魚屋が経営する海鮮がウリの安くて旨い中華料理店!華錦飯店@横浜中華街

200店以上もの中華料理店がひしめく横浜中華街の中でも、海鮮料理が美味しいと評判のこちら「華錦飯店」。
行ってみて分かりましたが、それもその筈、店の隣に建つ「華錦鮮魚店」という魚屋さんが経営する中華料理店だったんですね。
場所は、大勢の観光客で賑わう大通りではなく、元町寄りの外れ、市場通り沿いにあります。
店構えも内装も、これと言った特徴のない、ごく普通の中華料理店と言った風情です。
a0122931_122341100.jpg

伺ったのは、ちょうど昼時。
店の入口付近には、ランチMENUの看板が・・・。
価格は600円(税込)と、非常にリーズナブル。
ただ、この日は「ランチ定食」を戴く気分ではなかったので、ランチMENU以外の料理も戴けるかを確認した上で、入店しました。
a0122931_12245195.jpg

ところが、その「ランチMENU」のバリューが素晴らしくて、それを注文しないと損した気分になる程で・・・(笑)
そんな訳で、戴きたかった単品料理のオーダーを1皿減らして、「ランチMENU」を1品オーダーする事にしました。
その素晴らしいバリューを誇る「ランチMENU」の内訳が、コチラ。
      ↓
<海鮮ランチ>・・・600円(税込)
真鯛と長葱の炒め
イカ下足の塩コショウ揚げ
海鮮黒チャーハン

<定番ランチ>・・・600円(税込)
豚肉の生姜焼き
鶏唐揚げのレモンソース
スペアリブの黒コショウ炒め

<麺セット>・・・700円(税込)
坦々麺&炒飯
鶏塩そば&炒飯
  
※全てに、ライス、スープ、漬物、杏仁豆腐が付きます。
a0122931_12252881.jpg

他のテーブルに運ばれる現物を見ましたが、ボリュームも凄いです。
そして、ウリの海鮮定食だけでなく、「豚肉の生姜焼き定食」まである事には、ちょっと驚き。
でも、その理由は、すぐに分かりました。
我々が入店した時は、先客は数組でしたが、次々に客が訪れ、2階にどんどん通されて行きました。
そして、その客の多くが、週に数回、コチラで昼食を取っていると思われる顔馴染みの近所で働くサラリーマンやOL、そして同業者達。
だとすると、毎日、中華料理ばかりじゃ飽きてしまうから、中華料理以外のMENUも加えていると言う事なんでしょうね。
a0122931_12561411.jpg

さて、「グランドMENU」や「おすすめMENU」に一通り目を通し、何をオーダーするか、思案。
気になる料理が沢山ありましたが、これは外せない!と決めたのが、好物の「マテ貝の葱蒸しo r塩コショウ揚げ」と「本日の鮮魚(唐揚げor姿蒸し)」。
「本日の鮮魚」は何があるのか?と尋ねたところ、「現物を見て選んで下さい」と隣接する鮮魚店に案内されました。
a0122931_12251067.jpg

コチラのお店の魅力はこれなんですね!
鮮魚店の棚に並べられた、または生簀で泳いでいる鮮魚を自分で見て選ぶ事が出来、更に調理法も指定出来るシステムなんです。
これはテンションが上がります。
蒸し料理を戴きたかったので、「鯛」や「イシモチ」もありましたが、ちょっと奮発して「ハタ」を選びました。
a0122931_12255123.jpg

そして、他にも気になる料理が色々あったのですが、取敢えず、以下の3品を戴いて、お腹の具合を見て、追加オーダーする事にしました。
しかし、一皿毎のボリュームが多いので、結果は、これだけで満腹になってしまい、これ以上、もう食べれませんでした。
    ↓
マテ貝のネギ醤油蒸し(1200円)
ハタのネギ生姜蒸し(5000~6000円くらい?)
海鮮黒チャーハン(600円)・・・ランチMENUより
a0122931_12241068.jpg

そして評価ですが、この日、戴いた料理はどれもとても美味しく、大変満足行くものでした。
マテ貝やハタの料理は、流石にオーナーが毎朝築地まで出向いて仕入れて来るだけあり、その素材の良さは、ヲイラの舌でも分かるレベル。
そして、トッピングの野菜のシャキシャキ感良し、ソースの味付け良し!で言う事なしでした。
a0122931_12242185.jpg

更に、コチラはオーナーも従業員も中国人だと思いますが、中華街で営む他の店とは違い、接客態度も悪くありませんでした。
a0122931_12243089.jpg

海鮮がウリの店ですが、オーソドックスな中華料理や点心等もあり、使い勝手が良さそうなのでで、これは、リピート必至です。
a0122931_12562879.jpg

華錦飯店
横浜市中区山下町126-22
045-212-3853(お問い合わせ専用番号)
「月~金」:11:00~15:00、17:00~23:00
「土・日・祝」:11:00〜23:00
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2017-05-25 23:19 | 中華/台湾料理 | Comments(0)


<< 届け先を失った紫陽花! ヲイラ的には、富山駅周辺で、も... >>