パコ・デ・ルシアが亡くなった夜に!バー・ヘミングウェイ@東心斎橋

此方の存在を知ったのは、3年程前、所要で大阪に行く事になり、京橋、心斎橋辺りで、「良いお店ないかな~」と調べていた時。
その時、ヲイラの琴線に響いたのが、此方の「バー・ヘミングウェイ」と、もう1店「Wine Bar Base」でした。
a0122931_1228407.jpg

結局、その時は、両店共、伺う事が出来ず、その後も大阪を訪れる度に、チャンスを窺っていましたが、機会に恵まれず、片想い状態が続いておりました。
そんな経緯の中、3年越しの思いが叶ったのが今年の2月末。
a0122931_1281334.jpg

ホテルのチェックインを済ませ、店に電話を入れ席を確保した後、ホテルのPCで地図を確認。
すると住所がビルの1Fと表示されていました。
自分の記憶だと、確か、ビルの5Fか6Fだったはず。
a0122931_1293569.jpg

スマホに保存してあった住所を確認すると、東心斎橋1丁目まで同じなので、近所に引越したみたいです。
PCで地図を確認しなければ、この古い住所でお店を探し、あわゆく迷子になるところでした。(汗)
a0122931_12155248.jpg

ホテルから歩く事、10分程、ありました、ありました、憧れの「バー・ヘミングウェイ」です。
カウンター席が10席有るか無いかくらいの小さなお店でした。
a0122931_12463077.jpg

しかし、もうここで、何年も営業しているような風格が漂っていました。
a0122931_17403669.jpg

それも、その筈。
此方の創業は1998年と言いますから、今年で16年を迎える老舗です。
a0122931_12282777.jpg

スペインのビール「マオウ」を飲みながら、店の移転の件を尋ねると、前々から、本場スペインのバルのような路面店をやりたかったのだそうです。
a0122931_12274298.jpg

昼でも夜でも、誰もが気軽にぷらっと入って来れて、コーヒー1杯だけ飲むも良し、、軽く食事するも良し、ピンチョス摘まんでシェリー飲むも良し、と言ったまさに本場のバルのような店をねと・・・。
a0122931_1294156.jpg

a0122931_12101054.jpg

確かに、それはビルの6Fの店舗では出来ませんよね。
a0122931_1251783.jpg

a0122931_122034100.jpg

それで、この地に移転し、リニューアルオープンしたそうです。
そして、その言葉通り、新しい店舗になってからは、夜だけでなく、午後3時から営業しているそうです。
良いですねぇ~、明るいうちから、ピンチョス摘まんでシェリー傾ける休日なんて!最高ですねぇ!
a0122931_12512731.jpg

a0122931_12204836.jpg

話が、前後しますが、何故、ヲイラが、此方を訪れてみたかったかと言うと、本物に触れてみたかったからです。
a0122931_12512784.jpg

a0122931_12203720.jpg

オーナーの松野さんの人となりに触れてみたかったし、氏がセレクトしサービスするシェリーやワインを飲んでみたかったし、氏の人生そのものが体現化されたヘミングウェイと言うバルの世界に触れてみたかったからです。
a0122931_12184962.jpg

大阪に限らず、都内に限らず、今やスペインバルは、すっかり日本中に定着して、居酒屋のように、誰もが当たり前のように利用していますが、此方のオーナー松野さんは、そんなバルブームが起こる何年も前から、この地で本格的バルを営んでいる草分け的存在の方なんです。
a0122931_12515436.jpg

a0122931_12203052.jpg

店名からも推測されるように、愛読するアーネスト・ヘミングウェイの文学に触れるうちにスペインの魅力に引き込まれ、スペインに渡ってしまった松野さん。
本場のあらゆる料理を習得し、バーテンダーとして腕を磨き(本場での受賞歴を持つ)、現地でシニアソムリエの資格を取得し、更には、本場スペインで認められたヴェネンシアドールでもある松野さん。
a0122931_12194242.jpg

料理だけでなく、ワインだけでなく、絵画、音楽等、スペイン文化の全てを愛してやまない松野ワールドを体現したのが「バー・ヘミングウェイ」なのですね。
a0122931_12285175.jpg

そして、この日は、入店して、開口一番、松野さんにエスコートして戴きながら色々なシェリーを体験したい旨お願いし、楽しませて戴きました。
a0122931_12524088.jpg

シェリーに関しては、酒精強化ワインである事と、フィノとマンサニージャくらいの単語しか知らないヲイラ。
シェリーの体系図を見せて戴きながら説明を受け、6、7種類程試飲させて戴きました。
a0122931_129251.jpg

しかし、土地や畑で体系化出来るブルゴーニュワインや葡萄のセパージュで体系化されているニューワールドの一部の地域のワインと違い、シェリーを体系的に理解するのはメチャクチャ難しいと言う事だけが分かりました。(笑)
a0122931_1285238.jpg

楽しく飲んでいると、訃報が入って来ました。
此方の店では、スペインのテレビ番組をリアルタイムで放映しているのですが、何と、この時、スペインが誇るスーパーギタリスト「パコ・デ・ルシア」が亡くなったニュースを繰り返し報じていました。
a0122931_12282846.jpg

パコ・デ・ルシア、アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリン(もしかしたらラリー・コリエルだったかも)のユニット、スーパーギタートリオの演奏は凄まじかったです。
今は無き田園コロシアムで開催された「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」に、彼のライブを観に行った事もありました。
松野さんもパコのファンだったようで、この日、店にライブ演奏で来店していたギタリストと共に、カウンターを挟んでパコの話や当時の音楽シーンの話で盛り上がりました。
a0122931_1228113.jpg

ふと、時計を見ると、もう23時過ぎ! 入店したのが19時だったから、もう、ここで4時間も飲んで居た訳です。(汗)
さっと飲んで、次の店、また次の店と移動し、1軒の店に長居しない本場の粋なバルの使い方と違って、無粋な使い方をしてしまいました。
でも、自分としては、超楽しい時間を過ごせました。
a0122931_12525875.jpg

a0122931_12193973.jpg

やっぱり、その道のプロ(=本物)は格好良いし、そう言う方の話を聞くのは本当に楽しい。
それと、ベネンシアを使って、シェリーを注ぐ松野さんの妙技も、超格好良く、一見の価値ありですよ。
a0122931_12153259.jpg

食事に関しては、この日は、ピンチョス、タパス、生ハム、チーズと摘まみ系しか戴きませんでしたが、どれもとても美味しかったです。
この豚さんを型取った木製のお皿、超かわゆいでしょう!
a0122931_1220385.jpg

しかし、此方では、バルのレベルを超えた本場仕込みの料理も戴けるようなので、次回伺う時は、是非、そうしたお料理も楽しませて戴きたいと思います。
素敵なスペインの夜でした。
a0122931_1221554.jpg

バー・ヘミングウェイ
大阪市中央区東心斎橋1-13-1 伊藤ビル 1F
06-6282-0205
15:00~24:00
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2014-04-22 23:05 | スペイン料理、バル | Comments(0)


<< GWの一日@みなとみらい お洒落でCP抜群のNZ熟成肉の... >>