料理もワインも本格的なのに肩肘張らない肉ビストロ!LOVAT@恵比寿

肉をフィーチャーした美味しい料理とセレクトされたワインを魅力的な価格で戴けると評判のコチラ、「Meat Restaurant LOVAT」。
何度か予約を試みるも、いつも満席でNG。
お店の方より、日曜の早い時間帯と月曜は比較的予約が取り易いと言うアドバイスを戴き、ちょっと早過ぎるなぁ!と思いつつ、日曜のオープン時刻16:00に予約を入れて初訪を果たして来ました。
a0122931_12442052.jpg

場所は、恵比寿駅西口から徒歩3分ほど。
渋谷橋交差点を明治通り沿いに渋谷方面に少し歩いた左手、リキッドルームの2軒先のビルの1階です。
a0122931_12443828.jpg

店内は、店名にもなっているロバット・グリーンとブラウンを基調にしながら、煉瓦の壁や古い窓枠を巧みに生かしたシックでありながらレトロチックで温もりを感じる造り。
キャパは、カウンター席、テーブル席、半個室で30席程でしょうか?
a0122931_1244484.jpg

半個室の席に通されました。
取り敢えず、グラスシャンパーニュをオーダーすると、何とマグナムボトルが登場。
これには、お店の気合が伝わりテンションがあがります。
銘柄は、DIDIER CHOPIN BRUT。
シャンパーニュでは比較的新しい家族経営の造り手ながら、手頃で高品質なシャンパーニュを世に送り出している事で、高い評価を得ている生産者らしいです。
ピノ・ノワール(60%)&ピノ・ムニエ(40%)で、シャルドネが入っていないので繊細さや華やかさ、シャープさに欠けるのではないかと思いながら戴きましたが、なんのなんの、きりっとシャープ且つボディーもしっかり力強くフルーティーさも備えた美味しいシャンパーニュでした。
a0122931_1245124.jpg

シャンパーニュの次は、グラスの白をお願いしました。
グラスワインの選択肢は白・赤共に3種類(800~1000円位)で、そのシステムは非常に分かりやすくて親切。
ボトルをテーブルに並べてくれ、各々のボトルの首には、産地、セパージュ、重さ軽さのチャート、香りや味わいの特徴についてのコメント、価格等が記載されたタグがぶら下げられており、各々のワインの特徴が誰にでも容易にイメージ出来るシステムになっています。
a0122931_1245399.jpg

この日は、ロワール、ラングドック、ワシントン州の3種が用意されていました。
1本目のロワールはグロ・ブランと言うマイナー品種100%のワインで、酸味が特徴のガブガブ飲めるタイプ(800円)。
2本目のラングドックはシャルドネ85%&モーザック15%で飲みやすいがしっかりしたボディーもあるタイプ(1000円)。
3本目はスノークォルミー・ヴィンヤーズと言うワイナリーが造るゲバルツトラミネール100%の甘口ワイン(1000円)。
と言う補足説明を戴き、2本目のラングドックのワイン、Limoux Peyre Jac Chateau Antugnac 2014をお願いしました。
a0122931_12485110.jpg

料理に関しては、「2人でしたら、取敢えず前菜2皿、メイン2皿ぐらいをオーダーして、まだ行けそうだったら追加するのが良いと思います。」
と言うアドバイスを戴き、MENUに目を通しますが、前菜も肉も魅力的なMENUが多数あり、各々2皿に絞るのに苦労しました。
すると、「ザ・ミートルズ」と言う洒落っ気たっぷりのネーミングのMENUに目が留まります。
これは、和牛の部位4種類を少量ずつ盛り合わせた少人数向けのMENU。
事前予約が必要を言う注意書きが書かれていましたが、特別に対応して戴けるとの事でラッキーでした。
てな訳で、取敢えずこちらの3皿をオーダー。
ブラータチーズと色色トマト(1600円)

ブッラータに色とりどりのフルーツトマトを添え、オリーブオイルを掛けただけのシンプルな一皿。
カプレーゼの変化球バージョンとも言えなくないMENUなので、それ程カプレーゼ好きでもない自分にはどうかな?とも思いましたが、これが見事に嵌ってしまいました。
ブッラータとオリーブオイルのみで戴いても美味しいですし、トマトも色によって味が違うので、異なるトマトとブッラータの組み合わせで色々な味の変化も楽しめました。
勿論、シャンパーニュとの相性もばっちり。
a0122931_12455025.jpg

北海道産白いんげん豆とカラスミ(1100円)

これは白いんげん豆好きの相方のオーダー。
缶詰の白いんげん豆とヲイラ自家製のカラスミを使って家でも作っているMENUなので、わざわざ外で食べなくても・・・、とも思いましたが黙認。
まあ、自分も好きですし、きりっと冷えたシャンパーニュや白ワインに合うんですよね。
a0122931_12455822.jpg

ザ・ミートルズ(和牛4種)(6500円)

肉ビストロとも言えるコチラですから、当然、肉MENUの種類は豊富で、MENUを見ていると、あれも食べたい、これも食べたい!と目移りし、絞り込むのに相当悩まされます。
a0122931_1246850.jpg

