カテゴリ:エスニック( 13 )

4Fより3Fの方がバリューが高いような・・・!TCCステーキ&シーフード@銀座

一昨年の2月、海外初出店として日本に上陸したシンガポールの人気カフェ・レストラン、「TCC」。
場所は銀座4丁目交差点脇に建つビルの3Fと4F。
窓側の席に座れば、目の前に和光の時計台や晴海通りを行き交う車や人並みを見下ろせると言う最高のロケーション。
a0122931_1235287.jpg

4Fの「tcc Steak & Seafood」は、ステーキとシーフードに特化したシックなレストラン。
3Fの「tcc Cafe & Restaurant」は、海南チキンライス、パクテー等のマレーシア・シンガポール料理の他、パスタ、ハンバーガー、ステーキサンドイッチ、アフタヌーンティーセットと、何でもありのカフェと言うかカジュアルレストランとなっています。
a0122931_1236373.jpg

そして、こちらはコーヒーにも拘りがあるようで、厳選された生豆を最新鋭の焙煎機で店内焙煎し、サイフォンで抽出して提供しています。
中でもアイスコーヒーは、「ウォータードリップ」と呼ばれる水出しコーヒーの装置で1滴1滴8時間もかけて落としているそうです。
そして、氷も、水出しコーヒーを凍らせて作った氷を使用していると言う拘りようです。
ちなみに、こちらがカウンターの隣に鎮座するガラスケースに収められたドイツ製の焙煎気機。
a0122931_12353340.jpg

そして、こちらがカフェの入口にあるウォータードリッパーです。
a0122931_12354541.jpg

昨年の夏、買物で歩き疲れて喉が渇き、3Fにそのアイスコーヒーだけをを戴きに訪れましたが、これだけの好立地にあるにも拘わらず、それほど混んでもおらず、雰囲気も明るく上品で、街の喧騒をまったく感じさせないとても落ち着ける穴場的な良いお店でした。
そして、目当てのアイスコーヒーも、雑味感が全くなく、ピュアで濃くのある柔らかな味わいで初めて味わう美味しさでした。
a0122931_12352346.jpg

4Fのレストランにも早く行ってみたかったのですが、なかなか機会がなく、ようやく伺う事が出来たのが今年の5月の初め。
ちゃんと予約を取って伺いました。
a0122931_12362467.jpg

フロアの造りや佇まいは、基本的に3Fと大きな違いはなく、両フロア共、ゆったりと配置されたテーブル席の他、バーカウンターも備えられており、バーのみとしても使えそうです。
a0122931_12371938.jpg

違いと言えば、3Fにあったコーヒー用の大きなマシンやツールが4Fにはない事くらいでしょうか・・・。
そして、今回は夜だったせいもあってか、4Fの方が3Fより雰囲気がシックに感じられました。
a0122931_12373847.jpg

席に着くと、MENUを手渡され、程なくすると、数種類の生肉の塊がワゴンで運ばれ、各々について説明を受けます。
コースMENUも数種類用意されており、シーフードとステーキの両方が戴ける9,800円のコースをお願いしました。

コースの内容は、こんな感じ。
      ↓
スパークリングワインまたはグラスワイン

生ハムと合鴨スモークの盛合せ
a0122931_12385537.jpg


ポップオーバー

ポップオーバーはお代わり自由!
a0122931_1239947.jpg

魚介類のシーフードグリル

シーフードは、毎日、愛媛県松山港直送される新鮮なものに拘っているそうです。
大きなプレートに盛られたシーフードは、ロブスターテール、白身魚、ムール貝、イカ、ホタテ、等々・・・。
ハーブの香りが効いてます。
a0122931_12392380.jpg

ステーキ

ステーキは、Tボーンステーキ(700g)か、シャトーブリアン(350g)のいずれかを選択。
本当はシャトーブリアンが一番好きなんですが、アメリカンビーフのステーキ店だと、何か、Tボーンとかポーターハウスとかの骨付きの肉を豪快に食べるのが王道!みたいな先入観があって、Tボーンをチョイスしてしまいました。
a0122931_12394991.jpg

ステーキはワゴンで運ばれ、目の前で、フランベするお馴染みのパフォーマンスも・・・。
a0122931_12393434.jpg

こちらで供されるステーキは、米国農務省(USAD)の上位ランクに格付けされているアンガス牛を使用し、それを上火式ブロイラーで上からじっくり焼き上げる手法を取っているので、表面はカリっと香ばしく、中は柔らかく、ふっくらジューシーな仕上がりとなるんだそうです。
そう言われると、確かにそう感じました、笑。
a0122931_1240883.jpg

ただ、フィレは大丈夫なんですが、サーロインは2切れ食べた時点で、胃が重くなってしまい、その後は辛かったです。
歳ですね~!
a0122931_12402319.jpg

ステーキには、クリーム・スピナッチ、ソテーマッシュルーム、フレンチフライ、スチームドブロッコリー、マッシュポテト、バジルライスの6種類のサイドディッシュから2皿選択出来、ソテーマッシュルームとバジルライスをチョイス。
a0122931_12403760.jpg

デザート&自家焙煎コーヒー或いはフレンチプレスで淹れた紅茶

自慢のコーヒーをお願いしました。
a0122931_12391754.jpg

4Fは結構期待して伺ったのですが、今、この手のステーキ店は山ほどありますし、正直、リピートする程のヴァリューは感じられませんでした。
逆に、3Fの方がランチ使いやカフェとして、利用価値が高く、また使うと思います。
a0122931_12421049.jpg

tcc Steak & Seafood
03-6274-6004
中央区銀座5-9-1 銀座幸ビル 4F
ランチ11:00 ~ 16:00 (LO)
ディナー16:00 ~ 21:00(LO)
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2017-06-23 23:06 | エスニック | Comments(0)

