3時のおやつはビールと牡蠣で!錦 だいやす@京都

京の台所、錦市場にある牡蠣専門店、「錦 大安(だいやす)」。
一昨年だったと思います、京都を訪れ、錦市場を歩いていた時に、偶然、知った店です。
a0122931_18154022.jpg

場所は、四条通りから大丸百貨店の脇の道(高倉通り)を歩き、錦市場の看板が見えたら、そのすぐ傍にあるので、すぐに分かると思います。
錦市場の一番西の端です。
a0122931_18155021.jpg

新鮮な牡蠣や海鮮が店頭にずらっと並べられいる光景を見て、初めは市場の中にある普通の魚屋さんだと思っていました。
ところが、店の片隅で、ビールを飲みながら牡蠣をを食べているお客さんの姿が目に入り、「ここで食べる事も出来るんだぁ!」と、自分も、「今すぐ、ここで牡蠣が食いた~い!」モードになったのですが、生憎、その時は、ランチを食べた直後であり、また時間がなかった事もあり、その時は断念しました。
そこで、次回、京都を訪れた時には、是非、伺いたいと、店名を忘れないように屋号の写真を撮って、その場を立ち去ったのでありました。
a0122931_1816068.jpg

帰宅後、ネットで検索すると、創業90年の老舗の牡蠣専門店で、店の奥には、牡蠣だけではなく、種類豊富な魚介料理を戴ける飲食スペースがある事も分かりました。
今回の旅行では、勿論、訪問候補店として、ちゃんとリストアップしておきました。
a0122931_1816643.jpg

しかし、2泊3日の限られた日程の中で、ランチやディナー時に、「だいやす」の枠を確保する事は、なかなか難しく・・・。
苦肉の策で、2日目のランチ(フォーチュン・ガーデン・キョウト)と、夕食(蛸八)の間の時間帯に、3時のおやつ的な位置付けで、強引にねじ込んじゃいました。
まあ、コチラは、バール的な要素を含んだ店のようなので・・・。
a0122931_18161412.jpg

訪れたのは、ちょうど3時頃。
中途半端な時間帯だったからか? たまたまタイミングが良かったのか? 運良く、行列に並ぶ事なく、入店する事が出来ました。
おやつ程度に、軽く切り上げるつもりだったので、カウンター席に座りました。
a0122931_18162658.jpg

コチラでは、全国の新鮮な牡蠣を戴く事が出来ますが、時期により産地を変えているようで、この日は、生牡蠣は北海道仙鳳趾産(620円)、焼牡蠣は三重県鳥羽産(620円)の牡蠣でした。
a0122931_18163318.jpg

牡蠣を食べていると、よく「生牡蠣と焼牡蠣と、どっちの方が好き?」と言う話になる事がありますが、どっちの方が好き!なんて言えません。
両方とも大好きです。
両方食べないと気がすみません。
a0122931_18164475.jpg

軽くのつもりでしたが、大アサリ(愛知県三河産:740円)も美味しそう! サザエの壷焼きも食べたい!と言う事で、追加オーダー。
生ビールもお変わり!
a0122931_1816503.jpg

こうして飲んでいる間も、お客は、ひっきりなしに訪れ、細い通路を我々の体にぶつかりながら奥の部屋に進んで行きます。
お客は欧米人、アジア人、日本人と国際色豊かです。
a0122931_18165873.jpg

狭い店先で、牡蠣を焼きながら、指揮を執っている男性(先代の息子さん?)は、流暢な英語で外人客を裁いていましたが、アジアの某国よりの観光客のマナーの悪さ(店内での非常識極まりない行動:素行の悪さ)には、つくずく閉口しているようで、入店時に国籍と人格を見極め、毅然とした態度で入店を断っている姿が印象的でした。
a0122931_1817943.jpg

そして、そんな様子とは無関係に、マイペースで牡蠣をさくさく裁いているおじさん(店主?)の人の良さそうな笑顔が、とっても素敵で、癒されました。
こちらの営業時間は、12時から20時までと、夜が早いですが、すぐ近くの室町に、姉妹店「オイスター&バール ダイヤス」があり、そちらは、24時まで営業しているそうです。
a0122931_18171593.jpg

この日戴いた4種類の貝は、どれもとてもに美味しかったです。
ビール×2、ウーロン茶×1、生牡蠣×2、焼牡蠣×2、サザエ壷焼き×1、大アサリ×1で、6000円弱。
お値段的には、やや高めの感じもしますが、観光地ですし、許しちゃいましょう。
3時のおやつに、ビールと牡蠣!
幸せな、ひと時でした。
a0122931_18173456.jpg

錦 だいやす
075-221-0246
京都市中京区錦小路通高倉東入中魚屋町509 京都市錦市場
12:00~20:00
定休日 水曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2016-11-10 23:11 | 和食 | Comments(0)


<< 京都情緒溢れる隠れ家的レストラ... 能登の食材を使った隠れ家的フレ... >>