「ほっ」と。キャンペーン

名物! ふわふわの穴子丼!左可井(さかい)@鎌倉

ふわふわの穴子丼と玉子焼きで人気の左可井(さかい)。
報国寺に紅葉を観に行った日のランチに伺いました。
場所は、鶴岡八幡宮から報国寺に向かう通りの、報国寺入口より少し手前(滑川橋の辺り)を右に入った住宅街の一角にあります。
a0122931_1755308.jpg

道路脇に設置されたMENUプレートと、玄関に取り付けられた屋号の看板がなければ、全く普通の個人住宅で、意識しなければ通り過ぎてしまう感じです。

お店は11:30からの営業で、我々が到着したのは、12:00ちょい過ぎ。
門から階段を数段登ったところにある玄関の前に置かれた椅子に座って順番を待つ客が7~8人近く居るのが見え、その後ろに並ぼうと進むと、外からは見えませんでしたが、20人以上の列が庭の奥まで出来ていました。
a0122931_175761.jpg

これは、1時間待ちでは効かないと思い、先に報国寺を回って、1:30頃に再訪したんですが、新たな客が思ったより多かったようで、まだ15人程の列が出来ていました。
平日でも、これなんですから、事前に予約して行くのが正解のようです。

MENUは、名物の穴子丼以外に、季節魚の押し寿司、鮪漬丼、雲水うどん等があり、各々単品とセットがあります。
また、穴子丼、押し寿司、玉子焼きは、お土産対応もしているようです。

入店時間が遅かったので、押し寿司は売り切れでした。
と言う事で、穴子丼のセット(1350円)を注文。
a0122931_17563725.jpg

キャパは、4人用の座敷席が4卓、8人掛けの椅子の席が1つなので、24人。
当然、相席となります。

料理は、1組ずつ作っているようで、中に入れてからも、料理を口に出来るまで、結構時間がかかります。

外で、50分待ち、中で、オーダーしてから20分程待ち、あなごを口に出来たのは、2:40。
や~、お腹がすきました。
しかし、女性スタッフの対応が、非常に丁寧でおっとりしているので、あまりイライラ感は感じず、「まぁ、ゆっくりしましょう」と言う気分になります。
a0122931_1755646.jpg

穴子丼セットには、玉子焼き、白いんげん豆、おから、大根なます?、なめこ汁が付きます。
穴子は、ふわふわで、とろけるように柔らかく、上品な味わいのタレとベストマッチ。
a0122931_17561638.jpg

穴子とご飯の間には、細かく刻んだ千枚漬けと三つ葉が忍ばされています。
セットに付くその他の料理も、どれもが、心を込めて丁寧に作られた事が伝わる上品な味わいでした。
a0122931_1756418.jpg

ただ、穴子丼のボリュームは、女性にはちょうど良い分量だと思いますがが、男性にはちょっと物足りなさを感じる人も居るかも知れません。
そう言う方は、プラス200円で大盛に出来ます。
a0122931_17551939.jpg

待たずに食べたい方は、事前に予約して伺うか、開店の30分前、或いは、午後2:30前後に来店するのが良さそうです。

しかし、平日でも、こんなに混むのだから、休日はどうなっちゃっているのですかね?

ご馳走様でした。
a0122931_17565388.jpg

左可井 (さかい)
鎌倉市浄明寺2-1-31
0467-24-7759
11:30~15:00 
17:30~20:00(夜は予約営業のみ)
定休日 火曜日、第1,3水曜日
[PR]
by kansukenator1 | 2011-12-08 23:57 | 和食 | Comments(0)


<< 紅葉の鎌倉散歩! 名月院@鎌倉 紅葉の鎌倉寺巡り! 報国寺@鎌倉 >>