カテゴリ:家ごはん( 3 )

デパ地下のお弁当で季節を感じる!

桜は、ほぼ終わり、今の主役はサツキでしょうか?チューリップでしょうか?
でも、春を感じるのは屋外だけじゃありません。
a0122931_20404566.jpg

デパ地下にも、季節を目で楽しませてくれるお惣菜やお弁当類が一杯!
休日、たまに、こう言うものを買って、実家で親とランチタイムを過ごしています。
最近、家の中に引き籠り、外に出たがらなくなった母親が喜ぶので・・・。
a0122931_20405849.jpg

確かに、スシロウの握りをテイクアウトして持って行くより、女性には喜ばれますよね!
a0122931_124622.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2015-04-22 23:39 | 家ごはん | Comments(0)

戴き物で、豪華な「家ご飯」

前に書いたように、GW前に風邪をこじらせてしまい、家に閉じ篭っていた時に、嬉しいお届け物がクール宅急便で届きました。
届けてくれたのは、出身地の淡路に帰省していた後輩のN君。
「いつも、ご馳走にばかりなっているから・・・。」と。
ん~! なかなか、可愛い奴じゃないか。 良し良し!
a0122931_18281069.jpg

発泡スチロールの箱を開けると、ヲイラの好物が一杯詰まっていました。
貝好きのヲイラにと、大きなアワビ、白ハマグリをメインに、車エビ、さわらの西京漬け、じゃこ、わかめ、等々。
a0122931_17421345.jpg

a0122931_17423366.jpg

そして、夕方には、ご近所の奥さんが、家族でタケノコ狩りに行ったからと、掘ったばかりの新鮮なタケノコを持って来てくれました。
そんな訳で、この日は、買物にも行かずに、戴き物だけで、豪華な夕食を戴ける事になりました。
a0122931_1741760.jpg

西京漬けとかは、日持ちがするので、この日は、日持ちがしないアワビ、白はまぐり、そして車海老を戴く事に・・・。
アワビは、半分を刺身で、そして、もう半分を大好物の肝バターステーキに・・。
白ハマグリは、お酒と醤油を垂らして、焼きハマグリに・・。
車海老も塩焼きで行きます。
a0122931_17462087.jpg

まずは、アワビを殻から外し、掃除をし、肝を身を切り離します。
a0122931_17422350.jpg

こちらは、お刺身。
ちょっと薄く切り過ぎましたが、仄かな磯の香りと、上品で適度の塩分、そして、コリコリした歯ごたえが溜まりません。
a0122931_174255100.jpg

滅多に日本酒を飲まないヲイラですが、珍しく、冷酒を飲んでしまいました。
a0122931_17424722.jpg

次は、焼ハマグリ。
a0122931_17414139.jpg

前の日に、近所のイタリアンで、大ハマグリを食べたばかりでしたが、ハマグリ大好き人間としては、毎日食べても飽きない美味しさ。
a0122931_17405690.jpg

そして、車海老です。
網が古くて、ちょっと破けている部分があり、エビを少し焦がしてしまいました。
a0122931_174324100.jpg

でも、これが、滅茶苦茶、美味しかったです。
身が、ぷりぷりで、滅茶苦茶、甘~いの。
a0122931_17451628.jpg

戴いたタケノコも美味しく炊けました。
a0122931_17424359.jpg

そして、本日のメインディッシュ、大好物のアワビの肝バターステーキです。
a0122931_17451612.jpg

やっぱ、アワビは、貝の王様ですな。
a0122931_1746649.jpg

N君、ご馳走様でした。
また、頼むよ!!(笑)
[PR]
by kansukenator1 | 2012-05-19 17:37 | 家ごはん | Comments(0)

いつまで続くのか? 食べるラー油ブーム!そしてヲイラお気に入りの調理料達

それにしても、昨今のラー油ブームは凄いですね。
特に、食べるラー油は、食品メーカー各社の他、自家製のラー油を売りにしている飲食店も多くなって来ました。
SB食品桃屋のものが特に人気、とりわけ桃屋のものはなかなか手に入らないみたいですね。
そもそも、このラー油ブームは、このペンギン食堂の石垣島ラー油あたりからだったのではないでしょうか。
a0122931_10404963.jpg

