この価格で、この美味しさ!怪しささえ感じてしまう隠れ家的ふぐ料理の店!しほ瀬@荒木町

今年、最後の忘年会は、「ふぐ屋」でした。
と聞くと、「まあ、贅沢な事で! 羨ましいね!」と思われるかも知れません。
a0122931_12454550.jpg

しかし、今日、取り上げる「しほ瀬」さんは、荒木町、車力門通りのドン詰まりを右にちょっと入ったところに店を構える、信じられない程のCPを誇る隠れ家的な老舗のふぐ料理店なんです。
a0122931_12461696.jpg

いきなり、価格の話で、恐縮ですが、我々が、この日、戴いたのは、お通し、てっさ、唐揚げ、てっちり、雑炊のコースで、6000円。
a0122931_12462585.jpg

(以前は、確か、4000円台からコースが戴けましたが、今は、5000円くらいからになっていると思います。)
しかも、それぞれがボリュームたっぷりで、勿論、お味も保証付きの美味さです。
a0122931_12471582.jpg

そして、コチラのもう1つの魅力が、「ひれ酒」の美味さ。
縦長の陶器の器に、「これでもかっ!」と言うほど大量の「ひれ」が入っており、旨みたっぷりの濃厚な「ひれ酒」です。
それで、「継ぎ酒」を何回しても、全然、旨みが落ちないので、「ひれ酒」のオーダーは、最初の1回でOKと言う感じ。
a0122931_12463592.jpg

そして、もう1つ、特筆すべきなのは、コチラ、アルコール類も、滅茶リーズナブルな事。
MENUがないので(たぶん)、個々の単価は分かりませんが、逆算すると、アルコールで儲ける気がないとしか思えない価格設定となります。
a0122931_12472970.jpg

この日も、3人で、ビール大瓶3本、ひれ酒×3、継ぎ酒×15~20位飲みましたが、アルコール代は、1人、1500円程。
継ぎ酒、1杯、100円くらいと言う事になります。
計算間違えという可能性もありますが、以前、お邪魔した時も、そんな感じでした。
a0122931_12474713.jpg

安さの秘密は、江戸っ子の心意気と、店舗にお金が掛っていない事でしょうか?
お店の佇まいは古い民宿のような造りですし、隣のお客との仕切りもありません。
a0122931_1246885.jpg

スタッフの接客も必要最低限のものです。
(雑炊もお客が自分で作ります)
a0122931_12475727.jpg

ですから、小綺麗な店で優雅に、ふぐを戴きたい人には向いていないお店です。
a0122931_1248992.jpg

でも、ヲイラは、この店が好きです。
a0122931_1249759.jpg

しほ瀬
東京都新宿区荒木町6
03-3357-3978
17:00~22:00
定休日 日曜・祝日
[PR]
by kansukenator1 | 2015-12-30 23:37 | 和食 | Comments(0)


<< 謹賀新年@2016 CP抜群のぶれない1000円ラ... >>