お手軽なタイ料理の店!ヒジョビンタン@西新宿

カオマンガイやヤムウンセン、ガパオライスは大好きで、ヤムウンセンやガパオライスは家でもよく作ります。
先日は、カオマンガイも初めて作ってみました。(結構、美味しく出来ました)
ただ、ココナッツミルクが大の苦手なので、これまで、所謂、タイ料理店と言うところに足を踏み入れた事はありませんでした。
a0122931_18475318.jpg

そんな折、タイ料理のコースに飲み放題が付いて、2500円と言う、やたらリーズナブルなコースに誘われて行って参りました。
その店とは、マハラジャグループが経営するタイ&アジアンレストランの「ヒジョビンタン」と言うチェーン店。
伺ったのは、その西新宿店で、場所はヒルトンホテルの裏にある住友不動産オークタワーの2階。
a0122931_18484080.jpg

2階への入口が分からず、病院のフロアに迷い込んだりと、うろうろした後、辿り着いたその店は、タイの雰囲気は殆ど無く、普通のファミレスのような佇まいで、お客さんもまばら。
あまり流行っている店のようには見えませんでした。
ただ、本場のタイ人(だと思います)が料理している姿が見えるところは雰囲気作りに一役かっていました。
a0122931_18532272.jpg

<コースの内容>
ジャガイモの生春巻き
a0122931_1849867.jpg

タイ風さつま揚げ
a0122931_18491714.jpg

豚トロの炙り焼き
a0122931_18492687.jpg

牛焼肉のスパイシーサラダ
a0122931_18493460.jpg

空芯菜炒め
a0122931_18494391.jpg

渡り蟹と卵のカレー炒め
a0122931_18495287.jpg

豚肉と野菜の春雨スープ
a0122931_18584972.jpg

タイ海老チャーハン
a0122931_18504100.jpg

ヨーグルト
a0122931_18501397.jpg


<飲み放題1時間半>
●ビール×4
カシスオレンジ×1
白ワイン×1
ハイボール×1
a0122931_18484912.jpg

ラッキーな事にココナッツミルクを使った料理がなかったので、違和感無く食事をする事が出来ました。
(「渡り蟹と卵のカレー炒め」には、若干のココナツミルクが使われていたかも知れませんが・・・)
しかし、逆に言えば、これぞ、タイ料理!と言う程の強いインパクトはなく、日本人向けに食べ易くアレンジしたタイ料理なんでしょうね。
何せ、本当のタイ料理の経験値が無いものですから・・・。
a0122931_18482714.jpg

ヒジョビンタン 西新宿店 (Hijau Bintang)
03-5909-7082
新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー 2F
11:00~22:00
定休日 日曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2015-07-07 23:45 | エスニック | Comments(0)

女性心を掴む全ての要素をカバーしているお店!Xin Xian中目黒

ヘルシー! お洒落! アジアン! 好立地! リーズナブル!
さすがは、Awkitchen、やさい家めいを率いる渡邊明氏プロデュースの店!
流行るツボを全て押さえたそのセンス、仕掛け力には脱帽と言うか、あっぱれと言うほかありません。
これだけ、3拍子、4拍子揃った店を、世の女性達が放って置く訳ありませんよね。
a0122931_12514569.jpg

前置きが長くなりましたが、昨年12月、中目黒にオープンした食べ放題の「しゃぶしゃぶ店」の話です。
a0122931_12493934.jpg

単なる食べ放題のしゃぶしゃぶ店なら、別に珍しくもないですし、声高に騒ぐ必要もないのですが、そこは敏腕の仕掛け人渡邊氏、それだけで終わる訳がありません。
a0122931_12454842.jpg

此方のしゃぶしゃぶは、普通のしゃぶしゃぶと主客逆転したしゃぶしゃぶであるところがミソなんです。
つまり、普通のしゃぶしゃぶはお肉が主役ですが、此方のしゃぶしゃぶは野菜が主役。
a0122931_1230312.jpg

a0122931_1231404.jpg

日本野菜ソムリエ協会シニアソムリエの西村有加氏監修の下、減農薬栽培・無化学肥料栽培をしている全国の契約農家直送の種類豊富な新鮮野菜が,ブッフェ方式で好きなだけ食べられると言うシステム。
a0122931_12315776.jpg

a0122931_12311882.jpg

a0122931_1232794.jpg

定番ものから珍しいものまで、常時40種類以上の野菜が用意されているそうです。
a0122931_12352945.jpg

a0122931_12353623.jpg

店名の「Xin Xian」とは「新鮮」の中国語読み。
a0122931_1255349.jpg

生野菜だと、そんなに沢山は食べられませんが、しゃぶしゃぶにする事で結構なボリューム食べられますからね。
しかも、此方は、1人1鍋のスタイルで、タレが7種類から選べる点も嬉しいポイント。
a0122931_12364220.jpg

7種類のスープの内訳は此方。

基本の鶏だし(日本)
白MISOスープ(日本)
麻辣スープ(中国)
チゲスープ(韓国)
フォースープ(ベトナム)
トムヤムクンスープ(タイ)
女性の為の薬膳スープ(台湾)
a0122931_12513449.jpg

仲間同士、異なる種類のタレを選んで、色々な味を楽しむのも有りですし、薬味やスパイス、トッピング類も種類豊富に揃っているので、これらを加えて、自分好みのタレを作る事も可能です。
a0122931_1237867.jpg

a0122931_12374320.jpg

そして、食べ放題なのは野菜だけではありません。
a0122931_12294913.jpg

イカ、エビ、ホタテ、アサリ、タラ、すりみ団子等の魚介類、そして麺類(ラーメン、うどん、フォー等)もブッフェ方式で食べ放題なので、肉がなくても物足りなさは全く感じません。
a0122931_12371199.jpg

勿論、お肉が食べたくなったら、アラカルトMENUからオーダーすればOK.。
鹿児島産黒豚、国産牛、鶏が1000円未満のプライスで戴けます。
a0122931_12392746.jpg

