「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:和食( 92 )

良い店発見! 「四季の味 斗」@祖師谷大蔵

久しぶりに、和食の良い店を見つけました。
いや、見つけたと言うのは正しくないですね、正確には教えてもらいました。
場所は、小田急線祖師谷大蔵の北口商店街を歩いて5分ほどの場所にある「四季の味 斗」と言うお店です。
a0122931_13213711.jpg

店の外観は、店主の手作りと言う土壁のユニークなものですが、そこに飲食店があるかは、
注意していないと気付かず通り過ぎてしまうかも知れません。
a0122931_13234728.jpg

こちらのお店に誘ってくれたのは、この町で生まれ育ち、今も住んでいる友人。
彼との関係で、祖師谷には、たまに飲みに来ますが、隠れた名店が結構あります。
ここも、そのひとつ。
a0122931_13232767.jpg

店内は、無駄を削ぎ落とした洗練された作りで、清潔感が溢れ、店主のセンスが窺がわれます。
これはこちらのお料理にも通じられます。

お刺身・・・スズキ、生メジまぐろ、サンマ、タコ
a0122931_13222696.jpg

お料理のMENUに目を落とすと、これまたどう言う料理が出て来るのか想像出来ないものも少なくないです。
冒頭、こちらのお店を和食店と書きましたが、供されるお料理は所謂、和食の店とは少々異なっており、
和食をベースとした創作料理の店と呼ぶのが正しいでしょう。

アボガドのアンチョビ焼き
a0122931_13224340.jpg

この日、ヲイラは日本酒を飲もうと心に決めて来店しましたが、MENUを眺めながらオーダーを考えているうちに、どう考えても白ワインと合わせたいようなMENUが大半なのです。
ワインリストも3000円くらいから、お料理にぴったり合う銘柄が用意されています。

翡翠ナスのチーズ田楽
a0122931_13231647.jpg

店の外観、店内のインテリア、供されるお料理、その全てに店主の拘りと高い美意識が感じられ、
凛とした気品に包まれた空気が漂っています。
しかし、それは決して客に緊張感を強いるものではなく、あくまで、優しく、穏やかで、リラックスした雰囲気の中で、お酒、お料理、会話を楽しめる上質の空間を与えてくれるものです。

スルメイカと新ギンナンの藻塩炒め・・・この日、一番気に入った料理
a0122931_13233748.jpg

こうした事が地元の人にも評価されているのでしょう。
カップルや家族連れなど、お客が途切れず入って来ます。

生ゆば鍋
a0122931_13246100.jpg

書いて良い事か分かりませんが、そうした客の中に、先日の大原麗子さんの葬儀に顔を出されていた元夫の俳優W氏ご家族の姿もありました。
a0122931_1324423.jpg

この日オーダーしたMENU以外にも興味をそそるものが沢山ありました。
場所が祖師谷大蔵なので、それ以外に訪れる用事がないのがネックですが、
近い内に是非、再訪したいと思いました。
a0122931_13242952.jpg

予算は、ビール、日本酒、ワインボトル1本飲んで、PH7000円でした。

四季の味 斗
世田谷区祖師谷1-35-4
03-3483-7822
17:30~23:00(L.O.22:30)
休業日: 水曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2009-08-30 23:19 | 和食 | Comments(0)

3連荘! コトブキヤ酒店 「厨 KURIYA」@横浜

夏休みは、中学、高校、そして大学時代の仲間と、ほぼ連日のように飲みまくっているヲイラです。
勿論、奥さんとの出掛けも遂行、家庭サービスも怠っていません。
この日は高校時代の仲間との飲み会。
会場は、横浜駅東口から5分程歩いたファーストプレイス横浜2Fにある「コトブキヤ酒店 厨(KURIYA)」と言う和食の店です。
中学時代のminiクラス会で使って、気に入ったので、再訪です。
a0122931_10545531.jpg

ここは、ザガット2009に横浜で唯一掲載された和食ダイニングで、「厨 くりや」とは、「台所」の意味だそうです。
店長が愛媛県の出身と言う事で、そちらから空輸された新鮮な魚介や無農薬野菜を使った料理、岩手県花巻のプラチナポーク等が売りのようです。

酒類もかなりの充実度です。
日本各地の日本酒、焼酎は勿論、ワインの品揃えも豊富で、女性のソムリエも居ます。
この日、我々は、日本酒も焼酎もワインも、全て女性ソムリエの福井さんに相談にのってもらいチョイスしました。

店内は、①立ち飲みスペース②板前さんの目の前で食べれるカウンター席③テーブル席④中2階の空中庭園、の4種類から成るスペースが設けられており、メンバー構成やその日の気分に合わせ自由に選択出来るのも楽しいです。

