格の違いを実感しました!小笹寿し@銀座

所謂、銀座の老舗鮨店と言うところに初めて伺いました。
銀座は、文化や食、あらゆる分野で、日本の中心であり、日本を代表する街である事は今更言うまでもありません
一流を目指す人は、誰もが、一度は銀座に店を出す事を夢見て精進していると言っても過言ではないと思います。
a0122931_12231320.jpg

ヲイラの勝手なイメージですが、「銀座で鮨の名店」と言われるところは、「銀座の老舗バー」同様に、その中でも、特別なポジションに位置付けられているように思います。

それは、「お金を持っている人、持っていない人」と言う境界線だけではなく、食に対する見識や経験、社会的地位や交友関係、多くの分野に対する知識や教養等を備え持った真の一流人だけが、楽しめる場所ではないかと・・・。

勿論、そうした要素を持っていない客でも、店側から入店を拒否されるような事はないでしょうが、自分自身が、場違いである事を思い知らされ、居心地の悪さを感じ、楽しめないでしょうから・・・。

しかし、此方、小笹寿しさんは、江戸前の凛とした威厳や雰囲気を醸し出しつつも、前述の何物も持ち得ていない初訪問の自分のような客でも、臆する事なく、楽しませて戴ける雰囲気がありました。
高級感を前面に出していませんし、実際、銀座の老舗鮨店としては、庶民的な部類に属する店ではないかと思いました。
a0122931_12225529.jpg

酒肴と握りをお任せでお願いしました。
恐れ多くて、コメントを記す勇気はありませんので、「ただ、銀座の鮨店は、格が違う事を実感した」とだけ申し上げておきます。

<お通し>
■穴子の肝

<肴>
■ヒラメの昆布締め
■こはだ
■***(失念)
■カワハギ(肝付き)
■穴子の雉焼き

<握り>
■いさき
■かわはぎ
■キス
■コハダ
■赤貝
■蛤
■まぐろ漬け
■中トロ

2人で、ビール×1、冷酒×N(結構飲みました)、予算約50,000。
そう頻繁に来れる店ではありませんが、是非また、再訪したい素晴らしい鮨店でした。

小笹寿し
中央区銀座8-6-18 第5秀和ビル 1F
03-3289-2227
17:30~22:00
定休日 日曜・祝日
[PR]
by kansukenator1 | 2013-11-21 23:45 | 和食 | Comments(0)


<< 早っ! もう12月! 日本料理の素晴らしさを改めて実... >>