「ほっ」と。キャンペーン

ネタ、価格、雰囲気の落としどころが絶妙の海鮮居酒屋!函館 開陽亭 すすき野2号店@札幌

函館に本店がある海鮮居酒屋、「函館 開陽亭」。
「天然物に拘り、浜から直送の北海道近海の朝獲れ海鮮をお手頃価格で提供する!」
をモットーに、札幌市内、すすき野に10軒近い姉妹店を展開する、なかなか人気の居酒屋グループのようです。
a0122931_17424146.jpg

我々が伺ったのは、その中の1店、「開陽亭 すすきの2号店」。
場所は、地下鉄南北線すすきの駅から5分程の場所。
すすき野の中心からはちょっと外れたエリアにありました。
a0122931_17464985.jpg

札幌で唯一、「活イカ釣り」」が体験できるお店!
そして、活きたイカを注文毎に、その場でさばき、提供すると言うのが、コチラの売りのようです。
お店の目印は、ガラスドアの前に置かれた熊の剥製?
北海道だぞー!と言う雰囲気を出しています。
a0122931_17425567.jpg

そして、中に入ると、イカや毛蟹が泳ぐ水槽が鎮座していました。
a0122931_1743338.jpg

階段を上って2階にあがると、かな~り広いフロア。
a0122931_1747280.jpg

7時くらいに入店しましたが、予約席を含め、座席は、ほぼ埋まっていました。
a0122931_17435118.jpg

注文したのは、コチラ。
    ↓
刺身盛り合わせ

刺身盛合せは、木箱に盛られて登場。
これで2~3人前。 
a0122931_17431894.jpg

種類は、時鮭等、10種類前後、量もこれでもか!って感じです。
a0122931_1831718.jpg

活きイカの踊り造り

毎朝、函館から直送されると言う活きイカ。
写真では暗くて分かり難いですが、透明でコリコリの身、足は、未だにょろにょろと動いていました。
a0122931_17433422.jpg

活きイカの刺身を戴くのは初めてではありませんが、やはり、北海道で食べるとテンションあがります。
足(ゲソ)は、天麩羅にしてくれましたが、新鮮なイカは天麩羅にしても、めちゃ旨でした。
a0122931_17443411.jpg

じゃがバター

ほくほくで甘いキタアカリに、イカを塩辛がトッピング
a0122931_1743446.jpg

カニクリームコロッケ

新鮮な魚貝が売りの店に来て、こんな事言うのは失礼かとは思いますが、このカニクリームコロッケが、この日一番のヒットでした。
何せ、蟹の量が半端ないんです。
a0122931_1745040.jpg

蟹の身が入ったクリームコロッケではなく、蟹の身の塊をクリームとジャガイモでくるんで揚げた料理と言う感じ。
アメリケーヌソースも旨し!
a0122931_17454750.jpg

しまほっけ焼き
a0122931_17435995.jpg

うに

ミョウバンに漬けてない天然のウニは、やっぱ、旨いわ!
a0122931_17444144.jpg

イクラ
a0122931_17445297.jpg

名物 うにぎり

その名の通り、ウニのお握りです。
a0122931_17464031.jpg

さっき、ウニ食べたし、もういいか!
とも思いましたが、店の名物と言う事なので、話の種に食べてみました。
が、話の種で終わりました。笑
a0122931_17532746.jpg

<感想>

「北海道の上質な海の幸を賞味する」と言う感じではなく、「大勢で訪れて、ワイワイ騒ぎながら、北海道の海の幸を食い倒す!」と言う使い方に向いているお店だと思います。
全般的にCPも非常に良いですし、色々なシチュエーションに応じて利用出来る使い勝手の良いお店だと思います。
後はその先は、何を注文するか?によって、評価が上ぶれ、下ぶれするかと思います。
a0122931_1812239.jpg

開陽亭 すすきの2号店
050-5869-2470
011-512-2747
札幌市中央区南5条西6-5-1
5条通り沿い北向き、開陽亭ビル 
【月~土】17:00~翌0:00・
【日・祝日】17:00~23:30
[PR]
by kansukenator1 | 2016-03-24 23:35 | 和食 | Comments(0)


<< 開花宣言(サクラ)された筈なん... 「百段雛まつり」~みちのく雛紀... >>