これに、〆の雑炊用の麦ご飯、デザートまで付きます。
a0122931_12402354.jpg

こんなお得なコースが、2480円で戴けると言ったら、そりゃー、流行りますわぁ。
a0122931_1239382.jpg

更に驚くべきは、この日、我々が戴いたのは、この2480円のセットを500円ディスカウントし、1980円で戴けると言うセット。
ディナータイム開始の17:30からの入店で、19:00迄に退席する時間制限付きのサービスです。
a0122931_12392180.jpg

このセットに、+500円で飲み放題も付くんです。
つまり、2480円で食べ放題、飲み放題です。
a0122931_12441499.jpg

昼も、お得なランチMENUが用意されているようですよ。
a0122931_12442371.jpg

ヘルシーな料理とCPの高さ以外にも、人気が出る要素が一杯。
場所は中目黒駅から徒歩5分程の山手通り沿いと言う好立地、外観は、ガラス張りの、どう見てもしゃぶしゃぶ屋には見えないカフェのようなお洒落な造り。
a0122931_1245868.jpg

店内もスタイリッシュ。
野菜、魚貝、薬味、スパイス等のディスプレイもお洒落。
これじゃ、女子だけでなくオヤジだってノックアウトされますわ。
a0122931_12455715.jpg

と、ここまで散々褒めちぎっておきながら、今更、申し上げ難いのですが、店のコンセプト、諸々の仕掛けや小技は素晴らしいの一言ですが、料理そのものの美味しさはと言うと、普通でした。
a0122931_12525459.jpg

特にタレのインパクトが足りないように感じました。
我々はチゲスープと薬膳スープをチョイスしたのですが、どちらも味のインパクトが弱く、チゲスープ風、薬膳スープ風と言う印象でした。
a0122931_12453427.jpg

このプライスで、それを言うのは反則だとは思いますが・・・。
a0122931_12453181.jpg

総合評価として、とても魅力ある店である事は間違いありません。
a0122931_17363358.jpg

シンシャン 中目黒店 (Xin Xian)
目黒区青葉台1-30-10 目黒韓国会館ビル 1F
03-6451-2541
11:30~15:00
17:30~24:00
 無休
[PR]
by kansukenator1 | 2014-06-07 18:09 | エスニック | Comments(0)

相模湾が一望! ロケーション抜群のインド料理店 SAGAR@二宮

息子は2週間の東南アジア、バックパッカーの旅から帰って来たと思いきや、すぐさま、北欧へ10日間の旅と、学生最後の夏休みをエンジョイしています。
そんな中、オヤジの方はと言うと、連日、朝も普段通りに早く起きて、パソコンと資料を広げて、夕方迄、お仕事と言う「とほほ・・・」な夏休みを過ごしています。
a0122931_1965796.jpg

そんな中、唯一の気分転換が、お昼ご飯と、夜一杯やる事くらい。
此方は、そんな夏休みのお昼に伺った相模湾が一望出来るインド料理店です。
a0122931_197738.jpg

場所は、二宮ICの真上で、国道1号線と西湘バイパスの間にある住宅街にあるので、地元の人以外には、ちと分かり辛いかも知れません。
国道1号線から行く場合、西湘バイパスの二宮ICに入り、途中、すぐに右手に入る側道があるので、その先の坂を少し登ります。
突き当りを左に短い橋を渡り、最初の路地を右に入って、真っ直ぐ進むと、そのどん詰まりにお店はあります。
「指帆亭」を目指す標識が出ている路地の1つ手前の路地を曲がれば無事辿り着けます。
海辺の別荘と言った佇まいの白い大きな一軒家です。
a0122931_1973496.jpg

ホールを担当しているのは、インド人の青年。(スタッフ全員、インド人)
日本語が50%位しか通じない事もあり、愛想は全くありませんが、感じ悪さもなく、緩い雰囲気で居心地もまあまあ良いです。
店の雰囲気も庶民的で、可愛らしいカレー屋さんと言った感じです。
a0122931_1964885.jpg

室内は、4人掛けテーブルが5つ位と、海に面したカウンター席が3席くらい。
一部の席を除いて、基本的には、どのテーブルに座っても海が見える造りになっています。
a0122931_1955286.jpg

そして、玄関の脇から下に降りると、西湘バイパスに沿って造られたテラス席があります。
a0122931_1955697.jpg

秋口くらいになれば、涼しくて気持ち良いでしょうが、流石に、くそ暑い真夏のランチタイムに、テラス席で食事をしている人は居ないようでした。
a0122931_1974715.jpg

MENUの種類は少なそうで、ランチセット3種類の他は、カレー3種を含んだターリーセット(2000円)くらいしか無さそう。
アラカルトもナンが数種類あるくらいのようです。
a0122931_1963084.jpg

ランチセットは、この3種類。

Aセット(1000円)
・・・カレー2種(チキン&ダール) + ナン + 小ライス + サラダ + ドリンク(コーヒー or チャイ)

Bセット(1300円)・・・カレー2種(キーマ&ベジタブル) + シ-クカバブ、あとはAセットと同様。

Cセット(1600円)
・・・カレー2種(ポーク&シーフード) + タンドリーチキン + デザート、あとはAセットと同様。

AセットとCセット、そして単品でチーズのナンをオーダー。
カレーは、A&Cセット共に、辛口でお願いしました。
a0122931_1963986.jpg

そして、美しい海に乾杯しなくちゃいけないので?、ビールも・・・。
でも、家に戻って、また仕事しなくちゃいけないので、ノン・アルコールで我慢。
テーブルに運ばれたのは、アサヒのドライゼロ。
やはり、インド料理に、アサヒビールのラベルは、絵的にアンマッチですな。
タイガービールとかに、ノンアルコールって無いんですかね?
a0122931_1954630.jpg

さて、カレーのお味の方ですが、ロケーションが売りの店で、カレー自体には、正直、全く期待していませんでしたが、そこそこ美味しく戴きました。
ただ、ナンは、粉に甘い味付けが施されているようで、個人的にはプレーンなナンの方が良かったです。
また、タンドリーチキンは、味自体は良かったのですが、焼きたて感は全くなく、随分前に作り置きしてあったものが運ばれたという感じだったのが残念でした。
a0122931_1951088.jpg

