「ほっ」と。キャンペーン

お洒落でCP抜群のNZ熟成肉のステーキ店!WAKANUI@麻布十番

ここ数年、日本でも、熟成肉に対する関心が高まり出していますよね。
熟成肉と言うと、祐天寺のラ.ブーシェリー・デュ・ブッパが先ず、頭に浮かぶのですが、この日は東麻布のWAKANUIへ。
六本木ヒルズの森美術館で開催中のアンディ・ウォーホル展「永遠の15分」を観た帰りに寄りました。
a0122931_17583649.jpg

此方は、ニュージーランドの食肉を世界各国に販売している企業が運営するダイニングレストラン。
アンテナショップ的位置付けもある為、同レベルのものを他店よりリーズナブルな価格で戴けるのが魅力です。
a0122931_17593040.jpg

場所は、麻布十番駅至近の閑静な住宅街に佇むビルの地下。
隣は、法務局。
a0122931_17592539.jpg

ウッディーな階段を降りて、階下に向かうと、ガラス張りの熟成庫の中でエイジング中の大きな肉塊がお客様をお迎えしてくれます。
a0122931_17591910.jpg

名前を告げると、物腰の柔らかな支配人?が現れ、席に案内されました。
地下ですが、店内は広く、テーブルの間隔もゆったり取られているので、開放感があります。
オープンキッチン、照明を落したシックでセンスの良い雰囲気ながら、適度なカジュアル感もあり、居心地の良さを感じる空間です。
入店した時は、殆ど空いていた席も、1時間程経った頃には、ほぼ満席になっていました。
a0122931_18142814.jpg

NZ産のスパークリングワインとビール(プレミアムモルツ)で喉を潤しながら、MENUに目を落します。
a0122931_17593646.jpg

扱っている食材は、肉、ワイン、チーズに関しては、全てニュージーランド産のものだそうです。
前菜は10種類程、価格は1500円前後、メインのグリル料理は、肉だけでなく、魚もあります。
a0122931_18132481.jpg

肉は、オーシャンビーフのリブアイ、牧草牛のフィレ、そして仔羊骨付きロースの3種類。
リブアイは熟成肉ですが、フィレは熟成されたものではないとの事。
これらを、紀州備長炭を使って、グリルします。
どの肉も、美味しく戴けるように、カットせず、ブロックのまま焼き上げる為、1オーダーのグラム数は大きめ。

オーシャンビーフ
・・・骨付きリブアイ:1kg(8800円)、リブカット:500g(5600円)、リブカット:350g(3800円)
牧草牛フィレ 
 ・・・500g(6400円)、250g(3200円)     
カンタベリー仔羊骨付きロース
・・・フルラック(3900円)、ハーフラック(2100円)
a0122931_184262.jpg

リブアイは骨付きの1kgがお薦めと言われましたが、さすがに2人で1kgは無理です。
フィレもラムチョップも食べたいし・・・。
そんなこんなで、オーダーしたのは、こちら!
a0122931_1825879.jpg

     ↓
ラムチョップ(380円×2)

・・・軽いつまみの感覚でオーダーしましたが、これがメチャ旨。
ラムの臭みは皆無だし、柔らかくてジューシー。
もっと食べたいと感じた美味しさでした。
a0122931_17594828.jpg

ニュージーランド産キングサーモンの香草マリネ、イクラ添え(1500円)

・・・こちらも脂が乗った豊かな味わいで及第点。
a0122931_1804072.jpg

牧草牛 フィレ(250g:3200円)

・・・牧草だけで育てられたと言う処女牛のフィレのグリル。
a0122931_1803074.jpg

此方はエージングされていない肉ですが、肉質はしっとりと柔らかく、繊細な旨みが感じられ、とても美味。
厚切りのカットで、噛む程に旨みが増して来る感じ。
a0122931_183366.jpg

ソースは、赤ワインベースのソース、山葵、ニンニク醤油、粒マスタードの4種類
a0122931_181566.jpg

フレンチフライ(700円)
a0122931_1824161.jpg

オーシャンビーフ リブアイ(500g:5600円)

・・・お待ちかねの熟成肉。
太平洋の潮風を受け、NZの栄養豊富な牧草と穀物飼料で、ストレス知らずで、穏やかに育ったアンガス牛。
これを約6週間熟成させ、肉質が最高の状態に達したところを、紀州備長炭でじっくり焼き上げて供しているとの事。
a0122931_1835568.jpg

焼き上がったお肉は、1度、そのままの状態でテーブルに運ばれ、その状態を客に見せた後、キッチンに持ち帰り、カットした状態で、再度、テーブルに運ばれると言う演出です。
a0122931_1833188.jpg

フィレ同様、外側はカリッと香ばしく、中はジューシー、肉汁滴る鮮やかなピンクの断面が、完璧な
火入れを物語っています。
もともと、霜降りは苦手で、短角牛や赤牛のような赤身肉の方が好みの自分ですが、この日改めて、自分が赤身肉派である事を再認識しました。
a0122931_189858.jpg

しかし、熟成肉初体験の連れは、もう少し、脂がある肉の方が好みのようでした。
そして、熟成香があまり感じられないとも言っていました。
確かに、熟成香はあまり感じられなかった気がします。
a0122931_1834492.jpg

総合的な感想ですが、雰囲気もCPも良く、霜降り肉信奉者の方は別として、それ以外の方にとっては、とても良いレストランだと思います。
上記の料理に、グラススパークリング×2、ビール×1、グラス赤ワイン×2で、約16000円。
ランチは、更にCPが良いらしいですし、熟成肉のバーガーも是非、食べてみたいです。
そして、昼、夜通して、色んなソチュエーションに対応出来そうで、使い勝手の良いお店だと思います。
a0122931_18141432.jpg

今回の反省は、リブアイは350gにすべきだったと言う点。
フィレと併せて、1人375gは、ちょっと無謀でした。
1切れ口にした迄は良かったのですが、その後は、2人共、戦意消失状態に陥ってしまいました。
折角の美味しいお肉をもったいない事をしました。
とは言え、予算を考えなければ、やっぱ和牛の赤身肉、短角牛や赤牛の方が好きです!
a0122931_17591150.jpg

ワカヌイ (WAKANUI)
港区東麻布2-23-14 トワ・イグレッグ B1F
03-3568-3466
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:00)
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2014-04-19 12:05 | 焼肉屋 | Comments(2)
Commented at 2014-06-17 15:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kansukenator1 at 2014-06-18 12:34
キャンドルウィック 橋爪様

この度は、素晴らしいイベントにご招待戴きまして有難う御座います。
非常に興味深い内容で参加させて戴きたい気持ち一杯ですが、生憎、当日はスケジュール的に難しく、参加できません。
またの機会があれば宜しくお願い致します。


<< パコ・デ・ルシアが亡くなった夜... 絶品!青うなぎ!ランチも予約が... >>