それでも、好きな部位を選ぶだけなら、まだ少しは絞りやすいのでしょうが、部位毎に変化を付けているソースとの相性にまた興味がそそられてしまい、更に絞込みが難しくなってしまいます。
a0122931_12493614.jpg

そんな中で、目に留まった「ザ・ミートルズ」なる少人数で来店したお客向けに用意された和牛4種盛りのMENUは非常に有難い存在でした。
a0122931_18161935.jpg

内容は、日によって異なるようですが、この日は、黒毛和牛ハツ(燻製醤油と刻み山葵のソース)、A5黒毛和牛イチボ(タプナードソース)、厚切り和牛黒タン(アンチョビとケイパーのバターソース)、黒毛和牛カイノミ(タスマニア産粒マスタード)の4種。
a0122931_12492057.jpg

どんなに上質な肉でも、そのポテンシャルをどれだけ引き出せるかは焼き手のスキル次第と言う事を最近やっと実感出来るようになった自分ですが、この日戴いた部位はどれも、肉質の良さ、素材の持つ旨み、遠火の火入れの妙、余韻全てが素晴らしいと感じました。
お店一押しのカイノミも素晴らしかったですが、黒タンがそれ以上に美味しく感じました。
a0122931_12494731.jpg

黒毛和牛のボロネーゼ(1800円)

既に、お腹は良い感じになっていましたが、あとは食い意地の問題で、肉自慢のコチラが提供する「ボロネーゼ」を試してみたくなり、追加でオーダー。
大きめにカットし、コロコロした食感を残した頬肉のボロネーゼで、太目の麺とソースの絡みもばっちり。
肉ビストロらしく、食べ応えのあるガッツリ系のボロネーゼでした。
a0122931_12463674.jpg


お肉が運ばれたところで、赤に移ります。
赤はボトルで戴くことに・・・。
大して分かっている訳ではないのですが、ボトルワインのラインナップや値付けは非常に魅力的に映りました。
高価なグラン・ヴァンをこれみよがしに並べ立てているような在りがちな下品さはなく、手に届く価格帯でお値打ちのワインを紹介し、喜んで貰いたいと言う気持ちが伝わって来ます。
そうした中に、メオ・カミュゼやドミニク・ローランと言ったビッグネームのワインを相当頑張った価格で差し込んでいるところに、この店のワインに対する愛情と気合が感じられました。
a0122931_12505246.jpg

モレ・サン・ドニ・モン・リュイザンやシャンボール・ミュジニー・レ・シャルム等がお値打ち価格でリストに乗っているのを見ると、思わず、「飲みたい!」と思ってしまうのですが、ここは我慢。
何故なら、ヲイラの場合、値の張る高級ワインは特別な日に家で飲み、外飲みの場合はソムリエ等お店のプロにお手頃でCPの良いお勧めの銘柄を教えて戴き、それを飲むと言うスタイルを基本としているからです。
この方が、保存方法の問題等による多少のクオリティの差はあるかも知れませんが、もともと高価なワインを更に2倍、3倍の価格で戴く不経済性も避けられますし、何より、自分の手の出せる価格帯で自分の知らない素敵なワインに巡り合える出逢いが楽しいですから。
a0122931_12465851.jpg

そして、この日、相方の「味わいはしっかりしているけれど、タンニンが強過ぎず、フルーティーさの感じられるワインを・・」
と言う希望を酌んで推奨戴いたのが、ラングドックの自然派ワイン。
Chateau de Gaile(シャトー・ド・ゴール)と言う生産者が作るPour Mon Pere(プール モン ペール)と言うキュベの2015年のワイン(6000円)です。
セパージュ(カリニャン40%、グルナッシュ20%、シラー20%、ムーンヴェードル20%)はこれぞ南仏!と言った感じで、色も濃く、味わいも濃密で、熟した果実のニュアンスながら、エレガントさもあり、濃厚だけどジューシーで飲み疲れしない美味しいワインでした。
相方も、香り、味わい共にイメージ通りだったようで、とても気に入ったようでした。
a0122931_12464512.jpg

コチラ、初訪ですが、クォリティーの高い料理、心意気を感じるワインのラインナップと価格、程よい距離感のサービス等々、本格派でありながら肩肘張らない雰囲気がとても心地よく、一発でお気に入りのお店になってしまいました。
1つだけ、ちょっと拍子抜けしたのが、グラスワインで、選択肢も3種類と少なく、白のみの体験でしたが、ラインナップ的にも面白みに掛けていました。
しかし、その分、ボトルのラインナップやCPが素晴らしいので、コチラではボトルを選択するのが断然お勧めです。
a0122931_12445746.jpg

それと、あとで知りましたが、コチラ、「それがし」の系列店なんですね。
そう言えば、ジャンルは違えど、居心地の良い雰囲気造りや、料理/アルコールのクオリティと価格のゾーニング等に共通点が感じられ、お客の心の掴み方の上手さに、「なるほどねぇ!」と妙に納得してしまいました。
a0122931_1248156.jpg

LOVAT (ロバット)
渋谷区東3-16-6 1F
03-6427-9490
[月~金]18:00~26:00
[土]17:00~25:00
[日.祝]16:00~24:00
[PR]
by kansukenator1 | 2017-04-13 12:07 | イタリアン | Comments(0)


<< ご主人の強い拘りが感じられる住... お花見2017@新宿御苑 >>