相の方が、まだやりたい事が見えましたが、管首相は、全く魂が抜けてしまっているように見える。
表情もしょぼくれて、自信なさそうに見えてしまう。
野党時代の急先鋒だった頃の迫力は完全に消えてなくなってしまったよう。

それにしても、政治に限らず、人を批判したり、アラを探して突っ込みを入れるのは簡単ですが、
実際に、何かを責任持って成し遂げると言うのは、本当に大変だと言う事を、改めて感じている今日この頃です。


財源は、幾らでもある!と豪語していたのに、今更、財源がないからと言って、公約したバラマキ政策に制限枠を設けたり(それはそれで良いのですが・・・)、バラマキ政策の財源確保の為に、扶養者控除に所得制限を設けたり、相続税の控除要件を厳しくしたり、行き当たりばったりの政策。 
そんな話、選挙前に、全く聞いていませんから。
まあ、ここで、こんな事を書いているヲイラも、批判をしているだけの人間なんですよね・・・。
今日で、今年の仕事収め。 来年は5日から仕事開始です。
[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-25 12:47 | ひとり言 | Comments(0)

Xmasイルミネーション2010@赤レンガ倉庫、マリンタワー、他

いくら、10月に、オクトーバーフェストで盛り上がった会場と同じ場所とは言え、
この冷え込みの強い12月の夜に、何も、皆さん、また、ここで、ビール飲まなくても良いんじゃないの?
なんて思ってしまうんですが、余計なお世話ですよね!
a0122931_12274622.jpg
a0122931_12275466.jpg

青いマリンタワーと赤いマリンタワー。 幻想的です。
最近、やや影が薄いですが、やっぱ横浜は、マリンタワーとニューグランドでしょ!
a0122931_122879.jpg
a0122931_12282935.jpg

桜木町から、汽車道を歩いて行くと、ド派手なこの光景が目に飛び込んで来ます。
a0122931_12325115.jpg
a0122931_1233734.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-21 00:03 | 散歩/旅行 | Comments(0)

Xmasイルミネーション2010@恵比寿ガーデンプレイス

人、人、人で溢れかえるミッドタウン表参道に比べ、意外な程、人も少なく、静かな恵比寿ガーデンプレイスのXmas。
a0122931_13202141.jpg

坂道のプロムナードをゆっくりと歩いて、高貴な光を放つバカラのシャンデリアに近づいて行きます。
a0122931_13202938.jpg

真近で見上げるシャンデリア。
何とも言えない気品とゴージャス感に、思わず、うっとり。
a0122931_13204658.jpg

a0122931_13203753.jpg

後を振り返ると、時計広場のツリーが小さく見えます。
a0122931_13205519.jpg

そして、また反対方向からシャンデリアを見上げます。
ところで、これ、一体、いくら位するんだろう?と下世話な事を考えるヲイラ。
a0122931_1321334.jpg

a0122931_13211112.jpg
a0122931_13211941.jpg

ここ、本当に人が少なくて静か。
ミーハー感が全くなくて、どこか厳かな雰囲気。 
大人のデートにぴったり?
a0122931_13212611.jpg

そして、また、ここに・・・・・。(しつこい!!)
今度は、同じ高さから
a0122931_13213464.jpg

最後に、時計広場の赤とシャンパンゴールドのツリーをもう一度拝んで、ここを後にします。
時間がなくて、ウェスティンのイルミネーションを鑑賞出来なかったのが心残り。
a0122931_13214242.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-20 23:48 | 散歩/旅行 | Comments(0)

Xmasイルミネーション2010@東京ミッドタウン

人気のスターライトガーデンのイルミネーション。
内容は昨年とあまり変わっていませんでしたが、今年は、新たにミストが加わって、より幻想的な雰囲気を演出していました。
a0122931_11573087.jpg
a0122931_1157382.jpg
a0122931_11574649.jpg

ただ、年々、規制が厳しくなっていて、今年は、館内から外への出口も1箇所に限定されていて、
一番近い出口は閉鎖されていました。
外も、一方通行だったり、2階通路に登ったら、戻って降りるのは禁止など、など・・・。
a0122931_11575369.jpg
a0122931_1158274.jpg
a0122931_11581159.jpg

a0122931_11582038.jpg
a0122931_11582759.jpg

こちらは、ガレリア館2&3Fのイルミネーション。
昨年の白い和紙で作られたペーパークラフトのツリーに代わって、今年は、鮮やかな赤とゴールドのインパクトの強い装飾。
a0122931_1242751.jpg

a0122931_1241999.jpg

a0122931_1251291.jpg

a0122931_125078.jpg

こちらは、昨年と同じ、可愛らしいサンタとキャンドルで構成されているサンタツリー。
何度見ても可愛らしい!(ガレリア館1F)
a0122931_1252975.jpg

a0122931_1252148.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-20 23:31 | 散歩/旅行 | Comments(0)