<総評>

カレーを食べ終えて、目の前の相模湾をぼーと眺めていると、さっきまで溢れ出ていた汗が徐々にひいてゆき、それと同時に、日頃の疲れも体から抜けて行くような気がして、とても癒されました。

店名は、インドレストランを名乗っていますが、カレー以外のMENUは、僅かしかなく、店の雰囲気から言っても、「インド人がやっているカレー店」と言った方が適切かも。
海を一望出来るロケーションは素晴らしいし、雰囲気も緩くてのんびり出来るので、機会があれば、また訪れても良いかなと言う印象。
a0122931_1953756.jpg

ただ、次回からは、Aセット(1000円)で十分。
こちらのCセット(1600円)と同価格の京橋のカイバルのセット(カイバルスペシャルタリー)の内容を比べると、あまりの違いに、次に、此方でCセットをオーダーする気になりません。

「お米はバティマスライスでない、ピリヤニもない、タンドリー料理も種類が少ない」と言うように、本格的なインド料理を求めている人や、インド料理でビールやワインを楽しみたい向きには向いていないと思いますが、友達や家族と、海を眺めながら、のんびりとカレーランチを楽しみたい方には一度訪れてみる価値ありだと思います。

現に、この日も、家族連れのお客さんが、途切れなく来店し、人気の程が覗えました。
a0122931_1952032.jpg

SAGAR (サーガー)
神奈川県中郡二宮町二宮75-22
0463-73-4837
11:00~22:00(L.O.21:30)
月曜休み
[PR]
by kansukenator1 | 2013-08-14 23:16 | エスニック | Comments(0)

絶品! 牡蠣の春巻&マンゴープリン! マカン マカン@大和

夏になると、更に暑苦しさが増すようなレゲエをよく聴くようになり、そしてエスニック料理を食べたくなるヲイラ。
そんな蒸し暑かった休日、レゲエとは全く関係のないシンガポール&マレーシア料理の店「マカン マカン」さんにランチで訪問。
以前、アジア系料理が好きな友人に教えてもらって、1度訪問してみたいと思っていた店です。
a0122931_1871355.jpg

お店があるのは神奈川県大和市。
小田急江ノ島線と相鉄線が乗り入れる駅、「大和駅」の南口から徒歩5分程の場所にあります。
大和と聞いても県外の方は、ピンと来ないと思いますが、マッチ初め、芸能人には大和出身の人って、結構居るみたいですよ。
(本題とは全く関係のない話ですみません。)
a0122931_1873858.jpg

その大和駅南口の改札を出て、右に少し歩くと、角にドラッグストア(スマイル)があります。
そのドラッグストアを左折して大きな通りを歩き、パチンコ店、スーパーマルエツを過ぎるとガストがあり、その裏手の路地にお店はあります。
大和警察まで行ってしまったら、行き過ぎです。
a0122931_18195147.jpg

店の外観はカフェのような感じで、店内は、カウンター席4、テーブル席が4つ。
テーブル席の椅子はゆったりしたソファーのようですが、ちょっと古臭い感じ。
アジアンテーストの調度品がさりげなく配置されています。
a0122931_18124964.jpg

此方のお店は、てっきりシンガポールの方が経営しているものと思っていましたが、平岡弘子さんと言うれっきとした日本人女性がオーナーシェフだそうです。
平岡さんはシンガポール在住時代に現地の料理にはまってしまい、その後、香港で正式な料理の修行をした後、1995年にマカンマカンの1号店、2006年に2号店をオープンしたそうです。
どんな方か、お会いしたかったですが、我々が伺った日は、生憎、シンガポールへ行かれていると言う事でした。
a0122931_1871679.jpg

ランチセットは3種類。

1)海南鶏飯セット(1260円)

・・・定番の海南鶏飯に、サラダ、スープ、ドリンク(コーヒー又はジャスミンティー)が付いたセット。
a0122931_18105721.jpg

2)マカンランチプレート(1260円)

・・・此方で人気の高い料理をワンプレートに盛り合わせたお得なMENU。
a0122931_1883550.jpg

3)日替わりランチ(1050円)

・・・この日は、「ドライ・ワンタン・ミー」のセット。
  海老入りワンタンが乗った焼きソバのような料理のようです。
a0122931_1857247.jpg

この他に、単品MENUも、チリクラブ、福建麺(ホッケンミー)、肉骨茶(バクテー)等、色々ありました。
また、夜は、コース料理も2000円台から3種類ほどあるようです。

タイガービールと海南鶏飯セット、そしてマカンランチプレートをオーダー。
a0122931_18122663.jpg

海南鶏飯セット

海南鶏飯は、ジャスミンライスの上に厚切りのチキンがたっぷり乗ってボリューム満点。
ソースは、ダークソイソース、チリソース、ジンジャーソースの3種。
各々の味わいを試した後は、お店の方のお薦めに従い全部混ぜて戴きましたが、この食べ方が良かったです。
a0122931_1811048.jpg

鶏を茹でたスープは優しい味付け。
a0122931_18104283.jpg

サラダもセットの一部と言う感じではなく、単品MENUくらいのボリューム。
数種類のコールスローに、たっぷりのナッツ、そして魚醤系のソースが掛かっていました。
a0122931_1810292.jpg

マカンランチプレート

お店の人気メニュー、サテー(鶏串焼)2本、牡蠣の春巻2本、ナシゴレンを一皿の盛り合わせたお得なセット。
これに、サラダやドリンクも付きます。
ナシゴレンの上に乗っているのは、花を形取った揚げ煎餅
a0122931_1881963.jpg

甘辛味のサンバルソースがたっぷり掛かったサテーも美味しかったですが、牡蠣の春巻が絶品!でした。
皮がめちゃ薄くてパリパリ&サクサクな食感、そして中には風味豊かな牡蠣とジューシーな挽肉がたっぷり入っていて、旨々でした。
a0122931_18112174.jpg

