良い店でしたが、残念な点も幾つか!創作和食 あおき@馬車道

ランチの評判が良く、以前から、ちょっと気になっていた「あおき」。
産地直送の鮮魚・野菜に拘った創作和食のお店です。
a0122931_18101347.jpg

場所は馬車道駅から2分、関内駅から5分程の相生通り沿いに建つビルの1階。
休日の夕方、開店と同時の5:30に伺いましたが、既に何人かの先客がグラスを傾けていました。
a0122931_18113612.jpg

店内は、入口付近にテーブル席、奥に進むと左手にオープンキッチンのカウンター席が6席、2人掛けのテーブル席が2つと言った縦長のコンパクトな造り。
キャパは20人くらいでしょうか?
a0122931_18103070.jpg

カウンター席からは勿論、奥のテーブル席からも料理に取り組むご主人の姿を見る事が出来ます。
ちなみに、ご主人は若く、とても温和な感じの方です。
内装もシックでお洒落、使われている器類にも拘りが感じられ、大人の雰囲気が漂う素敵なお店です。
a0122931_18104975.jpg

MENUは、単品料理と、3500円、5500円、7500円の3種類のコース。
単品料理は、種類豊富なグランドMENUの他に、”本日のお薦め料理”が黒板にびっしりと書かれていました。
その中には、ご主人が自ら釣って来た魚も・・・。
a0122931_1812694.jpg

アルコール類も、ビール、ワイン、日本酒、焼酎、カクテルと一通り揃えられており、日本酒や焼酎の中には希少な銘柄の名前も・・・。
a0122931_1811598.jpg

この日、戴いたのは、以下の5品。
a0122931_18582477.jpg

お通し

生ビールで喉を潤していると、程なくして、お通しが運ばれました。
お洒落な器に美しく盛り付けられていたのは、上品な出汁が掛けられた焼ナス、中をくり抜いて蒸して?裏漉しし再び戻したプッチーニと言うミニカボチャ、そして、燻製仕立ての鯖の3種。
a0122931_1811281.jpg

3種類共、非常に高いレベルの満足感が得られ、次の料理への期待が膨らみました。
しかし、その後が、ちょっと、”???” と残念に感じる事が続きました。
a0122931_18115794.jpg

刺身盛合わせ2人盛り(2520)

内容は、ヒラメの昆布〆、カツオ、イナダ、ミンク鯨の4種。
1人前1200~1300円と言う価格を考えると、質的にもボリューム的にも、かなり充実した内容です。
ただ、残念だったのは、黒板MENUからチョイスして盛合わせに加えて戴いた「ヒラメの昆布〆」が、”???” だった事。
ヒラメ自体は美味しいのですが、昆布の香りも味わいも殆ど感じられなかったのです。
これが、最初の???でした。
a0122931_18123060.jpg

大海老の天麩羅 海老味噌ソース(1580)

”大海老”と謳われるだけあり、本当に立派な海老が2本盛り付けられたお皿が運ばれました。
衣がカリッとしていて、天麩羅と言うよりフリットに近い食感でしたが、海老自体は甘みもあり、美味しい海老でした。
しかし、残念だったのは、”海老味噌ソース”。
このMENUをオーダーした理由は、海老味噌に惹かれたから・・・。
ところが、期待していた海老味噌のインパクトが弱く、マリナーラソースに近い味わいだったところが残念でした。
a0122931_18123910.jpg

鯛とハマグリのバター醤油蒸し(1420)

立派な鯛の御頭と胴の部分の半身がドーンと盛られた豪快な一皿。
鯛は良かったのですが、残念だったのが”ハマグリ”。
火が入り過ぎてしまって、折角の身が縮んで、カチカチになっており、お箸で実を剥がすのも一苦労でした。
そして、バター。
自分の舌の問題かも知れませんが、味がマーガリンバターのようで、今ひとつでした。
a0122931_18125158.jpg

黒毛和牛のステーキ(2300)

塩とブラックペッパーのみでシンプルに焼き上げ、山葵くらいが添えられた料理を想像して、オーダーしました。
しかし、運ばれた料理は、エノキやシメジ等たっぷりの野菜と共に、バターソースで味付けされたひたひたの甘いソースが掛けられたステーキでした。
これは、これでアリ!の料理だと思いますが、普通のステーキが食べたかったので、ちょっと残念でした。
こう言う料理ならば、MENUの名称を「黒毛和牛とキノコのバターソテー」とかにして貰えると、どんな料理であるかを想像し易かったと思います。
結果的に、”バター醤油味”の料理を2皿被ってオーダーすると言うミスを犯してしまいました。
a0122931_1813017.jpg

梅のお握り(280)
a0122931_18421428.jpg

上記の料理に、生ビール(500)×2、伯楽星(890)×1合、〆張り(980)×1合、ハイボール(680)×1を戴いて、13,500円也。
a0122931_18153473.jpg

P.S
シックで落ち着いた雰囲気なのに肩肘張らない居心地の良さ!
一皿一皿、丁寧に料理に向き合う若きご主人の真摯な姿!
応援したいタイプのお店ですが、ネガティブなコメントばかり記してしまいました。
食の趣向は、人それぞれ全く異なるものと言う事でお許し下さい。
今、気付きましたが、「創作和食」の「創作」の部分が、自分には合わなかったのかも知れません。
好きなタイプのお店ですし、もう一度、伺って、今回と異なるMENUを戴いてみたいと思います。
a0122931_18132097.jpg

創作和食 あおき
浜市中区相生町4-65 高岡ビル 1F
045-228-9011 (お問い合わせ専用番号)
[月~金] 11:30~13:30 、17:30~23:30 
[土] 17:30~23:30
定休日 日曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2015-07-28 23:40 | 和食 | Comments(0)


<< 獺祭呑み比べ 海が見えるテラス席で美味しいワ... >>