「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:美味しいもの( 4 )

ランチのCPは極めて高し!ヴィラモウラ銀座店

阪急メンズに買物に出掛けたとある日曜の昼下がり。
さて、お昼は何処で何を食べようか?
a0122931_1742483.jpg

と、いつも悩むのが日曜のランチタイムの店探し。
この界隈の好きなお店は、殆ど、日曜が定休日だから。
a0122931_17425917.jpg

そこで思い出したのが、此方「ヴィル モウラ銀座店」。
店の存在と場所は知っていましたが入店するのは初めてです。
泰明小学校のすぐ傍、オーバカナルの向かいのビルの地下にある有名ポルトガル料理店です。
a0122931_17431080.jpg

階段を降りてドアを開けると、店内は、想像していたより広く、薄暗いイメージ。
シックと言えばシックですが、垢抜けしない一昔前の店と言った印象。
もっと陽気で明るい雰囲気の店を想像していましたが、お客もまばらで、流行っている店と言う雰囲気は感じられません。
a0122931_17432955.jpg

取敢えず、ビール!
とこれが大失敗でした! 
ポルトガルのビールがあったのだったー!
a0122931_1744545.jpg

MENUを見ると、価格は全般的にリーズナブル。
平日のランチは1000円前後でCP良さそうなMENUが何種類も用意されており、サラリーマンやOLのランチ利用には良さそうです。
a0122931_17434442.jpg

アラカルトの選択肢も多数ありましたが、手っ取り早くて、お得感があった「ホリデー カタプラーナ ランチ(2400円くらい)」をオーダー。
それに、「バカリャウのコロッケ」を追加。
a0122931_17451451.jpg

「ホリデー カタプラーナ ランチ」の内容は、こんな感じ。
      ↓
前菜3種
・・・サーモンとカボチャのタルタル?、キノコと鶏肉のマリネ、岩ツブ貝の塩煮?、バゲット
a0122931_17344396.jpg

ポンデケージョ
a0122931_173505.jpg

サラダ
a0122931_17352258.jpg

魚介のカタプラーナ
・・・海老、カニ、タコ、イカ、ムール貝、アサリ等、タップリの魚介類とトマト
a0122931_17353841.jpg

a0122931_17414163.jpg

カタプラーナのスープで作ったリゾット
a0122931_17361367.jpg

デザート&コーヒー
a0122931_17362239.jpg

バカリャウのコロッケ(追加でオーダー)
a0122931_173513100.jpg

ドリンクは、ビール×2、白ワイン×2、マデラ酒×1を戴きました。
どれも、500円程度と、アルコール類もリーズナブル。
a0122931_17452790.jpg

料理は、全体的に必要以上の味付けをせず、自然で素朴な味わいなところが良かったかも。
それと、ホールの男性スタッフのサービスのレベルが高かった事も印象に残りました。
a0122931_17435369.jpg

ヴィラ モウラ 銀座店
中央区銀座6-2-3 ダヴィンチ銀座アネックス B1F
03-5537-3513
 [月~金]
11:30~15:00(L.O14:00)
18:00~23:30(L.O22:00)
[土・日・祝]
12:00~22:30(L.O21:00)
 無休
[PR]
by kansukenator1 | 2015-08-19 23:40 | 美味しいもの | Comments(0)

「ドイツ優良品質規格」に合格した日本唯一の店!尾島肉店@片瀬山

片瀬山の閑静な住宅地に店を構え、20年以上に亘り、地元の人々から支持され続けている精肉店。
ご主人は、本場ドイツで修業し、現地で数々の受賞歴を持つマイスター。
と言っても、お店の敷居は全然高くないです。
a0122931_1972123.jpg

かなり以前ですが、我家でホームパーティー(って言う程のものではなく、単なる飲み会?)をやった時に、此方のハム、ソーセージを差し入れで戴いた事があります。
開高健が贔屓にしていたお店だと言うエピソードと共に、とても美味しく戴いた事を覚えていますが、お店を訪れるのは、この日が初めて。
a0122931_18413688.jpg

場所は、藤沢と江ノ島を結ぶ国道467の片瀬山入口から坂を登った途中にあります。
右手にベイカリーレストランのPINNYが見えたら、もう少し先の左手にあります。
最寄り駅は江ノ電の柳小路となっていますが、普通、歩いて行く気がする距離ではありません。
斬新な外観の建屋は、一見、何を営っている店/会社なのか?分かりませんが、「うまい肉の店」と言う幟があるので、お肉屋さんだと分かります。
a0122931_18421069.jpg