Xmasイルミネーション2010@表参道

昨年、11年ぶりの復活を果たした表参道のXmasイルミネーション。
ただ、それを見るだけの目的で訪れたのに、僅か10分の差で、点灯が終わっていて、悔しい思いをした昨年
今年は、昨年と同じ轍を踏まないよう、早めに訪問しました。
a0122931_17352051.jpg

a0122931_17345255.jpg

ただ、期待していた程のインパクトは感じられなかったな。
イルミネーションが消えて、店も閉まり、人通りもまばらな真っ暗な通りに、ブランドショップの個性的なウィンドウ・ディスプレイだけが浮かび上がっている昨年の景色の方が、数倍インパクトが感じられたかも・・・。
a0122931_17343618.jpg
a0122931_1734453.jpg

それでも、昔は、すごく感動したんだけどなぁ・・・。
やっぱ、歳のせいですかな・・・・。
a0122931_1735736.jpg
a0122931_1735135.jpg

ここも、交通規制が厳しく、通りに3箇所ある歩道橋のうち、2箇所は通行禁止。
唯一、通行が許されていたのは、JR原宿駅の前の歩道橋だけ。
それでも、歩道橋の上には、警備員が居て、止まって景色を見ていると、注意を促されると言った具合でした。
a0122931_17352615.jpg

それでも、都会の夜は素敵です。
a0122931_17342663.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-19 23:32 | 散歩/旅行 | Comments(0)

Xmasイルミネーション@横浜 パンパシフィックホテル、他

パンパシフィック
 ・・・何か、ほのぼのとしていて、こう言う演出も可愛い。
a0122931_1222022.jpg
a0122931_12221033.jpg
a0122931_1223815.jpg

クイーンズ・スクエアのシンギングツリー 
・・・高さ18メートルの巨大ツリー。
 夕方からのショータイムには、パイプオルガン等の音にあわせてイルミネーションが変化します。
a0122931_12244979.jpg
a0122931_12245882.jpg

a0122931_12463742.jpg

ロイヤルパークのツリー
 ・・・あまりインパクトが感じられなかった、こちらのツリー。
a0122931_12251068.jpg
a0122931_12252647.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-11 05:22 | 散歩/旅行 | Comments(0)

John Lennon 没30年

30年前の今日、1980年12月8日、凶弾に倒れたJohn Lennon。
あれから、もう30年も経つんですね。
数あるクリスマスソングの中でも、一番好きなのが、John&Yokoのハッピー・クリスマス(戦争は終わった)です。
世界情勢が緊迫感を帯び始めて来た今年、この曲、そして2人の歌声が、一掃胸に染みます。
a0122931_913588.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-08 23:12 | Comments(0)

Xmasイルミネーション@横浜グランドインターコンチ

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルのXmasイルミネーション。
1Fのロビーから吹き抜けの2Fにかけての広々とした空間全体をキャンバスに見立てたような統一感のあるディスプレイ。
その中心は、大きなクリスマスオーナメントと8本のツリー。
宗教的な厳かな聖夜の雰囲気と、現代的な華やかさが、違和感なく見事に調和された素敵な空間が広がっていました。
a0122931_1737652.jpg

a0122931_17381032.jpg

a0122931_17371958.jpg

a0122931_17375326.jpg

a0122931_17373757.jpg

a0122931_17374553.jpg

a0122931_17372798.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-05 23:35 | 散歩/旅行 | Comments(0)

今年最初の忘年会! スペッキオ@四谷3丁目

今年最初の忘年会は、学生時代の仲間(オヤジ4人)とのイタリアンディナー。
お店は、メンバーの1人A君が、時々使っていると言う「スペッキオと言うンレストラン。
a0122931_12475416.jpg

場所は、四谷3丁目駅と新宿御苑前駅の間くらい。(どちらからも遠い!)
最近、水嶋ヒロ著のKAGEROUで、度々メディアに登場している老舗出版社ポプラ社のビルの1階にあります。 
照明を落とした店内は、全面ガラス張りで、天井が高く、高級感が漂う落ち着いた雰囲気。
品の良い大人が利用するレストランと言ったイメージ。
と言う事は、我々には不釣合いな雰囲気と言う事になるのかな?(笑)
a0122931_12474074.jpg

