「ほっ」と。キャンペーン

「投汁(とうじ)そば」初体験!そばきり みよ田@松本

蕎麦通でも何でもないヲイラでも、信州に来たからには、蕎麦を食べずして帰る訳には行かないっしょ!
と言う事で、移動中、ネットで調べて、この日のお昼は、此方、「そばきり みよ田 松本店」に決定。
a0122931_12173791.jpg

場所は、JR松本駅東口(お城口)から5分程のビルの1階。
外観を見る限りでは、特に美味しそうな蕎麦屋さんには見えませんでした。
店内の雰囲気も、渋い蕎麦屋と言う感じではなく、どちらかと言えばモダンな感じ。
a0122931_12154450.jpg

しかし、テーブルに置かれた冊子を読むと、「信州木曽」に「玄蕎麦」を自ら買い付けに行き、松本の製粉所に依頼して「粉」にしたものを打っている。
秋の新そばシーズンには、奈川、開田高原、戸隠、八ヶ岳山麓の蕎麦を数量限定で提供している。
等々、なかなか拘りを持って経営されている蕎麦屋さんのようでした。
a0122931_1216331.jpg

そして、MENUをつらつら眺めると、蕎麦以外にも、四季折々の食材を使用した一品料理や郷土料理、酒のつまみ類も豊富。
信州の地酒やそば焼酎も揃えられており、ここで、腰を落ち着かせて、一杯やりたくなる誘惑に駆られます。
勿論、仕事中のランチタイム、誘惑に乗る訳には行きませんが・・・。
a0122931_12154094.jpg

そして、ここで、気になるMENUを発見。
それは、「投汁(とうじ)そば」と言う初めて聞くお蕎麦です。
3種類のセットが用意されていました。

シンプル(1600円)・・・とうじそば、セイロ、そば米雑炊
スペシャル(2100円)・・・シンプル+焼き味噌、塩いかと胡瓜、葉わさび漬け、馬刺し
デラックス(2500円)・・・スペシャル+天ぷら、そばの実アイス
a0122931_12144363.jpg

2人で、シンプル×2、一品料理から天麩羅×1をお願いしました。
a0122931_1216113.jpg

以下、お店による「投汁(とうじ)そば」に関する解説です。
         ↓
**************************

投汁そば」とは野麦峠で有名な旧奈川村(現松本市)に古くから伝わる郷土料理です。
フツフツと沸いているきのこや山菜などお野菜がいっぱい入ったお出しの中に、冷水でキリッと締めた冷たいそばを、まるでシャブシャブの様に温めてフーフーして食べる、
まさに寒い信州ならではの、おいしいそばの食べ方です。
汁の中に投じるということで「投汁そば」普通のかけそばと比べ、つゆに浸かっている時間が短いのでのびていません。
そしてなんといっても温まります。
なにせ摂氏100度のそばですから。

そば米(そばの実)雑炊は、投汁そばで残ったお出しでつくります。
そば米はルチン(血液をサラサラにする)と、良質なタンパク質を多く含み、消化も良いのが特徴です。
動脈硬化、高血圧にも良いらしいです。
セイロそばは当店自慢の手打ち二八そばです。
お食事の方にはシンプル、そば前にちょっと一杯の方にはスペシャル、今日はちょっと贅沢にの方にはデラックスがおすすめす。
冬のそば屋も良いものです。どうぞ。

**************************

解説に書かれている通り、蕎麦がつゆに浸かっている時間が短い為、蕎麦が延びないのも良いし、
柄杓の様な2本のざるで、一口分ずつ蕎麦をすくって、鍋に投じるプロセスも楽しいです。
キノコや野菜がたっぷりでヘルシーだし、冬場は、体がぽかぽかに温まるのもGood!
この価格で、「とうじそば」、「セイロ」、「そば米雑炊」と3種類の味を、同時に楽しめるのも嬉しいです。

*「とうじそば」
a0122931_12151770.jpg

*「そば米雑炊」
a0122931_1217263.jpg

*「セイロ」
a0122931_12153450.jpg

「投汁(とうじ)そば」気に入りました。
a0122931_12152745.jpg

みよ田 松本店
050-5868-1787 (予約専用番号)
0263-37-1434 (お問い合わせ専用番号)
長野県松本市中央2-1-24 五幸本町ビル 1F
「月曜~土曜」
11:30〜15:00(LO)
17:00〜22:00(LO)
「日曜 又は 連休最終日」
11:30〜15:00(LO)
定休日 日曜日の夜
[PR]
by kansukenator1 | 2014-01-30 12:20 | 和食 | Comments(0)


<< 今日は大雪!明日は都知事選! この1軒で長野の味が色々体験出... >>