「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

地球、環境、ECOの情報発信基地@新江ノ島水族館

新江ノ島水族館に行って来た。
a0122931_12565483.jpg

最後にここを訪れたのは、子供がまだ幼稚園の頃だったと思うから、もう10数年前になる。
当時の名称は江ノ島水族館で、まだ新江ノ島水族館ではなかった。
a0122931_13323055.jpg

当時は結構しょぼい水族館で(失礼)、見所もクラゲくらいしかなく、「早く帰りたいなぁ」、なんて思いながら、子供に付き合って、回っいた記憶があります。
a0122931_13112720.jpg

しかし、10数年ぶりの再訪で、その進化の凄さに驚きました。
館内の設備然り、展示やテーマの種類の豊富さ然り、演出の質の高さ然り、スケール感然りです。
この水族館自体が、隣接する相模湾と完全一体化しているんですね。
a0122931_1256992.jpg

寒流、暖流、深海、砂地、岩場、大物、小物、甲殻類、さらに海草まで・・・。
地上に居ながらにして、これだけのバリエーションを体験出来るは素晴らしい事です。
これだけの展示が出来るのは、関係者の熱意・努力と共に、技術の進歩も大きいのでしょうね。
a0122931_13323997.jpg

ヲイラが以前見た、単に魚を水槽に入れて展示しているだけの水族館とな全く別物でした。
水族館と言うのは、子供向けの単なる魚の展示場くらいに軽く考えていましたが、永年に亘り、大変失礼な誤解をしていました。
a0122931_1256465.jpg

海に棲む様々な生物の生態を題材として、地球、環境、ECOと言うものを考えさせ、人類だけでなく、地球上に棲む、あらゆる生物が共存共栄している事、そして命の尊さを訴えているのだと、強く感じました。
a0122931_12561836.jpg
a0122931_12562884.jpg
a0122931_12563536.jpg

勿論、そんなに難しく考えなくても、海のアミューズメントパークとして、十分楽しめますね。
この日は、夕方から用事があったので、1時間半程度しか滞在出来ませんでしたが、
時間がある時に、再訪して、ゆっくり鑑賞したいと思いました。
a0122931_13322266.jpg

雨で外で遊べない休日、たまに水族館を訪れてみるのも良いかも・・・です。
a0122931_12554750.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-03-31 23:53 | フェスタ/イベント | Comments(0)

分かっちゃいるけど、やめられない・・・。 変えられない・・・。

人間ドックを受け始めて10数年になる。
毎年行っている。 今年も行ってきた。
1項目が引っ掛かり、再検査の宣告を受けた。

今まで、全く問題なかった数値が、ここ数年、急激に悪化し、再検査の常連項目になりつつある。
原因は分かっているのだけど、生活改善が出来ない、自分の意志の弱さが情けないっす。

原因? 運動不足とアルコール摂取量の多さです。
それに尽きます。
急に数値が悪化している項目は、こいつらです。
   ↓
★総コレストロール
★悪玉コレストロール
★血糖値
★中性脂肪

ヲイラ、外側から見ると、けっこう細身なんですよ。

だから、みんな、「嘘っ!」と言って、なかなか信じてくれないのですが、
外見(=皮下脂肪)と血液中のドロドロは別物なんですよね(涙)。
原因の1つが、こやつです。
   ↓
a0122931_1915791.jpg

月に2ダース近くが、ほぼコンスタントに胃袋に垂れ流されて行きます。
その他に、ビールも飲むし、外でも飲んでるし・・・。
それで、運動しなかったら、やっぱり、悪くなりますよね。
分かっちゃいるけど、やめられない・・・!
[PR]
by kansukenator1 | 2010-03-29 00:23 | 健康 | Comments(0)

絶品! 干し貝柱のチャーハン 御田町 桃の木@三田

三田の人気中華料理店 「御田町 桃の木」さんに行って来た。
こちらは、2年連続でミシュラン1つ星を獲得している名店ですが、この店に対する評価で、時折、耳にするのが、「1つ星店らしからぬ店」と言うもの。
恐らく、店構えや店の内装、そしてカジュアルな雰囲気を指して言っているのだと思う。
しかし、ヲイラは、逆に、今回、初めてこの店を訪れて、「まさに1つ星店らしい店」だと感じました。
a0122931_1514226.jpg

確かに、星付きレストランと言うと、人によっては、多少の緊張感を持って店を訪れたり、構えて料理を食したりするケースがあるかも知れません。
そう言う意味では、こちらの店は、店構えも含めて高級店のイメージはなく、普通の街にある普通の料理店に見えます。
しかし、星付きレストラン = 高級な店舗、高級なインテリア、高価な価格設定、隙のないサービス、 
と言う定義が正しいのか? ちょっと疑問も感じます。
a0122931_15121562.jpg