海老トースト(780円)

トーストにエビのすり身を挟み揚げしたもの。
人気MENUと聞いたので注文しましたが、子供向けのおやつのようで、これと言ったインパクトはなく、お腹が一杯だった事もあり、
1切れ食べれば十分と言う感じで、オーダーミスでした。
a0122931_18122852.jpg

マンゴープリン(サービス)

ランチセットには、プラス250円でマンゴープリンかアーモンドゼリーが戴けるようなので、
そろそろ、マンゴープリンを注文して〆めにしようと思っていた、ちょうどそのタイミングで、お店よりサービスで戴きました。
香港で食べたマンゴープリンを彷彿させる濃厚な食感と味わいで、これは美味しいです。
「糖朝 青山店」のマンゴープリンにはがっかりさせられましたが・・・・。
a0122931_1983353.jpg

こちらのHPには、「ニョニャ料理」と言う、聞いた事のない料理名が謳われているので、ネットで調べたら、こう記述されていました。
マレーシアに移住してきた世界各地の男性が、現地に住んでいたマレー人女性と結婚し、生まれてきた混血の子孫がプラナカンと呼ばれています。
「ニョニャ料理」のルーツを築いたのは、プラナカンの中でも"Straits Chinese"(海峡で生まれた華人)とも呼ばれる中華系プラナカン「ババ・ニョニャ」.。
父系の中華料理の食材を母系のマレー人女性が香辛料を調理のスパイスに取り入れた、見た目が中華で味がマレー的な料理がニョニャ料理と呼ばれています。
a0122931_1984340.jpg

平日の17:00~19:00は、Happy Hour と言う事で、ビール、ワイン、カクテル等のドリンクが30%Offになるお得なサービスもやっているみたいです。
アジア系のお店では、大磯の「ラスカル」のリピート率が高い当家ですが、此方も、なかなか魅力的で、他のMENUも試しに、リピートしたいと思わせるお店でした。

そうそう、海南鶏飯のテイクアウト(780円)も出来るみたい。
a0122931_1863733.jpg

Makan Makan 中央店
大和市中央1-6-19 ナガタビル1F  
046-260-7010
定休日:第2、4月曜・毎火曜日
Lunch 11:00 - 15:00 / Dinner 17:00 - 22:00
(L.O. 14:30 / 21:30)
[PR]
by kansukenator1 | 2013-07-20 19:18 | エスニック | Comments(0)

やっぱり、旨んめーすっ!ラスカル@大磯

雰囲気も料理も大好きなお店。
最近、ランチ営業を止めているらしく、ちょっと残念。
まー、昼に行く事は少ないんですけど・・・。
a0122931_11593418.jpg

この日も、全部、美味しくて、大満足!
いつも、今日は何を食べようかと、色々迷っている割には、振り返ってみると、同じようなMENUばかり戴いている気がします。
この日も、そうでした。
a0122931_1159132.jpg

この日は、この3皿で、お酒を飲みーの・・・、
■チベタンモモ(ネパールの揚げ餃子)
a0122931_11572773.jpg

a0122931_11572993.jpg

■ヤムウンセン(タイ風はるさめサラダ)
a0122931_11582631.jpg

■豚バラのミルフィーユみたいな料理(名前失念)
a0122931_11583591.jpg

そして〆は、この2皿。
■ラオスチャーハン
a0122931_1158687.jpg

■カオマンガイ
a0122931_11585660.jpg

この5品のうち、初めて戴いたのは、「豚バラのナンチャラ」と「ラオスチャーハン」の2皿。
そして、これが両方共、旨いの何のって・・・。
a0122931_11592054.jpg

エスニックなスパイスが効いたラオスチャーハンは大ヒット!
ヲイラの中で、〆のMENUとして不動の地位を誇っていたカオマンガイに勝るとも劣りません。
a0122931_11592567.jpg

初めて、ヤムウンセンを戴いた時、家で真似して作り、それ以来、我家の人気MENUの1つになりましたが、今回、このラオスチャーハンも真似っこして作ってみました。

結構、近い味が出せて、良い感じでしたが、何かが足りない!
また食べに行って、研究しなくっちゃ・・・。
a0122931_11593951.jpg

アジア食堂RASCAL
中郡大磯町高麗2-11-46
0463-61-8783
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 月曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2013-06-01 11:48 | エスニック | Comments(0)

カレーと甘いものと雑貨の店!OXYMORON(オクシモロン)@鎌倉

a0122931_18344663.jpg

小町通りを八幡宮方向に5~6分程歩くと、賑やかな小町通りの雰囲気とは一味違った落ち着いた趣を持つ一角(=こもれび禄岸)が左手に現れます。
a0122931_18342746.jpg

そこには、ピロシキが有名な老舗の「露西亜亭」、イタリアンの「ランズ・カマクラ」、釜揚げうどん専門店「みよし」等の飲食店や雑貨店が店を構えていますが、OXYMORONは、この「こもれび禄岸」がオ-プンした2008年に、ニコタマから移転して来た「カリーと甘いものと雑貨」のお店。
a0122931_1831105.jpg

オープン当初から気になっていましたが、縁が無く、今回が初訪問。
a0122931_18304589.jpg

店舗は、階段を登った2階にあり、ドアを開けると、柔らかな質感を持った陶器や、木製、ガラス製のモダンな雑貨を展示したコーナーがあり、その先に飲食スペースが広がっています。
a0122931_18305951.jpg

a0122931_18314174.jpg

飲食スペースは、無駄な装飾を排除し、シンプルながらも明るくセンスの良い癒しの空間が広がっています。
平日の午後1:00、運良く、1席空いており、我々が入店して、満員御礼。
その後、続々とお客が訪れますが、回転が悪くなく、短い待ち時間で、席に着けるようでした。
a0122931_18305734.jpg

カレーのMENUは、次の5種類。

チキンカリー
和風キーマカリー
スリランカ風マトンカリー
エスニックそぼろカリー
本日のカリー(この日は、万願寺とうがらしと茄子とひき肉のカリー)

