「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ひとり言( 13 )

「金環日食」と「スカイツリー開業」で日本列島、大フィーバー!

いつから皆さん、こんなに、天文好きオジサン、天文好きオバサン、そして天文好き若者になったんでしょうね?
専用のメガネ買って、朝から空見上げて、写真撮って、拍手して、歓声あげて・・・。
テレビを付けても、どのチャンネルも、どの時間帯も、金環日食の話ばっかり・・・。
a0122931_1746111.jpg

そう言えば、我家のオバサンも、いつの間にかメガネ買って来てるし、1週間前位からソワソワしているし、普段は、ヲイラが仕事に出掛ける時間になっても、寝てて、出て来ない事が多いのに、
この日は、朝早くから起きて、庭に出たり、ベランダに出たりと忙しそうだったなぁ。
そして、しっかり、こんな写真も撮ってるし・・・。
a0122931_17455763.jpg

世の中には、これを見る為に、泊りがけで、遠くで出掛けたり、半端ない力の入れようの人達も多いみたいで、経済効果は凄いようですね。
まあ、それは、それで良い事です。

そして、明日は、スカイツリーのオープンですな。
明日になれば、もう、「金環日食」の事など、すこ~んと忘れ、スカイツリーネタ一辺倒になるのでしょうね。
皆さんも、マスコミも・・・。
景気は、パッとしないし、政治は最悪だし、国民は、一時でも楽しい事を探して、自らを元気付けているのかなぁ?
[PR]
by kansukenator1 | 2012-05-21 23:45 | ひとり言 | Comments(0)

同じ轍は踏まない! と言いながら・・・。愚かなるかな人間と言う生き物は。

日本が、バブル崩壊による経済危機から抜け出せず、もがき苦しんでいた時期(所謂、失われた10年とか、15年とか言われている時期)、日本政府が有効な景気浮揚策を打ち出せず、時間だけが無意味に過ぎて行った事や、その後、遅ればせながら、巨額な財政出動をするも、期待した効果が得られず、逆に大きな財政赤字を招く結果となってしまった事。
a0122931_12234356.jpg
そして、財政再建策の一環として実施した消費税の増税が不況の長期化を招いてしまった事。
更には、長期に亘る金融緩和策(ゼロ金利と量的緩和)がデフレを招き、銀行は不良債権を抱え、本来、市場から退場しなければならない「ゾンビ企業」を延命させる結果を招いてしまった事、等々。
a0122931_12224537.jpg

こうした日本政府や日銀のとった政策を見て、当時、アメリカは日本を馬鹿呼ばわりしていましたっけね。

そして、アメリカは、ITバブルの崩壊や、リーマンショック後の経済危機に対する政策で、
「我々は日本と同じ轍は踏まない!」と胸を張って言い放っていました。

しかし、どうでしょうか? リーマンショックから3年経過した今も、アメリカは経済の低迷から抜け出せないどころか、いっそう、悪い方向に突き進んでいます。
a0122931_12221862.jpg

今、日本は、「課題先進国」と呼ばれているそうで、バブルとその崩壊、財政危機、金融危機、震災、原発事故等の危機を経験し、更に、エネルギー問題、少子高齢化、環境汚染、廃棄物増加等々、多くの課題を抱え、これに対して、どう言う対策を講じ、どう言う成果をあげたのか? 又は失敗したのか?の教材として、世界から注目されているようです。
a0122931_12225777.jpg

そして、このバブル崩壊に対する経済政策の失敗の最大要因は「見通しの甘さによる初動の遅れ、そして財政出動や金融政策を小出しで行った事」と言うのが一致した見方のようです。
要は、待ったなしで、一気に、ガーンっとやらなければダメ!と言う事ですな。

そして、もうひとつ、「バランスシート調整が終わるまでは、何をやっても大きな効果は得られない」、と言うのも大きな教訓として得られたようです。
a0122931_1223745.jpg

ところが、ギリシャ発の欧州金融危機への各国の対応を見ても、これら日本の教訓が、全く生かされていませんね。

そして、これまた、大変な事になっているタイの洪水も同じ。
タイに生産拠点を持つ世界各国の有力メーカーの慌てふためいている様子を見て、改めて、学習効果のなさを嘆かずにいられません。