星付きレストランの条件とは、お客に感動をもたらす素晴らしい料理を提供する事と、心地良く食事を楽しんでもらう為の上質なサービスを提供する事にあると思います。
しかし、上質なサービスや心地良さを、高級な店構えやインテリアに求める客ばかりではないとも思います。
そう言う意味で、こちらの店は、小林武志シェフが創りだす感動の料理と、スタッフの親切で適格なサービス対応により、非常に心地良い時間が提供されるまさに1つ星に相応しい店であると感じました。
a0122931_15132672.jpg

この日は、ディナータイムに2人で訪問。
食してみたいMENUが沢山ありましたが、全部オーダーしたら、2人ではとても食べきれない。
それでは、コースにしようかと、内容を聞いたが、我々が食したいMENUは数品しか含まれていなかった。
その点をスタッフに相談したところ、既存のコースを大幅に変更し、我々が希望したMENUを中心としたコースに全面組み換えて下さいました。

そして、食事を終え、会計をお願いして驚いたのですが、
8500円、10500円、12500円と3種類あるコースの中の一番下のコースでの請求でした。
あれだけ、我儘を聞いて戴いた上に、お値段も1番下のコースで提供して頂き、恐縮しました。
a0122931_1515784.jpg

それに関し、お礼を申し上げたところ、帰ってきた言葉が、「とんでもないです。 我々は、お客様のご希望に出来る限り合わせ、ご満足して戴ける事を目指しておりますから・・・。」と・・・。
そして、ヲイラは思いました。
こうした姿勢こそ、「最も1つ星店らしい店」ではないかと・・・・。
a0122931_15141295.jpg

さて、お料理ですが、どのお皿も質の良い素材と確かな技術に裏打ちされた満足度の高いものばかりでしたが、特に気に入ったのが、「干し貝柱のチャーハン」「黒酢酢豚」でした。

干し貝柱のチャーハンは、それと知らずにテーブルに運ばれたら、
「あれっ? 家の冷蔵庫に何もない時の具なしの素チャーハン?」と思ってしまう程の質素な見た目(笑)。
ところが、正体は、ほぐした干し貝柱の身が、「これでもかっ!」ってくらい入っている、単品MENUでは、3500円也の豪華チャーハンなんです。
a0122931_1514409.jpg

黒酢酢豚は、以前、冨麗華等で体験済みでしたが、こちらの場合、見た目もフレンチの一皿のように美しく、ソースのお味と言い、お肉の柔らさと言い、素晴らしい一皿でした。

この日、戴いた内容は、こんな感じです。

先付け
 *松の実
 *砂糖でコーティングされた胡桃
a0122931_15122770.jpg

前菜4品
 *よだれ鶏の麻辣味   
 ・・・弾力のある蒸し鶏に、炒ったピーナツとパクチーをトッピングし、香辛料が効いた醤油ベースのソースで和えたもの。 よだれ鶏とは、よだれが出るほど旨い鶏と言う意味だそうです。
a0122931_15124598.jpg

 *砂肝の山椒和え
・・・蒸した砂肝に、たっぷりの葱、山椒等を和えた一皿。  ビールに良く合います。
a0122931_15125635.jpg


*揚げピータン
・・・油で揚げると言う珍しい料理法。 癖がなく、ピータンが苦手な人でも美味しく食べれると思います。
a0122931_1513611.jpg

*ホタルイカとわかめの和えもの
  ・・・旬のほたる烏賊を上海醤油でさっぱり戴きます。 かわめがメチャ旨かった。
a0122931_15131591.jpg

台湾A菜と干し肉の炒め物  
 ・・・A菜なる青菜と自家製の干し肉をニンニクと塩でシンプルに炒めた一品。 
   青菜のシャキシャキ感が最高。 干し肉の独特な香りが良いインパクトとなっている。
a0122931_15134532.jpg

ぼたん海老と雲丹の御造り
 ・・・超新鮮でプリプリのぼたん海老と、これまた新鮮で甘~い雲丹を紹興酒ベースのソースで戴きます。
   紹興酒と刺身がベストマッチ。
a0122931_15131661.jpg

黒酢酢豚
 ・・・真っ黒の大きな肉の塊がお皿の真ん中にドーンと鎮座。                         
   バルサミコを煮詰めたような酸味と甘みのバランスが最高の究極のソースがたっぷり。
   お肉の上にトッピングされているのはザクロの実。
   ソースを残すのが勿体無いので、蒸しパンをもらいたかったが、お腹の状態と相談して、諦めました。
a0122931_15135486.jpg

麻婆豆腐
 ・・・肉は挽肉ではなく、角肉を使用。 豆腐より肉が主役の独特の麻婆豆腐。
   豆板醤を使わず、辛さは湖南省の唐辛子だけと言うのも個性的です。
   「是非、ご飯とも一緒に食べて欲しい」と、チャーハンと同じタイミングで運ばれました。
a0122931_15142073.jpg

