「ほっ」と。キャンペーン

田舎の匂い漂う場所に、人気の鰻屋さんがありました!一幸@藤沢

寒川に住む知人から、以前、安くて、美味しいと言う2軒の店を紹介されました。
1つは鮨店、1つは鰻店です。
先日、鮨店の記事をUPしましたが、今日は鰻店の方です。
a0122931_1904467.jpg

伺ったのは、土用の鰻の日の1週間ほど前の休日。
結構な人気店と聞いたので、確実に入店出来るようにと、当日、予約の電話を入れたところ、7月、8月は予約は取らず、来店順の入店になるとの事。
a0122931_1905965.jpg

ならば、早めに伺おうと、カーナビを頼りに、店を目指すと、目的地周辺に近づいた頃、前方に黒山の人垣が出来ている店が目に入りました。
時刻は開店17:00のちょっと前。
看板を見なくても、そこが「一幸」である事は、すぐに分かりました。
a0122931_191778.jpg

それにしても、予想以上の人気店です。
駐車場は、店の前に3台程と、道路を挟んだ向こう側に10数台分ありましたが、既に満車で、店から少し離れた別の駐車場に留めました。
結構、大箱の店ですが、残念ながら一巡目には入店出来ず、店の外のベンチで待つ事に・・・、涙。
待ち時間は、1時間程との事、とほほです。
a0122931_1911517.jpg

店がある場所は、住所的には藤沢市ですが、湘南藤沢のイメージとは程遠い田畑や牧場が広がる田園地帯です。
お店の前に立っていると、所謂、歩行者が引き付けられるアノ鰻屋から漂う美味しい臭いではなく、あの田舎の臭いがうっすらと香って来ます、笑。
時間潰しに周辺を散策しようと店を100メートル程離れると、強烈な田舎の臭いに襲われ、息が出来ずに倒れそうになってしまい、慌てて店まで引き返しました。
このような場所に、何故、このような人気の鰻屋さんがあるのか、不思議な感じがしました。
a0122931_1912112.jpg

40分程待って、中に入れました。
店内は、テーブル席や座敷等、幾つかに仕切られた造りとなっており、我々は、入り口に最も近いテーブル席に案内されました。
事前に、オーダーは通っているので、入店してからの待ち時間は短く、着席すると、程なく注文した品が運ばれて来ました。

店内の案内板には(を見ると)、「特上、上うな重は売り切れました!」、「蒲焼は、松が売り切れました!」と書かれていました。
値段の高いものから順番に売り切れて行くようで、この近くにお住まいの方々は、とてもリッチな方が多いようです。
a0122931_191298.jpg

コチラでは、鰻がご飯の中とご飯の上に2段に敷かれたうな重が名物との事でしたが、かなりボリュームがありそうですし、初訪問なので、こんな感じのオーダーで、様子を見る事にしました。
   ↓
肝焼き(350)×2
a0122931_1921245.jpg


白焼き(竹)(3200)
a0122931_19155782.jpg


うな重(2750)
うな重には、胡麻豆腐、香の物、肝吸い、フルーツが付きます。
a0122931_19162694.jpg

a0122931_192470.jpg

a0122931_1915513.jpg

a0122931_19182260.jpg

a0122931_19183142.jpg

上うな重(3400)
上うな重には、上記の他に、酢の物が加えられます。
a0122931_19161890.jpg

a0122931_1914616.jpg

感想ですが、このような場所にある(失礼!)鰻店なので本当に美味しいのか正直なところ半信半疑で伺いましたが、白焼きにしても、うな重にしても臭みは全く感じられず、身はふっくら柔らかく、うな重のタレも甘過ぎず調度良く、美味しく戴きました。
個人的な好みを言うと、皮目をもう少し強めに香ばしく焼いて戴ければ、尚良かったですが・・・。
そして、ボリューム的には、上うな重は、結構ボリュームがあり、途中で苦しくなりました。
白焼きを戴くのであれば、普通のうな重で十分でした。
a0122931_19184486.jpg

価格と内容を考えると、非常にCPが高く、人気があるのも頷けました。
コチラ、看板には、鰻とフグの専門店と謳われており、フグも戴けるのですね。
そして、MENUを見ると、天麩羅定食や天丼なんかもありますし、酒のつまみになる一品料理もあるので、のん兵衛には有難い鰻店かも知れません。
ただ、CPだけで言えば、平塚の「うな新」の方が上に感じました。
ご馳走様でした。
a0122931_1913643.jpg

一幸 (いっこう)
0466-48-3744
藤沢市打戻686
宮山駅から2,976m
11:00~14:00
17:00~21:00(L.O.20:00)
木曜日、第3水曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2016-08-17 18:20 | 和食 | Comments(0)


<< 2016年夏 福島小旅行PAR... 何故、この場所なの?鮨まさ@獺郷 >>