東日本大震災が起きたのは、僅か半年前の事。 
この地震により、被災地の工場や物流拠点が崩壊し、部品の供給や輸送等のインフラが機能しなくなり、日本のみならず、世界各国の主要メーカーの生産が止まってしまった体験は、まだ、生々しく記憶にあるはず。

サプライチェーンは、分散させねばならず、一箇所に集中させるのは、一時的には効率が良くても、有事の際には致命的な打撃を受ける事は言うまでもない事。
それなのに、猫も杓子も、同じ事をやるのですねぇ。
a0122931_1222395.jpg

最近、BCP(Business Continuity Plan)と言う言葉が注目されていますが、どの企業も言っている事とやっている事が全然違うじゃん!と言わざるを得ません。

「人間は、やっぱり、同じ轍を踏むんですね。」(確信!)

a0122931_12231750.jpg

そう言う自分も、翌日地獄が待っている事を知りながら、痛飲をやめられなかったり、ひどい時は、酔っ払って、帰宅途中転んで怪我したり、損しても損しても、株に手を出したりと、学習効果が発揮されず、いつも、同じ轍ばかり踏んでいますが・・・。(涙)

人を批判する資格はありませんな。
a0122931_1223305.jpg

BAR 461
新宿区舟町12 ビリジアン新坂1F
03-3358-7283    
月~金 17:00~翌1:00
土 17:00~24:00
定休日:日・祝
[PR]
by kansukenator1 | 2011-11-01 23:02 | ひとり言 | Comments(0)

義援金の強要

3月11日の悪夢から3ヶ月が過ぎました。
管首相のリーダーシップの欠如だけが理由ではないでしょうが、復旧、復興の道筋が未だに見えて来ません。
a0122931_12194855.jpg

ミュージシャンがチャリティー・ライブをやったり、芸能人やスポーツ選手が街頭に立って募金活動をしたり、レストランが売上の一部を義援金として寄付する等々、日本中の多くの人々が、被災地で苦しんでいる方々に対し、懸命の応援を行っています。
勿論、被災地に、直接乗り込み、ボランティア活動に従事している人々も大勢います。

日本人は、昔に比べ、個人主義が強くなっていると感じる節もありましたが、
実際は、そんな事はなく、人の痛みを感じ、自分に出来る事を考え行動する人々が、こんなに大勢いる素晴らしい民族なんだなぁと、再認識し、嬉しく思います。

ただ、その国民の善意の一つの形である義援金が、相変わらず、タイムリーに、それを必要としている方々の元に届いていない事が残念です。

「公平性を保つ為に・・」だか、何だか知りませんが、行政が遅過ぎませんかね?
まずは、必要な所に配布して、公平性の問題は、後で差し引きして帳尻を合わせれば良いと思うのですが、何故、それが出来ないのでしょうか?
a0122931_12193687.jpg

ただ、この義援金ですが、最近、ちょっと、やり過ぎじゃないか? と思ったりすることもあります。

飲み屋や食事処に行って、会計の際に、義援金箱を差し出されたり、パーティー会場で、会場への入場口に義援金箱を持ったスタッフが立っていて、義援金を催促されたり・・・・。

これでは、まるで、義援金を強要しているようで、寄付しない人は、ケチな人間か、冷たい人間のようで、気が引ける思いをさせてしまうのではないでしょうか?

いくら、被災地の人々を応援したいと思っていても、連日のように、行く先々で、寄付ばかりしてもいられません。

善意で行っている義援金集めも、相手に無用な精神的負担を掛けない多少の気遣いが必要ですね。
a0122931_1055404.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2011-06-11 18:49 | ひとり言 | Comments(0)

独り言! 人を批判するのは簡単なんだけど・・・。

今日は、クリスマス。
子供の頃から、クリスマスが近づく時期の街の賑わいや華やいだ雰囲気が大好きで、
それは、いい歳のオヤジになった今でも変わりません。
恐らく、一年間の色々なイベントの中でも、最も好きなのがクリスマスかも・・・。

今年も、ちょこちょこ、街に出て、クリスマスの雰囲気を味わっていますが、何故か、例年ほど、気分が盛り上がりません。
何か、この華やかな雰囲気に、虚しさのようなものを感じている自分に気付く事があります。

何故、そんな気持になるのか?
日本が元気を失っているからなのか?