カレー単品が、1200円。
カレー + 飲み物のセットが、1500円
カレー + 飲み物 + デザートのセットが、1800円

辛さは、甘口、辛口、大辛、激辛、激激の5段階から選択。

ヲイラは、和風キーマカリー&ラッシーを、連れは、本日のカリー&チャイ&デザートをオーダー。

和風キーマカリー

スパイシーな中に甘みを感じる挽肉の上には、たっぷりの青ネギと白ゴマ、そしてポーチドエッグがとろり~んと掛かっており、見た目も色鮮やかで、食欲がそそられます。
カレーのルーに感じられる甘みは、八丁味噌でしょうか?
大辛でお願いしましたが、思った程、辛くなく、激辛にすれば良かったと言う感じ。
a0122931_18315697.jpg

カレーにはピクルスが付きますが、ピクルスと言うより、日本の浅漬けと言う味わいで、とても美味しい。
a0122931_18324838.jpg

本日のカリー(=万願寺とうがらしと茄子とひき肉のカリー)

ひとくち、試食させてもらいましたが、脳天をかち割るような辛さではなく、さらっとマイルドながら、じんわり辛さが広がってくる感じです。
a0122931_1833330.jpg

a0122931_18331159.jpg

レモンケーキ

連れがチョイスしたデザートは、レモンケーキ。
こちらも、ひとくち、戴きましたが、酸味と甘さのバランスが良く、生地もしっとりしていて、なかなか美味しい。
a0122931_18332883.jpg

ドリンクが運ばれるタイミングで、供される白い紙で包まれた謎のお菓子。
a0122931_18333898.jpg

正体は、黒砂糖でコーティングされたクルミ。
カレーでピリピリした舌を優しく包み込んでくれます。
a0122931_18335312.jpg

この日、戴いた2種類のカレーは、どちらもスパイスの風味を生かした美味しいカレーでしたが、個人的な好みから言うと、プラスアルファのインパクトと言うか、ガツンと言うアクセントが欲しいところ。
でも、これが、お店全体の雰囲気にマッチした味わいだと思いました。
a0122931_18323920.jpg

ヲイラにとって、此方のお店は、カレーの専門店と言うより、美味しいカレーを看板MENUにしているオシャレなカフェと言う位置付けになるかな?
a0122931_18332810.jpg

お店の雰囲気も良いし、女性スタッフの対応も、とても柔らかく、親切で感じが良い。
混んでいても、急かされる感じが全く無く、ゆったりと寛げる。
なかなか素敵なお店でした。
a0122931_18343758.jpg

オクシモロン (OXYMORON
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
0467-73-8626
11:00~18:00(LO17:30)
定休日 水曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2012-07-20 18:28 | エスニック | Comments(0)

体に良くて、美味しい薬膳カレーのお店! 香食楽(カクラ)@中目黒

化学調味料を一切使わず、漢方やスパイスを使った体を元気にしてくれる薬膳カレーを提供する此方。
栄養士、野菜ソムリエ等、多くの資格を持つ女性オーナー(兼シェフ)が、美味しくて、体の中から元気になるカレーを作りたくて、長年の研究の末に作り上げたカレーだそうです。
美味しいものは体に悪い! 体に良いものが不味い! と言われますが、こちらのカレーは、体に良くて、美味しいです。
a0122931_17504158.jpg

場所は、目黒銀座商店街を祐天寺方面に5分程歩いた左手にあります。
外観も店内も、いかにも女性が好みそうなカフェのような柔らかな雰囲気。
店員さんの対応も非常に柔らかで感じが良いです。
a0122931_17492353.jpg

1時過ぎに伺いましたが、一階は満席で、2階に通されました。

体に良い薬膳カレーと言うコンセプトと言い、カフェのような店の雰囲気と言い、女性客メインのお店かと思っていましたが、店の雰囲気に似合わない男性サラりーマン客やガタイの良い外国人男性客が体を小さく丸めて一人でカレーを食べている姿も見られました。
a0122931_18192550.jpg

カレーは、次の4種類、この他に、日替わりのランチプレート(850円)がありました。
かくらカレー(甘口)・・・とりだし、1000円
黒カレー(甘口)・・・とり、豚Wだし、1200円
美肌カレー(中辛)・・・とりだし、1200円
ベジカレー(辛口)・・・こんぶ、干し椎茸だし、1300円

ハーフ&ハーフ(1200円)、トリプル(1300円)って感じで、好きなカレーの組み合わせも出来ます。
a0122931_175089.jpg

ご飯は、白ごはん、薬飯(8穀米)+100円、の他、自家製の全粒粉パンから選べます。

トッピングも、チキン、豚肉、野菜が100円から用意されています。

また、ランチタイム時は、ドリンク飲み放題、ご飯は大盛、お替り自由!(太っ腹)
a0122931_18191958.jpg

ヲイラは、かくらカレーと黒カレーのハーフ&ハーフを、連れはベジカレーをオーダー。
共に、薬飯(8穀米)+100円をお願いしました。

ベジカレー
化学調味料は勿論、砂糖も一切使わず、野菜だけで作られたと言う食物繊維たっぷりの究極の優しいカレー。
ルーの甘さは、野菜の甘さだそうです。
これを薬飯で戴けば、これ以上、体に良いカレーはないっすね。
a0122931_17495964.jpg

かくらカレーと黒カレーのハーフ&ハーフ
かくらカレーと店名を名乗ったカレーは、脾(腎)の働きを良くする食材と生薬を使って作られたカレー。
脾(腎)が弱っていると、体に良いもの、美味しいものをいくら食べても、元気になれないそうです。
ルーに含まれているのは、朝鮮人参、シナモン、陳皮、なつめ、鶏肉(ダシとして)、にんにく、生姜、唐辛子、アーモンド、玉葱、ニンジン、りんご、長イモ・・・
a0122931_17493345.jpg

