「ほっ」と。キャンペーン

京都らしさをお手軽に味わえる素敵なな食事処!柚子屋旅館 一心居@京都

夏の京都旅行、初日のランチで伺ったのは、柚子雑炊が名物の「一心居」さん。
「一心居」は、八坂神社西楼門に隣接する柚子屋旅館の1階にある食事処。
多くの観光客で賑わう華やかな雰囲気のこのエリアにある事自体が不思議に感じる程、目立たず、静かに佇む旅館です。
a0122931_12305683.jpg

小さな木の門を潜り、左右に竹が植えられた急勾配の石段の坂を昇ると、歴史を感じさせる趣きのある旅館の玄関が現れます。
a0122931_1271036.jpg

a0122931_12311444.jpg

木の扉をガラガラと開けて、中に入ると、そこは、灯りを抑えたやや暗めのエントランスとなっており、左手にフロント、右手には「おくどさん」と言われる釜戸が湯気を出していました。
この釜戸、単なるオブジェではなく、現役と言うところが素晴らしい。
a0122931_1214065.jpg

そして、フロントの前に配された大きな石の器の上には、店名の由来となっている柚子がディズプレイされており、正面のガラスの向こうには中庭が見えると言った、流石は京都!と言った風情のある空間となっています。
a0122931_12283488.jpg

予約していた時間より数十分早く着いてしまいましたが、すぐに席に案内して頂けました。
a0122931_1212861.jpg

店内は、想像していたよりも結構広く、席も、隣が気にならないくらい、余裕を持った間隔で配されており、時間がゆっくり流れている感じがして、ゆったり寛いだ気分で食事が出来ます。
a0122931_11595119.jpg

席は、座敷とテーブル席があり、我々は、座敷に通されましたが、掘り炬燵タイプで足が伸ばせるので楽チンです。
a0122931_120165.jpg

灯りを落した室内に外から差し込む淡い陽光。 
ガラスの窓越しに見える庭の青い竹と、石をつたう涼しげな水の流れ。
さり気なく飾られた小さな花。
そして、和服姿の若い女性スタッフが発する柔らかな京都弁。
あ~、京都に来たんだなぁ!と言う実感。
a0122931_1291476.jpg

流石に柚子屋旅館と言うくらいで、ドリンク類も柚子を使ったMENUが豊富。
普段ならば、迷わず、ビール!と行くところですが、折角なので、「柚子屋 柚子酒(1合800円)」をお願いし、お料理を待ちます。
この柚子酒は、酒1合に柚子を2個半も使っているそうで、酸味がきりっと際立ったすっきりした味わいで、とても気に入りました。
a0122931_17352337.jpg

お料理は、予約時にお願いしていた名物「柚子雑炊膳:3800円」

内容は、こんな感じです。
①15種類のおばんざい料理
②焼き物
③柚子雑炊
④香の物
⑤デザート

その上の「鯛柚子鍋膳:5.800円」は、これに、「鯛の鍋」が付いた内容。
a0122931_11582680.jpg

15種のおばんざい

最初に運ばれたのは、朱盃に盛られた15点もの目にも鮮やかなおばんざいの数々。
朱盃に、緑のモミジの飾り付けが、何ともフォトジェニック!
a0122931_11555029.jpg

一通り、お料理の説明を受けたものの、とても覚えきれず、だいたいこんな感じだった気が・・・。
写真、上段、右から・・・

①鯛と???の昆布巻き
②??のタイタン、さんとう菜
③出汁巻きたまご
④蓮根と牛蒡のタイタン
⑤万願寺唐辛子焼き
⑥さつま芋のレモン煮
⑦鴨
⑧小茄子の煮物
⑨三度豆(いんげんの事)
⑩瓜の梅肉和え
⑪鯖の笹寿司
⑫冬瓜
⑬大徳寺麩の揚げ物
⑭胡桃の甘煮(ホウズキの中に入っています)
⑮滋賀の赤コンニャクと芋茎のピリ辛煮

どれもが、とても丁寧に作られた事が伝わる美味しいお料理でした。

鮎の焼き物

鮎は、腹を開いて、中に甘い味噌を塗って焼いてあるようでした。
鮎のこう言う食べ方は初めてですが、その味噌の甘さと、香ばしく焦げた身のほろ苦さが、口の中で交じり合って何とも旨いです。
a0122931_11563153.jpg

名物 柚子ぞうすい

お待ちかねの柚子雑炊は、タジン鍋に似た、尖った三角の蓋付きの土鍋で登場。
鍋の上には皮を剥いた丸ごとの柚子が2個鎮座。
a0122931_1261630.jpg

雑炊には、大きな鯛の切り身が数切れと卵が乗っており、仲居さんが、これを混ぜ合わせ、そこに柚子をたっぷり絞り掛け、小皿に取り分けてくれます。
a0122931_11565186.jpg

普通、柚子は、ご飯に向けて絞ると思いますが、こちらの仲居さんは、柚子を上に向けて絞ります。
この方が、柚子の香りが、より華やかに付くのだそうです。
果汁を絞っていると言うより、香りをまいていると言った感じですかね。

ちなみに、秋~冬の季節には、柚子が丸のまま1個、この鍋の中に入っているそうですが、夏場の今は、残念ながら、その姿はありません。(涙)
それでも、柚子の香りは十分です。
a0122931_11583412.jpg

そして、流石は名物と言うだけあって、この雑炊が絶品!
鯛が出汁として、また食感のアクセントとして良い仕事をしています。
そして、柚子の良い香り!
a0122931_1159215.jpg

漬物
a0122931_11584379.jpg

デザート
デザートは、勿論柚子のシャーベット。
a0122931_18181725.jpg

日本料理には、スダチやカボス、柚子等が香り付けに使われる事はポピュラーですが、それは、あくまで脇役。
これ程までに柚子を全面に出した料理は珍しいんじゃないですかね?(よく知りませんが・・・)
a0122931_1254559.jpg

柚子が先に在りき!で生まれた料理なのか? それとも、雑炊に合う一味(一香り?)を探し続け、試行錯誤の結果、「柚子」となったのか?興味があるところです。
a0122931_121168.jpg

そして、此方の「一心居」さん、とても気に入りました。
お店の佇まいや雰囲気、居心地の良さ、お料理、おもてなしの心を感じるサービス、全てが、GOOD!
唯一のマイナス点が、この女性の無愛想な接客。
a0122931_11555553.jpg

夜は、本格的な懐石料理となり、お値段も高くなるのかも知れませんが、京都を訪れた際の軽いランチの選択肢として、とてもお勧めのお店だと思います。
柚子御膳×2、柚子酒×1、ビール×1、柚子ジュース×1で、チョっきり10,000円。
旅先での幸先の良い食事でした。
ご馳走様でした。
a0122931_17335411.jpg

柚子屋旅館 一心居 祇園店
京都市東山区祇園町八坂神社南側545 柚子屋旅館 1F
075-533-6374
11:30~14:00(LO)
17:00~22:00(L.O.20:30)
無休
[PR]
by kansukenator1 | 2012-08-26 18:16 | 和食 | Comments(0)


<< 涼を求めて! 京の奥座敷で川床... 暑い京都で夏休み! >>