MENUは、デギュスタシオン形式の5000円と、プリフィクス形式の6500円と、シェフのお任せコース(10,000円)の3種類のコースとアラカルト。

我々が選択した6500円のプリフィクスコースは、アミューズ1、前菜1、プリモ1、メイン1(魚、又は肉)、ドルチェ1、小菓子・カフェの他、シェフお薦めの一皿が付くと言う内容。

プリフィクスの選択肢は実に豊富。
予め、MENUに書かれている各々4~5種類の選択肢の他に、本日のお薦めMENUが、更に、各々2種類くらいずつ加わります。
a0122931_12243494.jpg

ワインも充実しているようで、リストをお願いすると、暑さ4センチはあるかと言う冊子が手渡されました。
イタリア産を中心に、フランス産も含めて、4000円台から~ウン万円まで幅広く揃えられています。

膨大なリストを見て、一瞬、戸惑いましたが、イタリア産は、州毎に分類され、銘柄とヴィンテージだけでなく、セパージュも細かく、丁寧に記載されている為、ワインに対する知識が少なくても、好みの銘柄を選択しやすい配慮がなされていました。
もっとも、我々は、まず値段で選択肢がぐ~と絞られてしまいますので、それほど迷わなくても済むんですが・・・(笑)
a0122931_1248599.jpg

アミューズから前菜までは、フリウリの白で、ピノ・グリージョ100%のワイン(4500)を・・・。
きりっと、爽やかで、飲みやすいワインでした。

プリモは、ウンブリアの白で、シャルドネ、リースリング、他、8品種の葡萄を使ったワイン(5200)を・・・。
1本目より、ボディもしっかりして、独特の香りもあり、肉系のパスタの詰め物や濃厚なソースにも相性が良く、美味しかったです。 
適当なチョイスでしたが、結果的にオーライでした。

そして、セコンドには、2本目と同じ、ウンブリアのものを選びましたが、今度は赤(4800)を・・・。
葡萄は、サンジョベーゼ、シラー、メルロー。
こちらも、この価格では十分過ぎる美味しさでした。

いつも、思うのですが、フレンチでもイタリアンでも、レストランにおいてあるワインって、安いものでも本当に美味しいものが多いですね。
選択のセンスとメンテナンスの違いなのでしょうか?

さて、お料理の方は、こんな感じです。

■アミューズ
 ・・・蒸した鶏、他
a0122931_12225658.jpg

■前菜
 ・・・MENUに記されたこの4種類の他に、本日のお薦め2種の中からの選択となります。
   この日のお薦め2種は、ひらめのカルパッチョと鮪のカルパッチョでした。

MENUに記されている4皿

1)戻り鰹のタタキ風サラダ ほろ苦い葉野菜と共に
2)カワハギのカンネッローニ仕立て マントヴァ風ソース
3)仔牛胸腺肉のソテーとトリッパのスープ仕立て
4)イタリア産ハム、サラミの盛り合わせ

★これは、ヲイラがチョイスしたカワハギのカンネッローニ仕立て マントヴァ風ソース。
a0122931_12235392.jpg

カンネッローニって何?と尋ねると、大きな筒状のパスタの中に具材を詰め込んでオーブンで焼いたものだと説明して頂きました。
もしかして、カネロニの事?
そして、マントヴァと言うのはロンバルディア州にある町の名前らしく、ここに掛かっているケイパーやアンチョビ、ワインヴィネガー、オリーブオイル等を合わせたソースの事らしいです。

★こちらは友人がチョイスした、ヒラメのカルパッチョ、鮪のカルパッチョ。 皆バラバラ。
a0122931_1224272.jpg
a0122931_12241613.jpg

■パン
 ・・・全て、自家製のパン。 
   パンを乗せた木製の器は、チーズ?を切る時に乗せる器と聞いたような気がします。
a0122931_12242528.jpg

■プリモ
 ・・・MENUに記されているのは、パスタが4種、牛脛肉のジェノバ風リゾットが1種。
   それに本日のお薦めパスタ2種が提示されました。(名前は失念)

 ・・・パスタは、古代ローマ時代から食べられていたと言うラガーネ、スフォイア・ロルダ(エミリア・ロマーニャの郷土パスタ)、スペッツレ(北イタリア アルト・アディジェ地方の郷土パスタ)等、聞いた事も食べた事もない珍しいものがあり、迷いましたが、結局、定番のアニョロッティ・ダル・プリンを選択してしまいました。

★ホロホロ鳥と縮緬キャベツを詰めた「アニョロッティ・ダル・プリン」セージバター和え
 ・・・バターを使った濃厚なソースと共に戴きます。
   プリンは、今はなき西麻布のラ・グラディスカで戴いて以来です。
a0122931_12244971.jpg

