「ほっ」と。キャンペーン

驕りのない実直さを感じる穴子寿司の名店!すし乃池@千駄木

約半世紀の歴史を持つ穴子寿司の名店として、テレビでも度々取り上げられるコチラ。
オヤジ4人で、矢根千散策に繰り出した日、ランチで寄らせて戴きました。
場所は、千駄木駅団子坂口を出て、谷中方面に少し坂を登った左手にあります。
我々は根津神社経由で、へび道をぶらぶら歩きながらやって来ました。
a0122931_12163047.jpg

昼時は行列が出来ている事が多いので、念の為、数日前に予約の電話を入れましたが、昼は予約は出来ないとの事で、2回転目狙いの午後1時ちょっと前を目指して訪問。
これが、ずばり的中し、カウンター席が丁度4人分空き、待ち時間なしで入店出来ました。
店の外観も店内も、古き良き下町の趣きが漂う素敵なお店です。
a0122931_12164151.jpg

当然、先ずはビールです。
昼に飲むビールはやっぱ旨いですねぇ。
ビールのお通しに出て来たのは、「穴子の煮凝り」、上品な良いお味でした。
a0122931_1217894.jpg

MENUは、「名代 穴子寿司(8巻:2500円)」の他に、握り(並)1600円、握り(上)1900円、握り(特上)2500円、太巻(穴子佃煮入り)、細巻き、ちらし、等。
摘まみ系も、やなか生姜味噌、白和え、鮪ぬた、アン肝、白子ポン酢、穴子の肝焼き、煮タコ等、お酒に合うものが多数用意されているようです。
a0122931_1218285.jpg

特上握り(7巻&巻き物)は、1巻または3巻を穴子寿司にチェンジする事も出来るとの事。
んんむ、迷うなぁ!と、ここで暫し作戦会議。
勿論、お目当ては、「名代 穴子寿司」だけど、穴子寿司ばかり1人8巻は、さすがに胃がもたれるだろうし、穴子3巻の特上握りにするか?
待てよ、3巻も穴子にチェンジしたら、もともとの握りがしょぼくなっちゃうしなぁ・・・。
とあれこれ思案の結果、特上ではなく上握り4人前と、「名代 穴子寿司」を1つオーダーし、穴子寿司を2巻ずつシェアする事に・・・。
これなら、握り寿司も穴子寿司もバランス良く味わえ、しかも価格的にもリーズナボー!
うん、Good Idea!と、まあ、セコイ考えをめぐらせて、着地点を見出した我々。
a0122931_12172035.jpg

ビールに続き、日本酒を飲みながら待つ事、20分程で、握りが、続いて穴子寿司が運ばれました。
ここで、お酒を追加したしたいところですが、これから数時間に亘る散策が始まる事を考え、じっと我慢です。

そして、お目当ての穴子寿司ですが、期待通りと言うか、期待以上の美味しさでした。
見た目のテリの濃さから、もっとこってりした味わいのものを想像していましたが、全く違っていました。
a0122931_1217371.jpg

アナゴはふわふわで驚くほど柔らか!タレは深いコクがありながら甘過ぎず、すっきりした味わい!シャリは若干強めの酢を利かせ程良い握り加減!
この3者が見事に一体化して、口の中でとろけます。
下ごしらえが丁寧なのでしょう、臭みも小骨も全く気にならず、爽やかさすら感じる軽やかな穴子寿司でした。
これなら、飽きる事も、胃がもたれる事もなく、1人で8巻も、いけちゃうかも知れません。
a0122931_12175025.jpg

一方の握りの方は?と言いいますと・・・。
コチラでは穴子寿司の影に隠れ、脇役的存在なのかも知れませんが、握りも十分納得の美味しさでした。
しかも、特上ではなく、上です。
特別感はありませんが、マグロを初めとしたネタも良いですし、真面目な江戸前鮨を戴いたと言う感じでした。
a0122931_12172912.jpg

満足感を感じながら、店を出た後は、矢根千の名所を練り歩き、夜は、久しぶりに八丁掘のMARUで打ち上げ!
シャンパーニュ含め、ワイン4本開けちゃいました。
楽しい1日でした。

P.S. コチラの穴子寿司は、折にして持ち帰っても、ふっくらした食感も損なわれずに美味しく戴けるそうですから、お土産にも良さそうです。
a0122931_12165392.jpg

すし乃池
台東区谷中3-2-3
03-3821-3922
11:30~14:00
16:30~22:00
日・祝 11:30~20:00
[PR]
by kansukenator1 | 2015-10-24 23:14 | 和食 | Comments(0)


<< maruのシャンパーニュフェア... Happy Birthday! >>