干し貝柱のチャーハン
 ・・・一見、質素な素チャーハン? に見えますが、ほぐした干し貝柱の身が、たっぷり入った豪華なチャーハンです。
 スタッフの方のアドバイスで、麻婆豆腐を掛けたお味も楽しみました。
a0122931_15142952.jpg

デザート・・・マンゴプリン、タピオカ等、5種類からチョイス出来ます。 我々が選んだのはこの2品。
  *杏仁豆腐
 ・・・亀ゼリーも入った、ふわふわの杏仁豆腐。
a0122931_1515918.jpg

 *上海風白玉
 ・・・デザートも手が抜かれず満足のお味です。
a0122931_15152934.jpg

お店は、近々、移転するそうですが、まだ他にも試したいMENUが沢山あるので、是非再訪したいです。
こちらは、ビオワインもお手頃価格で揃っているので、次回は、4~5人で訪れ、単品MENUでワインと中華のマリアージュを楽しみたいです。
a0122931_15154971.jpg

以上のお料理に、ビール1本、果実酒、瓶だし紹興酒2合を戴き、2人で、2万円台の前半。
コストパフォーマンスの点でも満足なディナーでした。
ご馳走様でした。
a0122931_15155117.jpg

【御田町 桃の木】
東京都港区三田2-17-29 オーロラ三田105
TEL:03-5443-1309
11:30~14:30 (L.O. 14:00)
17:30~22:30 (L.O. 21:30)
定休日:水曜日と第2週目の火曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2010-03-20 23:38 | 中華/台湾料理 | Comments(0)

金の成る木! 買ったとたんにお金が逃げて行くんですが・・

一昨年は、リーマンショックによる株の暴落で、BMW1台分位の損失を出してしまった(涙)。
a0122931_1225198.jpg

「株は上がれば、下がる。 下がっても、またいつか上がる。」と言う循環論は、今回に限っては通用しない。
「株価は底なし沼のように、更に下がり続けるだろう」と判断したんです。 
そこで、「一旦、損切りし、底を見極めた上で買い戻し、出した損を取り戻そう。」と言う作戦に出たのでした。
ところが、これが大失敗。
株価は予想より遥かに早いタイミングで戻り始め、ヲイラは買い戻しのタイミングを掴めないまま年を越してしまいました。

株式の譲渡益に対する課税は、確定申告をしておけば、損失を3年間繰延べる事が出来、
その後の利益と相殺出来るので、翌年の必勝を期し、確定申告すべく、税務署に向かったのでした。

そして昨年の成績はどうだったのでしょうか?
多少の焦りを感じながら、出遅れ銘柄をいくつか拾いましたが、いずれもぱっとせず、昨年も負け。
一昨年の損失を埋めるどころか、更に損失を増やす結果に終わりました。
損失額は、タタ自動車2~3台分くらい?(笑)。
笑っている場合ではありません。

と言う訳で、先日、昨年の損失の繰越手続きに、再び税務署に行ってきました。
BMW1台分の損失の相殺期限は、今年まで。
後、9ヶ月で、何とかしなくちゃ・・・。
a0122931_1155173.jpg

ところで、一昨年、大損を出した後、街を歩いていて、たまたま目にした「金の成る木」
お金が儲かりますようにと、洒落で買ったんですが、株も2連敗だし、こやつを買った日を契機に、
あちこち、やたらお金が出て行く気がするんですが・・・。
これ、全く、ご利益ないっす。
a0122931_11545185.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-03-13 00:31 | ひとり言 | Comments(0)

何十年ぶりだろう? 中学生の時以来? 大倉山公園の梅林

区役所に戸籍謄本を取りに行ったついでに、大倉山公園梅林に、ちょこっと立ち寄ってみた。
a0122931_12185771.jpg

場所は、東急東横線の大倉山駅横の坂を5分ほど登ったところ。
ヲイラの地元です。
a0122931_1219884.jpg

この公園は、桜もあるんだけど、古くから梅の名所として有名で、観梅会の時期には、野点茶会や日本舞踊など、色々な催しがあり、多くの人で賑わいます。
a0122931_12192870.jpg

最後に、ここで梅を観たのは、大綱中学校時代のホームルームの時間だったと思うから、もう何十年前の事になるのだろう・・・?。
a0122931_12194052.jpg

当時は、もっと大きな公園のように感じていたけど、今見るとそれ程でもない。
おまけに駐車場もないので車では来られない。
a0122931_1220178.jpg

広さは、約1ヘクタール、梅は紅梅白梅併せて30種200本と言うから、曽我梅林や湯河原梅林に比べたら全然敵わない規模だけど、地元民にとっては、貴重なスポットなんですよね。
a0122931_12202619.jpg