中に入ると、いたって普通の近所のお肉屋さんの雰囲気。
しかし、天井から吊り下げられた生ハムやソーセージの類、熟成肉、そして精肉以上のスペースをとって陳列されているシャルキュトリーの類を見ると、ただの町のお肉屋さんではない事がすぐに分かります。
a0122931_18411497.jpg

此方の商品は、全て、量り売り。
ハム、ソーセージの類は100gから、腸詰の類は2本から購入出来るようです。
100gだと4枚にスライスしてくれます。
勿論、それ以上の厚さにスライスして戴く事も可能です。
a0122931_18411354.jpg

ベーコンやパンチェッタも試してみたかったですが、この日は以下の5種を購入。
ポリニッシュは3本、その他は100gずつお願いしました。

コンビーフ

オーストアリア産の牛赤身肉を塩漬けにした後、時間を掛けて加熱しほぐしてから、ゼラチンを溶かして固めて作られるとの事。
一般的なコンビーフをイメージしていたら、食感も香りも全く別物です。
a0122931_18421021.jpg

レバーケーゼ

ソーセージの生地にレバーを加えて、型で焼き上げたもの。                 
レバーの香りが殆どないのが特徴ですが、その点は評価が分かれるところでしょう。
a0122931_18414999.jpg

シュバインスケーゼ

豚赤身肉の粗挽きが入ったソーセージの生地にパプリカを加えて、型に詰めてオーブンでじっくり焼きあげられています。
a0122931_18421162.jpg

シンケンアスピック

豚肉の角切りと、赤と緑のパプリカをゼラチンで固めたもの。                
色合いが鮮やかで食卓が華やぎます。
a0122931_1842940.jpg

ポリニッシュ

黒胡椒のスパイシーさとクミンの風味が効いた辛口のソーセージ。
a0122931_1842026.jpg

サンドウィッチ用にライ麦パンを買おうとPINNYに立ち寄りましたが、生憎臨時休業。
家の近所のベーカリーでライ麦入りの玄米パンを購入して帰宅。
a0122931_19203895.jpg
ポリニッシュはボイルで、コンビーフは半分はそのまま、半分は火を通して、他の3種はそのまま、ワインのつまみとして味わった後・・・。
a0122931_193760.jpg

〆は、コンビーフとレタス、オニオンを玄米パンに挟んでサンドウィッチにしてガブリっ!旨っ!
a0122931_1747523.jpg

食べた印象は、どれも雑味感が全くなく、とてもピュアな味わい。
a0122931_1924456.jpg

野菜を加えたものや、ハーブを効かせたもの等、作り方は多様ながら、共通しているのは、どれも上質な肉の旨みとスパイスの香りがストレートに伝わって来る良い意味で素朴な美味しさが感じられました。
a0122931_1943148.jpg

価格は、100gあたり300~500円と、スーパーで売られている価格と比べると、少々値は張りますが、それだけの価値は十分あると思います。
a0122931_195178.jpg

食後に、此方のホームページをチェックしたら、食材の選定から製造に至るプロセス全てにおいて、本当に真面目さと拘り、そしてプライドを貫いた真摯な取り組みが為されている事が分かりました。
さすがに、世界で一番厳格と言われる「ドイツ優良品質規格」に合格し「真にドイツソーセージである」と公認された日本唯一の店は違います。

次回は、腸詰系を中心に攻めて行きたいと思います。
此方のベーコンや腸詰でポトフなんか作ったら、メチャ旨そう!

ところで、野毛の老舗精肉店「尾島商店本店」とは、何か関係あるのかなぁ?
a0122931_195478.jpg

尾島肉店
藤沢市片瀬1-6-23
0466-26-2986
10:00~18:00
定休日 木曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2014-06-28 17:28 | 美味しいもの | Comments(0)

illy issimo 横浜上陸!

