「ほっ」と。キャンペーン

東學坊で豆腐料理!@大山

今週末からライトアップが始まると言う大山に、「紅葉」と「豆腐料理」目当てのミニ散策に行って来た。
大山寺、阿夫利神社と、紅葉を堪能し、下に下りて来たら、時刻はお昼をとっくに過ぎ、2時ちょっと前。
腹ペコ状態だったので、豆腐料理じゃ空腹を満たせないし、カツ丼と蕎麦なんかの方が良いなぁ、
なんて迷いだすヲイラ。
a0122931_10434569.jpg

別に、豆腐が特別大好物と言う訳でもないし、それに観光地だから、「どうって事ない湯豆腐が出て来て、
まずい刺身が2~3切れ出て来て、あと、しょぼい小鉢が付く程度だろうし・・・」、等と話しながらも、
せっかく大山に来たんだからと初志貫徹でいく事に・・・。

街道沿いには、何件もの豆腐料理店があり、何の下調べもしないで来てしまったので、
どこに入ったら良いのか全く分かりません。
歩きながら看板を見ていると、殆んどの店が2100円(5品)~、と言う価格設定。
食堂のような店構えの店だと1500円(5品)なんてのもあります。
しかし、どの店も大差なく、気がそそりません。
そんな中、結局、我々が選んだのは、行きに目にした老舗っぽい風格のある店構えの「東學坊」と言う豆腐料理旅館。
a0122931_11243815.jpg

他の店のように、入口前に料理のMENUや価格等の表示もなく、「ちょっと高そう!」と思いながら、
門をくぐり、中に入ると、客の気配もなく、店の人間も出て来ない。
「あー、やっぱハズレか・・・」と少々へこんでいると、着物を着た女将っぽい年配の女性が出て来て、
「ご注文はお決まりですか?」とのたまう。
「店の入口で、いきなり注文聞くか? ラーメン屋じゃあるまいし。」
「それに、MENUも何もないのに、決められる訳ねぇだろう!」
と思いながら、MENUを尋ねると、10cm四方ほどの小さな紙が差出された。
そして、それから、程なくして、店の入口で注文を聞かれた理由が分かるのですが・・・。
a0122931_10453025.jpg

手渡された紙に書かれた昼のMENUは次の通り。
香の膳3,500円(3時まで)
松の膳5,500円
鈴の膳8,400円
滝の膳10,500円
露の膳12,600円
「んん、ランチでこの価格。 やっぱり他の店より、かなり高い価格設定です!」
それに、コース名と価格が表示されているだけで、これじゃ、料理の内容も品数も全く分からず、選びようが無いじゃねーか、と思いましたが、
このおばさんに言っても仕様がない気がして、最も安い「香の膳(3500円)」を注文しました。

すると、女性は、
「香の膳」は、大広間でのお食事となります。それ以上のコースなら、個室でゆっくり食事が出来るので是非そちらを・・・・。」と高いコースを勧めて来るじゃあーりませんか。
入店した時は、応対がおっとりしていると言うか、少々とろいと言う感じでしたが、なかなか商売人のあばさんです
そして、これが入口で注文を聞かれた理由である事が分かりました。
a0122931_10455585.jpg

大広間を覗くと、先客は2組のみ、そのうちの一組は帰り支度に取り掛かっていました。
大広間でも、十分過ぎる程、ゆったり食事が出来るじゃないの(笑)

席に着き、仲居さんに尋ねると、このお店、何と400年以上の歴史を持つ老舗中の老舗らしいです。
そんな老舗でも、まったく、流行っていない様子で、商売の大変さに少々同情も・・・・。

さっさと食べて帰りましょうと、ビールを飲んで、料理を待っていると、先付けのごま豆腐が運ばれました。
すると、どうでしょう、器も味わいもなかなかで、もしかしたら期待出来るかもと、我々の意識に変化が・・・。
その後、次のようなお料理が出て来ましたが、どれも、器や盛り付けも美しく、お料理も美味しかったです。
我々が戴いた「香の膳(3500円)の内容はこちら。
■先付・・・ごま豆腐
a0122931_1044151.jpg

■八寸・・・オカラのサラダ、味噌豆腐、豆乳のスープ、ヤマザキ豆腐、?
a0122931_10441339.jpg

■御造り・・・湯葉を秋鮭のお刺身で巻いたもの
a0122931_10442997.jpg

■炊き合わせ・・・道明寺蒸し
a0122931_10443763.jpg

■湯豆腐・・・自慢の自家製のお豆腐に葱とえのき
a0122931_1044453.jpg

■豆乳ソースのパスタ・・・付け合せのイクラ&かいわれと混ぜて食べると美味しい。
a0122931_10445938.jpg

■ご飯・・・栗のおこわ
■あかだし
a0122931_1045862.jpg

■デザート・・・豆乳のアイスクリーム
a0122931_10451514.jpg

特に、「遺伝子組み換えの行われていない厳選された丸大豆と、伊豆大島の天然海水にがりと、大山の湧水を使用し、元禄年間より伝わる手法で仕立てた」と言う自家製のお豆腐は流石に素晴らしい美味しさでした。
口当たりがきめ細やかでクリーミー、舌の上でとろけそうなな滑らかさを持った甘いお豆腐です。
帰りに、道路を挟んだ向かいにある「東學坊 湧水工房(ゆうすい」で大山豆腐と生湯葉を買って帰りました。
ここ以外では、小田急OXの伊勢原店と狛江店のみで買えるそうです
家に帰って、食べましたが、お豆腐だけでなく、生湯葉も滅茶クリーミーで濃厚でとても美味しかったです。
それにしても、驚いたのが、コースの中の一皿に、パスタ料理が含まれていた事。
老舗の味をベースにしながらも、現代的な要素も盛り込んだ意欲的な姿勢を感じました。
食べ終えた後の感想は、「これなら、3500円は高くない」と感じました。
ちなみに、食事をしたお客は、無料で入浴も可能だそうです。

ただ、サービスのレベルが低いところが残念です。
前述の年配の女性も仲居さんも、飲食業において、料理に劣らず重要な要素である「サービス」と言う文字が頭から完全に抜けているように思えました。
仲居さんについては、着物の着方もバタバタでだらしなく、料理をテーブルに運ぶ際の所作も無骨で、ビールを飲まない連れにお茶も出さないし、悪気はないのでしょうが、サービスのイロハから学んだ方が良いです。
折角、お料理が美味しいのに、サービスの質が悪い事で、お店の格が下がってしまいます。
これでは、400余年の歴史を誇る老舗の名に傷がつきます。
少々、厳しく言い過ぎたかも知れませんが、このサービスのレベルでは、大切な会や大切な人は連れて来れないと感じました。
個室ならサービスレベルも変わるのかも知れませんが・・・。
しかし、この日は平日のお昼も大分過ぎた時間帯のせいで、がらがらでしたが、土日・祝日は混んでいるそうです。
a0122931_104626.jpg

神奈川県伊勢原市大山437
0463-95-2038
[PR]
by kansukenator1 | 2009-11-17 23:42 | 和食 | Comments(0)


<< 牡蠣の季節! 航旅莉屋@町田 秋の大山散策! >>