「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:健康( 3 )

ピロリ菌治療で、禁酒生活中でっすぅー!

先日、人間ドックで胃カメラを飲んだので、ついでにピロリ菌の検査もしてもらいました。
そしたら、居たんですよ、ピロリ菌が、ヲイラの腸の中に・・・。
ピロリ菌は潰瘍やガンの発生との因果関係が強いと言う事なので、医師の勧めに従い、除菌治療を始めました。
a0122931_12363686.jpg

治療自体は簡単で、除菌の薬を朝晩2回、7日間通して飲むだけ。
そして、その後、30日以上経過した時点で、ピロリ菌が消えたかの検査をすると言うもの。
この治療で、80%の人はピロリ菌が消えるそうです。

ただですねぇ、これだけなら、どうって事ないんですが、薬を服用している最中の7日間は、飲酒はご法度と言う事なんです。
これが、ヲイラには辛い!
医者には、飲酒は別に問題ないと言われたのですが、薬を手渡された若い女性の薬剤師に、「絶対ダメ!」と釘を刺されたので、これに従っています。
女性は真面目ですからねぇ・・・。

また、運の悪いことに、この7日間のうち、公私含め、3日間の飲み会が予定されていたんです。
そして、日曜から薬を飲み始めて、今日で7日目です。
家では勿論の事、飲み会でも、ウーロン茶で乗り切って来ました。偉いぞ!
a0122931_1237280.jpg

しかし、人間て、不思議なものですね。
当初は、「ピロリ菌との戦い」と言うよりも「禁酒生活の戦い」と言った覚悟で臨んだのですが、いざ始めてみると、全然と言ったら嘘になりますが、当初、想像していたような禁酒の辛さは殆ど感じていません。

週に1日どころか、月に1日、いやいや半年に1日の休肝日も作れないヲイラでしたが、必要性、納得性を認識すれば乗り越えられるものなんですね。

朝の目覚めも良いし、僅か5日で、体重も1Kgくらい減って、ベストの60Kgに近づて来たし、禁酒万歳です。
今日の夜で、7日間の投薬が終わり、明日から飲酒も解禁されますが、このまま、お酒止めちゃおうかな? なんちゃって・・・。
和食は、なんとか我慢できますが、イタリアンやフレンチで禁酒は辛いですよね。

ちなみに、ピロリ菌は、外から体内に入って来るらしんですが、下水道事情が悪かった時代に育った40歳台以上の世代では80%くらいの確立でピロリ菌が存在する一方、20歳以下の若者でピロリ菌が居る確立は極めて少ないそうです。
歳を感じますねぇ。

<追記>
あと、お酒を飲まないと、甘いものとかフルーツを食べたくなりますね。
ヲイラの場合、甘いものはあまり好きでないし、フルーツは美味しいけど食べるのが面倒くさいので食べないと言う男なんですが、この点が変化しましたね。
a0122931_12355681.jpg

これは小田原在住の友人から戴いた「湘南ゴールド」と言うミカン。
小さいですが、甘みと酸味のバランスが良くて、とても美味しかったです。
a0122931_12361738.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2013-03-30 12:20 | 健康 | Comments(0)

分かっちゃいるけど、やめられない・・・。 変えられない・・・。

人間ドックを受け始めて10数年になる。
毎年行っている。 今年も行ってきた。
1項目が引っ掛かり、再検査の宣告を受けた。

今まで、全く問題なかった数値が、ここ数年、急激に悪化し、再検査の常連項目になりつつある。
原因は分かっているのだけど、生活改善が出来ない、自分の意志の弱さが情けないっす。

原因? 運動不足とアルコール摂取量の多さです。
それに尽きます。
急に数値が悪化している項目は、こいつらです。
   ↓
★総コレストロール
★悪玉コレストロール
★血糖値
★中性脂肪

ヲイラ、外側から見ると、けっこう細身なんですよ。

だから、みんな、「嘘っ!」と言って、なかなか信じてくれないのですが、
外見(=皮下脂肪)と血液中のドロドロは別物なんですよね(涙)。
原因の1つが、こやつです。
   ↓
a0122931_1915791.jpg

月に2ダース近くが、ほぼコンスタントに胃袋に垂れ流されて行きます。
その他に、ビールも飲むし、外でも飲んでるし・・・。
それで、運動しなかったら、やっぱり、悪くなりますよね。
分かっちゃいるけど、やめられない・・・!
[PR]
by kansukenator1 | 2010-03-29 00:23 | 健康 | Comments(0)

4度目の大腸がん検診

先日、大腸がん検診を受けて来ました。
10年近く前に初めて受けてから、今回で4度目の検査です。
結果は特に問題なく、一安心。
a0122931_1851448.jpg