我々は予約の段階で、テーブル席を選択。
テーブル席は、照明がかなり暗めに落とされており、また、扉で個室のようにクローズド出来ます。
テーブル席に限らず、大人が落ちついて、リラックスしてお酒、料理、そして会話を楽しめる上質の空間を演出している店と言えるでしょう。
a0122931_12441167.jpg

そして、この日戴いたのはこちら。
お通し
  ・・・このお通しを口にした段階で、今後のお料理に対する期待が高まる上品で旨みが効いた味わい。
a0122931_10552680.jpg

おつまみ盛合わせ 
   ※かに味噌、鶏レバーペースト、豚味噌&バゲット  
  ・・・ワインにピッタリなMENUですが、ビールや日本酒にもバッチリです。
    特に、かに味噌と鶏のレバペは丁寧な仕事ぶりが伺え、味わいが秀逸。
    バゲットお変わりです。
a0122931_1056519.jpg

真鯛刺身
 ・・・愛媛から空輸されたと言う刺身。 新鮮で美味しいです。
    愛媛産の刺身醤油で戴きます。
a0122931_10553768.jpg

スズキの洗い
  ・・・こちらも期待を裏切らない美味しさ。
a0122931_10561145.jpg

九条ねぎだし巻き
  ・・・上品な出汁と、ふわふわ&とろとろの玉子。 見た目も味わいも、他の店のそれとは一味違います。
a0122931_1056553.jpg

黒じゃこ天  
a0122931_10562233.jpg

  ・・・じゃこ天には、先程とは違う、さっぱり醤油に変えてくれます。
a0122931_10563043.jpg

山形牛サーロインのしゃぶしゃぶサラダ
  ・・・大きな一枚肉をお箸で裂いて、野菜と混ぜ合わせて戴きます。
a0122931_10555052.jpg

白金豚西京焼き 
  ・・・岩手県花巻のプラチナポーク。 付け合せは、グリルしたじゃがいも。
     たっぷの万能葱のトッピング。
a0122931_10564263.jpg

鴨ロース
a0122931_10571299.jpg

茶豆ゆで上げ
a0122931_10572811.jpg

おくら胡麻汚し
a0122931_10574082.jpg

フルーツトマト
a0122931_1058353.jpg

土鍋ごはん(たこ飯)
   ・・・お待ちかねの土鍋ご飯。 この日はたこ飯でした。
     お腹一杯でも、こちらに来たら、これは外せません。
a0122931_10585374.jpg
a0122931_1059121.jpg

茄子の稲庭うどん
a0122931_10591348.jpg

お漬物
a0122931_10584237.jpg

赤ワイン・・・Bボッカンティーノ ネオダヴォラ
   ・・・イタリアの赤ワイン。 ソムリエの福井女史と相談してチョイス。
a0122931_10572255.jpg

南部美人 辛口本醸造
〆張鶴 純米吟醸
a0122931_1058865.jpg

・・・おちょこを、都度選択させてくれます。 まあ、どちらでも良いんですがね。
a0122931_10582578.jpg

■店の入り口は、立ち飲みバーのスタイル、ちょっと一杯引っ掛けてと言うニーズにぴったり。
 いやー、この日も良く飲み、良く食べました。

 刺身、肉料理、野菜、どれも外れがありません。
 全部、美味しかったです。
 お値段は、4人で3万円。
a0122931_10592637.jpg

この日、4人で飲んだお酒↓
<ビール>
 ・白穂乃香 無濾過生×4
 ・ギネスドラフト×2
 ・エビス生
<ワイン>
 ・キールロワイヤル
 ・Bボッカンティーノ ネオダヴォラ
<日本酒>
 ・南部美人 辛口本醸造
 ・〆張鶴 純米吟醸
<焼酎>
 ・佐藤白
 ・赤兎馬×2
 ・春雨秘蔵酒

4人で食べたお料理
 ・おつまみ盛合わせ・・・かに味噌、鶏レバーペースト、豚味噌&バゲット(バゲットおかわり)
 ・九条ねぎだし巻き
 ・スズキの洗い
 ・真鯛刺身
 ・山形牛サーロインのしゃぶしゃぶサラダ
 ・白金豚西京焼き
 ・鴨ロース
 ・黒じゃこ天
 ・フルーツトマト×2
 ・茶豆ゆで上げ×2
 ・おくら胡麻汚し
 ・土鍋ごはん(たこ飯)
 ・茄子の稲庭うどん×2
 ・お漬物

コトブキヤ酒店 厨 KURIYA
横浜市西区高島2-7-1 ファーストプレイス横浜2F
045-441-6877
17:00~  
不定休
[PR]
by kansukenator1 | 2009-08-20 23:52 | 和食 | Comments(0)