オンボロ店舗で、絶品和食を格安料金で戴く楽しさ! 鯛茶漬けの店 羽澤@築地

昨年8月、築地近くに、天然の鯛に拘った極上の鯛茶漬けランチが1500円で戴けるお店がオープンしたと言う話を聞き、是非とも伺ってみたいと思っていたお店、「羽澤」。
a0122931_17514839.jpg

フェルメール・センター銀座で開催中の「あっぱれ北斎!光の王国展」を観に行った際に、寄らせて戴きました。
a0122931_17511847.jpg

場所は、築地本願寺の裏あたりで、こんなところに飲食店が在る筈がないような一角にお店はあります。
しかも、看板も表札もないので、知らなければ、ここでお店が営まれている事に気付かず、通り過ぎてしまうと思うような地味な佇まい。
a0122931_17545162.jpg

ご主人の羽澤さんは、この店を開業する前は、麻布十番に店を構える表札のない隠れ家「高級料亭」で腕を振るっておられたそうですが、東日本大震災を契機に食材について思うところがあり、前の店を辞め、此方をオープンしたそうです。
a0122931_1756864.jpg

営業時間は午前10時から午後3時までの昼間のみ。
ここに来て分かったのですが、この店舗、夜は、(これまた一度伺ってみたかった)知る人ぞ知る貝料理の名物店「和光」が営業している場所だったんです。
昼間は「羽澤」、夜は「和光」と言う具合に、店舗を時間帯で分けて使用しているようです。
a0122931_17502446.jpg

店内は、L字型のカウンター席が5席、3人掛けのテーブル席が1つと言う具合に、実に小じんまりしたキャパ。
そして、内装とか語る以前の償却し切ったボロボロな造りの店内です。
このようなシチュエーションの下で、高級料亭が使用している食材と同等の食材を使った本格的和食が提供されると言うのが、この店の特徴であり、この店の最大の面白さだと思います。
a0122931_17534634.jpg


MENUは、この2種類のみ。

1)鯛茶漬け + お任せの1品 + 甘味 ・・・1500円
2)鯛茶漬け + お任せの3品 + 甘味 ・・・2000円

2000円のコースをお願いしました。
そして、ここは日本酒と言うところでしょうが、昼間だし、ビールで!
a0122931_17543764.jpg

雲丹と合鴨の茶碗蒸し

最初に運ばれた料理は茶碗蒸し。
a0122931_17564637.jpg

雲丹と合鴨がたっぷり入った豪華な茶碗蒸しです。
そして百合根も・・・。
1品目からレベルの高い料理で、期待が高まりました。
a0122931_17533264.jpg

明石産の「鰯の塩焼き」

刺身でも食べられる新鮮な明石産の鰯ですが、焼いた方が身の甘みが感じられて美味しく戴けるとの事。
a0122931_17504279.jpg

a0122931_17503870.jpg

確かに、身がほくほくして柔らかく、透明感のある味わいで、こんな鰯、食べた事ないかも・・・
a0122931_17505273.jpg

有明雲仙産の「生牡蠣」

これは、献立の3品には入っていない、サービスで戴いた1品です。
有明雲仙産の牡蠣と言われていました。
身は小ぶりですが、生臭さが全く感じられなく、牡蠣の透明感のある旨みだけが口の中に広がるとても「美味しい牡蠣でした。
ご主人曰く、この牡蠣は、まだ子供を生んだ事がない牡蠣だそうで、そうした状態の小ぶりの牡蠣ほど、美味しいのだそうです。(ふむふむ!)
a0122931_17532718.jpg

春のおでん

小さな黒の土鍋で運ばれた「春のおでん」。
演出や温かさを保つ為に土鍋にしたのではなく、お皿を洗う場所が無い事情で、こうしているそうです。(笑)
a0122931_1753865.jpg

今が旬のもずくが投入されているのが特徴のようで、これが「春のおでん」と言うネーミングの元になったのかも知れません。
上品な薄味の出汁を吸った、もずく、牛すじ、大根、がんも、さつま揚げ、昆布が美味しい。
さり気なく、小さな桜の花が浮かべられており、店の造りに全く似つかわない繊細な演出が笑えます。
a0122931_17574011.jpg

淡路産の鯛茶漬け

待ってましたメインの鯛茶漬けの登場です。
この日の鯛は淡路産だそうです。
身が引き締まって、こりっとした歯ごたえの鯛は、店の看板だけあり、文句なしの旨さ。
a0122931_17485580.jpg

この美味しい鯛が、ご飯の上に、これでもかっ!と言うくらい乗っています。
お茶漬けにする為、やや濃い目に味付けされたタレが卵の黄身と交じり合う事で、コクとマイルド感が加わり、極上の鯛の旨さを更に高めています。
a0122931_17515677.jpg

「3分の2くらい食べたら、薬味を乗せ、お茶を掛けてお召し上がりください」との店主の言葉通り、薬味を乗せ、目の前にあったポットのお茶を投入。
薬味は、京都のモロミ、三つ葉、等。
ワサビは、何と本ワサビでした。
a0122931_1751139.jpg

a0122931_1752215.jpg

ところが、これが大失敗。
お茶漬けで半分くらい食べ終えた頃、店の奥から店主の叫びが聞こえました。
「あっ、出汁のお茶をお出しするの忘れていました!」(汗)
a0122931_17523943.jpg

ポットから投入したお茶を飲み干し、本来のお茶を注ぎ直し、再チャレンジ。
当然ですが、出汁の効いたこのお茶を掛けたら、美味しさが全然違いました。
初めから、この状態で戴きたかったです。(涙)
a0122931_17523065.jpg

冷やし白玉善哉

此方で使われている餡は、銀座木村屋に餡を納めている人から仕入れているそうです。
甘味は得意でないヲイラですが美味しかったです。
一口、味見をしただけで、相方に食べてもらいましたが・・・。
a0122931_17574879.jpg

総評です
この日、供された料理は、甘味を含めて6種類。 どれも満足度の高いものでした。
いくら、店舗にお金が掛かっていないとは言え、2000円で戴ける料理ではなく、これは商売ではなく、ボランティアでやっているとしか思えないです
a0122931_17563281.jpg

1品料理については、その日の仕入れの状況に左右されるので、日によって良い日と、そうでもない日の差が生じる事があるかとは思いますが、ヲイラが伺ったこの日は、全てOKでした。
近くに来た際は、是非、再訪したい店です。
そして、次回は、ちゃんと出汁の効いた煎茶を注いだ鯛茶漬けを戴きたいです。(笑)
a0122931_17555838.jpg

料理は、1品ずつ、コース仕立てで供されるので、お任せ3品のコースを戴いた場合、1時間以上は掛かると思いますので、お急ぎの場合は、ご注意ください。
ちなみに、寒い日、月曜&火曜は比較的空いており、木・金・土曜は予約しないと入店は難しいそうです

a0122931_17535539.jpg

羽澤
090-8464-6344
中央区築地6-2-4
営業時間:10:00~15:00
定休日:日曜・祝日
[PR]
by kansukenator1 | 2013-03-06 18:07 | 和食 | Comments(0)


<< 2013年3月11日! あれか... 平湯大滝氷結まつり >>