今の日本が置かれている現実と今後の不安。
今年ほど、日本と言う国の弱体化と、将来に対する不安を強く感じた事はありません。

それは、今年始まった事ではなく、もう10年も20年も前から始まっていたことが、今年、一気に国民の目の前に噴出したのだとは思いますが・・・。
だからでしょうか、華やか部分に触れれば触れる程、逆に真実の姿と言うか、陰の部分を感じてしまうのか知れません。

日本は、完全に、勝組と負け組みの2極化構造に入りましたね。
本当に、クリスマスを心の底から楽しめる心境に戻れる日は来るのでしょうか?

民主党がぶりぶり言わせて、日本列島に旋風を巻き起こしていたのは、まだほんの1年ちょっと前の事なんですよね。

政権交代!政治主導!官から民へ!
流行語大賞にもなったあのスローガンを掲げて、凄い勢いでした。

当時、国民は期待しました。 日本の政治が変わるかも知れないと・・・。

それが、今はどうでしょう。
国民は、もう完全にしらけ切ってしまっています。
外交にしても、経済政策にしても、その迷走ぶりには、Oh!My God!と言う感じです。
ヲイラも、もう十分長く生きていますが、日本の将来について、これ程の危機感を感じたのは初めてです。

政治主導は、一体どこへ行ってしまったのでしょうかねぇ?
今の民主党を見ていると、一体、何を目指しているのか、何をしたいのかが、全く伝わって来ません。
あれだけ、政権を取りたがっていたのは何だったのかと・・・。
やりたい事をやれる権限を獲得する為の政権奪還だったのではなかったのでしょうか?
何もやりたい事がないのなら、野党のままでいれば良かったのです。

内容の稚拙さは別として、鳩山首相の方が、まだやりたい事が見えましたが、管首相は、全く魂が抜けてしまっているように見える。
表情もしょぼくれて、自信なさそうに見えてしまう。
野党時代の急先鋒だった頃の迫力は完全に消えてなくなってしまったよう。

それにしても、政治に限らず、人を批判したり、アラを探して突っ込みを入れるのは簡単ですが、
実際に、何かを責任持って成し遂げると言うのは、本当に大変だと言う事を、改めて感じている今日この頃です。


財源は、幾らでもある!と豪語していたのに、今更、財源がないからと言って、公約したバラマキ政策に制限枠を設けたり(それはそれで良いのですが・・・)、バラマキ政策の財源確保の為に、扶養者控除に所得制限を設けたり、相続税の控除要件を厳しくしたり、行き当たりばったりの政策。 
そんな話、選挙前に、全く聞いていませんから。
まあ、ここで、こんな事を書いているヲイラも、批判をしているだけの人間なんですよね・・・。
今日で、今年の仕事収め。 来年は5日から仕事開始です。
[PR]
by kansukenator1 | 2010-12-25 12:47 | ひとり言 | Comments(0)

地デジ対策! これって国民が自腹でやるべきものなの?

2011年7月24日で、アナログ放送は終了し、地上デジタル放送に切り替わる。
これによって、今使われているアナログテレビは使えなくなり、地デジ対応のテレビに買い替えるか、
地デジ用のチューナーを購入しなくてはならなくなる。
a0122931_1232312.jpg

そもそも、地デジって何なのか? 
何故、地デジに切り替えなければならないのかも良く分かっていないヲイラ。

恐らく、今、アナログ放送や通信で使用している電波が飽和状態で、その対策が、地デジへの切替なんだろうと思うけど・・・。

あまり気が進む話でもない為、放っていましたが、家電のエコポイントが、12月から半分に減ると言う話を聞き、11月の上旬、やっと重い腰を上げて、家電量販店に足を運んで来ました。

テレビだけ購入すれば良いのかと思っていたら、なんとアンテナの取り付け工事も必要だとか・・・。
そして、アンテナ工事は、概算で8万円くらい掛かると・・・(汗)。
アンテナを立てずに、NTTのフレッツ光での対応も可能との事で、この場合は、わずかなイニシャル費用で、毎月500円程の課金制との事。
アンテナ立てるのもうっとうしいし、既にインターネットと電話でフレッツ光を利用していたので、そちらにする事にしました。