一方の黒カレーは、腎の働きを良くする食材と生薬を使って作られたカレー
腎が弱くなると、成長発達が遅くなったり、老化や記憶力の低下が早まったり、不妊症、不育、生理不順や呼吸、尿などに異常が表れるそうです。
健康の源として重要な役割を果たす腎を強くする為のカレーが黒カレーです。
ルーに含まれているのは、杜仲茶、シナモン、鶏肉、豚肉(ダシとして)、黒ゴマ、黒豆、イカ、ピーナッツ・・・。
a0122931_17501845.jpg

2つのカレー共に、いかにも体に良さそうな優しい味わいながら、深みがあるとても美味しいカレーでした。
ただ、ヲイラは辛いカレーが好きなので、テーブルに置かれた「スパイスマー油」「かくらー油(辛ダレ)」を加えた味も試してみました。
a0122931_17491525.jpg

これらも漢方が入った店オリジナルの調味料。

スパイスマー油は、味にアクセントを付けたい時に使用するものだそうですが、漢方とスパイスで作られており、冷え性の方にお勧めと標記されていました。
漢方とスパイスの内訳は、温裏効果が期待される生姜、肉桂、丁香、乾姜、消化器運動を調整する陳皮、体力回復に役立つニンニク。
a0122931_1749531.jpg

一方、かくらー油(辛ダレ)の方は、スリランカ産唐辛子、超激辛唐辛子、韓国産唐辛子、カイエンヌペッパー、クラッシュペッパー等、各々、異なる辛さを持つスパイスをミックスして過熱して作られたものだそうです。
a0122931_1748481.jpg

ドリンクは、コーヒー(ホット&アイス)と杜仲茶。
セルフサービスで、お替り自由です。
a0122931_1748353.jpg

MENUには、6種類ものビールが用意されていました。
ランチでも、ほぼ100%の確立でビールかワインを飲んでしまうヲイラですが、流石に健康志向の此方では、コーヒーだけで終わらせました。

体に良い薬膳カレーのお店ですが、味の美味しさだけでも十分勝負出来るカレー屋さんでした。
a0122931_1751622.jpg

香食楽 (カクラ)
目黒区上目黒2-42-13
03-3710-0299
定休日 火曜日(祝日の場合営業)
[PR]
by kansukenator1 | 2012-04-11 19:01 | エスニック | Comments(0)

カフェのような雰囲気の韓国料理店! 雪夜覓 (ソラミョッ)@平塚

知人から、「そらみょっ」と言う韓国料理店が美味しいと聞いたもんで、ランチに訪問して来ました。
場所は、JR平塚駅北口の商店街、イタリアントマトの2Fにありました。
a0122931_1827271.jpg

「そらみょっ」って言うから、てっきり「空見よっ!」だと思って、ユニークな店名だなぁと思っていたら、実際は、雪夜覓 (ソラミョッ)でした。 
a0122931_18252970.jpg

なかなか、これを(=雪夜覓)を、「そらみょっ」とは読めませんよね。
韓国語なんでしょうね。 
どう言う意味なんでしょうね?
調べれば分かるのに、調べていません。
この向学心の無さが駄目なんですね。
a0122931_1825619.jpg

韓国料理店と言うから、大久保のコリアンタウンにありがちな、良く言えば、「賑やかで活気がある」、悪く言えば、「ごちゃごちゃしていて、落ち着かない」店を想像していたのですが、伺ってみると、全く想像が裏切られました。
a0122931_18251892.jpg

商店街に面した狭い入口から階段を昇ると、「雪夜覓」の表札が掛けられた大きな木目調のドアに遭遇。
どこかの会員制のお店を思わすような、外からは中の様子が全く見えない造り。 
a0122931_18255627.jpg

と思ったら、ドアの右手の壁の下方がガラス張りになっており、店内に飾られた花が見えました。
平塚らしからぬ、ちょっとお洒落な店構えです。
a0122931_1826720.jpg

中のスペースも想像と違い、かなり広いです。
こちらは、窓側に配されたウッディーなインテリアのカフェ風のテーブル席。
a0122931_182174.jpg

そして、その隣には、韓国料理店らしい座敷の広間があります。
a0122931_18212586.jpg

これだけでも、十分のスペースと思いましたが、更に奥にカウンター席もありました。
(カウンター席は、夜、飲むのに良い雰囲気・・・)
そして一番奥が厨房と言う造りです。
a0122931_18243786.jpg

人気店と言う事なので、前日に予約をして伺いましたが、正解でした。
お店に着くと、開店を待つ列が出来ており、席は、すぐに一杯になりました。

テーブル席に着くと、ランチMENUを手渡されましたが、通常のランチMENUの他に、冬季限定のランチMENUと言うのもあって、A3くらいの紙に、料理がびっちり書かれており、種類が多すぎて、決めるのにちょっと迷いました。
a0122931_18211684.jpg

a0122931_18213718.jpg

紹介してくれた知人からは、「アワビ粥、等、お粥がお勧め」と聞いていたのですが、この日のMENUには無く、迷った末、冬季限定MENUから、辛いサムゲタン定食(ヲイラ)、激寒の海鮮チゲ定食(相方)を、通常のランチMENUより、ちじみ(1皿を2人でシェア)を注文。
そして、小声で、「ビール!」。
a0122931_1821458.jpg

ちじみ(900円)

ちじみは、海鮮ちじみ、ナムルちじみ等、数種類ありましたが、最もシンプルなプレーンのちじみをチョイス。
具材はニラ&にんじんのみ。 
美味しかったですが、量が多く、途中でちょっと飽きてしまいました。
a0122931_18225668.jpg

辛いサムゲタン定食 
a0122931_1823161.jpg

真っ赤なスープのサムゲタン。 ポピュラーなのでしょうか? ヲイラは初めてです。
内容は、サムゲタン、ナムルキンパ(又は白いご飯)、キムチ、韓国海苔の佃煮、ナムルと言った構成。
ナムルキンパと言うのは、ナムルの太巻き寿司の事なんですね。そちらを選択。
a0122931_18233025.jpg

