「ほっ」と。キャンペーン

気負わず、気取らず、確かな料理をリーズナブルに!割烹 蛸八@京都

京都小旅行2日目の夜は、新京極にある小さな割烹「蛸八」へ。
春は筍、夏は鱧、秋は松茸、冬はスッポン丸鍋と季節折々の料理を求め、連日、常連客で賑わう隠れた名店!
地元客に限らず、出張族、旅行者にも多くのファンを持ち、愛され続ける知る日とぞ知る小さな割烹料理店!
京都を訪れた際は、是非伺ってみたいと、以前から目を付けていた店の1つです。
a0122931_1235160.jpg

1週間ほど前に予約を入れ、開店時間の午後6時に伺いました。
店内はカウンターのみ、12席程の小さなお店です。
以前は先代と息子さんの2人でやっていたそうですが、今は息子さん夫婦で営んでいるようです。
場所は、新京極商店街の蛸薬師の真ん前と言う分かり易く、便利な場所にあります。
ただ、まわりは、ゲームセンターやタコ焼き屋などがごちゃごちゃ建ち並び、京都らしい情緒からは程遠いエリアにぽつりと建つ地味な佇まいの店です。
a0122931_1219618.jpg

MENUはなく、食材名が書かれた紙が壁に貼られているだけで、料理法も値段も表示されていません。
アルコール類も、ビール、日本酒、焼酎としかなく、銘柄も価格も分かりません。
普通なら、ちょっと心配すべきところですが、事前情報で良心的な価格で戴ける店である事が分かっていたので、心配無用です。
料理法はご主人と相談しながら決めて行くシステムのようですが、ぐじの塩焼きだけを指定し、あとはお任せでお願いしました。
a0122931_125282.jpg

こうした料理が、この順で供されました。

卵豆腐

出汁がしっかり効いた冷たく喉越しの良い自家製の卵豆腐は、柚子の香りが・・・。
a0122931_1263498.jpg

お造り盛合わせ

お造りは、たこ、いか、鯛、よこわの4種、どれも美味。
目の前で、本わさびを摩り下ろしてくれます。
a0122931_1262121.jpg

小芋のから揚げ

塩でも振って食べるのかと思っていましたが、ちゃんと優しい味付けが施されていました。
一度、出汁で炊いた後に、うっすらと衣を纏わせて揚げているのだと思います。
外側はかりっと、中はとろ~んと柔らかく優しい味わいの小芋でした。
a0122931_1261379.jpg

きずし

所謂、〆鯖ですが、摩り下ろした生姜を溶いたほんのり甘めの酢のタレで戴きます。
このような食べ方は初めてですが、鯖の〆加減と言いますか、味付けが一歩引いた感じで、この引き加減が素晴らしく、大変美味しく戴きました。
a0122931_126635.jpg

ずいきの酢味噌和え
a0122931_1255599.jpg

ぐじの塩焼き

供された料理は、どれもとても美味しかったですが、その中でも、この日一番と感じたのが、このぐじの塩焼きでした。
ぐじは元々大好きな魚ですが、この日戴いたぐじは飛び切りでした。
身も分厚く大きな立派なぐじで、味わいはしっとりと上品な旨みがあり、微妙に控えめな塩打ちが絶妙で、お箸が止まりませんでした。
a0122931_125493.jpg

後から皮の部分をパリパリに焼いて乗せてくれます。
これが、また旨い。
a0122931_1254162.jpg

松茸の土瓶蒸し

もう、そんな季節になりましたかぁ!と季節の移ろいの早さに、暫し、感慨。
勿論、今年、お初の土瓶蒸しです。
上品な味わいの出汁、松茸もたっぷり、贅沢です。
a0122931_12183310.jpg

アナゴの蒲焼丼

1人前を2人で食べました。
上品な味わいの数々の料理を堪能した後は、一転、濃厚なタレのがっつり系アナゴ丼で、これまた満足の〆となりました。
a0122931_124231.jpg

小さな店で、更に、殆どが常連客だと言う事なので、よそ者の一元客にとっては、居心地が悪いかも知れないと覚悟して入店しました。
そして、確かに、この日も、地元の3世代の家族客、その他、我々以外、全員が常連客でしたが、ご主人も奥様も、常連客の皆様も、我々を優しく向かい入れて戴き、アットホームな雰囲気の中、
萎縮する事なく、楽しく時間を過ごす事が出来ました。
a0122931_1251871.jpg

そして、これだけ食べ、ビール×2、日本酒(まつもと)×3飲み、お勘定は2人で13,000円。
これじゃ、ファンが多いのも頷けました。
ご馳走様でした。
a0122931_1265034.jpg

蛸八 (たこはち)
京都市中京区蛸薬師通新京極西入ル東側町498
075-231-2995
18:00~23:00
定休日 日曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2016-10-29 12:31 | 和食 | Comments(0)


<< 島津製作所の旧本社ビルをリノベ... 京都小旅行Part④寂光院@大原 >>