そして、後日、NTTに電話し、申し込みをしましたが、なんだかんだで、6万円くらいのイニシャル費用が掛かるようです。 そうすると、アンテナを立てるより、結構割高です。

今、家にある4台のテレビのうち、地デジ対応のテレビは、1台のみ。
あとの3台は、ブラウン管のアナログテレビです。

今回、撮り合えず、テレビ2台の購入費用とフレッツ光へのイニシャル費用が発生しましたが、
新たな喜びもない投資の割には、これだけでも結構な額になります。

ここから先は、全く個人的事情で、人に文句を言える筋合いの話ではないのですが、今回の地デジ用テレビの買い替えによって、オーディオシステムの再編まで手を付けなければならなくなってしまいました。

今のテレビと同じくらいの画面サイズのテレビを購入したのですが、液晶テレビはブラウン管テレビより大きな作りになっている為、テレビの横幅が、今より約20センチ程大きくなってしまいました。

以前、オーディオに凝っていた時期があり、大きなアンプやら、何やらが、横にずらっとレイアウトしてあり、
このままではテレビが収まらないのです。
(テレビの面だけ、ちょっと前に出るのを厭わなければOKなんですが、それも、ちょっと格好悪いしね・・・。)

そんな訳で、スピーカーの買い替え(横幅がちょっと短いものへ)と、テレビ台&オーディオの収納棚の買い替えをしなければならなくなっちゃったんです。

そんなこんなで、家電量販店でスピーカーをチェックした後は、IKEAに行って、ラック探し・・・。
a0122931_1233766.jpg

景気低迷が続き、先が見えない今の日本。
こうした出費は、普通に職がある一般家庭にとっても、決して小さいものではありません。
ましてや、就職出来ず苦境に立たされている若者や、給与カット、倒産、リストラに遭遇している中高年世帯にとって、この出費の痛手は半端でないはず。

今や、誰に聞いても、テレビが贅沢品と言う人はいないでしょう。

アナログ放送の電波が飽和状態で、その対策としての地デジへの切替ならば、それは、国の通信インフラの再構築と言う政策であり、その負担を国民に強いるのではなく、一世帯当たり、テレビ1台分とアンテナ工事費用くらい、国の予算で賄うと言う訳に行かないのでしょうかね?
いかないんでしょうね・・・。

全世帯といかないまでも、そうした補助が必要とされる世帯限定でも、何とかならないものでしょうか?
庶民に優しい政治を目指しているのではなかったのでしたっけ?
民主党さん。
[PR]
by kansukenator1 | 2010-11-21 23:40 | ひとり言 | Comments(0)

9月になりました! 猛暑が続いているとは言え、夏もそろそろ終わりですな!

9月に入っても、連日35度の猛暑日が続き、一向に涼しくなる気配のない今年の夏。
この週末は、二宮のペッシ・ヴェンドーロで、のんびりランチをした後、小田原までちょいと足を伸ばして、
レロアで明日の朝食用のパンを購入。
a0122931_1112971.jpg

途中、西湘バイパスのパーキングエリアで、ぼーっと海を眺めていると、暑いとは言え、夏もそろそろ終わりに近づいている感じがして、何か、もの淋しさのようなものを感じてしまった。
「この暑さ、いい加減、何とかならないの!」、「早く秋になってくれよ!」等と、さんざん言っておきながら、人の心は矛盾していますね。
a0122931_11121980.jpg

いやー、いつもの事とは言いながら、ペッシ・ヴェンドーロでは、昼間っからよく食べました。
カルパッチョ盛り合わせ、生桜エビのガーリックオイル焼き、ムール貝のワイン蒸し、牛スジの赤ワイン煮込み、地鶏のソテー、そしてパスタは定番の魚貝のトマトソースとウニと牡蠣のクリームパスタ、そしてデザートのアフォガードとエスプレッソまで。
アルコールの方も、当然のごとく生ビールだけじゃ終わらず、白1本、飲んじゃった。
週末だから、良いよね・・・・。
それにしても、生桜エビのガーリックオイル焼き、旨かったなぁ!
a0122931_11122869.jpg
a0122931_1112374.jpg
a0122931_11124710.jpg
a0122931_11125595.jpg
a0122931_1113389.jpg
a0122931_11131273.jpg
a0122931_11133063.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-09-06 23:09 | ひとり言 | Comments(0)