都内では、既に6月から販売されているilly issimoの缶コーヒー。
今更、わざわざ取り上げるのも、と言う気もしましたが、実はワタクシ、未だこれを飲んだ事がなく、口にするのは今回が初めてなんです。
a0122931_1155469.jpg

黄金一味の変え袋を買いに、横浜駅西口のQueen’s Isetan に立ち寄った際、illy issimo の横浜デビューフェアをやっているのを偶然見つけ、「おっ!」と言う感じで、せこく2本だけ買って来た次第です。
もともと、缶コーヒーは美味しくないと言う先入観があり、滅多に買わない自分ですが、気になる新商品が出ると、「これはイケルかも!」と思い、試してみますが、殆んど裏切られています。
a0122931_1155631.jpg

去年の秋、スターバックスが、サントリーとのコラボで、「ダブルショットR」なるプレミアム缶コーヒーを発売しましたが、あの時だけは、「これは間違いないだろう!」と大いなる期待を抱いて試飲したものでした。
だって、缶飲料メーカーではなく、あのスタバが出す缶コーヒーだし、値段だって140gで170円と言う強気な価格設定だったしね・・・。
しかし飲んだ感想は、「結構良い線行っているけど、甘いし、んー、まだまだ!」って感じでした。
a0122931_11552338.jpg

そして、今回のilly issimo はどうか?
コンセプトは、スタバのダブルショットと殆んど同じで、やや二番煎じの感も・・・。
コーヒーの専門メーカーと缶飲料メーカーのコラボと言う点も同じだし、濃いコーヒーと甘めのコーヒーの2種類の商品を発売している点も同じです。
価格は、illy issimo の方が、190gで190円とダブルショットより高いです。
a0122931_11553280.jpg

illy は言わずと知れたイタリアの老舗エスプレッソブランド。
ここと、コカコーラが提携して誕生したのがilly issimo 。
そして、2種類の商品は、甘めの方が、「ラテ・マキアート」、濃い目の方が、「カフェ(エスプレッソ)」。
ボトルのデザインはスタイシッシュでクール、女性に受けそう。
蓋はスクリューキャップで持ち運びに便利な上、飲み口が広く、香りも楽しめ、衛生面でも優れており、
Goodです。
a0122931_11553969.jpg

そして、飲んだ感想はと言うと・・・。
まず、「カフェ(エスプレッソ)」。
「厳選した9種類のアラビカ豆を100%使った、illy オリジナルブレンドのエスプレッソ」と言う触れ込みで、
期待が大きかったせいもあるかと思いますが、残念ながら、香り、味わい共に思った程の芳醇さやコクのある奥深さは感じられず、薄くすら感じました。
ひょっとしたら缶コーヒーの概念を覆えす商品出現となるのでは?と期待していましたが、やはり缶コーヒーの限界は超えられなかったな、と言うのが正直な感想です
とは言うものの、他の巷に溢れるRTDコーヒーに比べれば、上質さを感じますし、美味しいです。
それにボトルデザインもお洒落だし、価格は多少高めですが、選択肢があれば、間違いなく、illy を手に取るでしょう。
数本は常時、自宅の冷蔵庫にストックしておいても良いかも。
ちなみに、「ラテ・マキアート」の方も、あくまで個人的趣向ですが、ミルク・砂糖の味わいが強く、もう少しエスプレッソの存在感を高めても良いと感じました。
[PR]
by kansukenator1 | 2009-10-27 11:53 | 美味しいもの | Comments(0)

いっぱい戴いてます! いっぱい食べてます!元気な野菜達

ご近所のご夫婦が畑を借りて、趣味で野菜作りをさられていましてねぇ。
我家にも、いつも沢山の新鮮な採りたて野菜達をくださるんですよね。
a0122931_12255771.jpg

ご主人はまだ現役なので、畑には週末にしか出られないようですが、
腕が良いようで、その野菜君達が、またすっごく美味しいんです。
無農薬栽培の元気な野菜達。
a0122931_12264591.jpg

我家は野菜大好き家族なので、いつも感謝しつつ、
サラダで、煮て、蒸して、炒めて、バーニャカウダソースを付けてと、
色々なバリエーションでバリバリ、モリモリ楽しませて戴いています。
a0122931_12271633.jpg

こちらは、以前戴いたズッキーニですが、すっごい大きさでびっくり。
しかもお味もばっちり。
a0122931_12274916.jpg

こちらも、以前戴いた人参君。
見るからに元気で美味しそうでしょう。
a0122931_12281039.jpg

[PR]
by kansukenator1 | 2009-07-26 23:21 | 美味しいもの | Comments(0)