平日だったけど、近所のお年寄りや子供連れが、梅を楽しんでいました。
a0122931_12203086.jpg

でも桜の華やかさに比べ、梅は地味ですな。
a0122931_1220381.jpg

ヲイラだけかも知れないけど、梅はどこかもの悲しさのようなものを感じてしまうんです。
a0122931_12204749.jpg

だから、桜のように、酒を飲んで盛り上がるって言うイメージが沸きません。
a0122931_12191542.jpg

梅の花は、個人宅の庭にぽつっと咲いているほうが似合うような気がします。
しだれ梅。 風情がありますな。
a0122931_1221185.jpg

大倉山公園から坂を駅寄りにちょっと下ったところには、ユーミンのアルバムジャケットの撮影でも使われた大倉山記念館があります。
a0122931_12214322.jpg

1932年に創建されたギリシャ神殿を彷彿させるこの建物は、コンサートホールやアートギャラリー、図書館、各種集会場等の施設があり、定期的に様々な催しが行われています。
a0122931_12215358.jpg

ユーミンの歌でも口ずさみながら、大倉山駅まで坂を下って行くのも良いかも知れません。
a0122931_12213063.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-03-08 23:16 | 散歩/旅行 | Comments(0)

違いの分からない男シリーズ(その1)真穴(まあな)産の高級みかん「貴賓」

ヲイラ、食べる事は好きなほうですが、自分の舌に自信を失う事もしばしば。
皆が、美味しくないと言うもの美味しく感じたり、その逆に、皆が美味しいと言うものを美味しく感じられなかったり・・・。
a0122931_12314887.jpg

そんな体験から、「違いの分からない男シリーズ」と言う企画が半年前くらいから頭にあり、
今回は、晴れて、その第1弾です。
お題は「みかん」。
1個(サイズS)200円のみかん「貴賓」 VS 1袋200円(約10個入り)の普通のみかん
a0122931_12311226.jpg

ヲイラが食した「貴賓」とはこんなみかんです。
貴賓 越冬完熟 24個入*1箱 ・・・5,650円      
  ↓
愛媛県の南西部に位置する日本一のみかん産地である「八幡浜市」。
この地は、「三つの太陽」(①太陽、②海面の照り返し、③石垣の照り返し)に育てられると言われ、みかん栽培に適した自然環境に恵まれた地区。
その八幡浜市のなかでも、特に、地形、方位、気候、土壌などの自然条件に恵まれ、古くから日本を代表するみかんのブランド産地として有名なのが、この真穴(まあな)地区。
その真穴地区の中でも、更に、厳しい条件をクリアした生産者と園地を選定し、真穴みかんの特徴である「極甘・薄皮」を追求した選りすぐりのブランドが「貴賓」だそうです。
受賞暦も華やかです。
1949年、1951年、1957年に日園連主催の全国果樹品評会で農林大臣賞を受賞。
更に、1964年に全国初の優良みかん産地として第3回農業祭園芸部門で天皇杯を受賞、等々。
a0122931_12312938.jpg

そして、食べた感想はと言うと・・・・。
確かに美味しいし、皮も薄いですが、これくらいの甘さ、これくらいの薄皮なら、特に珍しくもなく、驚きや感動はありませんでした。
少なくとも、普通のみかんの10倍の値段の価値はヲイラには分からなかったっす。

同じものを、知人にも贈ったのですが、その知人も同じ感想でした。
誇大広告なのか? 我々全員、味音痴なのか?
はたまた、「たまたま、今回注文したタイミングが悪く、本来の味でないものが我家と知人宅に当たってしまった」のか?
やっぱり、違いの分からない男です。
[PR]
by kansukenator1 | 2010-03-07 12:38 | Comments(0)

もう3月! やること一杯なのに、何も出来ていない・・・。

ついこの間、年が明けたばかりだと思っていたら、もう3月。
1月、2月は、あっと言う間に過ぎてしまい、ただ忙しいだけで、想定していたアウトプットを、
出せないまま、3月に突入してしまった感じ。
んー、ちょっぴり焦りを感じてしまう今日この頃。
a0122931_12274638.jpg

当家は、女の子がいないので雛人形がなかったのですが、何故か急に、奥さんが自分用に欲しくなったみたいで、あちこち捜し歩いて、こんな子を連れて帰って来ました。
ぷっくりした丸い顔だちが気に入ったようです。
a0122931_12232460.jpg

今、近所の家々の庭に、梅の花が咲き出しているけど、今年は、去年の今頃より若干遅い感じ。
でも、そんな事言っているうちに、すぐ、桜が咲き出すのだろうなぁ。
なんて思うと、また焦ってしまう。
桜が咲き出す前に、色々やらなきゃいけない事を終わらせないといかんです。
a0122931_12233241.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-03-01 23:21 | その他 | Comments(0)