金の成る木! 買ったとたんにお金が逃げて行くんですが・・

一昨年は、リーマンショックによる株の暴落で、BMW1台分位の損失を出してしまった(涙)。
a0122931_1225198.jpg

「株は上がれば、下がる。 下がっても、またいつか上がる。」と言う循環論は、今回に限っては通用しない。
「株価は底なし沼のように、更に下がり続けるだろう」と判断したんです。 
そこで、「一旦、損切りし、底を見極めた上で買い戻し、出した損を取り戻そう。」と言う作戦に出たのでした。
ところが、これが大失敗。
株価は予想より遥かに早いタイミングで戻り始め、ヲイラは買い戻しのタイミングを掴めないまま年を越してしまいました。

株式の譲渡益に対する課税は、確定申告をしておけば、損失を3年間繰延べる事が出来、
その後の利益と相殺出来るので、翌年の必勝を期し、確定申告すべく、税務署に向かったのでした。

そして昨年の成績はどうだったのでしょうか?
多少の焦りを感じながら、出遅れ銘柄をいくつか拾いましたが、いずれもぱっとせず、昨年も負け。
一昨年の損失を埋めるどころか、更に損失を増やす結果に終わりました。
損失額は、タタ自動車2~3台分くらい?(笑)。
笑っている場合ではありません。

と言う訳で、先日、昨年の損失の繰越手続きに、再び税務署に行ってきました。
BMW1台分の損失の相殺期限は、今年まで。
後、9ヶ月で、何とかしなくちゃ・・・。
a0122931_1155173.jpg

ところで、一昨年、大損を出した後、街を歩いていて、たまたま目にした「金の成る木」
お金が儲かりますようにと、洒落で買ったんですが、株も2連敗だし、こやつを買った日を契機に、
あちこち、やたらお金が出て行く気がするんですが・・・。
これ、全く、ご利益ないっす。
a0122931_11545185.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-03-13 00:31 | ひとり言 | Comments(0)

一年の計は元旦にあり! 2010年今年の抱負?

「一年の計は元旦にあり」と子供の頃教えられた。
しかし、現実には、ただ惰性で新しい年を迎え、惰性で日々暮して来たヲイラ。
それも何十年もの間。
気付いてみると、あと何年生きられるか分からない年齢になっている。
a0122931_8441599.jpg

ヤバイ! これではいかん!と思い、昨年の正月に考えた事が、マンネリ化した生活パターンを変える事。
そして、2つの新しい事を始めました。
1つは、このブログを始めた事。
もう1つは、料理教室に通い始めた事。
ブログは人に読んで貰う為と言うよりも、自分の生活の備忘録的な位置付け。
料理教室は、若い頃からの趣味のひとつである料理を自己流ではなく、一度きちんとと習ってみようと思った事。
それと仕事仲間や学生時代の仲間以外の交友関係を広げる事が目的でした。
a0122931_8442541.jpg

さて、今年はどうしますかな?
今、一番したい事と言えば旅行、特に海外旅行
子供もやっと安心して留守番させられる年齢になったし、ガンガンにとは行かないまでも、年1回、出来れば年2回位のペースで飛びたいモード満々になっている今日この頃。

しかし、人生うまく行かないもので、子供に手が掛からなくなったと思ったら、今度は親の面倒を看なければならない状況に陥ってしまった当家。
つー訳で、海外旅行はおろか、1泊2日の国内旅行ですら簡単ではないと言うのが現状です。(涙)
でも無理となると、益々、お熱が高まるのが人間の性。
あ~、何とかならないかなぁ。
今年の目標は、今月一杯かけて、改めて、また考える事としましょう。
[PR]
by kansukenator1 | 2010-01-12 23:42 | ひとり言 | Comments(0)

退屈な正月休み!

