「ほっ」と。キャンペーン

地域に溶け込んだ食堂のような鰻屋さん!川万@平塚

JR平塚駅北口から徒歩3分程のアーケード街(旧国道一号線沿い)に店を構える創業80余年を誇る老舗の鰻屋さん。
歴史と立地のせいでしょうか?平塚では一番有名な鰻屋さんらしいです。
a0122931_1236587.jpg

店頭では、テイクアウト用の蒲焼を販売しており、客足が途絶えません。
店内も1階だけかと思ったら、2階、3階、4階まである大型店のようです。
12時ちょっと前に伺いましたが、そんな大型店が満席と言うから驚きです。
その最後の一席に、我々が滑り込めたようでラッキーでした。
いつも、こんなに混んでいるのか?この日がたまたまなのか分かりませんが・・・。
a0122931_12364277.jpg

店の雰囲気は昭和の香りがぷんぷん。
このガラスの鏡のキリンビールの文字が歴史を感じますねぇ・・・。
a0122931_12573617.jpg

料理のMENUを見ていたら、店員さんから、「明日は土用の丑の日なので、料理は漬物と鳥の照り焼きしか出来ません」と言われました。
a0122931_1237075.jpg

土用の丑の日は明日なのに、今日の料理の注文と何が関係あるんだろうか?と思いましたが、今から明日の仕込みをやっているから忙しいと言う事なんでしょうね。
a0122931_12401834.jpg

鰻は、うな丼(1380円)、鰻重・・・梅(1750円)、竹(2300円)、松(3150円)とリーズナブル。
(全てに漬物と肝吸いが付いています。)
鰻は全て国産鰻を使用、これを紀州備長炭で焼き上げているとの事。
隣のお客さんがスタッフの方に質問していましたが、梅竹松の価格の差は鰻の量の違いだそうです。
肝焼き420円×2、鰻重松3150円×2、ビール大瓶670円×1をお願いしました。
a0122931_1240591.jpg

肝焼き

肝焼きは、炭火の香ばしさ、肝のほろ苦さ、タレの旨みが良い感じに1つになった大人の味で、なかなか美味しかったですが、1本420円はちょっと高い気も・・・。
a0122931_12382844.jpg

鰻重(松)

蓋を開けた時の第一印象は、鰻の身が細くて小さいなっ!と思った事。
ただ、食べてみると、皮は炭火でかりっと焼けており、身もふっくらと仕上がっており、タレも甘さを抑えた美味しいタレで、全体的にまずまずの美味しさかな!と言う印象。
a0122931_12381894.jpg

ただ、鰻に若干の臭みを感じた事と、小骨の取り残しが結構あって口に残ってしまった点、それとタレの量が多過ぎてご飯がタレを吸い過ぎて辛くなってしまった点が気になりました。

それから、我々の席には、オーダーしてから鰻重が運ばれるまで30分程要しましたが、我々より後に入店したお客さんのテーブルには、オーダーしてから10分程と凄いスピードで鰻重が運ばれていました。
a0122931_12392272.jpg

此方では、注文を受けてから、捌き、蒸し、焼きの工程を行うのではなく、事前にある程度作り置きしておいて、注文を受けた時点で最終仕上げだけを行うプロセスになっているようです。
たまたま、我々の注文時には、作り置きが切れていて、一から作った為に時間が掛かったのかも・・。
a0122931_1239458.jpg

良し悪しではなく、此方は鰻道を追及するタイプの店ではなく、地元の生活に溶け込んだアットホームな食堂のような鰻屋さんでした。
ちなみに、駐車場は、店の近くの三井リパークで駐車証明書を出せば1時間の駐車券が貰えます。
a0122931_12372165.jpg

川万
平塚市明石町9-1
0463-21-0633
11:00~13:30
16:00~19:30
定休日 水曜
[PR]
by kansukenator1 | 2014-07-29 23:21 | 和食 | Comments(0)


<< 土曜の丑の日に、サンマの塩焼き! 仙台にて! >>