市販の一般的なラー油が100円台で変える中、こちらは800円くらいと高めでしたが、一度、この味を知ってしまうと、なかなか他のラー油に戻れないような魔力を持ったラー油でした。
以前から熱狂的なファンを持つ商品ではありましたが、それでも、普通に店頭で手に入いる商品でした。

ところが、ここ数年ほどの間に、その姿を店頭で見る事は全くなくなりました。
ラー油ブームの中、その存在が一般的に知れ渡り、店頭に並ぶや一瞬に売れてしまうのでしょう。
もともと手作りで量が限られている商品ですから仕方ありません。

今、ネットで、こちらを購入しようとすると、2000円以上すると聞き、思わず、「クレイジー!」と叫びました。
そんな訳で、当家では、以前買った最後の一瓶を大切に使っていますが、これがなくなるのも時間の問題です。
流石に、2000円以上も出してまで、購入する気はないので、当家の食卓に、このラー油が登場する事は、もうないでしょう。

SB食品の食べるラー油は、以前、食しましたが、確かに美味しいですが、やや甘めで味わいがチープな感じがしました。
a0122931_14433771.jpg

桃屋の食べるラー油は、本当に手に入らず、諦めかけていましたところ、たまたま近所のスーパに2個残っていたらしく、先日、念願の初体験をしました。(それ程、大袈裟なものでもないか!)
しかし、SB食品のものと、さほど大きな違いが感じられず、大騒ぎして探し回る程でもないなぁってのが感想でした。(あくまでも個人的意見です)
a0122931_14452921.jpg

今、ヲイラのお気に入りのラー油は、この茅乃舎の食べるラー油です。
上質なXO醤のような味わいで、完全に、はまってます。
茅乃舎の商品は、食べるラー油以外にも、柚子胡椒、生七味、等、どれもとても気に入っています。
a0122931_1445827.jpg

田舎に住んでいるので、たまに六本木を訪れる時は、必ず立ち寄り、まとめ買いして来ます。
出汁も美味しいですよ。
a0122931_14441924.jpg

しかし、熱しやすく、冷めやすい日本人。
この食べるラー油ブームは、いつまで続くのでしょうか?

*************************************

<調味料ネタの延長>
ラー油の話からは、ちょいと逸れてしまいますが、調味料ネタの延長で、当家必須の常備調味料達の登場です。

まずは、家庭で手軽に挽きたての七味唐辛子の豊かな香りが味わえる、超すぐれもの、「ハウスの香り七味」。
発売当初。初めて、この商品を見た時、ペッパーミルのように、容器をグリグリ回して、七味を削りながら使うと言う発想に驚きました。
a0122931_1227479.jpg

そして、絶対に欠かせない、カマルグの塩。 これなしの食事は考えられません。
a0122931_1261110.jpg

そして、これも必需品。 白トリュフオイル
本物のトリュフには手が届かなくても、これがあれば百人力。
パスタでも、卵料理でも、肉料理でも、これを数滴、降り注ぐだけで、お店の味にランクUP。
a0122931_1210524.jpg

次は、パンに塗ったり、パスタやサラダに和えるだけで、美味しく、簡単に戴ける便利な瓶詰めにペースト類。
イタリアのクレスピ社のアーティチョーク(カルチョフィー)のペースト
これをパンに塗って、サンドウィッチを作るとワンランクUPの味わいになります。
a0122931_125129.jpg

同じくイタリアROI社のブラックオリーブのペースト
オリーブは、生もペーストも大好物。
これらがあれば、料理を作らなくても、がぶがぶワインが進みますよ。
a0122931_1263117.jpg

次は、自家製のジェノバペースト
市販のものより、遥かに美味しいです。 
a0122931_12254575.jpg

a0122931_1226289.jpg

最後は、以前も登場した自家製のアンチョビ
買えば、安くないアンチョビ。 家で作れば、メチャ安く、しかも一杯作れます。
冷蔵庫に入れておけば、かなりの期間もつので、料理のソースにコクを与えるのに常備しておくと便利。
a0122931_12245497.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2010-11-13 23:30 | 家ごはん | Comments(0)