いい歳こいて、正月早々から、こんなレベルの低い話をしちゃいけないんですがね・・・。でも、しちゃいます。
子供の頃から、X’masは大好きなんだけど、正月休みと言うか、年末年始の雰囲気がすごく嫌いでした。
そして、それは今も変わりません。
a0122931_16295216.jpg

最近は、そうでもなくなって来ましたが、年末は、何か、街中がせかせかしていて落ち着かないし、
親達も忙しそうに大掃除をしていて、手伝うのも嫌だし、手伝わないのも子供ながらに、気が引けて居心地が悪かった気がします。

新年明けてのお正月の雰囲気は、もっと嫌いでしたね。
年末とは打って変わって、街中が、しーんと静まりきっているあの静寂感が、何とも言えず淋しい気持ちになり、たまらなく嫌いでした。
それは大人になった今も同じで、好きじゃありません。

そしてお正月が嫌いなもう一つの理由が、すっごく退屈だから。
地方出身の友人達は、皆、帰省しちゃうし、地元の仲間も、さずがに独身者以外は、正月早々から誘い出すのも気が引けるしね。(男女共に独身比率高いんです。 バツイチだらけだし・・・)
高校時代は、マリンタワーの無料休憩所で一夜を過ごして、港の見える丘公園で初日の出見たり、
大学時代は、大晦日は誰かの部屋に集まって、夕方頃くらい飲み出して、夜中過ぎから鎌倉とかに、
初日の出とか見に繰り出して、砂浜で警察官とおっかっけこしたり、バカな事一杯して楽しい時もあったけど、今はそんな事する歳じゃないし・・・。
a0122931_16301372.jpg

そんな訳で、家の中に巣篭もりを決め込むのだけど、テレビが、また面白くない。
年末からずーっと、5時間とか6時間の特別番組ばかりで、見たいものが殆んどない。
今年の正月休みは10日ほどあったけど、風邪気味で年末の掃除も殆んどしなかったし、10日の内の半分くらいは、家で仕事していましたわ。
休みが明ければ、どっちみち、やらなくてはならないのだし、先行して進めておいた方が気分的に余裕が持てるしね。
いやー、我ながら、淋しいお正月でした。
a0122931_1630417.jpg

そう言えば、最近は、我家だけでなく、ご近所を見回しても、年末に大掃除頑張っている光景って、殆んど見なくなりました。
昔の主婦達は、大掃除をしたり、おせち料理を作ったり、、本当に忙しそうだったけど・・・。
そう言う当家も、ここ10年近くは、おせち料理は作らず、買って来るようになりました。
ネットで簡単に買えるしね。
今年は、昨年同様、高島屋の通販で購入。
その前は加賀屋だったかな。
冷凍で届いて、1日放っておけば食べれるようになっている。
便利な世の中になりました。
[PR]
by kansukenator1 | 2010-01-04 23:25 | ひとり言 | Comments(0)

今日はX’mas イブ!どんどん手抜きになっています@当家

今日は12月24日、クリスマス・イブですな。
昨日、12月23日はヲイラの誕生日でした。(どうでも良いですね)
a0122931_1292923.jpg

若い人達は盛り上がっているんでしょうかね?
景気悪いですけどね。
うちの息子も今日はガールフレンドとディズニーランドに行くらしい。
子供が、まだ小さい頃は、ツリーやリースや、何やらかにやら、家の外や中の色んなところにクリスマスの飾り付けを楽しんでやっていた気がします。
出窓のガラスにソリに乗ったサンタクローズや雪のペイントをしたりね。
でも、子供が大きくなるにつれ、段々飾り付けの数が減って行くんですね。
クリスマスのシンボルとも言えるツリーすら、出したり、出さなかったりです。
そして、今年の我家は、玄関のドアのリースが唯一のクリスマス飾りです。
ツリーは片付けるのも結構面倒臭いんですね。
本当は、出して欲しいけど、奥さんも忙しいしね。
今年は我慢です。
でも、子供の為とかでなく、歳をとっても「クリスマスの飾り付けなんかどうでも良いじゃん!」ではなく、
そうした雰囲気を静かに楽しめる感性は失いたくないですな。

[PR]
by kansukenator1 | 2009-12-24 12:40 | ひとり言 | Comments(0)