今回の検診は、前回までとちょっとシステムが変わっていました。
検査前日の昼食そして夕食が病院より与えられたレトルト食品を食べなくてはならなくなっていました。
昼食は、鮭のお粥&肉じゃが(共にレトルト食品)
a0122931_1865592.jpg

夕食は、レトルトのクリームシチュー&クラッカー
夕食は8:00までに済ませ、夜、9:00に下剤を4錠飲みます。
a0122931_188651.jpg

検査当日は食事は取らず、2リットルのニフレック液を飲み、
腸の中の食べ物のカスや便を完全し洗浄します。
前回までは、これを自宅で行うシステムでしたが、今回からは朝8:30に病院に集合し、
看護婦さんの指導の下で行うシステムに変わっていました。
a0122931_18105621.jpg

ヲイラは、このニフレック液が大の苦手で、いつも、1リットルを飲み終えたあたりから、
喉に入って行かなくなり、戻しそうになるのを必至に抑えながら飲んでいます。
この行為を病院で行うのは辛いです。
しかも数分おきにトイレに駆け込むのも自宅の方が気楽だし・・・・。
a0122931_18122515.jpg

しかし、こうした変更を行う事になった背景には、検査の精度アップや患者の苦痛の緩和に向けた検査方法の改善があるようです。
具体的には、患者の苦痛を伴う空気を入れて腸を膨らます検査工程を最小限にする検査方法の導入。
その為には、腸内の便や食べ物のカスの付着の完全除去徹底の為の
医師、看護婦による便のチェックの徹底。
a0122931_1814272.jpg

実際、便が完全に透明になっているか、看護婦さんがトイレにチェックに来ます。
看護婦さんも大変な仕事です。
人の排便後のトイレをチェックしなくちゃいけないんですから・・・。
当日は4人の患者がいましたが、1人に1室の専用トイレが用意されていました。
a0122931_18204711.jpg

ヲイラが初めて大腸がん検診を受けた10年近く前。
腸の調子に違和感を感じて、病院に行ったら、「すぐ検査の予約を取りましょう」と言う事になり、
生まれて初めて大腸がん検診(=生まれて初めての下からのカメラ挿入&撮影)なるものを体験しました。
結果は、ポリープが2つあり、その場で切除しましたが、全く痛みもなく、切除した事も分からない程でした。
検診1週間後に、切除したポリープの精密検査の結果が出ましたが、結果はなんと陽性でした。
a0122931_18161369.jpg

「もし、今回検査を受けずに放置していたらどうなっていたのですか?」と先生に尋ねたところ、
「10年後に大腸がんとして手術をしなければならない状態になっている可能性が強い」
と言う返答が帰ってきました。
あの程度の違和感で病院に行く人はそれほど多くないと思いますが、
「行ってなかったら」と思うとちょっと恐ろしくなりました。
その1年後に再検査を行いましたが、再発はなかった為、3年毎の検査をしています。
病院より検査案内のハガキが届くので忘れる心配はないので安心です。 
そして、今回、4回目の検査を受けてきました。
a0122931_18174421.jpg

私が検査をお願いしているのは、名医の評判高い中井先生が院長を務める伊勢原石田内科クリニックです。
大腸がんは、相当進行した状態になる迄、症状が出ない為、気付いた時には手術が避けられない事が多いそうです。 

先生の診察の特徴は、「手術をしない為」の診察です。
定期的に検診を受けていれば、大腸がんで手術に及ぶ確立は極めて稀だそうです。
先生は大学病院時代に2000人強、開業してから2000人強と、併せて4000人以上の患者を診て来た結果、手術に及んだ人は、ほんの僅かだそうです。
a0122931_12335443.jpg

そして、先生の検査は、痛みや苦痛が殆んど無いです。
今回、同じ日に検査に来ていた方も、以前、他の病院で、あまりの痛みと苦痛に、「もうやめてくれ!」と叫んだほどだったそうですが、中井先生の評判を聞いて、茅ヶ崎から、こちらの病院に来られたとの事でした。
日本人も食生活の欧米化等の背景もあり、大腸がんの発生率が急速に高まっているようですし、
40歳を超えたら、1度、検査を受けてみたらどうですか?
検査に恐怖心をお持ちの方で、お住まいが遠くない方は、こちらの医院がお薦めですよ。

伊勢原石田内科クリニック
神奈川県伊勢原市高森1325
最寄駅 小田急電鉄小田原線 愛甲石田
0463-92-6771
[PR]
by kansukenator1 | 2009-07-01 23:20 | 健康 | Comments(0)