鍋の中には、大きさから見て、おそらく雛鳥1羽丸ごとが入っているようです。
他に、大根、ネギ、キノコ、ぜんまい、にんじん、はるさめ等、種類豊富で、たっぷりの具材。
a0122931_1824232.jpg

MENUには、「朝鮮人参とカプサイシンの力」と書かれていましたが、朝鮮人参の風味と味わいは、残念ならながら、ヲイラの舌では感じられませんでした。
でも、美味しかったです。
a0122931_18234968.jpg

厳寒の海鮮チゲ定食(1,100円)
a0122931_1821575.jpg

こちらは、海鮮チゲ、白いご飯、キムチ、韓国海苔の佃煮、ナムルと言う内容。
a0122931_182351.jpg

中には、ワタリ蟹丸ごと一匹、大ホタテ、牡蠣、あさり、しじみ、ブリと、こちらも具がたっぷり。
a0122931_18241143.jpg

料理は総じて美味しく、具材も惜しげなく、たっぷり使われており、CPも良いと思います。
店の雰囲気も、所謂、韓国料理店っぽくなく、小奇麗で、センスも良く、落ち着いて食事が出来ます。
ホールスタッフの女性達の対応も、非常に親切丁寧で好感が持てました。

MENUには書かれていませんでしたが、ランチにはコーヒーが付き、ライスはお変わり自由のようです。(コーヒーは無料の味です)
a0122931_18245255.jpg

日曜はランチ営業がないのでご注意ください。
a0122931_18263593.jpg

雪夜覓 (ソラミョッ
平塚市紅谷町10-3 金子ビル 2F
0463-20-1933
[火~土] 11:30~14:00(L.O.14:00) 17:00~24:00(L.O.23:15)
[日] 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 月曜日(祝日、及び祝前日の場合営業)
[PR]
by kansukenator1 | 2012-02-11 23:09 | エスニック | Comments(0)

好きな人には、はまる店です! アジア食堂 ラスカル@大磯

4年位前に、初めて訪れ、その緩い雰囲気と、独特の料理にはまってしまい、以来、昼、夜問わず、比較的高めのリピート率で通っているお店です。
a0122931_17542097.jpg

当初は、こんな場所で、こんなマニアックな店を出して、やって行けるのかなぁ?
なんて心配したものですが、そんな心配は、なんのそので、コアな常連客を含め、着実にファンを増やしているようです。
a0122931_17532658.jpg

お店は、国道一号線沿いにあるのですが、建物が道路から少し奥まったところにあるので、油断していると、ついつい、通り過ぎてしまう事があります。
a0122931_17535921.jpg

建屋の外観も店内のインテリアも料理も、オーナーの趣味、主張、そして個性が前面に出た手作り感溢れるお店です。
客に媚びる事なく、マイペースに、自分の好きな事に拘った店作りを貫いているところに、好感が持てます。
a0122931_17505961.jpg

店内は、アンティークな家具やインテリアを配したカフェのイメージ。
テーブルは、4人掛け×2、2人掛け×2。
a0122931_17504960.jpg

沖縄をはじめ、島の暮らしやアジアをこよなく愛する若き店主は、物静かで、言葉を発する事も、表情を変える事も殆どなく、ただ黙々と、そして丁寧に料理を作り続けています。
a0122931_17512167.jpg

料理を1人で作っている上、MENUの種類も多く、また手間の掛かる料理も多いので、オーダーしてから出てくるまでに、多少時間が掛かりますが、焦って食事する雰囲気の店ではないので、ここは、ゆっくり食事を楽しみましょう。
a0122931_18362474.jpg

MENUは、店名に、「アジア食堂」と名乗っているように、沖縄、タイ、ベトナム、ネパール・・・と言ったアジア各国の郷土料理や、ハーブやスパイスを効かせたエスニック料理が提供されます。
エスニック料理と言っても、スパイスを過激に効かせた舌を痺れさせるような料理ではなく、あくまで、素朴で優しい味わいの料理が中心です。
これまで、色々なMENUを食べてきましたが、ハズレは一度もありません。
a0122931_17531622.jpg

この日、戴いたのは、こちら。
  ↓
焼きナスとオクラのヤム 650円
・・・焼きナス、オクラ、大根、ミョウガ、大葉、ナッツ等、具沢山のサラダ。
   お酢と砂糖と唐辛子のさっぱりしたソースで和えてあり、これを食べただけで、すーっと体が涼しくなります。
a0122931_17514286.jpg

チベタンモモ(ネパールの揚げ餃子)700円
a0122931_17515147.jpg

・・・厚めの生地の中には、イワシのすり身と野菜がびっちり詰まっています。
a0122931_17515880.jpg

クン オップ ウンセン(エビとアサリの春雨蒸し) 750円
a0122931_1752823.jpg

・・・具は、エビ、アサリの他に、薄切りの豚肉も入っています。
   春雨は、焼いても、蒸しても、スープにしても、美味しいですね。
a0122931_17521525.jpg

カオマンガイ(タイ風 蒸し鶏のせゴハン) 900円
・・・柔らかくてジューシーな鶏肉、硬めに炊かれたタイ米、ナンプラーを効かせた濃い目のソース。 
   月替わりのMENUをチェックして、こいつがある時は、必ず、訪問します。
a0122931_17524490.jpg

タイ風 鶏団子の辛いスープ 800円
・・・具は、鶏団子、タケノコ、トマト、ネギ、等。 レモングラスの存在感が際立つ美味しいスープ。
a0122931_17523484.jpg

やー、今日も満足しました。
a0122931_17525319.jpg

ドリンクは、エビスビール:600円×2、自家製ジンジャーエール:550円×1、マンゴージュース:500円×1
予算は、これだけ食べて、2人で6000円。 リーズナブルです。
a0122931_17533556.jpg

アジア食堂RASCAL
中郡大磯町高麗2-11-46
0463-61-8783
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 月曜日、第2火曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2011-09-12 22:47 | エスニック | Comments(0)