★こちらは、友人が選んだローズマリーを練り込んだ「ラガーネ」。
 ・・・尾鷹産のイカとポルチーニ茸をトマトで煮込んだソースで和えられています。
   一口、戴きましたが、腰の強いモチモチの麺と濃厚なソースがよく絡んでいて、とても美味しかったです。
a0122931_12245676.jpg

★こちらは、何だったっけ? スフォイア・ロルダ? 何せ、聞いた事もない名前ばかりなもんで・・・。
a0122931_12224275.jpg

■本日のシェフお薦めの一皿
 ・・・これは、何が出て来るか分かりません。
   客が選んだ料理の内容を踏まえて、シェフが考えた一皿が運ばれます。
   そして、我々のテーブルに運ばれたのは、ポルチーニのリゾットでした。
a0122931_1225571.jpg

■セコンド
・・・セコンドはMENUにある魚2種、肉4種に、本日のお薦め2種の中からの選択。
  お薦めの1品は、蝦夷鹿のソテーだった気がしますが、記憶が定かでありません。

魚のMENU
1)金目鯛の瞬間燻製 春菊風味のミネストローネスープと共に
2)自家製バッカラ(塩鱈)と白子のクリーム煮 ベネティア風 黒トリュフ風味

肉のMENU
1)パルマ産 黒豚肩ロース肉のソテー ゴルゴンゾーラのソース
2)ベベット産仔兎腿肉の煮込み
3)千葉県産 仔牛のタリアータ 
熊4)本県産 赤牛フィレ肉のタリアータ 黒トリュフ風味 

★これはヲイラが選んだ「パルマ産 黒豚肩ロース肉のソテー ゴルゴンゾーラチーズのソース 」
・・・お肉は、ちょっと固かったかな? 付け合せの生ハムを巻いた里芋のソテーが美味しかった。
  ゴルゴンゾーラと生クリームのソースには、ローストした胡桃が混ぜられていました。
  もっとチーズのコクが強くても良かったかな。
a0122931_12251255.jpg

★こちらは友人が選んだ熊本県産 赤牛フィレ肉のタリアータ (プラス1000円)
 ・・・こちらは、フォアグラのソテーが添えられており、その上に黒トリュフは掛けられていると言う贅沢な一皿。
  一切れ、食べさせてもらいましたが、想像通りの美味しさ。 こっちの方が正解でした。
  お肉は柔らかく、炭火で焼いた香ばしさと、フォアグラの濃厚さ、縮緬キャベツがベストマッチ。
  赤牛は初めて戴きましたが、赤みがメインのお肉で、柔らかくて美味。
  霜降りが苦手のヲイラには、ぴったりのお肉で気に入りました。
a0122931_12252297.jpg

・■ドルチェ
 ・・・ドルチェは、この4種類。 4人全てバラバラに注文。
   一口ずつ、全てを試食すると言う お店の雰囲気をぶち壊すようなこの振る舞い。
   何と言う卑しいオヤジ達なんだろう。
a0122931_12254120.jpg
a0122931_12254975.jpg
a0122931_12255690.jpg
a0122931_12261439.jpg

■小菓子&ドリンク
a0122931_12262423.jpg

よくぞ、全部食べたと言うくらいで、もう4人共、お腹がぱんぱんで、はち切れそう。
a0122931_12244158.jpg

感想です。

料理は、種類も豊富で、一品一品手の込んだものが多く、一皿のボリュームも多いです。
また、パスタは、他店ではなかなか見られない珍しいイタリア各地の郷土パスタ(勿論、自家製手打ち麺)が数多く揃っているのが嬉しいです。

そして、ホテルのレストランを思わすような店内の上質な雰囲気と、このお料理の内容から見て、
これで採算が取れているのだろうか?と心配になる程、価格は低めに設定されており、かなりのお得感を感じます。

ただ、お料理の間口が広く、この店ならではと言う特徴が見出しにくく、どう言う方向を目指しているのか、
ちょっと分かりにくい印象も受けました。
上品で落ち着いた雰囲気の中で、老若男女問わず、食にこだわりのある人にも、そうでない人にも、
そこそこ満足してもらえるストライクゾーンの広い店を目指しているのかも知れません。

ヲイラが一番惹かれた点は、今まで食べた事のない珍しいイタリア各地の郷土パスタが数多く揃っている事。
夜も良いですが、昼に訪れて、これらのパスタを片っ端から試してみたいです。
a0122931_12264366.jpg

スペッキオ
新宿区大京町22-1 ポプラ社 1F
03-5369-2271
11:30~14:00(L.O.14:00)
18:00~21:30(L.O.21:30)
定休日 月曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-04 12:21 | イタリアン | Comments(0)